ブルックリン フォート。 週末はNY最大級の名物フリーマーケット「ブルックリンフリー」へ!

タルトを中心にチョコレートや焼菓子のキュートなデザインが話題沸騰の洋菓子店「Tartine(タルティン)」が関西初の常設店を出店!|株式会社プレジィールのプレスリリース

ブルックリン フォート

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• ブルックリンの人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• ブルックリンの人気カテゴリ• ブルックリンで検索数の多いキーワード• 入場チケット• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺• 人気の周辺施設• ホテル周辺•

次の

ブルックリン 旅行 クチコミガイド【フォートラベル】

ブルックリン フォート

両者の領域は同じ。 ブルックリン区(Borough of Brooklyn)は、に置かれたの一つ。 ニューヨーク州の キングス(Kings County)の郡域もブルックリン区と同じである。 最西部に位置し、、に囲まれと接する。 名称は、人入植者が母国の地名を取り同地にブルーケレン( )という小さな町を築いたことに由来する。 キングス郡はのにちなんでつけられた郡名。 ちなみに、隣のクイーンズはこのチャールズ2世ののにちなんでつけられた。 に行われた区画整理までは、独立したとして存在していた。 ブルックリンは5つの区の中で最も人口が多く、250万人の人々が居住している。 ニューヨーク市の5つの区を独立した市として考えるならば、ブルックリンは、に続き全米で3番目に人口の多い市となる。 またキングス郡はニューヨーク州で最も人口の多い郡であり、アメリカでに次ぎ、2番目に高い人口密度を誇っている。 マンハッタンへは、、、を始めでアクセスが可能。 クイーンズへは地下鉄と、で、へはを通り車・バスでアクセスできる。 マンハッタンとは違った独特の文化の発信地としても名高い。 ブルックリン出身者は Brooklynite (ブルックリナイト、ブルックリナイツ)と呼ばれる。 のキングス郡の地図。 左上に見えるマンハッタンは開発が進んでいるのに対しキングスには農地が多い。 また埋め立てがないため海岸線が現在に比べ凸凹である。 6つのオランダ街 [ ] オランダはロングアイランドの最西端に入植した最初のヨーロッパ人であり、それまではの族が同地に居住していた。 オランダの地名ブルーケレン( Breuckelen)より名づけられた"ブルーケレン入植"はの一部を成していた。 を中心に同地に6つの街を築いた。 : 人がオランダより譲渡証明を受け開拓。 ブルックリン: 、オランダの地名ブルーケレンの名を使い開拓。 : 、オランダの地名からニューアメルスフォールトとして開拓。 : 、ミッドウォートとして開拓。 : 、オランダの地名から取り開拓。 : 、ボズウィックとして開拓。 イングランドの統治 [ ] 、第二次によりニューネーデルラントがイングランドによって征服されるとロングアイランド西部はイングランドの支配下に置かれた。 同戦争で活躍したの指揮官を務めた(後の)を称えニューネーデルラントはニューヨークと名を変え、現在のブルックリンを含むロングアイランドはの管轄化に置かれた。 11月1日、イングランドはロングアイランド最西部の南端に置かれた上記の6つの街をキングス郡として統一した。 この頃のニューヨーク植民地は12の郡を内包しておりキングスはその一つとなった。 これが現在のブルックリン地域初めての地方行政の誕生であり、後の同地区の行政的アイデンティティも形成することとなった。 ペトルーンと呼ばれる領主的権限を持つ大地主や小作農民が同地にはいなかったことからの中でも同地区のの使用は盛んであった。 アメリカ独立戦争 [ ] 8月27日、(別名ブルックリンの戦い)が行われる。 この戦いは植民地側が独立を宣言した後に行われた最初の戦闘であり、またこの独立戦争最大規模の戦闘になった。 イギリス軍は率いるを現在の、、まで後退させた。 要塞化されていたもニューヨーク港を征服しているイギリスの攻撃に持ちこたえることが出来ず、数日後に大陸軍は撤退。 現在のアトランティック・アヴェニュー西方にある丘で激しい戦闘を繰り広げ唯一の優勢を保っていたワシントンであったが、ロングアイランドの戦いにおいて多くの犠牲を出したことから「我々は今日多くの勇敢な兵士を失ってしまった」と悲観的声明を発表した。 8月 この戦いで惨敗を喫してしまったワシントンは指揮官としての資質を問われることもあったが、僅か一日で全兵士をイーストリバーを越えて撤退させたことは多くの歴史家によって高く評価されている。 ブルックリンを含むロングアイランドはほぼ全てがイギリスの指揮下に置かれ、現在のニューヨーク市地域は瞬く間にイギリスの北米指揮の本拠地となった。 イギリスとのビジネス関係からキングスにはイギリス支持派のがおり、彼らは大陸軍と共に撤退や避難はしなかったためイギリスは彼らのサポートも受けることが出来た。 しかしワシントン率いるが功を奏し、徐々にロイヤリスト達は植民地側へと付くようになっていった。 イギリスはにを持ち込み、ここに収容され死んでいったアメリカ人パトリオットの人数は独立戦争の戦闘で死んだ数よりも多い。 、が結ばれ植民地はアメリカ合衆国としてイギリスより完全独立。 同年11月25日はイギリス軍がニューヨークより撤退した日で、 Evacuation Day(撤退の日)と呼ばれ現在でも式典などが催される記念日となっている。 19世紀初頭の都市化 [ ] 初頭になると都市の拡大と共にマンハッタンに次ぎキングス郡の都市化が顕著となった。 19世紀後半まではマンハッタンとの交通手段は蒸気船しかなく、小作が行われている農業地帯も多かったがニューヨーク港を効率よく利用できる地形から工業化も進み、また財界人のとしても発展が加速した。 にはウォーラバウト港にも創業しまで造船を続けた。 初期の都市化は(マンハッタン島南端)からアクセスの良いブルックリン街より始まり、地区から就航した蒸気船によってはに勤める人々の住宅街として発展した。 このフェリー駅からクイーンズのを結ぶ道はとなり地区まで延びた。 また複数あった街や村のいくつかは統合されに ブルックリン市が誕生した。 のスケッチ これと平行してやや北にある町も村と共に発展。 ウィリアムズバーグ村はにウィリアムズバーグ町より分離された村であったが、には ウィリアムズバーグ市ができたことで統合された。 このころのキングス郡には2つの市と6つの町が存在しており独立地方行政が敷かれていた。 またマンハッタンがで完璧な格子状の道路網を築いたのに対し、複数の区画を有していたキングスはあえて道路を碁盤の目にはせず、それぞれの行政が独自に道路網を整備した。 これはもともとオランダとイギリスが別々に開拓したために東部と西部で街路の仕組みが異なっていたことも原因である。 西部ではマンハッタンと同じ方式で南北にアヴェニュー(街)が走り、東西にストリート(丁目)が走るが、東部ではその逆で、南北にストリートが走り、東西にアヴェニューが走る。 東部ではアヴェニューも数字ではなくアルファベット順となる。 ウィリアムズバーグ地区とその後背地であるブッシュウィックはイーストリバー沿いであったことから誕生からわずか3年で急激な成長を見せ、にはブルックリン都市圏として扱われるに至った。 19世紀中盤よりインダストリアル・ディコンセントレーション(産業の脱集中化)といわれる都市部からのの締め出しによってマンハッタンからロングアイランド西部へと移ってきた産業により、造船や製造業などの雇用が生まれ、ブルックリンは合衆国東海岸北部の主要工業地帯となった。 南北戦争 [ ] ブルックリンにおける南部奴隷解放の運動はマンハッタンより活発で体制だった同市はにおいて他の東海岸北部地域同様、強烈な支持に周った。 にあるは北軍の勝利に終わった戦後に建造され、には家の記念碑が建てられている。 同戦争においてブルックリンはその工業と海上輸送を利用し多くの兵士と物資を供給。 装甲艦はブルックリンで製造された。 同市が送り出した有名な連隊に第14ブルックリン連隊、通称レッドレッグド・デビルズがいる。 彼らはフランスのを参考にした赤いを身に纏いからまで戦闘を行った。 市の名前を使用した唯一の連隊であり、大統領は個人的に彼らをレセプションに招待、1861年4月にはへと昇進させた。 高度成長 [ ] およそ30年に渡るニューヨーク都市圏の拡大に伴い、キングス郡は港湾都市として発展著しく19世紀には合衆国で3番目に多い人口を抱えるまでになった。 詩人のソネット作品 The New Colossus の中のに発表された詩の中でブルックリンはマンハッタン(ニューヨーク郡)の双子都市と書かれており、ニューヨーク港を2都市を結ぶ空中通路と表現している。 双子都市としての性格により初期はマンハッタンとライバル関係にあるキングスであったが、その風潮も徐々に薄れていった。 移民の流入と工業化によりその経済発展も目を見張るものがあった。 港からまでの沿岸は埠頭や工場が立ち並び、の開通やと呼ばれるを運河化したことにより輸送も効率化した。 装甲艦モニターなどは高度成長時代のウィリアムズバーグの造船所で生産された最も有名な工業製品である。 南北戦争後は路面電車を始めとしたインフラ整備も進み、開発はプロスペクト・パークを越えさらに東へと郡の中部まで広がっていった。 急激に人口が増加したことにより水道インフラの整備が必要となり中央水道設備の設置の為を設けた。 のアトランティック・アヴェニュー駅 しかしキングス郡の端にある村町は現在のように地下鉄網もなかったため依然としてマンハッタンやブルックリンのダウンタウンから隔離された地域であり、またそこに住まう人々も閑静な郊外地域としての環境を保持したいと考えていた。 にニューヨーク市地下鉄の( Qトレイン)が開業したことにより同地域の隔離状態は終焉を迎えた。 スポーツなどの娯楽産業にも華が咲くようになりプロ野球チームのブルックリン・ブリッジルームスはやなどで試合を行っていた。 チームは20世紀初頭に現在のの前身にあたるブルックリン・ドジャースと名を変えをホームとした。 またのを中心に南部沿岸地域では競馬場やアミューズメントパークが開業し合衆国随一の娯楽産業地域として最盛を迎えた。 19世紀末はその爆発的成長の最後の時代であり地下鉄と工業化は最南端 西側)のからまで拡大した。 ブルックリン市はに町、に町、町、町、に町を併合し、その面積はほぼキングス郡全体に匹敵する大きさとなった。 ニューヨーク市併合 [ ] デヴィッド・A・ブーディ市長(1892-1893 民主党) 、ブルックリン橋が完成し長年船しかマンハッタンとの連絡手段がなかった時代は終わった。 それに伴いマンハッタンとブルックリン市の交流は劇的に活発化した。 この頃になるとブルックリン市はこのまま独立した発展を続けるのか、またはニューヨーク郡、西部クイーンズ郡、リッチモンド郡(スタテンアイランド)、ブロンクス郡を内包する5区構成のニューヨーク市の一部となるのか揺れることとなった。 法律家を始めとした革新派は5区構成の案に賛成し、彼らは反対派の保守層や新聞社と議論を交わし続けた。 の選挙では5郡の郡民は5区構成の併合案に賛成するものが多数派となり、1898年に正式に併合、現在のニューヨーク市が誕生した。 この併合によりブルックリンの人々のアイデンティティはかなり複雑なものとなり、しばしば新聞などで「1898年の偉大なる失敗」とも言われた。 こういったブルックリンの独自性は現在も年老いた人々に受け継がれておりブルックリナイツとしてのプライドを保持している。 なおニューヨーク市誕生後もブルックリン区はキングス郡としてニューヨーク州の郡の一つとして存在し続けている。 このニューヨーク市行政は公安、教育、福祉、衛生、インフラ、娯楽と全てにおいて指揮権を握る形となっておりそれぞれの区の独立性は小さい。 区長 ブルックリン市庁として使用されていた建物は現在区庁舎になっておりニューヨーク市の中央行政と郡の行政のバランスを取る立場にある。 区長はニューヨーク市予算委員会にて重要な立場にあり市及び区の予算編成を行う。 、は最大の人口を抱えるブルックリンが予算委員会で人口が最も少ないスタテンアイランドと同等の権限しか有さないのはの平等保護に反するとして違憲という判決を下した。 からは区長は区の為に市長や市議会、州議会などでも発言する機会が増えている。 現在の区長、民主党のはに選出、に再選出された。 現在のニューヨーク市は民主党が多数派でブルックリンに住む有権者の69. 共和党は区南部のベイ・リッジやなどで支持者を獲得している。 ブルックリン区庁舎 民主党は公共住宅や教育、経済に力を入れており、その中でも今論争中なのが区中北部地区を中心としたという再開発で住宅やオフィスを含む高層ビルを16棟建築する計画となっている。 ニューヨーク市5区はそれぞれがニューヨーク州の郡として存在しており、ブルックリンもキングス郡として独立した郡裁判所と選挙によって選ばれる地方検事( District Attorney)を持つ。 現在の(民主党)は1989年より地方検事の職についている。 ブルックリンは区として16人を市議会に送っており、これは5区最大の人数である。 また市のインフラ整備などに助言する権限を有する名誉職のコミュニティ・ディストリクトという役職は市に59人おり、そのうち18人はブルックリン代表である。 ブルックリンの公式モットーは Een Draght Mackt Maght という古いでのモットーに感銘を受けたことから作成された。 英語訳すると In Unity There is Strength となり、日本語訳するなら「結束は力なり」。 このモットーは区旗と区印に刻まれている。 尚、区の公式色は青と金。 連邦政治 [ ] ブルックリンはにおいてここ50年間共和党候補を選出していない。 では民主党候補(現大統領)が79. 全米435ある選挙区のうちブルックリンは6区を持ち、そのうち2区は完全にブルックリン区内にある。 : 民主党を選出。 : 民主党を選出。 : 民主党を選出。 マンハッタン南部と西部クイーンズを含む選挙区。 : 民主党を選出。 中南部クイーンズを含む選挙区。 : 民主党を選出。 マンハッタン西部を含む選挙区。 : 民主党を選出。 スタテンアイランドを含む選挙区で最も保守的な区。 ブルックリンの歴代大統領選の結果 年 共和党 民主党 20. そのためマンハッタンの経済、雇用状況はブルックリンと密接に関係している。 また移民流入の影響によって、、などが活発である。 特にサービスと建設の成長は著しい。 近年では世界の金融の中心地マンハッタンの金融業界のバックオフィスとして区の経済に活力をもたらしている他、ブルックリン橋の麓にてやエンターテイメント産業、IT会社、会計監査事務所などの成長が著しい。 2008年8月時点でのは5. ブルックリンは長らくの地としてその経済を発展させてきたが以降は主体をサービス業へと移行させ、には約21万5千人の労働者がサービス業に従事している。 一方、製造業は約2万7500人にまで縮小しており現在の主な製造業としてはや、、などがある。 会社大手のはブルックリンにプラントを所有しており990人の雇用を生み出している。 に稼動し始めたは時にその生産のピークを迎え、最大約7万人をしブルックリン最大の雇用先であった。 がの調印を行ったや、勃発のきっかけをつくったはここで製造された。 現在の同工場は会社のハブやの養成所、食品など様々な用途に利用されている。 最近ではも入っており、約230の民間企業が約4000の雇用を生み出している。 人口動静 [ ] American Community Survey Estimates の2005年から07年の調査によると市の人種比率は43. 正確なデータ(2000年)は表を参照。 全人口の37. 人口密度は1平方マイルあたり34,920人、一平方キロメートルあたり13,480人。 住居数は930,866戸(アパートメント含む)で平均密度は1平方マイルあたり13,180戸、1平方キロメートルあたり5,090戸。 88万世帯のうち38. 平均世帯人数は2. 75人、平均家族人数は3. 41人。 年齢別では18歳未満が26. 年齢中央値は33歳。 世帯収入中央値は32,135ドル(約320万円)、家族収入中央値は36,188ドル(約360万円)。 男性の収入中央値は34,317ドル(約340万円)、女性は30,516ドル(約300万円)。 一人当たりのは16,775ドル(約165万円)(尚アメリカ全土では46,859ドル)。 女性が男性より多い地域であり100人の女性に対し男性は88. 4人しかいない。 そのためかブルックリンの・コミュニティはニューヨーク市最大規模である。 ブルックリンは多くの黒人が居住する地域であり約90万人がいる。 ながらく同区の歴史的、文化的中心地だったは代の地下鉄 A線の開通により黒人の集まる地域となった(A線はとを結んでいる)。 その周囲、、、、、などにも黒人が集中している。 また区内公共住宅の入居者は黒人が最も高い比率である。 区北東部は主にプエルトリコや、出身の多くのヒスパニックが居住する地域で、以前は黒人地域であった、、、などは現在はヒスパニック居住地域となっている。 尚、区南部にも大きなヒスパニック・コミュニティが存在する。 ブルックリンに居住するヨーロッパ系アメリカ人の多くは、の民族が多く、イタリア系、ロシア系、ポーランド系、アルバニア系、旧ソ連の国々が目立ち、アイルランド系も多い。 西側一帯はヨーロッパ系地域であり、宗教はカトリックとユダヤ教が多い。 現在は黒人地域となったベッドフォード=スタイベサントは19世紀まではイタリア系とユダヤ系の居住地域であった。 1950年代から70年代にかけてブルックリンの治安は非常に悪化し、白人を中心に約50万人が同区から他地域(クイーンズやナッソー、サフォーク、ニュージャージー)へと移住していった。 市の人口変動グラフ。 ブロンクス, ブルックリン, マンハッタン, クイーンズ, スタテンアイランド• 民族別の密集地域• : 、• イタリア系: 、、• ポーランド系: 、• ロシア系: 、• アイルランド系: 、 アジア人の多くはサンセット・パークなどの南部に集中している。 125,050人の中国系が同区におり、クイーンズに次ぎ2番目に多い。 これはマンハッタンの名所でもあるがもはや中国系の主要な居住地域ではなくなったことを意味している。 また全米有数のパキスタン系コミュニティのある街でもある。 アジア系の人口• 125,050人• 32,498人• 14,221人• 7,918人• 6,816人• 6,243人• 4,011人• 3,066人• その他 約1,000人 地区 [ ] ブルックリンの地区構成地図。 赤線は高速道路。 ブルックリンは長年移民と密接な関係にある地域で民族ごとに住み分けされている地域が多かった。 しかし近年、貧困地域に富裕層が流入し始める現象も起こり特定の地区を除き多様な民族が入り混じって居住する地域となっている。 海外からの移民が同区に順応して生活をしている他、、、、、、などに住んでいた移民の移住も目立つ。 (旧市役所所在地)は、ニューヨーク市でマンハッタン区の、に次ぎ3番目に大きなである。 数多くの商業施設、又キングス郡の様々な行政施設、裁判所、拘置所、区役所などが立ち並び近年では住居施設も増えてきている。 とプロスペクト・パークに挟まれた北西部地域にある地区ブルックリンハイツ、キャロルガーデン、コブルヒル、クリントンヒル、、フォートグリーン、ゴワナス、パークスロープ、プロスペクトハイツ、レッドフックにはに建てられた煉瓦造りのや正面に赤褐色砂岩を配した住宅などが立ち並んでいるのが印象的である。 これらの地区の中には高級住宅化した裕福な場所も含まれており地下鉄駅も多く文化施設や高級飲食店が建ち並んでいる。 長きに渡り、様々な文化が溶け合いながら中流階級の地域が形作られてきた。 以降、数多くのや流行に敏感な人々がこれらの地区に移り住んできている。 、ニューヨーク市はブルックリン臨海地区の拡張に伴う再編成を完了し数多くの分譲が建設されている。 臨海地区の物価が上昇するにつれ再開発の波が臨海地区から西へと移り変わり地下鉄の L線の沿線にあるブッシュウィックに注目が集まっている。 もともとブッシュウィックはサンセット・パークやコニーアイランド、サイプレス・ヒル同様ヒスパニック系の住民が多い。 ブルックリン中部・南部地区には建築的・文化的に個性のある地域が多い。 その中にはマンハッタン区のなどのアパートから階級上昇を果たしたたちが移り住んできたために19世紀後半から20世紀前半に急激な成長を遂げた地区もある。 ブルックリンは複数の地区で構成されており、その民族的多様性はニューヨーク市ならではのものである。 ベッドフォード=スタイベサント地区はの密集する地域でやなど彼らの文化的中心地としても機能している。 イースト・フラットブッシュやフォートグリーンは中流階級のアフリカ系の職業人たちが集まっている。 アフリカ系や系の民族はこれらの地区に留まらずブルックリン全体に散らばっている。 またロシア系、ウクライナ系コミュニティはブライトンビーチ周辺に集中しており多くのロシア系、ウクライナ系のビジネスが展開されている。 そのため同地区のニックネームは最大の港湾都市の名を取り「リトル・」と呼ばれる。 ブッシュウィックはヒスパニック・コミュニティの中心地でニューヨーク市のヒスパニック文化に大きな影響を及ぼす地となっている。 デッカーハイツやベンソンハーストにはイタリア系の集中が見られ、その影響で屋など店が多く展開されている。 その他にもベイリッジ、バスビーチ、グレーヴセンド、マリーンパーク、ミルベイスン、バーゲンビーチなどにもイタリア系がおりや北部ウィリアムズバーグは最も長い歴史を持つイタリア系コミュニティである。 中国系はサンセットパークを中心とした区南部に散らばっている。 同地区の8番街はブルックリン中華街とも呼ばれる。 多くの店が見受けられる他、を祝うイベントなども催される。 最近ではベンソンハーストなど他の区南部地区へと移住する中国系も増えている。 やはボローパークに集中。 同地区にはユダヤ人学校や、などがありユダヤ系ビジネスが盛んに行われている。 他のユダヤ人地区としてはフラットブッシュ、ウィリアムズバーグ、クラウンハイツなどがある。 ブルックリンはにとって重要な地であり、詩人の初期の作品 Crossing Brooklyn Ferry はブルックリン沿岸の情景を表現している。 時代の劇作家はから38年まで同区ので教育を受けた。 、詩人はブルックリン橋からインスピレーションを得た「」という長編詩を発表。 作家はから20世紀初頭にかけてのブルックリンにおけるドイツ系やユダヤ系コミュニティの姿を表現。 小説「南回帰線」や「 The Rosy Crucifixion」はブルックリンで過ごした彼の青年時代がモデルとなっている。 作家のの作品「( A Tree Grows in Brooklyn)」とこれを原作にした同名の映画はブルックリンでの生活を描写した彼女の最も有名な初期の作品である。 ユダヤ人作家がや区民をもとに書き上げに出版された「( The Chosen)」はブルックリンで育つ2人の少年を主人公にしている。 作家の小説「」はフラットブッシュを舞台にの夏を描いている。 脚本家のの作品「( A View from the Bridge)」の舞台もブルックリン。 作家のの小説「ブラウンガール・ブラウンストーンズ( Brown Girl, Brownstones)」は時代から第二次世界大戦までの同区に生きた人移民の物語となっている。 近年ではブルックリン出身の作家が「」、「( The Fortress of Solitude)」などの作品で同区での育ちを書き綴っている。 地域には、、、、、、、、、、、、など現代文学の作家たちが集まっている。 尚、・チャンネルで放送されていたアニメ番組「」(原作は小説)はブルックリンが舞台となっている。 演劇・映画 [ ] ブルックリンは演劇や映画の舞台としても利用されてきた。 も受賞した劇作家の劇「 Crumbs from the Table of Joy」は第二次大戦後のブルックリンを舞台としからやってきたアフリカ系の葛藤を描く。 また世界的に有名なものでは俳優の代表作「」がイタリア系居住地区として有名なベイリッジ地域を舞台にした他、監督の遺作「」も時代のブルックリン沿岸地域を生きたユダヤ人の物語となっている。 劇作家のの作品「 Brighton Beach Memoirs」はのブルックリンが舞台。 代後半になるとブルックリンは監督の映画「 She's Gotta Have It」「」の撮影舞台になったことから新たな風潮を見せ始め、からにかけてドイツ人映画監督のクリストファー・ウェイナートが「 With Allah in Brooklyn」というを同地で作成した。 の映画「」を監督したは作家ジョナサン・バームバックとニューヨークベースの新聞の映画評論家ジョージア・ブラウンの息子で、映画はパークスロープのたちの生き様を描いた。 芸術・博物 [ ] に開館したはマンハッタンのに次ぐ全米で2番目に巨大なであり、から現代芸術までその所蔵品は150万点以上に上る。 12月に開館しクラウンハイツにあるは世界初の子供用美術館となっておりアメリカ美術博物協会認可で歴史的に重要な標本や見本など約3万点の所蔵品を数える。 には2109席の劇場、874席のホールがある。 にはニューヨーク市地下鉄の歴史を主要な展示物とし、ロングアイランド鉄道やバスシステムなども紹介している。 に創設されたは、、教育施設などを備えておりアメリカの建国からブルックリンの歴史、そしてそこの人々を学ぶ為の施設となっている。 に創設されたは非営利目的の美術館でブルックリン出身又は居住する現代芸術家たちが作品を展示する場所となっている。 ブルックリンハイツにあるこの美術館では現代芸術であれば全てのメディアを取り扱っており、公共イベントや芸術教育にも力を入れている。 ここの目的は現代芸術をより身近なものにしブルックリンから芸術とグローバルな世界の架け橋を作ろうというものでクリエイターの養成に一躍買っている。 異国文化 [ ] ブルックリンは様々な文化、民族、人種が集う場所であり、最多比の民族はカリブ出身のアフリカ系である。 今日形成されている文化の混合は海外からの移民がその風習をそのまま持ち込んだ結果である。 ニューヨーク都市圏は世界最大級のユダヤ人居住地域でありブルックリンはイスラエル以外ではユダヤ文化の中心地ともなっており、2007年には中欧最大のユダヤ人密集地域である市の区と姉妹都市になった。 行政もブルックリンの特異な文化にプロモーションをかけ、同区に進入する道路の標識にはカラフルな装飾で How Sweet It Is (なんて魅力的なんだ)、 Home to Everyone from Everywhere (あらゆる場所から来たあらゆる人々の故郷に)というサインが掲げられている。 メディア [ ] ブルックリンには、、、ブルックリン・ビュー、クリアーライフ・パブリケーションズ( Courier-Life Publications)など複数の地域新聞がある。 クリアーライフ紙はメディア界の大物の所有する傘下にありブルックリン最大の地域新聞になっている。 また当然ニューヨークベースの全国紙や、ニューヨーク都市圏用新聞なども大量に流通している。 芸術や政治を扱う情報雑誌やなどはブルックリンベースの雑誌である。 またその文化的多様性からエスニックプレスも盛んであり全米に出回るエスニック新聞の多くがブルックリンをベースとしている。 ニューヨーク市では約60の民族が42の言語を使用し300紙以上の非英語新聞が発行されている。 大手のものとしてはブルックリンとクイーンズの系新聞ザ・タブレット( The Tablet)、ユダヤ系新聞でで書かれる(正統派向け)、人用の(英語)、ハイチ・オブザーバチュア( Haiti Observateur)、ハイチ・プログレス( Haiti Progress)などがある。 ニューヨーク市はによって運営されるテレビ局を持っておりブルックリンをフィーチャーするプログラムもある。 は同区のである。 同局はBRICロタンダ・ギャラリーとコンテンツをシェアしている。 観光 [ ] 20世紀初頭にリゾート地として開発され第二次大戦前は区南部のコニーアイランドなどはニューヨーク市近郊のリゾート地として栄えた。 裕福なニューヨーカー達はやなどに集い海沿いの高級レストランやホテルを利用した。 彼らの中ではシーシェッドベイに行くならば海を見てその後に行かなければ意味が無い、とまで言われた。 地下鉄がコニーアイランドまで伸びたことにより一般市民も簡単にアクセスできるようになり大量の観光客が流入、全米初の一大アミューズメント地域となった。 に作られた・は国の歴史遺産にもなっている。 にあるに作られたワンダーホイールや他のアトラクションは今も稼働中である。 1970年代からコニーアイランドの人気は陰りを見せはじめた。 7月にはとが開かれることでも有名(ネイザンズというレストランが発祥の地と言われている)。 の日本庭園 ソーシャル・リフォーマーのヘンリー・エヴェリン・ペリエポイントがに築いたは全米有数の壮大な墓地である他478エーカー(190ヘクタール)に及ぶ敷地を持つ。 同墓地にはの、画家の、指揮者の、作曲家の、作家の、発明家の、ジャーナリストの、ファーストレディの、産児制限活動家の、政治家のなどが眠っている。 現在も墓地は運営中。 では桜並木や1エーカーの園、、、者のためのフレグランス・ガーデン(匂いの園)、の遊歩道、温室、ロックガーデンなどが楽しめる。 スポーツ [ ] スポーツ界の大物(バスケ)、(バスケ)、(チェス)、(アメフト)、(プロレス)、(大学アメフト)、(ボクサー)、(野球)、(野球)、(野球)、(テニス)、(重量挙)、(ボクサー)、(野球)、(野球)、(バスケ)、、(野球)などはブルックリン出身(もしくは育ち)である。 尚、はブルックリンに生まれたが育ったのはである。 1910年 ブルックリンは初期の野球の歴史にも深い関わりがあり、10月24日には現在のにて歴史上2回目の野球試合が行われた。 中盤から南北戦争にかけてはアマチュア野球チームの、、などが活躍した。 この頃は「ブルックリンの時代」とも呼ばれ現在の野球にもある、、、などがブルックリンから生まれた他、初の黒人チーム、黒人チャンピオンシップ、ロードトリップなどもあった。 初のプロ野球選手といわれるもブルックリンでプレーしていた。 また多くのチームが利用した本格的なスタジアムのも存在した(に解体)。 ブルックリンで最も有名だった球団ブルックリン・ドジャースはをホームとし、かつてはトロリー・ドジャースという名だった。 はに初のアフリカ系選手として入団した。 チームはでは強豪で優勝も多くにはで同じ地域のライバルのと戦った(結果は敗退)。 この時の盛り上がりは常軌を逸するもので盛大な祝典が催された。 その2年後、ドジャースはへとホームを移動。 球団オーナーのへの誹謗中傷は激しく、現在でも当時まだ子供でドジャースがブルックリンのチームであったか定かではない世代からも批判されることがある。 地区の歴史をいまだにドジャースの移転前、移転後で分ける住民が多い。 ただドジャースのブルックリン回帰の運動は起きていない。 ドジャースの移動以降43年間はブルックリンにプロ野球チームがなかったがにのがやってきた。 彼らはの傘下でコニーアイランドのをホームとしている。 マイナーリーグサッカーのもホームをクイーンズからに移した。 フィールドはスポーツコンプレックスの一角で2000席を持つサッカー専用。 同チームは4軍リーグのでプレーしている。 はを2008年の先発チームに認定。 チームはアビエイター・フィールドで活動している。 ドジャーズ移転後、長年メジャー球団はブルックリンに存在しなかったが、にのニュージャージー・ネッツがブルックリンに移転し、と改名した。 2012年に完成した屋内競技場・が新しい本拠となっている。 同センターにはにのがから移転する予定にもなっている。 区にある巨大な公園プロスペクトパークやマリーンパーク、スポーツ施設のある小型空港などは区民にスポーツを行う環境を提供している。 交通 [ ] マンハッタンとを結ぶ3つの橋 公共交通 [ ] ブルックリン区内の主要な交通手段は公共交通網である。 が18線(を含む)通っており観光客や通勤でマンハッタンとを行き来する者の92. ターミナル駅としては、、、、などがある。 また(LIRR) ()では ()、 ()、の3駅がある。 LIRRにはアトランティックAve-パシフィックSt駅近くからアクセスでき10の地下鉄網に乗り換えられる。 尚、LIRRではブルックリンから直通でマンハッタンにアクセスは出来ない。 網も区内全域を網羅している。 平日はマンハッタンへのエクスプレスバスも運行している。 ニューヨークの象徴でもあるタクシーのも見受けられるが同タクシーは主にマンハッタンで運行されている為数は極端に少なくなる。 またマンハッタンからブルックリンへ行くことを拒否される場合も多く、区南部への目的地はほぼ承諾されない(特に夜)。 道路 [ ] 高速道路の多くは区西側と南側に通っており()、、、、がある。 一般道で区内の幹線道路となっているのは、、、、、、、4番アヴェニュー、86番通り、ベイ・パークウェイ、マグギネス・ブルーヴァード、ペンシルベニア・アヴェニューなどである。 ブルックリンに走る大半の道にはなんらかの名前が付けられているが地区や南西部ではマンハッタンのように数字を使った道路がある。 数字のストリート(丁目)は東西に、数字のアヴェニュー(街)は南北に走る。 数字のストリートは他の地区に進入した時 East, north, South, West, Bay, Brighton, Plumb, Flatlands などの接頭辞が付く。 これはキングス郡にもともとあった複数の町に由来する。 マンハッタンへの道路のアクセスは、、、の4つがある。 ちなみにこの橋を南から BMW( Brooklyn, Manhattan, Williamsberg)と覚える。 はスタテンアイランドとを繋いでいる。 クイーンズとはほぼ陸続きであるがには、、JJバーン記念橋が、にはが架かっている。 海運 [ ] 栄えたニュージャージーの湾岸地帯。 ブルックリンはマンハッタンの裏側。 にあるなど歴史的にブルックリンの沿岸地域は 巨大な貿易港であった。 現在では多くのが寄港するのはブルックリンの対岸にあるの港で、ブルックリンは再び貨物船を呼び戻す為地区にターミナルを建設。 史上最大級の客船はニューヨーク港に進入することを計算し全米一の長さを誇るつり橋、ヴェラザノ・ナローズ橋の下をくぐれるよう設計された。 同客船はの母港としても有名なの港を出港しレッドフックに度々寄港する。 は元は通勤者用に設計され(現在は観光客が多い)区西海岸からローワー・マンハッタン、ミッドタウン、、に寄港する。 対岸のニュージャージーとを繋ぐは元は1920年代に提案されたがは未だその実用性について議論中とし実行には移していない。 最南端にある小型空港は商業運行は基本的に行っておらず一般の人が利用する空港ではない。 教育 [ ] 高校 [ ] 私立 著名な高等学校 抜粋 公立• (女子)• (女子)• (女子)• ユダヤ系• (女子)• (男子)• (女子)• (女子)• 無宗教• (通称ブルックリン・テック)(開校)は市の公立高校の一つで科学・数学・工学・技術の特化教育を行う高校としては全米最大で理系を中心に優秀な生徒が集まる。 から33年までは600万ドルをかけて新校舎を設立。 12階建ての校舎は1区画の半分を占有する。 卒業生はなど東海岸の一流大学へと進学する者が多くノーベル賞受賞者も2人輩出している。 大学 [ ] 公立• ブルックリンには公立、私立ともに数多くの教育機関が存在する。 同区の公立学校は全米最大の教育委員会でもあるが管轄している。 はの後期大学部(3・4年)の一つでニューヨーク市で最初のである。 学生の多くは移民第一世代か第二世代でユージーン・シェデロフというロシア人移民第2世の学生は学士課程を終える直前の2005年にの授与者に選ばれた(イギリスの発祥でアメリカでは年約30人程度しか選出されない国際的・歴史的に最も名誉ある制度)。 キャンパスはブルックリン・センターをパフォーミング・アーツの教室とし4つの劇場なども備えている。 に創立されたもニューヨーク市立大学機構の後期大学部の一つでリベラル・アーツ教育を中心とした学士課程の全体的な学力向上を目的として設立された。 同大学は学士・準学士共に取得可能でブルックリン区民の為の生涯教育プログラムも用意されている。 創立のは学生の多様性でも有名であり時点で女性やアフリカ系にも入学許可を出している。 尚、ブライアン・レイターが発表した法科大学院全米ランキングでは31位になっている。 はニューヨーク市大機構の前期大学部(1・2年)にあたる学校でニューヨーク・タイムズは同校は全米上位10校に入る短大であると発表した。 はに創立されたロングアイランド大学病院が母体となっており、アメリカで大学と病院が連結した(を設立した)最も古い教育機関でもあった。 センターの中には、、大学病院が用意されており大学院の教員には受賞者の(科)もいた。 学生の約半数はマイノリティか移民で構成されており医科大でのマイノリティの比率はニューヨーク州にある医大の中では最大。 はに創立されアメリカで2番目に古い工科大学である。 2008年7月に巨大な母体を持つと合併した。 (通称シティ・テック)はニューヨーク市大機構に属しニューヨーク州最大の公立工科大であり公立工科大のモデルともなっている学校である。 に設立、前身はメトロポリタン美術館技術大学改名後のニューヨーク貿易学校。 その後ヴォーヒーズ工科大学が設立され工学技術の専門校として世界的なモデルとなった。 ヴォーヒーズはにシティ・テックと合併。 ・中央図書館 は学部生約6400人を抱える私立大学である。 はアメリカの美術教育を牽引する学校であり、美術、建築、デザイン、ファッションデザイン、クリエイティブ・ライティングなど総合的なアートプログラムを用意している。 その他、、、など小さなリベラル・アーツ・カレッジがある。 マンハッタンとクイーンズとは独立したシステムを持つは数千のプログラム、100万冊以上の書籍、約850台の無料インターネットアクセスなどを備えている。 書籍は、、、、、、、などブルックリンで使用されている言語の多くを揃えている。 建物はグランド・アーミー・プラザ正面にあるランドマークともなっており地下などの改修工事を完了した。 分館は58館あり、ブルックリンハイツにはビジネス・ライブラリーもある。 現在、ブルックリン公立図書館はビジュアル&パフォーミングアーツ・ライブラリーの設立を模索しており芸術と最新技術などをフォーカスした施設になるという。 その他 [ ] 英語のブルックリン訛り(に属する)はテレビや映画などで典型的なニューヨーカーを表す特徴のひとつとして使用されることが多く(多かった)。 徐々に廃れてきてはいるがブルックリンの労働階級は「ブルックリン訛り」または「ブルックリニーズ」という独特な英語を話す。 実際は「ブルックリン訛り」とは言ってもニューヨーク5区全体及び隣接の北部の労働階級でもよく聞かれる。 このブルックリン訛りは、主に、終了以前まで国語の教師に出身者を雇用していた影響と、から来た系、系、系の訛りや慣用表現、それに加えて最近では系、系の表現の影響もみられる。 ブルックリン育ちのヨーロッパ系よりはかなりに近いが系の間でも確認できる。 基本的に人種を問わず公立の学校の生徒の間では幅広く聞かれる。 古い世代ではマンハッタンに行く事を「ニューヨークに行く」と言う場合がある(マンハッタンの公式名称はニューヨーク州ニューヨーク郡であるため誤認ではない)。 そのほかマンハッタンを「ザ・シティ(The City)」と呼ぶ場合もあるが、ザ・シティというのはアメリカ全土で通用するニューヨーク市の通称であるため必ずしもマンハッタンのみを指すわけではない(例:アメリカのテレビドラマ「」はアメリカ人であればニューヨーク市が舞台の物語であることをタイトルから読み取れる) 1907年にヴィタグラフがミッドウッド地区のアヴェニューMにスタジオを構えたのが映画産業の始まり。 後にワーナーブラザーズに売却されるが、1939年に現在のカリフォルニア州ロサンジェルス市ハリウッド地区に移動され現在の映画産業の元となる。 ブルックリンのいたるところで売っているポピュラーなストリートフードに、シンプルなチーズピザのスライス、ジャマイカンビーフパティー、・系のや、ホットドッグ、ヒーロー(他の町ではサブ等と呼ばれる)と呼ばれる長いパンにはさんだ、ユダヤ系ののサンドイッチ、系のフライドチキン等がある。 有名なブルックリン出身のギャングにで組織を作ったとの産業を始めたユダヤ系のがいる。 ブルックリン出身の著名人 [ ] 生まれ、育ち、どちらかブルックリンの著名人を含む 政治家 [ ]• 作家 [ ]• 芸術家 [ ]• 映画監督 [ ]• 男優 [ ]• 女優 [ ]• ミュージシャン [ ]• MCA()• スポーツ [ ]• アメフト• (バスケ)• バスケ• ボクサー• (ボクサー)• バスケ• プロレス• バスケ• プロレス• ボクサー• チェス• バスケ• プロレス• ボクサー• バスケ• (ボクサー)• (野球) その他 [ ]• (ギャングスター• 音楽プロデューサー• 思想家• 哲学者• 発明家• ギャングスター• 自動車デザイナー• TV司会者• Per the , retrieved on July 12, 2008, New York County Manhattan was the nation's densest-populated county, followed by Kings County Brooklyn , Bronx County, Queens County and. , retrieved on February 6, 2009.

次の

ブルックリン 旅行 クチコミガイド【フォートラベル】

ブルックリン フォート

アクセス 3. 65 地下鉄の駅から徒歩5分。 駅のホームから見えるところに案内が出ています。 by tabashicoさん コスパ 3. 52 サービス 3. 76 肉を切るときにシャッターチャンスタイムをくれる by Kaori Kojimaさん 雰囲気 4. 03 趣がある。 落書きだらけの表通りとのギャップが激しい by Kaori Kojimaさん 料理・味 4. 40 おいしいけど量がね by Kaori Kojimaさん• 満足度の高いクチコミ(41件) ニューヨークNo. 1ステーキハウス 4. テーキは本当に美味しく 付け合わせのクリームスピナッチも良く合いデザートにオーダーしたチーズケーキは濃厚で評判どうりの美味しさでした。 私達のテーブルを担当してくれたおじさんは とても楽しく陽気な方で、ステーキの美味しさとおじさんの笑顔で大満足のランチでした。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:1件• 満足度の低いクチコミ(3件) 有名ステーキハウス 2. キハウスです。 支払いは現金のみを貫いていて使い勝手は少し悪いです。 味は正直マンハッタンに数多あるステーキ店と変わらない印象を受けました。 さん(非公開) ブルックリンのクチコミ:2件 このレストランを ネット予約 住所 178 Broadway, Brooklyn, NY 11211 ( ) 公式ページ 営業時間 月~木曜日 11:45~21:45 金、土曜日 11:45~22:45 日曜日 12:45~21:45 お支払い:現金のみ ご予約には滞在先ホテルの電話番号が必要となります。 レストラン来店の際、お名前と予約に使用しました滞在先ホテルの電話番号をお申し出ください。 滞在先ホテルの電話番号がない場合、弊社ハワイオフィスの番号にてご対応となります。 77 コスパ 3. 45 サービス 3. 45 雰囲気 3. 91 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(9件) 長めのいい場所でホームメイドアイス 4. ました。 ニューヨークでベストアイスクリームともいわれるアイス屋さんだそう。 10月の平日だったからか、ほとんど人がいませんでした。 休憩がてらストロベリーを。 自然素材のホームメイドだけあって素朴な甘さでした。 若干高めでキャッシュオンリーです。 さん(女性) ブルックリンのクチコミ:5件 アクセス 3. 70 コスパ 4. 40 サービス 3. 90 雰囲気 4. 20 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(6件) ここならゆっくり、並ばずに 5. 普通の店舗ですが、店内には有名人?... の手形が掛かっていたりして個性的。 また、マンハッタンの店はいつも混雑していますが、こちらの店は時間を少しずらせば、並ばずに注文可能でき、ゆっくりいただくことが出来る。 ハンバーガーと並ぶ名物であるShack-cago dog(ホットドッグ)を注文。 100ビーフソーセージにオニオン、トマト、キュウリなどがいっぱい挟んである。 ノーマルのホットドッグより更に美味しいが、スポートペッパー(青唐辛子)は噛むと辛さが急に!!初心者は気をつけるか外した方が良いかも。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:3件 アクセス 4. 00 コスパ 3. 70 サービス 4. 20 雰囲気 3. 60 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(6件) 夕方は比較的空いている? ! 4. 店内は1人客がほとんどで、混んでいなかったせ... いかパソコンや勉強して長居してる人がいました。 店員は私を観光客とわかると1つずつ丁寧に説明してくれ、思ったように注文でき助かりました。 私が注文したBOALの味はまあまあかなという感じでしたが、マンハッタンに何店舗もある人気店なので、いろんな組み合わせに挑戦して自分好みの味を見つけてみたいです。 さん(女性) ニューヨークのクチコミ:19件 アクセス 3. 00 地下鉄High street駅から遠くないが、タクシーで行くのがお勧め。 早い時間なら、徒歩でブルックリン橋を渡っていくのも味わいがある。 by todoさん コスパ 3. 50 値段は高いが、素晴らしい夜景や料理の質を考えればコストパフォーマンスは高い。 by todoさん サービス 4. 13 非常によい。 フランス的なきちんとしたサービスだが、アメリカらしくアットホームな雰囲気もある。 by todoさん 雰囲気 4. 88 何といっても、ここから見るマンハッタンの夜景が素晴らしい。 カップルで、夢のような夜を過ごすことができる。 by todoさん 料理・味 4. 00 十分に良い。 ロブスターなどを含むコースを食べたが美味しい。 HPにはアメリカ料理と書いてあったが、フランス料理かと思った。 by todoさん• 満足度の高いクチコミ(6件) マンハッタンの夜景を眺めながらのデイナーが最高 4. 若い時に映画で見て以来ずっと行きたかったが、夢を実現した... 素晴らしい夜景と美味しい料理を満喫し、期待を裏切らない満足度の高い店だった。 カップルで行けば、マンハッタンの夜景とともにニューヨークに素晴らしい想い出を残すことができる。 ハドソン川のほとりの店なので、ロブスター料理を食べるのが良いと思う(お勧めコースにも入っている)。 食事の合間、デザートの前などには、ぜひべランダに出て、川を渡る風に当たり、夜景を楽しもう。 私たちはブルックリン橋を歩いて渡っていったが、夜はタクシーで行ったほうが良いかも知れない。 映画で見た時は、超高級店で入りにくい店かもしれないと思ったが、映画の印象に比べればお店は超立派ではなく、お店の人たちもとてもフレンドリーだった。 値段は安くはないが、総合点でトップクラス。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:1件• 満足度の低いクチコミ(1件) 人種差別 1. わらず一番窓から遠い端の端の席に通され、後から来る白人が窓側の席に通されるのを指をくわえて見るだけでした。 最後もさっさと出て行けと言わんばかりに請求書を机にたたきつけられるように渡され、依然として残る人種差別を感じずにいられなかったです。 食事は普通。 日本で同じ値段を出したほうがおいしいです(リバーカフェに限らず) さん(不明) ブルックリンのクチコミ:1件 アクセス 3. 33 コスパ 3. 75 サービス 3. 17 雰囲気 3. 17 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(4件) ニューヨークの中のパリ。 それも一流のパリの味。 バゲットもエクレアもマカロンも。 みんなおいしい。 パン屋さんかケー... キ屋さんといった感じです。 テーブルも三つほどあって,なかでいただくことも出来ます。 バゲットのサンドイッチをいただきましたがとってもおいしい。 まさにパリの味です。 ほかにも,エクレア,イチゴショートケーキ,マカロンなどもあって,どれもおいしそうでした。 まさに日本人向け。 パリジャンが経営しているお店でしょうか,確かめませんでした。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:4件 アクセス 4. 25 コスパ 4. 75 サービス 4. 75 雰囲気 4. 75 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(2件) おすすめ 4. HPから予約をして尋ねました。 合いの手が全て「クール」で済んでしまう、スタッフと話をしながら、「外にする?それとも中?」、「今日は雨の予報じゃないの?」、「降ってきたら、中に入ればいいよ」とのことで、テラス席で食事をしました。 ポン酢を隠し味に使ったトマト料理や、フライと言いながら天ぷらに近い揚げ物などもあり、日本人の口にも合うと思いました。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:3件 アクセス 3. 50 ダンボ地区の中心にあります。 by ぴんさん コスパ 3. 25 もともと物価は高い地区なので、すごく安いわけではありませんが、オシャレカフェ価格(?)です。 by ぴんさん サービス 3. 50 オーダーして商品を受け取ったら席をとる、カフェスタイルです。 by ぴんさん 雰囲気 4. 25 騒がしくなく、割とゆっくりとお茶を楽しめる雰囲気でした。 by ぴんさん 料理・味 4. 25 ガイドブックにも載っているクッキーやケーキがおいてあるカフェ by ぴんさん• 満足度の高いクチコミ(2件) ガイドブックにも載ってるオシャレクッキーショップで一休み 4. 本屋さんで売ってるガイドブックでもおなじ... ダンボ地区はアーティストの人たちが多くすむエリアらしいので、 店員さんも奇抜な人でした! 地区によって個性が出るのもさすがですね。 これが実際に食べたメニュー カフェラテは5ドルほど クッキーは1つ1.5ドルだったと思います。 とても美味しいです。 クッキー以外にもあるので是非試して見ては。 さん(女性) ブルックリンのクチコミ:2件 アクセス 3. 63 コスパ 3. 38 サービス 3. 25 雰囲気 3. 50 料理・味 3. 満足度の高いクチコミ(2件) 隣りの姉妹店ジュリアナズも 4. グリマルディのすぐ隣りにあり、行列も同じぐらいの人気店です。 スモール・サイズのピザが18ドルぐらいで、テイクアウトもできます。 本格的な炭焼きのピザとあって、さすがに美味しいです。 晴れた日にはベンチや芝生に座って、橋とマンハッタンを眺めながらピクニック気分というのも、なかなかオツなものではないでしょうか。 さん(女性) ブルックリンのクチコミ:3件• 満足度の低いクチコミ(1件) 猛暑の中でも並びます。 グルマ... ルディーズピザはここのブルックリン橋店だけではなく、ニュージャージー州に数店、クィーンズ区に一店、他の州にもあります。 時間がないけど、どうしてもグルマルディーズピザを食べたい方はマンハッタン島のチェルシーにあるLimelight Marketplece(ライムライト• マーケットプレイス)に行かれてみてください。 ここだとほぼ待ち時間なしで食べれますよ。 さん(女性) ブルックリンのクチコミ:8件 アクセス 4. 00 駅から10分もかからず。 初めてだともう少し時間がかかる。 by ちかさん コスパ 5. 00 サービス 3. 75 雰囲気 4. 50 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(2件) おいしいフライドチキンとパイが食べられるお店。 ランチ時ではなかったのですが、20分くらい並... んだほど賑わっていました。 ちょっぴりスパイシーなフライドチキンは、衣サクサクお肉がジューシーでおいしいです。 アップルパイはリンゴがたっぷり入っていて、食べ応えあります。 Marcy Av駅から歩いて5分くらいにあって、アクセスもいいです。 さん(女性) ブルックリンのクチコミ:4件 アクセス 3. 50 コスパ 4. 00 サービス 4. 00 雰囲気 4. 00 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(2件) 日本進出でおなじみのコーヒーショップ 4. 日本でも原宿エリアへ出店しおなじみのサードウェーブコー... ヒーショップです。 ゴリラのパッケージがキャッチーなのでお土産にもいいでしょう。 パークスロープエリアに複数あり、登録住所の店舗が本店です。 コーヒーは美味しいですが、店舗は普通で、おしゃれというより日常使いなお店という印象。 バークレイズセンターに近い2号店は少し洗練されたお店で、写真はそちらのものです。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:85件 アクセス 2. 25 ナビが欠かせない by araさん コスパ 3. 00 サービス 3. 00 雰囲気 4. 25 昔のアメリカ by araさん 料理・味 3. 満足度の高いクチコミ(1件) 超レトロな味わい 4. 5、60年代のアメリカのカフ... ェを再現しているのだろうか。 レトロ感たっぷりだった。 なんでも昔のFarmacy(薬屋)の雰囲気を生かしているらしい。 話題の店なのか、結構にぎわっていた。 ブルックリンに行ったら訪ねてみるのもいいだろう。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:5件 アクセス 2. 75 コスパ 2. 75 サービス 3. 25 雰囲気 3. 50 料理・味 4. 満足度の高いクチコミ(1件) ロブスター・ロールはおいしくて店内もきれい、値段もそれ相応 4. 名前の通りブルックリンのレッドフックに本... 店があり、マンハッタンには店舗や屋台トラックで展開しています。 そのロブスター・ロール、ロブスターをたっぷり入れたマヨネーズベースのディップがパンの上に乗っかっているという料理です。 味もなかなかいけます。 たまに「ロブスターとか食いたいなぁ」と思ったら、気楽に使える店ですね。 でもまあ、そのロブスター・ロールだけで21ドルもするので、ホント「たまに」でないと寄る気にはなりませんが。 さん(男性) ブルックリンのクチコミ:5件.

次の