フレッツ光 再契約。 「お客さまID」「アクセスキー」について|フレッツ公式|NTT東日本

騙されるな!光コラボで事業者変更をする前に注意すべき落とし穴

フレッツ光 再契約

お客さまIDが記載されている「開通のご案内」や「請求書」をご用意ください。 ご本人さま確認のため「お客さまID」または「ひかり電話の電話番号」を確認させていただきます。 お客さまIDが記載されております「開通のご案内」や「請求書」をお手元にご用意の上、ご連絡をお願いいたします。 「初期工事費」の分割払いの途中ではありませんか? 「初期工事費」の分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額を一括でお支払いただきます。 詳しくはお問い合わせください。 「にねん割」更新月以外の解約ではありませんか? 「にねん割」をご利用中のお客さまが更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約された場合、解約金(戸建て向けサービスの場合9500円、集合住宅サービスの場合1500円)をNTT東日本へお支払いいただきます。 にねん割について詳しくは。 ひかり電話でご利用中の電話番号が、利用できなくなる場合があります。 ひかり電話でご利用の電話番号を、NTT東日本の加入電話などで継続利用を希望される場合は、事前にNTT東日本にご確認ください。 弊社からのレンタル機器のご返却をお願いします。 ご返却時に送料をご負担いただく場合があります。 その他• フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換申込ができなくなります。 インターネットをご利用いただけない期間が発生する場合があります。 再契約時は、キャンペーンなどが適用されない場合があります。 パソコンなどの再設定や機器買い替えなどが必要な場合があります。

次の

【5分でわかる】光回線の転用ってなんだ?転用の流れから必要な費用まで紹介!

フレッツ光 再契約

:上記の金額はNTT東日本における代表的な工事費用です。 分割払いの期間中にフレッツ光を解約された場合、フレッツ光サービスエリア外へ移転された場合(NTT西日本エリアへの移転等を含む)、初期工事費用の残額をお支払いいただきます。 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります。 年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。 工事内容によっては、工事費が異なる場合があります。 詳細はNTT東日本にお問い合わせください。 料金起算月から2年以内に、お客さま都合によりOCN 光 「フレッツ」を解約した場合またはプラン変更した場合には、違約金5,000円(不課税)をお支払いいただきます。 :「2年割」適用後の金額です。 「2年割」は別途お申し込みが必要です。 「2年割」の詳細はをご確認ください。 最低利用期間のないプランは「2年割」の対象外です。 :フレッツ光月額利用料は NTT東日本「にねん割」適用時の料金です。 本料金の適用には、NTT東日本「にねん割」のお申し込みが必要です。 「にねん割」の利用期間は2年単位(自 動更新)です。 「にねん割」の割引金額はファミリータイプの場合700円、マンションタイプの場合100円です。 契約更新月以外の利用期間の途中でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金がファミリータイプの場合9,500円、マンションタイプの場合1,500円かかります。 「フレッツ 光ライト」は「にねん割」の対象外です。 詳細はNTT東日本へお問い合わせください。 :フレッツ光マンションタイプ・プラン1の光配線方式の料金です。 集合住宅またはビル単位に8件以上の契約が見込まれる場合にお申し込みいただけます。 :上記の金額はNTT西日本における代表的な工事費用です。 分割払いの期間中にフレッツ光を解約された場合、フレッツ光サービスエリア外へ移転された場合(NTT東日本エリアへの移転等を含む)、初期工事費用の残額をお支払いいただきます。 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります。 年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。 工事内容によっては、工事費が異なる場合があります。 詳細はNTT西日本にお問い合わせください。 月額費用 NTT西日本エリア (価格は税抜) :「2年割」適用後の金額です。 「2年割」は別途お申し込みが必要です。 「2年割」の詳細はをご確認ください。 最低利用期間のないプランは「2年割」の対象外です。 :フレッツ光月額利用料は、NTT西日本の割引適用時の料金です。 フレッツ光回線タイプが「フレッツ 光ネクスト」の場合は「光はじめ割」の契約期間1年目~2年目の適用時の料金、「フレッツ 光ライト」の場合は「フレッツ・あっと割引」適用時の料金です。 本料金の適用には「光はじめ割」、「フレッツ・あっと割引」のお申し込みが必要です。 「光はじめ割」の適用を希望されるお客さまは、NTT西日本からフレッツ光回線工事に関するお電話があった際などにお申し出ください。 「光はじめ割」の1~2年目の割引金額は、ファミリータイプ:1,100円、マンションタイプ・ミニ:550円、プラン1:450、プラン2:350円、「フレッツ・あっと割引」の割引金額は、フレッツ 光ライト・ファミリータイプ:400円(基本料、上限額ともに割引)、フレッツ 光ライト・マンションタイプ:400円(基本料より割引)、1,000円(上限額より割引。 フレッツ 光ライト・マンションタイプの割引適用時、上限額となる利用量が990MBとなります)。 「光はじめ割」は契約期間の満了月(割引適用開始月を1カ月目として24カ月目の月、満了日の翌月を1カ月目として24カ月単位で自動延伸)以外で解約された場合、「フレッツ・あっと割引」はご利用開始月を1カ月目として24カ月目の末日までに解約された場合、適用されている割引やタイプや利用期間に応じて、4,500円~10,000円を解約金としてお支払いいただきます。 詳細は、NTT西日本にお問い合わせください。 :フレッツ光回線タイプが「フレッツ 光ネクスト」でマンションタイプ・プラン1の光配線方式の料金です。 集合住宅またはビル単位に8件以上の契約が見込まれる場合にお申し込みいただけます。

次の

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法

フレッツ光 再契約

フレッツ光の再契約について、NTT東日本、NTT西日本の公式サイトでは解約新規登録などの再契約に関してほとんど触れられておらず、わかりにくくなっています。 解約新規、再契約はあまり好まれるものではなく、NTTではさまざまな規定を設けています。 通常NTTの規約条件に違反するため、再度契約を行う際にはさまざまな制約を受けることがあるのですね。 今回はスムーズにフレッツ光を再契約するために、再契約の流れ、その中で注意するべき点についてまとめました。 なお、光回線の再契約をお考えの場合、 「光コラボ(光コラボレーション)」の契約もオススメです。 光コラボはフレッツ光と速度・エリアは全く同じ回線であるうえに、 スマホのセット割が利用できるため、毎月のスマホ代を安くできます。 さらに、Web窓口から申し込めば 高額のキャッシュバックも受け取れるため、お得になりますよ!• 再契約とはいうものの、 基本的に申し込みの流れは新規契約とほとんど変わりません。 電話またはNTT東日本・NTT西日本の回線を取り扱うWebホームページから新規でお申し込みを行うことが可能です。 フレッツ光が対応エリア外なら、料金シミュレーションをしてあなたに合ったほかの光回線を探してみましょう。 再契約をご希望の方はこのまま読み進めてください。 フレッツ光再契約の分類 再契約と一言に行っても、 分類的に事実上再契約になるケースとならないケースとがあります。 再契約となるケース 以前契約していたのと同じ住所で同じ人の名義で再度フレッツ光と契約を結ぶ場合です。 このケースでは完全なる再契約として扱われるため、一部キャンペーンが適用されないことがあり、割引などを受けることができない場合があります。 再契約とならないケース 以前契約していたのとは違う住所で以前の契約者が再度フレッツ光と契約を結ぶ場合です。 このケースは1人暮らしの学生や単身赴任者などに多く、マンションやアパートなどの集合住宅で発生しやすいものです。 このケースでは契約者が同じでも次に契約を行う住所が以前と異なるため完全なる新規として扱われます。 そのため新規キャンペーンや月額利用料割引、工事費割引などの優遇を受けることができます。 同一住所で新規扱いでフレッツ光に申し込む 基本的に同一住所で同一名義の契約はすべて再契約として取り扱いが行われます。 しかし、同一住所であっても契約者の名義が異なっている場合には新規ユーザー扱いとして契約を締結できる方法があります。 この場合、前回フレッツ光を解約したときにフレッツ光の回線の撤去工事を完了させていることが条件です。 同じ住所でインターネット回線を複数引くことはできず、以前の回線が残っていれば新たに初期工事が発生しないため新規扱いにはなりません。 【関連記事】 引っ越し先でフレッツ光を利用する 引っ越し先でフレッツ光を利用する場合、一度解約して新規扱いで再契約を結ぶことが可能です。 この場合、引っ越しが完了してから申込むようです。 しかし、引っ越し先でも変わらずフレッツ光を利用するのであれば新規扱いでフレッツ光と契約するより、移転手続きでフレッツ光を継続利用する方がお得な場合があります。 フレッツ光の継続利用のメリットは、契約期間内に解約を行うことがないので違約金や解約金などを支払わなくていいということがまずあげられます。 特に継続利用を前提に割引サービスなどを受けていた場合、途中解約にかかる違約金が高額になるケースがあります。 しかし引っ越しであれば簡単な移転手続きのみで済みます。 また引っ越しにうれしい「お得なクーポン」や「引っ越しサービス割引特典」もNTTでは独自に展開しています。 クーポンや割引についてはNTTのお問い合わせでオペレーターから詳しく回答を得ることができます。 引っ越し移転では初期コストを安くおさえ、さらに解約に伴う制限などを受けることなくNTTのフルサービスを受けることが可能です。 関連: 移転費用 移転費用はホームタイプとマンションタイプによって少々異なり、以下のとおりです。 戸建てへの引っ越し 集合住宅への引っ越し 9,000円 7,500円 再契約に必要な費用 NTT東西で再契約を行う場合、再契約であっても新規お申し込みとして新たに契約を交わすため、契約料や初期工事費などが発生します。 契約料は一律800円ですが、工事費は住んでいる建物の種類や設備の状況により異なります。 料金は下記のとおりです。 工事費用一覧 契約プラン 屋内配線工事 契約料 工事費用 合計 戸建て あり 800円 18,000円 18,800円 なし 800円 7,600円 8,400円 マンション あり 800円 15,000円 15,800円 なし 800円 7,600円 8,400円 工事費用に関しては分割払いが可能です。 再契約時に適用される割引特典 NTT東西ではお客様にうれしいさまざまな割引特典サービスを行っていますが、 再契約の場合一部の割引特典が適用されない規定になっています。 NTT東日本で行っている、前もって継続契約を約束することで受けられる割引サービス「にねん割」は再契約のお客様でも受けることができる割引です。 しかし、NTT東日本が行っている「ギガ推し!割引」やNTT西日本が行っている「Web光もっともっと割」「まるまる3か月無料」などの料金サービスは、同一設置場所にて過去に何らかの割引サービスを受けて新規契約を行い、フレッツ光の解約から1年未満もしくは過去に2回以上同じ事を行っている場合は割引対象外です。 新規契約者向けに行われている加入促進が目的の料金割引サービスは、基本的に過去に割引が適用されていると、新たな割引対象にはなりません。 しかし、引っ越しなどで住所が変わった場合であれば、過去に新規加入キャンペーンが適用されていても新たな割引が対象となるケースがあります。 代理店が取り扱うフレッツ光キャッシュバックと再契約 現在フレッツ光の光回線を基軸に携帯会社がauひかりなどを販売していたり、電力会社やプロバイダー会社が光コラボレーションを販売していたりと、直接的、間接的にNTTと契約する機会がどんどん増えてきています。 インターネット回線契約を考えているときにたまたま見つけたキャッシュバックで安く加入するケースもあれば、家電量販店でパソコンを購入するときに店員さんに押されてインターネット回線とセットで加入するケースもあり、いつの間にか実はNTTと契約していたということもあります。 フレッツ光のインターネット回線を取り扱うさまざまな代理店が各々の新規契約を獲得しようとキャンペーンなどを展開していますが、 この代理店で行っているキャッシュバックサービスなどが再契約でも新規扱いとして適用してもらえるのかどうかは、重要なポイントです。 基本的にキャッシュバックサービスはNTT東西の販売代理店やプロバイダーが顧客獲得のために独自に展開しているものがほとんどです。 そのため過去にキャッシュバックや何らかの割引を適用を受けたとしても、 それぞれの会社の規定条件によっては再びキャッシュバックを受けられる可能性があります。 もちろん大前提として、以前に何らかのキャッシュバック割引を受けた代理店以外でフレッツ光に申し込むことが必要です。 またその際に利用していたプロバイダーを再度申込むと、新規加入扱いにならなくなり、キャッシュバックなどを受けることができなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。 また以前の契約終了の時から1年以上経過している場合、新規加入扱いでプロバイダーと契約できるところもあるので確認してみてください。 ただ、フレッツ光のキャッシュバック金額は年々減少傾向にあります。 キャッシュバックの金額について詳しく知りたい方はごらんくださいね。 光コラボレーションはプロバイダーや携帯キャリアによっては割引などお得な乗り換えキャンペーンを受けられるものもあり、昨今ですとユーザーの多いサービスです。 しかし、光回線から光コラボレーションに乗り換えを行うとNTTのフレッツ光とは解約扱いになるため、そのあとフレッツ光に戻ってくる場合、割引適用外となったり初期工事費用や契約料が再度発生してしまいます。 また乗り換えを行っている最中に乗り換えをキャンセルしてフレッツ光に戻そうとしても、すでにフレッツ光の解約手続きが終わってしまっている場合には新規契約料、初期工事費用さらに違約金などが請求されてしまうケースもあります。 固定電話の移行と再契約 固定電話を利用している場合、NTTから光コラボレーション事業者に乗り換えを行うと、光コラボレーション事業者が電話サービスも行っていれば電話契約も必然的に乗り換えを行うことです。 この場合、NTTの電話加入権を持っている固定回線であれば電話番号を変更することなくひかり電話へ乗り換えを行うことが可能です。 しかし、何らかの形でインターネット回線と同時契約で取得した電話加入権を持っていない電話番号などは、番号ポータビリティーを利用ができず、電話番号が変わってしまいます。 また注意しなくてはいけないのは、光コラボレーション事業者から再度フレッツ光に戻ってくる場合です。 一度NTTを離れてしまった固定電話番号をNTTに戻そうとしても同じ電話番号を移行できない場合があり、電話番号が変わってしまう可能性が高くなります。 詳細についてはNTTのお問い合わせでオペレーターに質問できます。 まとめ フレッツ光は状況によって 事実上新規契約ができる場合と 再契約できず新規契約になる場合があります。 再契約できず新規契約は新規契約とはなっていますが、お得なキャンペーンを受けるにも制約が入る場合がありますので、窓口でよく聞いて確認をしましょう。 フレッツ光はほかの回線に比べてキャッシュバックキャンペーンの金額が減ってきています。 また、ほかの回線でも乗り換えの際の違約金、初期費用を負担してくれるキャンペーン、さらに乗り換えたあとの月額料金の割り引きキャンペーンも積極的に行っていますので、フレッツ光とほかの回線を見比べて、乗り換えもいいかもしれません。 フレッツ光と同じエリア・品質の回線を利用したい場合は、お得なキャッシュバックやスマホのセット割が利用できる光コラボがオススメです! 光コラボのWeb窓口で実施しているキャンペーン情報は、以下よりご確認いただけます。

次の