秋葉原 サンボ。 【秋葉原・サンボ】STEINS;GATE(シュタインズゲート)でもおなじみ!硬派すぎる人気牛丼専門店の牛丼並&味噌汁と玉子

『牛丼専門サンボ』=秋葉原

秋葉原 サンボ

今回はベタベタな記事ですが、改めて秋葉原の名店『サンボ』を紹介してみましょう。 昨今の秋葉原は飲食も充実しているので、さして『サンボ』と言ってもピンと来ない可能性も否定出来ませんが、秋葉原の「アングラ黄金期」を支えた名店である事は間違いありません。 まず携帯をマナーモードにせよ! 店の歴史とか実食レポとか、そんなチャチなもんじゃねぇ… とりあえず入店前に携帯電話をマナーモードにしないと、恐ろしいモノの片鱗を味わう事になるので要注意です。 いや、この『サンボ』では「携帯電話で通話する」とか以前に、携帯電話を表に出さない方が正解ですね。 普通の牛丼屋、もとい飲食店の感覚でいると秒殺されるので気をつけましょう。 ちなみに、かつては「秋葉原の殺伐系」の代表格として恐れられていた『サンボ』ですが、最近は比較的マイルドで御座います。 これも時代って奴ですかね。 世界最速の牛丼『サンボ』 「今、食券を渡したと思ったら次の瞬間、オカンが俺の後ろで牛丼を持って立っていた… 何を言っているのか分からねーと思うが、俺も(略 」 とにかく早いです。 早いと言うより「速い」と表現した方が良いレベルのスピードで牛丼がやって来ます。 コップの水を一口飲むか飲まないかの世界です。 恐らく「世界最速の牛丼屋」は『サンボ』で間違いないでしょう。 誰かがギネスブックに申請するべき案件と言っても過言ではありません。 『牛丼大盛り』(570円)を食す そしてマッハで提供された『牛丼大盛り』で御座います。 グラフィック的には、さしてインパクトの無い感じですが、何気に丼の上の方まで御飯があり、肉のボリュームもなかなかですね。 いや、確実に肉はチェーン店より多いです。 まさに『牛丼大盛り』と呼ぶに相応しい一品で 「昭和時代の古き良き牛丼」 を、そのまま三次元化したら『サンボ』の牛丼になった感じです。 タマネギは少な目だ! 逆に、昨今の牛丼的な何かと比べた場合『サンボ』の牛丼は、タマネギが少な目で御座います。 しかし、本来の牛丼とはこう言った食べ物だったような? 「ネギダク」とか「汁ダク」とかが流行った辺りから、日本の牛丼界がおかしくなった気がする筆者です。 「スタンダードこそ至高にして究極である!」 店が普通に出すスタンダードこそ、その店の味であり、作り手が「一番美味しい」と思うベストな状態なのです。 何気に米が旨い『サンボ』の牛丼 そして丼物として大事な「御飯」ですが、これはイイ感じの炊き加減ですね。 あまり艶々な感じではありませんが、ちょいと硬めに炊いた御飯が「汁」をまとうと生まれ変わります。 言うなれば「飯をかきこむ」のにベストな炊き加減と言えるでしょうか? あまり柔らかく炊いても汁と絡まないし、これ以上硬いと急いで食べた時に人体の急所である 「呼吸器系」 に米が飛び、むせる可能性が大です。 まさにファーストフードとしての牛丼に特化した『サンボ』ならではの炊き加減に脱帽です。 『牛丼大盛り』 総評 まさに秋葉原のレジェンドと呼べる『サンボ』の『牛丼大盛り』に涙した筆者でした。 いや、流石にそれは嘘ですが『サンボ』の牛丼に「感動した」のは事実です。 あと大盛りだとボリュームあるし、汁の染みた牛肉が大量にあるので 「牛丼喰った感」 が高めなのもポイントです。 ガッツリと肉料理を喰った満足感に包まれて、店を出る事が出来ます。 正直、特別美味しい「牛丼」って訳じゃないんですけど、想い出補正も相まって感動する味でした。 昨今ではチェーン店の牛丼に比べた場合、割高な『サンボ』の牛丼ですが、筆者が思うに食事と言うのは「高いか?安いか?」だけでは無いんですよね。 「どれだけの満足感を得られるのか?」 無論、安く食べられて満足するのも一興ですが、時には雰囲気とかに「お金」を使う余裕も必要かと存じます。 と、言う訳で秋葉原にお越しの際は、是非『サンボ』に携帯電話を「マナーモード」にしてから訪れてみて下さい。 秋葉原を支えた「名店の味」を楽しめると思いますよ。

次の

『牛丼専門サンボ』=秋葉原

秋葉原 サンボ

牛丼大盛• お皿(ご飯付)• 牛皿(ご飯付)• お皿、牛皿はやが入った牛肉の風料理が皿に盛られたもの。 お皿が「並」、牛皿が「大盛」に対応する。 2013年2月1日よりメニュー価格改定が行われた。 エピソード [ ] 店員が客を叱り付けることで知られる。 一般的な牛丼店と異なりが注文不可になっているほか、着用禁止、の禁止、の電源は切る、会話は小声、オーダーはで食券を買いお茶が出てくるタイミングで渡す 、写真の撮影などは厳禁、といった暗黙のルールが利用者の間で知られている。 そのため、秋葉原にある一見客の入りにくい牛丼店として、専門書にて写真とイラスト入りで紹介されている。 のBSE問題を受けてが行ったアメリカ牛肉輸入規制の影響で、の2月より日本の主な牛丼チェーン店で牛丼の供給がストップされた時期(詳細はを参照)に、のデイリーポータルZ の専属ライターであるによって『牛丼はまだここで食える』というタイトルの記事が特集された際、取材を受けた7店舗の中にサンボが選ばれ、の時点で同店が牛丼を提供し続けていた事が紹介されている。 また、のギュウゾウが自らのオフィシャルページにおいて写真入りのレビューを公開した。 AKIBA PC Hotline! がに実施した読者調査『アキバの食事情』によると、1,384人中、約120件の意見が寄せられ、単体の店舗としては2番目に多かった。 牛丼評論家である岩下清海によれば、同店で使用されている肉は厚く、ボリュームがあり、彼が選んだ100店中で満腹度の満点がついた3店舗のうちの1店舗として選ばれている。 に長期休業に入った際には、がそのニュースを伝え、でも配信された。 11月14日の一時休業から12月20日に営業が再開されると、開店前から行列が絶えず終始満席となった。 2013年に店外に掲示されるまで正式な営業時間および定休日は不明であった。 4月2日、シャッターに「都合により閉店しました」と書かれた張り紙があったため、営業終了ではないかという臆測が上で拡散した。 実際には「この日は閉店した」という意味合いだったため、翌日も変わりなく営業している 出典および脚注 [ ]• アキバ総研 2013年01月17日• アキバ総研 2013年02月01日• アキバ総研 2011年03月02日• ロケットニュース24 2011年4月6日• ギュウゾウ. ギュウゾウの自分ファン倶楽部. 2009年5月12日時点のよりアーカイブ。 2009年3月18日閲覧。 - AKIBA PC Hotline! 2005年12月29日• - ソーシャルマッチングサービス「おたくま」 2010年01月5日• - アキバ経済新聞 2010年01月8日• -ライブドアニュース& アキバ総研 2008年11月14日• アキバ総研 2008年12月20日• ライバーネット ライバー. 2019年4月6日. 2019年4月6日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

【悲報】秋葉原の牛丼専門店サンボ閉店確定!本当かデマか錯綜状態に

秋葉原 サンボ

昨日はのだけど、せっかくなので、お昼に食べたものも書いておきましょうかね。 最近の秋葉原はお昼などを食べるところには困らなくなりました。 昔は「どうすんべな。 」など悩んだりもしたものですが。 このお店は随分前からあるお店ですね。 僕も随分久しぶりに行きました。 TOWTOPの裏にある牛丼のお店。 「サンボ」。 混んでいる時間に入ると入れないのですが、今日はするっと入れました。 奥のカウンターに座って牛丼を注文するのでありました。 それにしてもこのお店、アキバで古くからあるお店なのですが、僕が初めて行ったのは、吉野屋の牛丼が一杯400yenのころでした。 でもってこのお店も400yenだったので特に気にせずに入りました。 その後、吉野屋の牛丼は値段をどんどん下げていくのですが、このお店はずーっと400yenという値段で商売ているのであります。 そんな牛丼はこんな感じ。 フツー盛りを注文したはずなのにチェーンの牛丼屋の牛丼のフツー盛りと比べると量が多いような気がしますが。 まぁ、ガッツリと頂きましょう。 それにしてもこのお店、メニューにあるのは牛丼並・大・お皿・牛皿のみ。 今も昔もずっとそれだけ。 けど、僕は牛丼しか食べたことが無いのだけど;-。 GPSポイント Latitude: 35. 701272,139. 770985 このエントリーが含まれるカテゴリー: , , , , , 投稿者: パーマリンクを 検索 最近の投稿• カテゴリー• 1,091• 365• 259• 134• 138• 133• 196• 120• 209• 132• 136• 227• 116• 104• 112• 194• 1,251• 303• 270• 174• 154• 1 月刊アーカイブ•

次の