クロスオーバー ss。 俺ガイル

ガンダム クロスオーバー スロット

クロスオーバー ss

自然で滑らかな中音域と、力強く、クリアな低音を実現するウーファーユニットには、ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用。 滑らかさと力強さを両立するユニットを実現するために、振動板のベース材と表層を異なる種類のMRCを組み合わせる2層抄紙(しょうし)技術で実現しています。 立ち上がりよく力強い低音のためにベース材には発泡倍率が高く軽量で剛性の高い第一世代MRCを使用し、ボーカル帯域の音質を決定する表層の素材には発泡倍率が低くしなやかで素直な音質の第二世代MRCを使用。 さらに、ダブル・ウーファーとすることで、スケール感がありタイトで力強い低音と、エネルギーにあふれ情熱的なボーカル再生を両立しています。 「ハイレゾリューション・オーディオ」などの高音質な音楽再生において、各ユニットから出る音のタイミングを調整することは音色や音像定位、スケール感の再現などに大きく影響する音作りの重要な要素です。 「広指向性スーパートゥイーター」を採用し、その効果を最大限に引き出すために、メイントゥイーターとの間隔や奥行きなどの位置関係をミリ単位で調整し、フェイスプレート上にマウントすることで徹底した位置管理を実現しています。 また各トゥイーターの開口部形状は試作と試聴を繰り返し音質と特性の双方を最適に調整しました。 さらに、ウーファーを含む全ユニットの位置関係をシビアに調整し、高品位なクロスオーバーネットワークで位相を調整することによって音の立ち上がりを揃え、ハイスピードなサウンドを実現しています。 アンプから入力された音楽信号を損なわずに、ありのままの音楽表現を実現するために、SS-CS3ではエントリークラスでありながら高品位なオーディオパーツを採用しました。 クロスオーバーネットワークの素子にはトゥイーター用のコイルに空芯を、ウーファー用に珪素鋼板コアを採用し、さらに可能な限り太い巻線を採用。 コンデンサーは全てフィルムコンデンサーとするなど低品位な素子では失われがちな音楽情報の欠損を最小限に留め、エネルギッシュでありながら繊細な感情の変化まで表現します。 スピーカーターミナルには真鍮専用ターミナルを採用。 ターミナルのマウントは、キャビネットの開口部が最小限になるように配慮して振動を抑えています。 大型のターミナルはケーブルの接続作業が容易でYプラグやバナナプラグにも対応。 真鍮製ターミナルの内側軸を削り出すことで、直接コネクターを接続できる構造としたため、接触抵抗を減らし、クロスオーバーネットワークまでの情報ロスを最小限に抑えました。 また、ダブルウーファーのクロスオーバーを個別に調整することで濁りのない中域と力強い低域を両立しています。 エンクロージャーの響きをコントロールし不要なノイズを排除することは、広いサウンドステージと緻密な音像定位、高品位なボーカル帯域の再生を実現するうえで重要な要素です。 SS-CS3では、エンクロージャーの響きをコントロールするためにユニットの背圧やエンクロージャー内部で発生する定在波を抑制する「吸音」と、エンクロージャーそのものの振動を抑制する「制振」の2つに分類し、それぞれアプローチを変えて対策を施しました。 吸音材の材料の種類や位置、また補強の入れ方を、何度も試作と試聴を繰り返す事で最適に調整しています。 さらに、ユニットが発生する背圧に負けることのない強いキャビネットを実現するために、十分な厚みを持つMDF材を使用することで基本的な強度を確保しつつ、入念な検討と試聴を繰り返し、17箇所もの補強を施すことでエンクロージャー剛性を高めています。 これにより不要な振動を効果的に抑え、立ち上がりのよいクリアでタイトなベースサウンドを実現しました。

次の

マツダ|クロスオーバー SUV|カーラインナップ

クロスオーバー ss

SS・二次創作小説を紹介することに定評のある凡夫です。 今回はおすすめのSS・二次創作小説紹介記事、第三弾です。 二次創作の華!(凡夫の私的な意見)絶対に読んで欲しいクロスオーバー作品を紹介します。 そもそもクロスオーバーって何かというと、アベンジャーズです。 マーベルヒーロー大集結です。 これでピンとこない人はキングダムハーツと言えばわかりますかね? ・・・・・・キングダムハーツ、これいつ完結するんだろうね。 後は何だろう? スパロボとかGジェネとかそういうのです。 うん、学術的な説明ができない! Wikiを読もう! フィクションにおけるクロスオーバー作品(クロスオーバーさくひん)とは、狭義では複数の独立したシリーズが一時的に一つのストーリーを共有、進行させる事をいう。 並立したストーリーラインを、新たなストーリーラインが横断して行くと解釈してこの名がついた。 アメリカンコミックにおいて著しく発達した手法である。 異なる作品に登場するキャラクターや舞台設定、世界観などがひとつの作品に登場することをいい、アメコミの場合、著作権が著者でなく出版社に帰属することが多かったため、この手法が容易であり、よく使われた。 情報源: アメコミの手法だったんですね。 出版社に著作権があるからできたということは、日本ではなかなか難しそうですね。 特別企画みたいのでなんとかやれるくらいか。 こち亀の記念年の時はジャンプでコラボたくさんやっていたけどそういうことだろうか。 銀魂とこち亀のコラボはおもしろかったです。 後はスケットダンスと銀魂のコラボ。 漫画も面白かったけどアニメもすごかった。 まさかこのコラボでの声優ネタをやるためだけに、白石涼子を起用したとか銀魂スタッフは有能です。 ちなみに演じた役は、寿限無寿限無ウンコ投げ機一昨日の新ちゃんのパンツ新八の人生バルムンク=フェザリオンアイザック=シュナイダー三分の一の純情な感情の残った三分の二はさかむけが気になる感情裏切りは僕の名前をしっているようでしらないのを僕はしっている留守スルメめだかかずのここえだめめだか……このめだかはさっきと違う奴だから池乃めだかの方だからラー油ゆうていみやおうきむこうぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺおあとがよろしいようでこれにておしまいビチグソ丸、です。 クロスオーバーというとなんだかカッコイイですが、こんな感じのコラボのことです。 一発ネタのような作品や、コラボさせすぎて闇鍋を通り越した何かになった作品や、もうこれプロの犯行だろアニメ化しろよ、つーか原作より面白いじゃねーか!?という作品もあります。 この記事では凡夫が好きなクロスオーバー作品を存分に紹介していきます。 Contents• 首から下が役立たずと称された彼には、腕力がない、神秘もない、知名度もない。 ないない尽くしのない尽くしで、絶望的な聖杯戦争が幕を開ける。 もしも遠坂凛がアーチャーとしてヤン・ウェンリーを召喚したらという二次創作でしか見られない伝説級大作のクロスオーバー作品です。 要塞も艦隊も持たないのに聖杯戦争を戦う姿は原作のヤンそのものでした。 キャラクター補正があるし公式資料集を読んでいないので判断できないのですが、ヤンの聖杯戦争考察がすごいです。 とにかく説得力があります。 アインツベルン相談室みたいなノリで、ヤンの聖杯戦争講座というSSがあれば熟読します。 完結したら書いてださい、お願いします。 久しぶりだなシンジ」シンジ「…長谷川さん?」完結• シンジ「はい。 あの…長谷川さんって今も歌舞伎町にいますよね…?」 銀時『あ?昨日一緒にパチンコ行ったけど…長谷川さんがどした?』 シンジ「親父が長谷川さんそっくりでした」 ガチャ 新八「銀さん…シンジ君はどうでした?」 神楽「銀ちゃん?なんでへこんでるアルか?泣いてるアルか?」 銀時「いやナイわ…それはナイわぁ……」 マダオとゲンドウの中の人ネタで銀魂とエヴァがコラボってルフランした傑作クロスSSです。 このSSを読んでいなかったらSSのカテゴリーを設けて紹介することは絶対にありませんでした。 銀魂のSF要素にエヴァの設定を上手に盛り込んで、銀魂の味を受け継いだこだわりの一品です。 そりゃあ時間がかかるよ。 完結するまで鈍牛どころか亀の歩みだったようですが完結したら文句はなにもないです。 そもそも完結してから出会えた凡夫はまじ勝ち組。 己の夢のため、男は自分の全てをかけ戦い、倒れた。 目が覚めた時、男は見知らぬ世界にいた。 そして、男の長い旅が始まる。 サイトの代わりにエミヤが召喚されたらという王道ファンタジー。 原作のサイトさんはカッコイイはずなのに、やはりエミヤさんは格が違いました。 なんかもうチートキャラになってますよエミヤさん。 そしてフラグ建設的な意味でもチートでした。 そこはほら高校生じゃないじゃない。 試練を乗り越えた漢なわけじゃない。 やることやるよね。 こいつの固有結界ってハーレムなんじゃないのか? 無限のヒロインなんじゃないのか? とりあえずクロスオーバーしている原作を両方読み直したくなったんだけど、どうすればそんな時間を確保できるんだろう。 それにゼロの使い魔は未完の大作だしな。。

次の

SS

クロスオーバー ss

自然で滑らかな中音域と、力強く、クリアな低音を実現するウーファーユニットには、ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用。 滑らかさと力強さを両立するユニットを実現するために、振動板のベース材と表層を異なる種類のMRCを組み合わせる2層抄紙(しょうし)技術で実現しています。 立ち上がりよく力強い低音のためにベース材には発泡倍率が高く軽量で剛性の高い第一世代MRCを使用し、ボーカル帯域の音質を決定する表層の素材には発泡倍率が低くしなやかで素直な音質の第二世代MRCを使用。 さらに、ダブル・ウーファーとすることで、スケール感がありタイトで力強い低音と、エネルギーにあふれ情熱的なボーカル再生を両立しています。 「ハイレゾリューション・オーディオ」などの高音質な音楽再生において、各ユニットから出る音のタイミングを調整することは音色や音像定位、スケール感の再現などに大きく影響する音作りの重要な要素です。 「広指向性スーパートゥイーター」を採用し、その効果を最大限に引き出すために、メイントゥイーターとの間隔や奥行きなどの位置関係をミリ単位で調整し、フェイスプレート上にマウントすることで徹底した位置管理を実現しています。 また各トゥイーターの開口部形状は試作と試聴を繰り返し音質と特性の双方を最適に調整しました。 さらに、ウーファーを含む全ユニットの位置関係をシビアに調整し、高品位なクロスオーバーネットワークで位相を調整することによって音の立ち上がりを揃え、ハイスピードなサウンドを実現しています。 アンプから入力された音楽信号を損なわずに、ありのままの音楽表現を実現するために、SS-CS3ではエントリークラスでありながら高品位なオーディオパーツを採用しました。 クロスオーバーネットワークの素子にはトゥイーター用のコイルに空芯を、ウーファー用に珪素鋼板コアを採用し、さらに可能な限り太い巻線を採用。 コンデンサーは全てフィルムコンデンサーとするなど低品位な素子では失われがちな音楽情報の欠損を最小限に留め、エネルギッシュでありながら繊細な感情の変化まで表現します。 スピーカーターミナルには真鍮専用ターミナルを採用。 ターミナルのマウントは、キャビネットの開口部が最小限になるように配慮して振動を抑えています。 大型のターミナルはケーブルの接続作業が容易でYプラグやバナナプラグにも対応。 真鍮製ターミナルの内側軸を削り出すことで、直接コネクターを接続できる構造としたため、接触抵抗を減らし、クロスオーバーネットワークまでの情報ロスを最小限に抑えました。 また、ダブルウーファーのクロスオーバーを個別に調整することで濁りのない中域と力強い低域を両立しています。 エンクロージャーの響きをコントロールし不要なノイズを排除することは、広いサウンドステージと緻密な音像定位、高品位なボーカル帯域の再生を実現するうえで重要な要素です。 SS-CS3では、エンクロージャーの響きをコントロールするためにユニットの背圧やエンクロージャー内部で発生する定在波を抑制する「吸音」と、エンクロージャーそのものの振動を抑制する「制振」の2つに分類し、それぞれアプローチを変えて対策を施しました。 吸音材の材料の種類や位置、また補強の入れ方を、何度も試作と試聴を繰り返す事で最適に調整しています。 さらに、ユニットが発生する背圧に負けることのない強いキャビネットを実現するために、十分な厚みを持つMDF材を使用することで基本的な強度を確保しつつ、入念な検討と試聴を繰り返し、17箇所もの補強を施すことでエンクロージャー剛性を高めています。 これにより不要な振動を効果的に抑え、立ち上がりのよいクリアでタイトなベースサウンドを実現しました。

次の