薄力粉 小麦粉 代用。 【薄力粉と強力粉の違い】正しい使い分け方と、代用について解説!

薄力粉と小麦粉の違いって?代用できる?お菓子やクッキーを作るときは?

薄力粉 小麦粉 代用

サッくり食感に仕上げるためには 工夫が必要です。 小麦粉・水・卵は 冷やしてから使って下さい。 小麦粉の特徴である粘りが出ないよう混ぜるときも切るように 軽く混ぜて下さい。 小麦粉よりも軽い食感には簡単に仕上がりますが、通常の天ぷらより サッくり軽くなり過ぎてしまいます。 見た目も白っぽくなるので竜田揚げのような食感・見た目になりやすいです。 天ぷら粉は簡単に調理できるよう小麦をベースに調味料が配合されている製品です。 小麦粉は小麦を原料としていてグルテン成分により粘りが出やすい製品です。 片栗粉はジャガイモを原料としていてでんぷん成分によりサッくり軽く仕上がります。 小麦粉は代用に向いています。 ただ、多少の工夫が必要になります。 片栗粉は代用出来ますが、 見た目、食感に違いが結構出ます。 あると便利な天ぷら粉ですが、うっかり切らした場合大体常時キッチンにある粉類の小麦粉や片栗粉の違いや代用について調べてみました。 どちらも揚げ物に適した粉製品なので代用出来ますが、工夫が必要だったり、見た目、食感が変わってしまうというデメリットももちろんあります。 上手に活用したいと思います。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

小麦粉・薄力粉・強力粉に違いは無く同じ?代用はできるのか解説

薄力粉 小麦粉 代用

天ぷら粉 天ぷら粉と小麦粉の違いを知るために、天ぷら粉の概要を紹介します。 天ぷら粉は、美味しい天ぷら料理用に作られた天ぷら専用の粉です。 天ぷら粉は小麦粉に調味料を配合してあります。 天ぷら粉の特徴は、天ぷら粉を水で溶くだけでサクッとした食感の天ぷらに仕上がることです。 天ぷら粉を使うと、天ぷらの衣が薄くサクッとなります。 天ぷら粉を使った天ぷらは冷めても美味しいので人気があります。 天ぷら粉に配合してある主材料と調味料には、小麦粉・小麦デンプン・パンプキンパウダー・卵黄粉・ベーキングパウダー・カロテン色素などがあります。 次に、小麦粉のことや、天ぷら粉の代用になる小麦粉・強力粉と薄力粉の代用と天ぷら粉などの紹介をします。 小麦粉 天ぷら粉は、小麦粉に調味料を加えた天ぷらを美味しく食べるための粉になります。 天ぷら粉の代用にするには、薄力粉と中力粉と強力粉のどれが適しているでしょうか。 小麦粉は小麦を挽いて作られた穀粉になります。 小麦粉は「うどん粉」・「メリケン粉」などの俗称で呼ばれることもあります。 小麦粉の成分の70~80%をデンプンが占めています。 小麦粉に含まれているタンパク質は約10%です。 小麦粉に含まれるグルテンの性質によって、強力粉・中力粉・薄力粉に分類されています。 強力粉はタンパク質の割合が12%以上のものです。 強力粉はパンや麺に適しています。 中力粉はタンパク質の割合が9%前後のものです。 中力粉はうどん・お好み焼き・タコ焼きに適しています。 薄力粉はタンパク質の割合が8.5%以下のものです。 薄力粉は菓子・天ぷらに適しています。 次に、小麦粉を天ぷら粉の代用に使うときの粉の種類や天ぷら粉として使うときのポイントを紹介します。 薄力粉と天ぷら粉 天ぷら粉は小麦粉に調味料を加えて天ぷらを美味しく食べるように作られた粉です。 天ぷら粉の代用として小麦粉を使う時には薄力粉を選びます。 薄力粉はタンパク質の割合が8.5%以下の小麦粉になります。 天ぷら料理で、薄力粉を代用として天ぷら粉をつかったように美味しくするにはポイントがあります。 薄力粉を使って天ぷらをするときの方法を紹介します。 薄力粉200g・片栗粉20g・水200cc・鶏卵1個の割合で合わせることで、てんぷら粉を使ったような美味しい天ぷらに仕上がります。

次の

片栗粉と薄力粉の違いってなに?代用できる?

薄力粉 小麦粉 代用

小麦粉と薄力粉の関係 薄力粉は、小麦粉の種類の一つです。 小麦粉の中でも薄力粉は家庭料理で使われる機会が多いので、小麦粉と薄力粉は同じものであると認識している場合もあるでしょう。 これは大きくは間違っていないのですが、小麦粉には他にも種類がありますので、 薄力粉と小麦粉は全く同じものとは言えません。 小麦粉とは、小麦の粒を製粉したものですよね。 この原料となる小麦の種類によって、小麦粉にもいくつか種類が存在するのです。 また、小麦の粒を外皮ごと製粉すれば 「全粒粉」となり、小麦の粒の胚乳部分だけを粉にした白いきれいな状態を 「小麦粉」と呼びます。 厳密に言えばこのように呼び分けられるものの、日常的には全粒粉のことも小麦粉と呼ぶことがあります。 つまり、薄力粉と小麦粉の関係は 「薄力粉は小麦粉の一種で、日常的によく使用するもの」ということになります。 ・普通小麦(パン小麦) ・デュラム小麦 があります。 デュラム小麦から作られた粉は「デュラム粉」で、主にパスタ類の製造に使われます。 よく食べられている種類ではありますが、普通小麦から作られるその他の粉とは性質が異なりますので、ここでは普通小麦から作られる小麦粉の種類と用途について、説明していきます。 種類を左右するのは「グルテン」 小麦粉の種類と用途を整理するうえで、知っておきたいポイントが「グルテン」です。 グルテンとは、小麦に含まれるたんぱく質によって形成されるもので、小麦粉に水を混ぜてこねていくと生地となる性質は、このグルテンの働きによるものです。 グルテンが形成されることによって、パンが膨れたり、ケーキの生地がふんわりしたりといった小麦製品の特性が発揮されます。 グルテンには粘りと伸びがありますので、生地が空気を抱き込んで、ふんわり焼きあがるのです。 しかし粘りもあることから、作りたいものによってグルテンをあまり形成したくない場合と、グルテンをしっかり形成したい場合が出てきます。 小麦には種類によって、たんぱく質含有量が多いものと少ないものとがあります。 たんぱく質が多いものはグルテンを多く形成し、少ないものはグルテンの形成量も少なくなるので、小麦粉をたんぱく質含有量で使い分けているのです。 薄力粉 薄力粉は小麦粉の中で、たんぱく質含有量の少ないタイプの粉です。 生地はふんわりさせたいけれど、あまり粘り気を出したくないような場合に用いられます。 ケーキや焼き菓子といったものの多くは薄力粉を用い、料理でもてんぷらのように軽く仕上げたい場合には薄力粉が使われます。 そのほか、ムニエルや揚げ物の衣、下ごしらえで振る小麦粉といった場合には薄力粉を用いることが多いので、多くの場合は「薄力粉」「小麦粉」の表記に区別なく同じように使っても問題ないでしょう。 中力粉 小麦粉の種類では、中間的なたんぱく質含有量を持つのが中力粉です。 主な用途は、うどんなどの麺類。 適度なコシとなめらかな喉ごしの両方を実現したいので、中間的な存在である中力粉が用いられます。 ご自宅でうどんの麺を打つ場合には、薄力粉で作るとややもの足りない仕上がりとなるでしょうから、この場合はこだわって中力粉を買い求めましょう。 強力粉 小麦粉の中で最もたんぱく質含有量が多いのが、強力粉です。 主な用途は、パン。 パンのように生地をこねてから発酵させてふんわり仕上げたいような場合には、グルテンをしっかり形成する必要があります。 この用途はなかなか薄力粉では代用できないでしょう。 パンをご自宅で作らない場合には強力粉を持っていないことが多いと思いますが、強力粉は「打ち粉」としてもよく使われます。 打ち粉とは、クッキーやパイ、またはうどんなどを作っていて生地を伸ばす際に、台に生地がくっつかないようにふるっておく粉のこと。 小麦粉の粒子が大きい強力粉はきれいに台に分散しますし、生地に使われている粉よりも粒子が粗いので、生地を広げていく最中に容易に混ざっていかず、使い勝手が良いのです。 薄力粉で小麦粉の代用になるもの、ならないもの 小麦粉の種類がわかりましたので、 薄力粉で小麦粉の代用になるもの、ならないものを整理してみましょう。 代用になるもの 小麦粉に含まれるでんぷんの働きを重視して、グルテンを形成しすぎない方が良い料理。 ・スポンジケーキ ・パウンドケーキ ・クッキー ・ホットケーキ ・天ぷらの衣 ・下準備で魚や肉の周りにまぶす粉 ・ムニエル ・すり身やひき肉のつなぎ などがあります。 代用にならないもの グルテンをしっかり形成して利用したい料理。 ・パン ・麺類 ・ぎょうざやワンタンの皮 ・パスタ類 などが挙げられます。 まとめ 薄力粉は小麦粉の一種で、多くの場合は同じように使っても良いものです。 うどん、パンなど特定のものを除けば、薄力粉は小麦粉として代用して問題ないでしょう。 薄力粉を使う際には、適度なグルテン形成を意識して、生地が均一になるように混ぜながらもグルテンが形成され過ぎてねばつかないように気をつけると、良い食感が実現できますよ。

次の