ブロンコ ビリー 高槻。 ブロンコ・ビリー : 作品情報

アウトドアパークブロンコ 関東のオフロードコース 秩父 クロカン 4wd 四駆 オフロード

ブロンコ ビリー 高槻

あらすじ [ ] ブロンコ・ビリーは西部男たちの荒くれさを活劇ショーに見立て披露する旅回りの一座「ワイルド・ウェスト・ショー」のリーダーだ。 彼らはアメリカ中南部を巡業し、時には慈善興業も買ってでるが経済的には困窮していた。 裕福な家に生まれた勝気な女性アントワネット・リリーは30歳までに結婚しなければ父の遺産を継げないため、愛してもいない男アーリントンと名目上の結婚をしようとしていた。 しかし、アントワネットの高慢な言動にウンザリしたアーリントンは宿泊したホテルから逃げ出してしまう。 アーリントンに財布を盗まれて一文無しになったアントワネットは、ニューヨークの自宅に電話をかけるため、居合わせたビリーに小銭を借りる。 しかし、その代償として「ワイルド・ウエスト・ショー」のアシスタントとして旅に同行することになる。 一方、アントワネットの母アイリーンは弁護士エドガーの入れ知恵で、行方不明になった彼女をアーリントンに殺害されたことにして夫の遺産を相続しようと考える。 エドガーは逮捕されたアーリントンに取引を持ちかけ、減刑と50万ドルの報酬と引き換えに彼に殺害を認めさせる。 アントワネットを引き入れた「ワイルド・ウエスト・ショー」だったが、彼女が手順を無視して勝手なことばかりすることにビリーは不満を募らせ、彼女を解雇しようとする。 アントワネットもビリーの指示に従うことを嫌ったため一座を抜けようとするが、新聞に自分の死亡記事が載っているのを見かけ、渋々一座に戻ることになる。 次の興行を控えた中、一座のメンバーであるビッグ・イーグルの妻ランニング・ウォーターが妊娠したことを知った一座は近くのバーで祝杯を挙げるが、アントワネットに乱暴を働いた酔客にビリーが殴りかかったことで乱闘騒ぎが起きる。 アントワネットはバーの外に逃げ出すが、そこで二人組の男に乱暴されそうになるが、駆け付けたビリーに助け出される。 アントワネットの身を気遣うビリーに、彼女は次第に心惹かれていく。 翌日、昨夜の乱闘騒ぎでメンバーのレオナードが逮捕されたことを知ったビリーは釈放を求めるが、保安官から彼がの兵役を拒否した脱走兵だったことを知らされる。 ビリーは保安官と取引してレオナードを釈放させるが、その引き換えに全財産を保安官に引き渡してしまう。 さらに、その日の興行で観客が持ち込んだ爆竹で火事が起きてテントが燃えてしまう。 一座のメンバーはアントワネットを疫病神扱いして一座から追い出すように求めるが、ビリーはそれを拒否して、新しいテントを手に入れるため警察が管理する精神病院を訪れる。 アントワネットはランニング・ウォーターから助言をもらい自分の気持ちと向き合い、ビリーに気持ちを打ち明け一夜を共にする。 アントワネットは距離を置いていた一座のメンバーと和解して興行に取り組むが、そこで減刑処分を受けて入院していたアーリントンと再会する。 死んだはずのアントワネットが生きていたことを知ったマスコミは大騒ぎし、彼女は遺産相続人としてニューヨークに連れ戻される。 ビリーはアントワネットを失ったことに意気消沈し、同じように彼を失った彼女は睡眠薬を大量摂取して自殺を図る、その直前にランニング・ウォーターから電話がかかってくる。 ビリーはアントワネットがいない状態で興行を始めるが、そこにアントワネットが現れる。 再会を喜んだ二人は興行を無事に終え、観客から喝采を浴びる。 ブロンコ・ビリー - ()• アントワネット・リリー - ()• ドク・リンチ - ()• レフティ - ()()• レオナード - ()• ビッグ・イーグル - ()()• ランニング・ウォーター - ()• ジョン・アーリントン - ()• アイリーン - ()()• エドガー弁護士 - ()• 撮影は1979年に南西部ので6週間程行われた。 ボイシでの撮影が終了した後、さらにとで追加の撮影が行われた。 低予算で撮影された本作は、予定より2週間から4週間程早く撮影が終了した。 評価 [ ] イーストウッドは本作を「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」として挙げており、伝記作者のリチャード・シーケルは「ビリーのキャラクターはイーストウッド自身の性格を反映している」と指摘している。 本作は商業的に失敗した が、批評家からは高い評価を受けている。 の ()はと現代劇を融合させた演出を称賛し、「イーストウッド映画の中で最高に面白い作品」と述べている。 興行収入は制作費の4倍近い2,400万ドルを記録したが、イーストウッドはこの結果に不満を感じており 、インタビューに「この映画は古いテーマを扱っている。 何故古いかと言えば、それは映画が取り扱われることを望んでいなかったからだ。 しかし、映画監督として私が何を言おうとしていたかを知りたいと感じたならば、それは『ブロンコ・ビリー』の中で見付けることでしょう」と答えている。 ノミネート [ ]• :最低女優賞 出典 [ ]• Gentry, p. [ ]• 122• Spokane Daily Chronicle. Associated Press Washington : p. 1979年10月3日. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 361. McGilligan, Patrick 1999. Clint: The Life and Legend. London:. 318. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 362. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 365. Maslin, Janet December 17, 1980. "Any Which Way You Can 1980 : Screen: Clint and Clyde". The New York Times. Maslin, Janet 1980年6月11日. 124 参考文献 [ ]• Hughes, Howard 2009. Aim for the Heart. London:. Gentry, Ric 1999. In Robert E. , Kapsis; Coblentz, Kathie. Clint Eastwood: Interviews. University Press of Mississippi. 62—75. 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ビリーズバウンス(地図/写真/高槻/バー)

ブロンコ ビリー 高槻

あらすじ [ ] ブロンコ・ビリーは西部男たちの荒くれさを活劇ショーに見立て披露する旅回りの一座「ワイルド・ウェスト・ショー」のリーダーだ。 彼らはアメリカ中南部を巡業し、時には慈善興業も買ってでるが経済的には困窮していた。 裕福な家に生まれた勝気な女性アントワネット・リリーは30歳までに結婚しなければ父の遺産を継げないため、愛してもいない男アーリントンと名目上の結婚をしようとしていた。 しかし、アントワネットの高慢な言動にウンザリしたアーリントンは宿泊したホテルから逃げ出してしまう。 アーリントンに財布を盗まれて一文無しになったアントワネットは、ニューヨークの自宅に電話をかけるため、居合わせたビリーに小銭を借りる。 しかし、その代償として「ワイルド・ウエスト・ショー」のアシスタントとして旅に同行することになる。 一方、アントワネットの母アイリーンは弁護士エドガーの入れ知恵で、行方不明になった彼女をアーリントンに殺害されたことにして夫の遺産を相続しようと考える。 エドガーは逮捕されたアーリントンに取引を持ちかけ、減刑と50万ドルの報酬と引き換えに彼に殺害を認めさせる。 アントワネットを引き入れた「ワイルド・ウエスト・ショー」だったが、彼女が手順を無視して勝手なことばかりすることにビリーは不満を募らせ、彼女を解雇しようとする。 アントワネットもビリーの指示に従うことを嫌ったため一座を抜けようとするが、新聞に自分の死亡記事が載っているのを見かけ、渋々一座に戻ることになる。 次の興行を控えた中、一座のメンバーであるビッグ・イーグルの妻ランニング・ウォーターが妊娠したことを知った一座は近くのバーで祝杯を挙げるが、アントワネットに乱暴を働いた酔客にビリーが殴りかかったことで乱闘騒ぎが起きる。 アントワネットはバーの外に逃げ出すが、そこで二人組の男に乱暴されそうになるが、駆け付けたビリーに助け出される。 アントワネットの身を気遣うビリーに、彼女は次第に心惹かれていく。 翌日、昨夜の乱闘騒ぎでメンバーのレオナードが逮捕されたことを知ったビリーは釈放を求めるが、保安官から彼がの兵役を拒否した脱走兵だったことを知らされる。 ビリーは保安官と取引してレオナードを釈放させるが、その引き換えに全財産を保安官に引き渡してしまう。 さらに、その日の興行で観客が持ち込んだ爆竹で火事が起きてテントが燃えてしまう。 一座のメンバーはアントワネットを疫病神扱いして一座から追い出すように求めるが、ビリーはそれを拒否して、新しいテントを手に入れるため警察が管理する精神病院を訪れる。 アントワネットはランニング・ウォーターから助言をもらい自分の気持ちと向き合い、ビリーに気持ちを打ち明け一夜を共にする。 アントワネットは距離を置いていた一座のメンバーと和解して興行に取り組むが、そこで減刑処分を受けて入院していたアーリントンと再会する。 死んだはずのアントワネットが生きていたことを知ったマスコミは大騒ぎし、彼女は遺産相続人としてニューヨークに連れ戻される。 ビリーはアントワネットを失ったことに意気消沈し、同じように彼を失った彼女は睡眠薬を大量摂取して自殺を図る、その直前にランニング・ウォーターから電話がかかってくる。 ビリーはアントワネットがいない状態で興行を始めるが、そこにアントワネットが現れる。 再会を喜んだ二人は興行を無事に終え、観客から喝采を浴びる。 ブロンコ・ビリー - ()• アントワネット・リリー - ()• ドク・リンチ - ()• レフティ - ()()• レオナード - ()• ビッグ・イーグル - ()()• ランニング・ウォーター - ()• ジョン・アーリントン - ()• アイリーン - ()()• エドガー弁護士 - ()• 撮影は1979年に南西部ので6週間程行われた。 ボイシでの撮影が終了した後、さらにとで追加の撮影が行われた。 低予算で撮影された本作は、予定より2週間から4週間程早く撮影が終了した。 評価 [ ] イーストウッドは本作を「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」として挙げており、伝記作者のリチャード・シーケルは「ビリーのキャラクターはイーストウッド自身の性格を反映している」と指摘している。 本作は商業的に失敗した が、批評家からは高い評価を受けている。 の ()はと現代劇を融合させた演出を称賛し、「イーストウッド映画の中で最高に面白い作品」と述べている。 興行収入は制作費の4倍近い2,400万ドルを記録したが、イーストウッドはこの結果に不満を感じており 、インタビューに「この映画は古いテーマを扱っている。 何故古いかと言えば、それは映画が取り扱われることを望んでいなかったからだ。 しかし、映画監督として私が何を言おうとしていたかを知りたいと感じたならば、それは『ブロンコ・ビリー』の中で見付けることでしょう」と答えている。 ノミネート [ ]• :最低女優賞 出典 [ ]• Gentry, p. [ ]• 122• Spokane Daily Chronicle. Associated Press Washington : p. 1979年10月3日. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 361. McGilligan, Patrick 1999. Clint: The Life and Legend. London:. 318. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 362. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 365. Maslin, Janet December 17, 1980. "Any Which Way You Can 1980 : Screen: Clint and Clyde". The New York Times. Maslin, Janet 1980年6月11日. 124 参考文献 [ ]• Hughes, Howard 2009. Aim for the Heart. London:. Gentry, Ric 1999. In Robert E. , Kapsis; Coblentz, Kathie. Clint Eastwood: Interviews. University Press of Mississippi. 62—75. 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ブロンコビリー

ブロンコ ビリー 高槻

製作総指揮はロバート・デイリー、製作はデニス・ハッキンとニール・ドブロフスキー、製作協力はフリッツ・マーネイズ、監督は「ガントレット」のクリント・イーストウッド、脚本はデニス・ハッキン、撮影はデイヴィッド・ワース、音楽はスティーヴ・ドーフが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック、ジョフリー・ルイス、スキャットマン・クロザース、シェラ・ペシャー、ダン・バディス、サム・ボトムス、ビル・マッキニーなど。 日本語版監修は高瀬鎮夫。 デラックスカラー、バナビジョン。 1980年作品。 これは、西部男たちの向う見ずの荒っぽさを活劇ショーに仕立てて披露する旅まわりのショーだ。 花形スターの彼の他には、司会役のドック・リンチ(スキャットマン・クロザース)、インディアン混血の中年美人ロレーン(シェラ・ペシャー)、彼女の夫でインディアン・ダンスや曲芸をこなすチーフ・ビック・イーグル(ダン・バディス)、投げ縄の名人レオナード(サム・ボトムス)、左きき2丁拳銃のル・バウ(ビル・マッキニー)、それに愛馬バスターなどがメンバーのメインだ。 彼らはアメリカの中南部を巡業し、時には慈善公演もかって出るが、経済的にはいつも苦しかった。 一座の移動は車で行なわれ、その日もカンサス州のジャンクション・シティに意気盛んに乗り込むと、ビリーは早速興業の許可をもらうために市の役所に出かけた。 窓口で、ビリーはジョン・アーリントン(ジョフリー・ルイス)とリリー(ソンドラ・ロック)という金持ちのカップルを見かけた。 彼らは結婚許可書をもらいに来ていたのだが、遺産相続のためにいやいやジョンと結婚するリリーは、欲ばりの母親をうらみつつも、はるばるニューヨークからカンサスに結婚式をあげる為に来ていたのだ。 結婚式を済ませて、あるモーテルで初夜を迎えることになったリリーは、しかしどうしてもジョンに抱かれる気になれず、拒み通した。 怒ったジョンは、リリーの持ちもの全てを奪い、町から姿を消してしまった。 翌朝目ざめて、仰天したリリーはニューヨークの母親に連絡するために隣りのガソリン・スタンドにとびこむが、1セントのお金もない。 困っているところに出くわしたのがビリーだ。 彼に10セントを借りることにしたリリーは、その金を返すために、ビリーの一座に加わり危険なナイフ投げの的などの役をひきうけるはめになる。 一方、ニューヨークでは、行方知れずになったリリーに、アイリンは大あわて。 殺されたのかも知れないと思った彼女は、弁護士に相談した。 それから間もなくジョンは警官につかまりニューヨークヘ護送されてきた。 弁護士は、ジョンのところへやってきて、ある相談をもちかけた。 ジョンがリリーを殺したことにすれば、アイリンに入り込んでくる遺産のうち、50万ドルは分け前としてジョンにあげるというものだった。 弁護士の甘い言葉に乗ったジョンはすぐにその計画に賛成した。 一方、リリーは、生れも育ちも違うビリーと何かにつけて衝突していた。 しかし、時がたつうちにビリーのみんなに対するやさしさや、子供達から英雄視されている姿に少しずつ惹かれるものを感じるようになっていった。 そして、ビリーが、かつて浮気をした妻を殺して投獄された過去を持っていること、それでも今は過去を忘れて、団員を家族のように愛していることをメンバーから聞き、深い感動を覚えた。 ある夜、リリーは地元のカウボーイたちにつかまり暴行されそうになるが、そこへ現われたビリーやレナートに助けられる。 しかし、レナートが保安官につかまり、その釈放のために、ビリーはせっかくためた貯金を悪徳保安官の前にさし出した。 さらに突然の火事で残りの貯金や道具を失ったビリーは、やけになり列車強盗を計画するが、それも惨めな結果に終った。 ある鉱泉サナトリュームで何とか幕をあけることが可能になった頃、リリー殺しの罪を引き受けて精神病院送りになっていたジョンがそのサナトリュームに来ていた。 彼の口からアイリンらの陰謀の全てを知ったリリーは、事実を明白にするためニューヨークヘ帰っていった。 リリーを失ったビリーの芸は精彩に欠け、一座のメンバーたちを心配させた。 そんなある夜、アビリーンの町でショーの幕を開いたビリーは演技者入場口で衣裳をまとい艶然と微笑むリリーの姿を目にするのだった。 (ワーナー・ブラサース映画配給*1時間56分).

次の