郵便局 バイト。 アルバイトの賞与

日本郵便株式会社の東京都のアルバイト・パート求人一覧

郵便局 バイト

ファミレス・レストラン ホールスタッフ 0• 居酒屋(ホールスタッフ 0• その他飲食店 ホールスタッフ 0• キッチンスタッフ ファミレス・レストラン 0• キッチンスタッフ 居酒屋 0• キッチンスタッフ その他飲食店 0• ファーストフード 0• カフェ・喫茶店 0• 飲食店 店長・マネージャー 0• パン屋(ベーカリー) 0• ケーキ屋・スイーツ 0• 焼肉屋 0• うどん・蕎麦屋 0• 寿司屋・回転寿司 0• ラーメン屋 0• ビアガーデン 0• 弁当屋 0• 惣菜・デリ・デパ地下 0• ピザ屋 0• フードコート 0• バー(BAR)・バーテンダー 0• 皿洗い・洗い場 0• 配膳 0• レジ 0• 家電量販店・携帯販売(携帯ショップ) 0• インテリア・雑貨販売 0• ドラッグストア・薬局・化粧品販売 0• DPE・カメラ店スタッフ 0• レンタルビデオ・CD 0• アパレル 0• ファッションデザイナー・パタンナー 0• バイヤー 0• 試食試飲・デモンストレーター・マネキン 0• スタイリスト 0• 販売店 店長・マネージャー 0• 書店・本屋 0• CD・DVD販売 0• ペットショップ 0• スーパー 0• 花屋(フラワーショップ) 0• 100円ショップ 0• ホームセンター 0• グッズ販売 0• その他販売 0• イベントスタッフ・コンサートスタッフ 0• パチンコ 0• カラオケ 0• アミューズメントスタッフ 0• インストラクター 0• フロント・受付 0• ホテルスタッフ(フロント等) 0• ベッドメイキング 0• その他宿泊施設業務 0• ゴルフ場(キャディ) 0• ペンション・旅館・民宿スタッフ 0• 漫画喫茶・ネットカフェ 0• 映画館 0• スキー場 0• レンタカー 0• 温泉・銭湯・スーパー銭湯 0• プール監視員 0• レジャー施設 店長・マネージャー 0• その他レジャー 0• クリエイター 0• WEBデザイナー 0• デザイナー・イラストレーター 0• グラフィックデザイナー 0• インテリアコーディネーター 0• DTPオペレーター 0• 編集・記者・ライター 0• 美容 エステ・ネイル 0• 美容師 0• 理容師 0• ヘアメイク・メイクアップ 0• トリマー 0• 農業・林業・漁業 0• 造園・庭師 0• 研究開発技術者 0• 市場調査 0• アンケート・モニター 0• 通訳・翻訳 0• 自動車整備士 0• メカニック・整備士 0• フランチャイズ 0• その他派遣職 0• その他美容関連 0• その他専門職 0.

次の

【公式】日本郵便・郵便局|アルバイト採用情報|手紙・はがき・ゆうパックの仕分け・配達・集荷業務

郵便局 バイト

郵便局内でのバイト 長期 をしていました。 お局と呼ばれる長く働いているオバサンがいて 周りの社員も何もできず好き放題しています。 いい大人が、寄ってたかって 無視、陰で悪口を散々言われ、仕事も教えてもらえず とても雰囲気の悪い環境でした。 上司にも相談しましたが、皆見て見ぬふりです。 次第に居場所がなくなりました。 こんなところで、頑張る意味がなくなりました。 周りを見れば、年齢層が高く、 郵便局に未来はないと思いました。 長期や、年末の短期のバイトも含めて バイトって、基本近所の人が応募し採用されると思います。 バイトを辞めればただのお客さんになるわけです。 内情を知ってしまうと、本当にガッカリで 今は近寄りたくない、利用しない、 かんぽ生命などの不祥事も納得ですし、 郵便局が嫌いになりました。 地方政令指定都市の郵便局で働いていました。 仕事は内務(仕分けやコールセンター)と外務(配達)に分かれますが、私は内務を担当しました。 主に小包、小型郵便、大型郵便の仕分け、パソコンでの入力です。 時期によって仕事量の増減が激しく、年末とお歳暮の一ヶ月程度は殺人的に忙しくなります。 残業できる人はやる、という感じです。 その反面、時間がたつのも早いですし、それ以外は割とのほほんと仕分けしていました。 福利厚生は非常にマトモです。 これはどの局も同じだと思います。 もともと公務員でしたから、このあたり上から非常にうるさく言われるようです。 働いた時間によって有給とボーナスがでます。 法律上の条件に合えば社保にも入れます。 シフトも事前に伝えておけば希望通りになりました。 時給は割と調子よく上がっていきますが(限度はあります) 何かやらかしたり、局の都合だったりで上がらないことはありえます。 年賀や歳暮など、一応「ノルマはない」となっていますが、 親友や友人にでもある程度営業すれば喜んでもらえます。 バイトとは言え、働かせてもらってる身分なので誠意は見せたほうが関係性は良くなります。 自社の商品を営業するって当然っちゃ当然ですしね。 人間関係についてですが、日本郵便株式会社は20万人近くの人が働く超巨大企業です。 10代から定年後の方まで、男女問わず様々な人が働いています。 短期でサポートのバイトさんも来られるので素性は本当にバラバラです。 学生、主婦、たまに既婚者、長いこと無職の人、放浪の人、辞めてまた入ってきた人 起業しようとしてる人、喋る人、静かな人、面白い人、怖い人、何考えてるかわからない人、入ってきたと思ったらもういない人 もう、すべてそろっていると言っても過言ではありません笑 なので良いことも悪いことも人間関係が理由になることが多い印象です。 ウチの部署は人間関係が良く、社員と談笑したり、バイト仲間と飲みに行くこともありました。 「学校の飲みがつまらないのでこっちに来ました!」とか言う子もいましたよ。 結局人間関係が良ければ仕事すら楽しくなりますし、悪ければ億劫になります。 たまにおかしなこと言われたり、物量が増えて局全体がピリつくことはりましたが 運と時期によりけりでしょう。 仕事そのものがめちゃくちゃ辛いということはないと思います。 これまでやってきた他のバイトと比べても 良くも悪くも、常識的なものでした。 それと郵便局ブランドは何かと便利です。 「お仕事は?」と聞かれて「郵便局です」の一言で色々とまとまります。 最後に 入社したばかりでも、こういう人は好かれます。 どこも一緒でしょうけどね。 健闘を祈ります。 年末年始のアルバイトで、「年賀状の区分」「年賀ハガキの販売」 「普通郵便、年賀状の戸立て(郵便物をその地区の家が並ぶ順番に纏める)」 をした事があります。 忙しかったですが「戸立て」以外は 周囲の人間関係にも恵まれ、楽しく働けました。 時間帯にもよりますが女性が多く、 また何年も続けて採用されてる方も大勢います。 私が配属された部署はどこの局員さんもとても親切でした。 ただ、先に述べた通り、「女性、しかもベテランアルバイトが多い」ので 局員さんと顔見知りで、新人を見下すタイプの方は絶対いました。 「区分」はざっくり数名ずつの班に分けられて 黙々と葉書を住所別に区切られた箱に入れる作業なので、 然程そういう人材からの害は受けないです。 ですが「販売」と「戸立て」は二人でペアになる事があります。 「戸立て」は11月から仕事が始まり、年賀ハガキの投函が始まる 年末年始は特に忙しく、土日祝日、希望日、 特に年末年始は休みが取れないと思って下さい。 また、年賀状の時期は普通に延長あります。 9時~19時とか普通に言われます(休憩はあるけど勿論残業手当はないです)。 面接の際に希望勤務時間を伝えていて、一応聞いては貰ってましたが 非情に居心地悪かったです。 初めての場合、「同じ班に配属される相手(大体二人)」 「配属先の社員」次第で、忙しくもやりがいを感じて働けるか 忙しくて心を痛めて働くか、ということが大きく変わってきます。 因みに私は後者でした…。 十数年前のまだ学生時代から、お馴染みの年末年始のアルバイトを何度か(何年も続けてではないですが、近年までで5回ほど)、臨時職員を一年ほどしました。 年賀状や郵便物の仕分け(地区毎に分ける仕事)や販売をした、「郵便課」はよかったけど、二度ほど年末の「配送課」(地区毎や個人宅毎に分ける)はもう懲り懲りです…。 他の方がおっしゃる通り、マニュアルはなく、しかも配属された部や班だけではなく、局員個人によって郵便物の纏め方など、作業手順が違ったりします。 通常郵便よりも、年賀状の投函が始まった頃からが大変で、個人的な感想、体験になりますが、二度ほど採用された時の二度とも、何度も続けて採用されたベテランで我の強いタイプのバイトさんと組まされた為、「郵政の会社自体が指導してる仕事の仕方」、「局員其々の仕方」、「ベテランのやり方」の板どころか壁に挟まれ大変でした。

次の

日本郵便のバイトの評判口コミ

郵便局 バイト

<目次> 1.郵便局の仕分けバイトに応募した理由 Q. 郵便局を選んだ理由は? A1. 冬休み中に短期で働けたからです 僕にとってこれは人生で初めてのバイトだったので、なるべく簡単にお金が欲しいと思っていました。 それでインターネットで調べていると、年末年始の郵便局バイトは楽だと書いてあり、応募しました。 実際にやってみても、 バイト未経験の人でも非常に働きやすいと感じましたよ! A2. 高校生でも働けたからです 僕が初めてこのバイトをしたのは高校2年生の時でした。 そのため面白そうなバイトを見つけたとしても、「高校生不可」のものも多くて中々自分に合ったバイトが探せなかったんです。 でも郵便局のバイトであれば高校生でも気軽に申し込めると記載されていたため、選びました。 応募の流れを教えて! A. 以下に流れを記載します!• 募集期間は? バイトの期間はは年末年始とその前後ですが、 募集は 10月から始まります!郵便局のバイトは人気なので、良さそうな求人を見つけたら早めに申し込むのをオススメします。 僕は毎年11月下旬ごろに申し込みをしていますが、その頃であればまだまだ余裕があります! まずは郵便局で短期バイトの募集があるかを確認してみてください! 2.郵便局の仕分けバイトで良かったこと Q. おすすめポイントは? A1. 仕事が非常に楽です 短期バイトをやるにしても、仕事内容が難しかったら作業が進みません。 僕は物覚えが悪いこともあり、分かりやすい仕事を望んでいました。 実際に働いてみたら、年賀はがきの宛先と住所のリストを見比べるだけだったので、とてもやりやすかったです! A2. 交通費は全額支給されました 僕は自宅から離れた郵便局で勤務していました。 電車通勤だったので、交通費は往復で800円くらいかかってしまいましたが、あらかじめ通勤経路を申請しておけば全額交通費をもらうことができました! 定期券がない場所に何日も通うと通勤だけでお金が減ってしまうため、交通費がもらえたのは本当にありがたかったです。 怒られることがないです 僕は強い口調で何か言われるとすぐに傷つきやすい性格なので、お客さんや社員さんに関わらず仕事中に怒られるのだけは本当に嫌だったんです。 仕事前はそれが心配でしたが、その不安は初日で吹き飛びました。 まず、仕分けバイトは郵便局内での作業のため、お客さんと接することはありません。 勤務初日には年賀はがきが大量に入っていた箱を倒し、はがきをばら撒いてしまうという大失態を犯してしまいました。 でも社員さんは、「ここに置いておいた自分が悪いから」と言って、逆に謝ってくれたのです! こんなに職場環境の良いバイトは他にないのではないでしょうか? 3.郵便局の仕分けバイトはきつい? Q.正直、きつかった? A. 下半身はすごく疲れました 作業中は4時間ほど立ちっぱなしだったため、足はだいぶ痛かったです。 つりそうになるほどではないのですが、30分おきに足を交差させたりして体勢を変えながら仕事していました。 2時間作業すると15分の休憩時間があったのですが、それでも足はきつかったですね。 でも1日寝ればすぐに疲れは取れるため、翌日まで足が痛くなりはしませんでした。 Q.他に、デメリットはありますか? A. 人と話すことはほぼ無いです 基本的に仕事中の質問がない限りは社員さんと話をすることがありません。 バイト仲間とも仲良くなることはなく、それぞれ黙々と仕分け作業に取り組むという感じでした。 僕は特に交友関係を広めてたいということはなかったので、コミュニケーションを取らなくてよいこの仕事はぴったりでした。 でも接客であったり 人と話すのが好きな人には向かないでしょう。 4.郵便局の仕分けバイトの仕事内容 Q. 仕事内容について教えてください A. 仕分け業務について説明します! 年末年始ということで、 年賀はがきに書いてある宛先に届けられるように仕分けをするのが道順組立と呼ばれる仕事になっております。 僕の働いていた郵便局の仕分け担当は全員この作業を行っていました。 最初は郵便局が担当している地区に届ける予定の年賀はがきが、宛先バラバラの状態でまとめられています。 そのはがきを世帯ごとに並び替え、元旦に配達しやすいようにまとめます。 もちろん、 住んでいる人全員の氏名や順番を覚える必要は全くないですよ! 1枚30世帯くらいの情報が書かれた居住者リストを見ながら、年賀はがきに書かれた宛先と照らし合わせて並び替えていきます。 1つのグループを仕分け終えたらまた別の地区に届けられるはがきの束を仕分けて…というのを永遠に繰り返していきます。 枚数にしたらどのくらいでしょう…1日4時間の勤務で1,000枚近くの年賀状を仕分けていたかもしれません。 仕分け中に心がけていたことは? A. 常に手を抜かないことです! 数時間ずっと同じ作業をするのは正直大変です。 でもそう感じた時にこそ集中して作業に取り組まなければ、仕分けをしている意味がなくなってしまいます。 同じ近隣グループの中に同じ苗字の住人が3世帯あることもあるため、そういう時は下の名前なども定位に確認する必要があります。 間違って配達すると後ほどクレームになることもあるため、責任感を持って取り組みましょう! 5.郵便局の仕分けバイトの研修 Q. 研修はありましたか? A. 初日の勤務前に1時間ありました そこまでガッツリとした研修会というものはなかったのですが、初回の勤務日は1時間早く集合してマニュアル説明会のようなものがありました。 住所や居住者の名前は大切な個人情報なので、他人に公表してはいけないこと、仕分けをする際に気を付けるべきポイントなどがまとめられたビデオを視聴しました。 でも実際に年賀はがきを手に取って仕分けながらの方がイメージが付きやすく、覚えやすかったです。 この研修分の給料もちゃんと支払われるので、安心してくださいね! 6.郵便局の仕分けバイトの雰囲気 Q. 高校生や大学生はどれくらいいた? A. 全体の7割近くいました 僕のは他ライト郵便局は100人近くが短期バイトをしている人でした。 そのうち ほとんどが高校生と大学生という感じでしたね。 高校生が大学生よりも若干多いという感じでした。 それ以外は主婦と高齢者の方だったと思います。 それだけ 年齢に関係なく働きやすい仕事と言えるでしょう! Q. どんな人が多かったですか? A. 落ち着いた人ばかりでした 一人で黙々と作業する仕事であるため、そういった雰囲気に合っていそうな人が多かったです。 ワイワイとした感じの人は見かけませんでしたね。 中には友達同士でバイトに来ている人もいましたが、ほとんどは1人で来ている人ばかりという印象でした。 男女比は? A. 男性4: 女性6って感じです 男性も女性も多く働いていますが、どちらかというと女性の方が多かったですね。 主婦の方が多かったこともあると思います。 Q.バイト仲間とは話した? A. 一言も話しませんでした 笑 全体で2週間ほどの短期バイトだったので、特に話をして仲良くなりたいと思うことはありませんでした。 それに皆さん、話しかけづらい雰囲気だったので…。 人間関係を気にしなくていいのは楽です。 郵便局の仕分けバイトの服装・髪型 Q. 制服はある? A. ないです! 服装は特に指定されていないので、作業しやすい私服なら何でもよかったです。 ただ、足元は疲れにくい履き慣れた靴がいいという指示がありました。 女性の方も男性の方も スニーカーで働くのがいいと思います。 髪型は? A. 染めている方もいました 接客業ではなく、常に郵便局内で働くため、髪色についての規制はありませんでした。 茶髪や金髪の方もいましたよ。 ですがほとんどは黒髪の人でした。 8.郵便局の仕分けバイトの面接対策 Q. 面接の服装はどうだった? A. 高校生は制服、大学生以上なら私服ですね 極端にラフな感じでなく、清潔感があれば服装で不合格にされることはないでしょう。 面接会場にいた高校生はほとんどが制服で来ていました。 ピアスやネックレスは面接前にはずしておきましょう。 面接はどれくらいの時間だった? A. 個別の面接で、10分ほどでした あらかじめバイト面接の期間が決められており、自分が行かれそうな時間を指定して郵便局で面接をしました。 長さも短かったので、極度に緊張することなく話せました。 面接は何を聞かれましたか? A. バイト面接で定番のものばかりです 「志望動機、稼いだお金の使い道、単純作業が得意か、週にどれくらい働けるか」を聞かれました。 面接担当者は郵便局の社員さんで、どれも自分の思っていたことを素直に伝えました。 簡単にまとめると、以下のような回答をしました。 志望動機…年末年始の期間でお金を稼ぎたかったから• お金の使い道…旅行に行く際の足しにする• 単純作業について…集中力には自信があるので、単純作業は向いていると思う• どれくらい働けるか…冬休み期間は週に5回働ける Q. 倍率は高そうでしたか? A. ほぼ全員が合格するはずです 単純作業が苦手で、週に2日くらいしか働けないというように、あまりにも仕分けバイトに向いていないという回答をしなければ、落ちることはないはずです。 基本的に年末年始の郵便局は人手不足なので、 まじめに働いてくれると思われれば大丈夫でしょう。 インタビューはここまで!リョウさん、ありがとうございました! 9. 【求人あり】郵便局で働こう! 本当にアルバイトが足りていない郵便局は、公式HPでのスタッフ募集の他にも、アルバイト求人サイトに必ず求人広告を出します。 (これらサイトの求人広告掲載料金は安くないので本気の募集です) 本気でアルバイトが足りていないため、すぐに働けたり、あなたが希望する曜日と時間のシフト通りに採用される可能性が十分あります。

次の