オルトラン 粒 剤 使い方。 チャドクガ予防剤「オルトラン」効果の裏側にある安全上の注意!

チャドクガ予防剤「オルトラン」効果の裏側にある安全上の注意!

オルトラン 粒 剤 使い方

Amazonの情報を掲載しています• 雑草が生える前に撒く除草剤• 成分が土に溶けて、雑草の発生(発芽)を抑えます• 大きく育った雑草には効果が薄い• 液剤タイプと比べて効果が出るまで時間がかかる(雨水によって土に溶ける時間)• 液剤タイプと比べて環境への負担が大きい• 使い方を間違えると全く効果が無いため、初心者向きではない 雑草が生えてくる前に撒く除草剤です。 あらかじめ撒いておくことで成分が土に浸透し、雑草の発芽を抑えます。 液剤タイプと比べて長期間の防草効果が見込めますが、環境への負担も大きいです。 成分が土に溶けるまで時間がかかるため、早めに撒いておく必要があります(雑草が生える前か、綺麗に刈り取った後)。 また、発芽を抑えるのが主目的のため、大きく育ってしまった雑草には効果が薄いです(具体的には草丈が20cmぐらいまで)。 Amazonの情報を掲載しています 液剤タイプの除草剤は「濃縮」と「希釈済み」の2種類があります。 「濃縮」は水で薄めて使う除草剤のことで、「希釈済み」は使いやすいように既に水で薄めて販売されているものです。 シャワータイプ、すぐ使えるといった表記がされています。 一見「希釈済み」の方が便利そうに見えますが、「濃縮」と比べて割高なので絶対に買わないでください。 昔、除草剤製造メーカーの担当の方に聞いたことがあるのですが「希釈済みの除草剤って、中身ほとんど水なのに良く売れるんでよ~!」とニコニコしながらお話していたのをよく覚えています。 除草剤は普通50倍の水で薄めて使うので、この人が言っていた通り「希釈済み」の中身はほとんど水なんです。 「希釈済み」除草剤は割高なので買わないでください。 「希釈済み」「シャワータイプ」「すぐ撒ける」と書かれた除草剤は買わないようにしましょう。 中身はほとんど水です。 濃縮タイプの方が絶対にお得です。 除草剤の正しい使い方 それではいよいよ除草剤の使い方をご紹介します。 正しく使えば、少ない量の除草剤で雑草を枯らすことができます。 【除草剤の正しい使い方】• 雑草が1m以上伸びている場合は予め刈っておきます。 散布後、1日以上雨が降らない日を選びます。 噴霧器、もしくはジョウロを用意します。 除草剤を水で希釈します(薄めます)。 除草剤を散布します。 1~2週間後に再度チェックし、枯れ残りがあれば再度除草剤を撒きます。 雑草が草丈1m以上の場合 雑草は大きくなればなるほど生命力が強くなり、除草剤が効きにくくなります。 中には、ススキやセイタカアワダチソウなど1mを越えて大きく育つ雑草もあります。 草丈が大きくなると作業の邪魔になりますし、薬液が飛散してしまうので簡単に刈っておきましょう。 雨が降らない日を選ぶ 除草剤は雨が降ると流れてしまいます。 除草剤散布から1日(24時間)は雨が降らない日を選びましょう。 どうしても雨季に除草剤を撒きたいのであれば、雨に強い を使うと良いでしょう。 噴霧器、またはジョウロで散布する 除草剤を散布するには噴霧器かジョウロを使用します。 噴霧器は高価ですが、薬液を飛沫(泡)にして散布するため少量で良く効くようになります。 また、泡にして飛ばすため、ツルツルした葉でも薬液が流れにくくなります。 長い目で見れば除草剤を節約できます。 広い土地を管理している方や、毎年除草剤を撒く方に向いています。 ジョウロは価格が安くて手軽なのが魅力です。 しかし、噴霧器と比べて水の粒が大きいため、葉の上を滑ったりして無駄になる量が多いです。 また、噴霧器と違って手にもって水を撒くため、体への負担が大きく、広い土地には向きません。 あまり除草剤を撒かない方や、年に数回しか散布しない方はジョウロで良いでしょう。 水道水で除草剤を希釈する 除草剤のボトル裏面に書かれた倍率で希釈します。 この時、薄くしすぎないように注意してください。 薄くし過ぎると効果が弱くなり、雑草が枯れなくなります。 心配ならちょっと濃いめに作ることをオススメします。 また、除草剤を希釈する際に濁った水(用水路の水、泥水)を使用しないでください。 濁った水を使用すると除草剤が上手く撹拌せず、効果にムラが出てしまいます。 雑草の緑色の部分に除草剤を散布する 除草剤を散布する際にもコツがあります。 除草剤が茎や葉などの緑色の部分に直接かかるように散布してください。 市販除草剤のほとんどは、土に落ちると除草効果が無くなります(土から根に吸収されない)。 茶色い部分(幹になっているところ)も除草剤を吸収しません。 必ず、茎や葉などの緑色の部分にかけるようにしてください。 まとめ• 除草剤は「液剤」と「粒剤」があります。 「液剤」が使いやすくてオススメ!• 一番オススメの除草剤はです。 「希釈済み」除草剤は割高なのでやめましょう。 雨が降りそうな日は除草剤散布をやめましょう。 噴霧器は除草剤の節約になりますが、初期費用が割高です。 ジョウロは費用も安くて手軽に使えますが、水の粒が大きいので除草剤の節約になりません。 茎や葉などの緑色の部分に除草剤がかかるように撒きましょう。 今回は除草剤の正しい使い方をご紹介しました。 除草剤は用途に合わせて正しい物を選ばないと効果を発揮しないので注意しましょう。 また、散布するのにもコツがあります。 正しい方法で撒いて、除草剤を節約しましょう。 【関連記事】•

次の

オルトラン水和剤:柿・野菜・樹木のいろいろな害虫に散布できます

オルトラン 粒 剤 使い方

秋冬野菜の種まき、あるいは苗の定植の季節となりました。 その作業にお勧めの資材がこれです。 という声がたくさん聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。 秋冬野菜の栽培は虫との闘いです。 特に寒くなる季節に向かうので、虫たちも必死なのです。 種まきをして芽が出たとたんに、食われてしまう。 あるいは、定植した苗の茎が食いちぎられて、翌朝枯れていた。 こんなことが日常茶飯事です。 そんな初期被害を未然に食い止めてくれるのがオルトラン粒剤です。 オルトラン粒剤は殺虫成分が植物体内に浸透移行し、植物を食害する虫に直接働きかける薬剤です。 ばら撒くだけで効果が続くのでとても便利。 新芽の食害保護には最適です。 農薬としては毒性は低いので家庭でも比較的安全に使用できます。 使い方は、種まき時、定植時に植穴に撒くか土壌混和して使います。 不安な部分は残留農薬ですか? ご安心ください。 オルトラン粒剤は水分を吸うと殺虫成分が浸透します。 土壌や植物体内で20-30日は滞在するでしょう。 ですから、それ以降なら、農薬成分は分解していますので収穫しても大丈夫です。 散布後約1ヶ月経過すれば農薬成分はなくなりますが作物によってその時期は異なりますので、詳細は説明書を確認してください。 種まき、定植時にはオルトラン粒剤を強く推奨します。 「2つの浸透移行性殺虫成分でしっかり退治」-住友化学園芸.

次の

オルトラン粒剤

オルトラン 粒 剤 使い方

バイエル クロップサイエンス(株)で合成・開発された、新しい系統の殺虫剤で、きゅうり、ナスなど野菜の定植時に植え穴処理をすることによって、アブラムシ類やミナミキイロアザミウマを長期間防除することができます。 ネオニコチノイド系の薬剤で、作用機構も有機リン剤、カーバメイト剤、合成ピレスロイ ド剤などとは異なり、これらの剤に抵抗性を持った害虫に対しても優れた効果を示しま す。 浸透移行性があり、きゅうり、なすなど果菜類の定植時の植穴処理で難防除害虫のアブラ ムシ類やミナミキイロアザミウマ、タバココナジラミの発生を長期間抑え、これらの害虫 に対する生育期の防除回数を低減できます。 稲のツマグロヨコバイ、ヒメトビウンカが媒介するウイルス病(萎縮病、縞葉枯病)や黄萎 病の感染防止効果があります。 かんきつ(苗木)の株元に散布するだけで、ミカンハモグリガを長期間防除します。 だいこんのは種時に播溝施用することでアブラムシ類の防除ができます。 こんにゃくの培土処理により長期間アブラムシの発生を抑えます。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。 蚕に対して長期間毒性がありますので、絶対に桑葉にかからないようにして下さい。 ミツバチに対して影響がありますので、ミツバチの巣箱およびその周辺にかからないようにして下さい。 本剤の作物への処理後、ミツバチの訪花活動に影響を及ぼす恐れがありますので注意して下さい。 養蜂が行われている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチの危害防止に努めて下さい。 きくのミナミキイロアザミウマに使用する場合、生育期後半に使用すると効果が不十分になる場合がありますので生育期前半に使用して下さい。 本剤をだいこんに使用する場合、間引き菜またはつまみ菜として食用には供さないで下さい。 トマト、ミニトマト、なす、ピーマン、とうがらし類、きゅうり、メロンの育苗期後半に使用する場合は、直径9cm以上のポットで育苗した苗に使用することとし、それ以外での使用は薬害を生じる恐れがありますので避けて下さい。 かんきつに使用する場合には、今期に収穫の見込みのない苗木に使用し、散布後灌水をして下さい。 効果発現が遅れることがありますので、対象害虫発生前に使用して下さい。 本剤を稲及びれんこんに散布で使用する場合には、湛水状態で均一に散布し、散布後少なくとも7日間はそのまま湛水状態を保ち、落水、かけ流しはしないこと。 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 安全使用・保管上の注意• 取扱いには十分注意して下さい。 誤って飲み込んだ場合には吐きださせ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。 本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けて下さい。 使用の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。 また粉末を吸い込んだり浴びたりしないよう注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをして下さい。 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管して下さい。

次の