法務 仕事。 法務とは 法務部の仕事内容や法務に適している人の特徴を解説

企業法務の業務内容と求められる能力・スキルって何だろう?

法務 仕事

法務教官とは?役割や勤務先など まずは法務教官とはどんな仕事、役割を持っていてどんなところで勤務するのかについて説明いたします。 法務教官の役割について 法務教官とは、国家公務員の職種の1つで、少年犯罪を犯した未成年者に対して更正を促し社会復帰できるよう指導・支援する役割を持った仕事です。 一度少年犯罪を犯した未成年は、再度未成年のうちに、もしくは成人後も再罪となり少年院や刑務所で服役をしてしまう可能性は否定できません。 そうならないように、社会の構成員として 真っ当な人生を歩んでもらうための指南役と言えます。 法務教官の活躍の場について 法務教官の勤務先は、全国の少年院・少年鑑別所です。 法務教官には異動があり、数年ごとに転々とすることになります。 大半の施設の近くには寮があるので、住む場所については困ることはありませんが転勤が嫌な方には適さない仕事と言えます。 関連相談• 法務教官の仕事内容とは 次に法務教官の仕事内容について詳しくお話をいたします。 少年院における法務教官の仕事内容とは 少年院とは、犯罪を犯し、家庭裁判所で保護処分の審判を受けた後に、送致される施設です。 そういった少年たちが社会復帰するための教育・訓練を行うのが少年院であり、そういった教育・指導を行うのが、法務教官の主な仕事です。 では、どういった教育・指導をおこなうのかというと以下のようなものが挙げられます。 ・資格取得のための訓練、支援 ・学習指導 ・体育実技指導 ・生活指導 一般的な学校の教師のような立場での仕事を少年院で行う、そうお考えください。 少年鑑別所における法務教官の仕事内容とは 少年が罪を犯すと、家庭裁判所で審判を受けることになります。 審判を受けた少年は少年院に送致される形になりますが、少年院に送致されるまでのプロセスで一時的に観護措置となった少年を収容するのが少年鑑別所です。 また、少年鑑別所は、一定期間にわたって少年を収容することになりますので、少年の資質を見極める場所という位置付けにもなります。 このように少年鑑別所に勤務する法務教官は、犯罪を犯した少年の一時的な保護と、法務技官と協力し、少年の人間性を確認して少年審判等に関わる資料の作成が業務となります。 関連相談• 法務教官の1日の流れについて 法務教官の1日の流れについてもお話します。 少年院勤務の場合 少年院の法務教官の場合、通常勤務と夜勤が発生します。 ・通常勤務の場合 朝8時頃から業務がスタートします。 少年院はいくつかの寮で構成されていており、各法務教官は寮ごとに担当を受け持っています。 出勤して朝礼を行った後、夜勤を担当した担当教官より引継を行います。 少年院は日中に授業を受けることなり、9時頃に行われる朝礼から少年達との1日がスタートすることになります。 午前中の授業が終了すると昼食を経て午後の授業が始まり夕食・終礼を経て1日の授業が終了します。 その後も事務作業を行い、場合によっては残業も発生します。 ・夜勤の場合 夜勤の法務教官の仕事は主に生活管理です。 少年院の寮で生活しており、起床時間・消灯時間の管理をはじめとし、寮内のトラブル処理などを行うこととなります。 また、消灯時間までの間に日誌を書かせつつ、自らも観察記録の作成、消灯後の巡回を仮眠をとりつつ実施し、日勤担当者の出勤を待つことになります。 少年鑑別所勤務の場合 少年鑑別所の勤務も、基本的には少年院の場合とほぼ同じで日勤と夜勤に分かれ、寮ごとに各法務教官担当が担当することになります。 そのため夜勤の業務は生活管理を行い、消灯後の巡回を仮眠をとりつつ実施し、朝を迎える形になります。 日勤のスケジュールもほぼ同じでで8時頃出勤して引き継ぎを行います。 ただ、少年院と異なるのは授業を行うわけではなく、課題を与え、日中看護、観察を行っているのです。 関連相談• 法務教官は大変?やりがいはある? では、法務教官の大変なところ、やりがいについてお話を致します。 法務教官の仕事内容でつらいところは 法務教官の仕事でつらい点は以下の点です。 ・非行少年たちとの対応 ・仕事が不規則 一度は非行に走ったことのある少年達なので一筋縄ではいきません。 なかなか心を開くわけでも無いですし、時に少年同士での喧嘩などのトラブルが発生することもあります。 そのため、働くなかで精神的に悩みを抱えることもありますし、喧嘩に巻き込まれ怪我をしたりすることもあります。 また、法務教官の業務は昼夜交代制で宿直の業務もあります。 そのため、生活リズムが不規則になってしまいます。 また、ただ不規則なだけではなくいつトラブルが起きるのか分からないためかなり緊張状態で働かなければならないというのも体力的にかなり厳しい点だと言えます。 法務教官のやりがいについて 法務教官のやりがいについては以下の通りです。 ・少年と信頼関係を築いていけること ・社会貢献性の高い仕事であること 少年犯罪を犯してしまう少年たちには何らかの問題を抱えているケースが多く、心を開いてくれるまで時間がかかります。 しかし、心を開き、その少年達に指導を受け入れてもらうことは、社会の戻ったあとに新たな生活を作り上げていくために大事なことなので、コミュニケーションをとり受け入れてもらえるよう腐心します。 その結果、少年たちと人間関係が構築でき、自分の言葉を受け入れて貰えるようになったときに頑張って良かったと思えるようになります。 また、少年犯罪の減少をさせるためには、未然に防ぐのも重要ですが、再犯を犯さないように更生させることも非常に重要です。 法務教官はそれができる仕事です。 そういった犯罪を犯した少年を更正させると同時に新たな少年犯罪を防ぐことに一役買えるという社会貢献性の高い仕事であるのもやりがいと言えます。 関連相談• 法務教官になる方法や向いている人など 最後に法務教官になるための方法、また適性について説明いたします。 法務教官になるには 法務教官は国家公務員です。 そのため、法務省専門職員採用試験に合格しなければなりません。 一次試験では、公務員試験と同じく一般教養試験と専門知識が問われます。 一次試験を突破すると、記述形式の専門試験、面接、身体検査を経て採用されることになります。 ちなみに試験区分は、男子は法務教官A、女子は法務教官Bに分けて試験を実施することになりますが、受験資格や試験種目に違いはありません。 法務教官に向いている人とは 結論から言えば、少年の立場になってじっくりと向き合うことのできる人が法務教官に向いていると言えます。 犯罪を犯してしまう少年には心の問題、家庭の事情など複雑な個々の事情があります。 こういった一つ一つの事情を理解しつつ、真に粘り強く向き合う力というのが重要です。 犯罪を犯した少年たちを更正させることは容易なことではありません。 だからこそ地道な努力ができる方に適性があると言えるのです。

次の

法務部門の仕事内容と業務プロセス

法務 仕事

意外と知らない法務部あれこれ 法務部には法学部出身者が選ばれるの? よく勘違いされていますが、そんなことはありません。 詳しくはの記事でも書いていますが、法務部の仕事にはいわゆる「法律知識」がたくさん必要なわけではないのです。 むしろ、法律知識が一番重要で訳ではない!! だって法律知識は、お金を払って弁護士さんが顧問についてるじゃないですか! やはり、一般社員がどんなに勉強しても、司法試験に合格した先生には知識も経験もかないません。 それだけでなく、「法律上問題となるか」を見誤ってしまうと、会社の全体を揺るがすような事態になってしまうため、リスクマネジメントの一環としてもやはり法的判断は「外注」することがほとんどです。 法務部の仕事ってぶっちゃけ何なの? 法務部の重要な仕事は、 「社外と社内の調整役」です!! どんなに偉い先生が「違法だからダメ」と言っても、実際の現場ではそう割り切れるものではありません。 「じゃあどうすればグレーにできるのか」 「ここは譲れないけど、それ以外の要件を再検討してどうにかできないのか?」 この『なんとかしたい!』と言う社内の意見に対し、法律と社員との間に立って、どうにかして妥協点を探すというのが、一番の仕事になります。 会社と法律の「板挾み」の場面で、本領発揮する調整役 法務部の方に「仕事で大変なことは何ですか?」と聞くと、ほとんどの方が「板挾み」という言葉を使用します。 法律は、社会のためにも、会社全体のためにも、もちろん破ることはできない。 でも、目の前の営業担当がこの契約を取りたい理由も、取ることで会社に莫大な利益が得られるのも分かる。 そういった状況で、時には営業関係者と揉めながら、法務部は頑張っているのです。 会社と法律の「板挾み」にならないための、社員教育 法務部の仕事を円滑に進めるためには、社内との調整力やコミュニケーション能力もとても重要になりますが、もう一つ重要なのが「社員の教育」です。 現場社員がちゃんと法律やルールを理解していれば、変な契約を取ってきたり、コンプライアンスに違反するような行動を控えることが予想されます。 そのため、社内で広報誌に記事を書いたり、社員研修を行ったりして、社内でコンプライアンスに関する教育を行うのも、重要な仕事です。 法務部に必要な能力は? やはり一概には言えませんが、例えば、妥協点を探すためには、社内にも十分なヒアリングが必要になりますし、そもそも自分の会社の製品や提供しているサービスについても熟知している必要があります。 また、社内と法務部が対立してしまうと、こちらの言うことを聞かずに、勝手に契約してしまう恐れもあるため、普段から社内の部署とコミュニケーションを取っておくことも重要です。 (驚くことに、日本企業では管理部門が営業や技術部門より下に見られることが多く、事実そう言ったことが起こっているのです) 法務部には新卒の学生がほとんどいないのは、こう言ったコミュニケーション能力は現場でしか鍛えられないからとも言われています。 そのため、とても大きなくくりでお伝えすると 「有事の時に敵対するのではなく、粘り強く社内と調整ができる人材」 が重宝される傾向にあるようです。 社内以外にも、調整の必要がある相手がいるって本当? また、法務部の仕事は社内での調整に留まりません。 一番大事で厄介な相手、そう会社の持ち主である「株主」との調整も必要になるのです。 多くの企業で、法務部が6月繁忙期になるのは、この株主総会の準備に時間が取られるからです。 総会の開催通知から始まり、数々の事前準備、社内でのリハーサルや当日の会場運営、終わった後は決まった内容について必要に応じて法的な手続きまで、仕事は多岐にわたります。 法務部でのやりがいとは? 「板挾み」の苦労の耐えない法務部ですが、もちろんやりがいもあります。 会社が「法律」という一線を超えないように管理する一方で、会社の利益が最大化できるよう「法律」をどう使うかを考える。 普段は嵐の中で板挾みに合っている分、やはりそういった嵐を自力で抜けた時の達成感は素晴らしいそうです。 また、例えば自分の会社で自分が防いだことで、他社が問題を起こし、ニュースになった際には「何だかわからない勝利感」も味わえるということでした。 まとめ いかがだったでしょうか? 「法務」と名はつき、実際に法律に適合するかの判断を行う場面もある法務部ですが、実際にはやはり社内調整などを地味に丁寧に行うことで、縁の下の力持ちとしてプロジェクトを支えていることが多いようです。 もし、法務部門など、管理部門への転職について考えてみたい方がいれば、管理部門に特化した転職エージェントもあるため、まずはそちらに相談して、今後のキャリアを再度考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

法務部の仕事に必要な資格は?英語・語学力は必要?転職に有利な資格教えます|パソナキャリア

法務 仕事

近年、コンプライアンスの重要性の高まりや急速に進む企業のグローバル化を受けて、法務部門を強化する企業が増えています。 社内外のあらゆる法律に関わる問題・課題について対処していくのが法務部門の役割です。 そんな法務部門での仕事内容や必要な能力・スキル、キャリアパスについて探っていきます。 企業の法務部ってどんなところ? 法務部は企業の事務・管理部門のひとつ。 「企業法務」と言うと、「お堅いイメージ」「なんだか難しいことをしていそう」などの印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。 では、法務部とはどんなところなのか、探っていきましょう。 最近の法務部の動向について把握しておこう 法務部とは、すべての企業の活動にまつわる法律関係について適切に把握した上で様々な処理を行う部門のことを言います。 法務部では、トラブルを未然に防止し、実際に起こってしまった問題に対しては関係する法律を駆使しながら適切に法的処理をしています。 法務部を設置する会社が増えている! 法務部門を設置する会社の数は全体的に増加傾向にあります。 商事法務研究会が会員企業に対して行った調査では、法務部の設置数は2000年には部レベルが27. 法務担当者も増員させる傾向 また、すべての業種で、専門部署を置くだけではなく法務担当者自体を増員させる動きも見られます。 同会による調査では、2005年は法務担当者が6,530名いたのに対し、2015年の調査では7,749名まで増加しました。 平均人員も2005年に6. 7名であったのが2015年には8. 8名まで増えています。 特に規模の大きな会社での部レベルでの増員が顕著です。 法務部門での採用傾向はどうなっている? 増加の一途をたどる法務部門ですが、法務部門が採用されるのはどんな人物なのでしょうか。 法務部門の採用傾向について探ってみましょう。 即戦力性が求められている 法務部で採用される人材は、教育コストがなるべくかからないような法務部門の実務経験者であることが特徴です。 求められる経験年数は最低3年以上で、他部署との交流経験もあるとよいでしょう。 優秀な人材が見つからなければ他部門から異動させる場合もあります。 法科大学院修了生も人気 企業規模や法務部門の規模が大きい会社では、弁護士や法科大学院修了生の採用も拡大傾向にあること。 商事法務研究会の調査によると、2015年の時点で211社の企業に法科大学院修了生合計350名が在籍していることがわかっています。 企業法務の仕事内容とは? 法律知識に精通したプロ集団である法務部では、どのような業務を行うのでしょうか?今度は法務部門での具体的な仕事内容について見ていくことにしましょう。 企業法務の仕事の種類 一口に「企業法務」と言っても、その仕事内容は次の5つに分かれます。 契約・取引法務• 組織法務• コンプライアンス法務• 紛争対応法務• 国際法務 契約・取引法務 取引先と結ぶ売買契約や秘密保持契約、業務委託契約などについて契約書を作成したりチェックしたりする業務のことを指します。 国内契約のみならず、海外の企業との契約内容についてもチェックを担当します。 商事法務 定期開催される株主総会や取締役会・監査役会などの運営、株式発行・分割、定款の変更、子会社の設立などを担います。 コンプライアンス法務 社内のガイドラインやマニュアルの作成、社員の法務教育研修や社内の法律相談窓口・社内通報窓口などの業務を行います。 紛争対応法務 企業同士も裁判になることが多々あります。 企業が何らかの法的責任を問われたり、逆に他者をなんらかの問題で訴える際、弁護士とともに訴訟や交渉に対応するします。 国際法務 海外での現地法人の設立、撤退、買収、国際交渉などをメインに担当します。 海外企業の買収では現地の法律事情についてリサーチを行うこともあります。 企業法務がたどってきた歴史を知る 企業法務を別の側面から見てみましょう。 法務部門が求められる役割が変わるにつれて、業務内容も変化してきました。 時代の移り変わりとともに変化していった法務部門の役割について変遷を辿ります。 年代 ステータス 解説 ~1990年 臨床法務 1990年以前は、不祥事を起こした後に顧問弁護士と協力して訴訟に向けた対応に関する業務が主流でした。 つまり、問題が起こった時にそれを解決しようとする「臨床法務(治療法務)」が法務部門の役割だったと言えます。 1990年台 予防法務 1990年代以降、銀行や証券会社の不祥事が相次ぎ、「コンプライアンス」という言葉が頻繁に登場するようになりました。 企業の経済活動が多様化する昨今では、法的問題や不祥事を未然に防ぐための「予防法務」の重要性がますます高まっています。 また、海外事業を拡大する企業も増加し、グローバル化がますます進んでいます。 そんな中、経営上の重要な意思決定に対して法務部門が積極的に関与する「戦略法務」の役割が重要視されるようになってきました。 企業法務部ではこんな人物を求めている! 企業のグローバル化が進み、国内業務・海外業務を問わずますます役割が大きくなる企業法務部ですが、そこで働くために必要な能力・スキルは何でしょうか。 企業法務の仕事で必要な能力とは 企業法務では、自分の部門だけにとどまらず、他部署と連携しながら、時には弁護士と協力しながら仕事を進める必要があります。 企業法務の仕事で求められるのは法律の知識だけではありません。 コミュニケーション能力• ビジネスを推進する能力• 英語力・文書作成能力 1. コミュニケーション能力 企業法務担当者には、社内外の人たちと折衝したり利害を調整したりする役割があります。 そのため、コミュニケーション能力やバランス感覚のある人が最も求められると言えるでしょう。 商事法務研究会の調査によると、「採用時に重視する能力」の内「コミュニケーション能力」が新卒・中途採用(経験者・未経験者含む)ともに第1位となっています。 ビジネスを推進する能力 業界の知識や商習慣などに精通していることや会社のビジネスを推進するための発想力やセンスが求められます。 法律の解釈ができるだけでなく、現実的な観点からその解釈を自社のビジネスに当てはめるとどうなるのかを考える能力が必要です。 英語力・文書作成能力 近年では国際取引が増加していることから、英文契約書を読み解くことができるだけの英語力が問われることが増えています。 その他、ウェブや文献でのリサーチ能力や文書作成能力も企業法務で求められる能力です。 企業の法務部でのキャリアパス 法務部員として企業に入社して経験を積むと、どのようにキャリアアップしていくのでしょうか。 法務部でのキャリアパスについて見てみましょう。 最初はスタッフとして 法務部に配属されて間もないうちは、契約書の雛形に基づいて契約書作成業務を行います。 法務部での仕事に慣れてきたら契約書の内容チェックや他部門からの法律相談、顧問弁護士との調整業務についても担当するようになります。 リーダークラスになると… 経験を積んでリーダークラスになると、事業部門とともに取引先に出向いて契約交渉などに参加し、契約内容の説明や法律に関する問い合わせ対応などを行います。 弁護士とともに訴訟業務・紛争処理にあたるのもリーダーの仕事です。 部長クラスになると さらに昇進して部長クラスになると、重要課題について経営部門にアドバイスを行ったり、弁護士の協力を得て会社を代表して紛争処理に関わります。 最近では、企業の不祥事が増加していることを受けて、法務担当者やコンプライアンス担当者を役員クラスに置く企業が増えています。 企業法務部の採用、未経験でもぜひチャレンジを! 今まであまりよく知られていなかった企業法務の実態が少しは見えてきたでしょうか。 法務部では経験者採用がメインとなっているものの、業界知識やコミュニケーション能力に長けていれば未経験者にも道は開かれています。 実務経験がなくても、企業法務に興味のある方は一度求人に応募してみてはいかがでしょうか。 こちらも読まれています.

次の