プリコネ フェス 頻度。 アプリ「プリコネ」がサービス終了!?噂の真相や返金方法などを徹底解説

キョウカ(プリコネ) (きょうか)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ フェス 頻度

攻略情報一覧• 最新情報 キャラ• ホットな記事• 開催中・予定のイベント• ランキング• 注目の攻略情報 アリーナ• クランバトル• ルナの塔• ダンジョン• 専用装備• その他の攻略情報• データベース ドロップ情報• その他のデータベース• 初心者向け攻略情報• その他・基本的な攻略情報• 過去の周期と傾向から次の開催時期を掲載しているので、プリフェスの開催時期が知りたい時には参考にしてください。 プリフェス終了後にはおそらく水着ガチャが控えているため、限定ラッシュの始まりとなるかも…? ゲーム開始 3日間限定でプリフェス開催! 2019年9月3日より、が実装されました。 ゲームを新たに開始してから 72時間限定で、 プリフェスと同じラインナップのガチャを引くことができるようになりました。 プリフェスの開催を待ってゲームを開始するという手間が省けて、いつでもプリコネを始めやすい環境になりました。 既存ユーザーには関係ないアップデートですが、これから始める人には 超朗報です。 ラインナップは前回開催のプリフェスを参照 スペシャルフェスのラインナップは、 前回開催時のプリフェスと全く同じ内容になるようです。 次、またプリフェスが開催されれば、スペシャルフェスのラインナップも更新されることになります。 周年のタイミングや年末年始に開催される? 第4回までは、約2ヶ月ごとに開催されていたプリフェス。 しかし、5回目以降は周年記念や年末年始、最近では2ヶ月連続で開催されるなどバラバラ。 次はいつ開催されるのか予想がつけにくくなっています。 周年のタイミングにはほぼ確実に開催されるでしょうが、今後は月に1度の開催となるかもしれません。 新規ユーザーはいつでもプリフェスガチャを引けることもあり、今後は何かしら大きな記念タイミングに開催されるのでは?と予想しています。 そのままお待ちください。 ラビリスタ(期待度: 大) ギルド「ラビリンス」に所属するメンバーでありながら「七冠」の一人。 ストーリーでも重要な役割を担うキャラだけあってプリフェス限定キャラとして実装されてもおかしくありません。 戦闘における強さや能力は不明。 今後のストーリー展開次第では、フェス限キャラとして今後実装される可能性もあるでしょう。 実装されたら絶対に超強い。 ホマレ(期待度: 中) の所属するギルド「ドラゴンズネスト」のギルドマスター。 カヤの実装タイミングで開始されたイベントストーリーでは、本編にも影響しそうな言動がチラホラ。 今後のストーリー展開次第ですが、フェス限枠としての登場もありえるでしょう。 シェフィ(期待度: 小) 二部のストーリーにて登場する少女。 身体に翼や尻尾を持つドラゴン族の子供で、公開されているストーリーの最新話まででは記憶を失っています。 フェス限キャラ並みの強力な能力を持っているかは不明ですが、二部において鍵を握るキャラとなりそうです。 ラジラジやダイゴなど(期待度:極小) ラジラジやダイゴなどのプリコネに登場する男性キャラ。 プリコネで実装されているプレイアブルキャラは一部例外を除き基本的には女性キャラのみ。 なので可能性は低めですが、いつか実装される可能性もある…? プリコネRの関連リンク 最新のキャラ・ガチャ情報 開催中・予定のガチャ情報 イベント攻略情報 【復刻】真夏のマホマホ王国 ルナの塔攻略情報 7月ルナの塔 【プリコネR】おすすめの記事 プリコネRの人気記事 注目の攻略情報 各種掲示板 データベース その他お役立ち記事.

次の

【プリコネR】プリンセスフェスの基本情報/フェス限定キャラまとめ【プリンセスコネクト】

プリコネ フェス 頻度

概要 キョウカはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 8歳 身長 118cm 体重 21kg 誕生日 2月2日 血液型 A型 種族 エルフ 所属 趣味 お勉強 CV 人物 プリコネR最年少のキャラクターだが、年齢に似合わない理知的な考えと冷静な行動の出来る、おしゃまな優等生少女。 普段はエルフの森に住んでいる。 お勉強が得意で、同じギルドメンバーで年上のやに勉強を教えている。 記憶と知識を失っているにも勉強を教えようとしていたが、ミミに自分が教えたいとお願いされたため、彼に関してはミミに立場を譲っている。 男性不信のようで、男には基本ツンツン。 主人公も例外ではなく、当初は「」「」「を鳴らしますよ」と警戒心を剥き出しにしていた。 後に主人公に邪な気持ちがなく、純粋な親切心で接してくれていることに気付き、考えを改めている。 が、それでも主人公の奇行や幼稚さは目に付くようで、それに対しては以前と変わらず辛らつな態度を取ることが多い。 変態、不審者という言葉は大人から教わった通りに使っているらしく、それらの言葉が使われるときはすべて上記のようなで表記される。 苦手な食べ物はニンジンとピーマン。 特にピーマンはキャラクターストーリーにて克服しようとするエピソードがあるほどの苦手っぷり。 一方でが大好物であり、キョウカがイベントに出演する際はセットで登場することが多い。 メインストーリーでは第1部8章で出演。 ランドソルで遊んでいたはずが、何故か郊外の平原でミミ、ミソギと共に気を失って倒れていた。 すぐ近くで【】のアジトを狙った魔物の襲撃が起きていたため茂みの中で身動きが取れず困っていたが、そばに居たミソギの機転により何とか危機を脱し、その後魔物の襲撃をかわすためにアジトから出てきた主人公一行に発見され救助される。 普段は冷静な彼女も、この時ばかりは少しパニックを起こして取り乱していた。 イベント『』ではメインを務める。 些細なことでミソギとケンカしてしまったが、主人公の提案により、仲直りするためにミソギが好きな冒険を一緒にすることを決めた。 また、2019年のハロウィンイベント『リトル・ブレイブ・ハロウィンナイト!』では可愛らしい黒猫の仮想姿でハロウィンを楽しんでいた。 イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【】として第2区を走った。 中間地点にある借り物競争のお題が「あなたが思うごちそう」だったため、母から貰ったカップケーキを選んだ。 それまで上位で走ってたやが料理対決でわちゃわちゃしてたのもあり、最下位だったはずが1位で中間地点を通過した。 その次のお題が「あなたが信頼している異性」だったため、素直じゃない態度を取りながらも主人公と一緒に中継所へ向かおうとしたが、主人公が想い人だったため、主人公はへんたいふしんしゃさんとキョウカに言われてしまうのであった。 しかしなんだかんだ彼女らや主人公と一緒に中継所へ向かい、第2区では同着1位でにたすきをつなげた。 「へんたいふしんしゃさん」という言葉はユーザー、公式双方に好んで使われており、ただの呼び名だったはずが現在では一種のミームと化している。 C97ではなんと「へんたいふしんしゃさん」がプリントされたTシャツが 公式から販売された。 また際に「へんたいふしんしゃさんTシャツ」が(他のグッズを差し置いて)Twitterでトレンド入りするという事態が起きた。 TVアニメ版 「2人とも!お行儀悪いよ!」 アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。 第3話にてミミ・ミソギと共にがアルバイトしている飲食店におじゃまし、ドリンクをブクブクして遊ぶミミやミソギをたしなめるといったおしゃまな優等生っぷりが描写された。 その後、第8話にて再び出演。 ごっこ遊びで作ったギルドの活動内容がわからなかったため、ユウキへ「師匠」になってほしいとお願いし、クエスト(ごっこ)として宝探しを始める。 ぶら下がってきた蜘蛛がくっついた際は年相応の可愛らしい反応を見せたほか、鳥の魔物に対しては「コスモブルーフラッシュ」で果敢に攻撃を仕掛けた。 しっかり者のキョウカは今回の冒険がたちの作ったおしばいと気づいたため、ミミとミソギが自分たちの手で鳥の魔物を倒したと喜んでた隙に、リトルリリカルのフォローをしていた美食殿の3人にお礼を言っている。 なお、アニメ版では出会いの経緯がゲームと全く異なるため、ユウキのことを「へんたいふしんしゃさん」と呼ぶことは残念ながら無い。 代わりに第8話の経緯から「師匠」と呼び慕っている。 スキルで魔法攻撃力を瞬間的に高めた後に放つ「コスモブルーフラッシュ」は敵単体への威力抜群。 の自傷バフをも上回る倍率を誇るバフをかけ、その後強力なスキルで一体ずつ的確に処理する魔法アタッカー。 行動2回で効果が切れるせいか頻繁に掛けなおすため攻撃回数こそ少なめだが高火力を維持しやすい。 「コスモブルーフラッシュ」はプリコネR初の単体対象の魔法攻撃のユニオンバーストであり、バフやデバフを重ねれば堅牢な前衛のキャラを一瞬にして葬り去る事も可能。 クエスト、アリーナ、ボス戦など様々な場所での活躍が期待できる優秀なキャラクター。 尚、コスモブルーフラッシュを撃った後はドヤ顔をしながらガッツポーズをする。 可愛いので暇の時にでも戦闘スピードを落として見て欲しい。 また、配置は全キャラの中で後ろから3番目(が登場するまでは最後尾)とかなりの後ろ。 そんなキョウカにも2019年5月31日に専用装備「コスモブルーロッド」が実装された。 強化対象スキルは「アイスランス」。 単純に威力が大きく上昇した他、この攻撃に クリティカル時のダメージが更に倍加する効果まで付与された。 攻撃時の氷柱が巨大化する様は必見。 効果的に運用するなら、クリティカル率を上げるためにもと共に組んだり、専用装備のレベルを上げたりしておきたい。 魔改造レベルで強化されたミミ、ミソギとは対照的に順当に強化された。 アリーナにおけるキョウカ 通常 魔法デバフを持つやと組めば、魔法タンクのすら相手の編成次第ではゴリ押しで倒すこともできる。 更に基本射程が短めに設定されているようで、互いに基本的な編成ならクウカやの挑発を無視してを攻撃し続けられる。 そのため物理PTのプリン突破要員として単体で編成されることもしばしば。 防御力は脆弱そのものでのUBで即死は勿論、タマキとのスキルを立て続けに受けて退場、のUBで誘惑状態になった味方キャラに殴られて退場あるいは殴って味方を倒す・・・なんてこともありうる。 前述の通り全キャラ中最後方に配置されるため範囲攻撃に巻き込まれにくく、いざとなればを盾にできる点が優秀。 これに関しては最後尾狙いのスキルを持つに狙われやすいということでもあるが、アリーナでは範囲攻撃アタッカーが非常に幅を利かせており、範囲に入りにくいというのはそれだけで大きなアドバンテージであるため、やはり後ろの配置であることはメリットの方が大きいと言える。 とはいえ、出撃させる際は相手をよく見極めて運用したいところ。 専用装備実装後は、アリーナの攻めにおいて更に活躍できるようになった。 元々クウカの挑発を無視してプリンを攻撃できるキャラクターであり、同時期に専用装備が実装され大幅強化を遂げたプリンを一撃で仕留められるポテンシャルを秘めている。 クランバトルにおけるキョウカ 通常 単体アタッカーなのでクランバトルの魔法パーティは彼女の独擅場…と思いきや火力だけ見ると範囲アタッカーのに負けているためイリヤに席を取られがち。 イリヤがすぐ倒されるような相手に対し代打として出番がある程度… というのは過去の話。 本作の仕様上自分よりレベルが低い程クリティカル率が上昇するため、レベルの低い序盤のボスに狙いをつければイリヤよりもダメージを稼げるかもしれない程度という事前評価だったが、クランバトルにおいてはそれを覆す大躍進を遂げたと言える。 4倍という補正なため、 クリティカルの頻度次第で50万以上の振れ幅が発生する場合があるので過信は禁物。 ハロウィン 【魔法】 後衛で味方の火力を高める、黒猫仮装の優等生。 自分の魔法攻撃力に応じて効果が強化されるものと、効果が累積するもの等、多彩なスキルで攻撃力を高める。 イベント『』に合わせて登場した、期間限定のハロウィンバージョンである仮装姿のキョウカ。 味方の魔法アタッカーを支援するバッファーへとスタイルが切り替わった。 スキルは全て魔法攻撃力を強化するものなうえ、スキル2の「マジカルトリート」はのUBと同様に累積するタイプなため、魔法攻撃力バフの量が凄まじいものとなっている。 ただしバフ一辺倒というわけではなく、ユニオンバーストには魔法防御デバフもついている。 マジカルトリートが累積する都合上クランバトルのようなボス戦と相性がいい。 自身の火力こそ低めだが、魔法パーティに編成すれば、そのバフ効果によって魔法アタッカー1キャラ分に近いダメージソースとなる。 物理防御力が全キャラ中最低クラスであることが弱点。 配置はハロウィンキョウカが登場するまで最後尾だったハロウィンミサキよりも後ろとなっており、2019年10月現在で全キャラ中最も後ろとなっている。 このため、同じく魔法バッファーだが後衛の中でもかなり前にいると違い、被弾の頻度が少なめなことも長所となっている。 余談 2019年10月末にからのコラボキャラとしてがプリコネRに参戦。 CVが同じであるため、ハロウィンバージョンと合わせてCV小倉唯のユニットを3人同時にパーティー編成できるようになった。 なお、現在は・クリスマスチカととを使うことでCVのユニットを 4人同時に編成できる。 Shadowverse カード 同じ製作の対戦型デジタルカードゲーム『』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」にて参戦した。 カード名 小さな優等生・キョウカ 種類 フォロワー クラス ウィッチ レアリティ ゴールドレア コスト 3 進化前 攻撃力:3 体力:3 能力 ファンファーレ スペルブースト する。 ユニオンバースト 10; 相手のフォロワー1体に7ダメージ。 相手のリーダーに2ダメージ。 進化後 攻撃力:5 体力:5 能力 進化時 スペルブースト する。 相手のフォロワー1体に2ダメージ。 手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。 進化時能力はダメージ効果付きなため、中盤の進化ターンでは心強い。 単体特大ダメージのコスモブルーフラッシュを再現したユニオンバーストも持っているため、EPが無くなった後でも活躍させやすい性能を持つ。 スペルブースト+進化時のダメージ効果が強力なため、スペルを軸にした様々なデッキで活躍している。 リーダースキン 「アルティメットコロシアム」のリリースに伴い、 ウィッチの「リーダースキン」としても参戦した。 アルティメットコロシアムのカードパックから「リーダースキン付き限定イラストカード」を入手することで、キョウカをウィッチのリーダーとして操作できるようになる。 ちなみにエモート機能の決め台詞は「 やっぱりへんたいです!」である。 関連イラスト.

次の

プリコネのアリーナ防衛編成について。

プリコネ フェス 頻度

水着verのキャラだが、限定キャラではないので 今後も入手可能だ。 アリーナやマルチタゲのボス戦などで活躍できるキャラとなっている。 Point! 攻撃対象が多いクエストで優秀なデバッファー兼範囲アタッカーです。 様々なコンテンツで活躍できるスペックなので、ピックアップ中に狙うのもあり。 月末に水着キャラ第三弾がくる? 例年通りであれば、ガチャ産の水着キャラは4キャラ実装される。 第二弾の水着ナナカは恒常キャラだが、第三弾以降も恒常キャラとして登場するかは不明。 まだジュエル管理に注意する必要がある。 Point! あくまで予想ですが、水着キャラは限定2体、恒常2体の配分になりそう。 キャラ交換Ptが合計で 300貯まると交換ラインアップ内のキャラと引き換えができる。 Point! 単発ガチャやガチャチケットでもキャラ交換Ptは貯まります。 プリコネは限定キャラが多く登場するので、天井するタイミングはよく検討してからにしましょう! プラチナガチャとPUガチャの交換ptは共有 キャラ交換ptはプラチナガチャとPUガチャのどちらでも貯まる。 残り数回で天井まで到達する、といった場合には 1日1回有償単発をプラチナガチャの方でも引くことで天井までの消費ジュエルを少し節約できる。 ピックアップ中のムイミは対象だが同じ限定キャラのクリスは対象外となっている。 キャラ交換Ptは期限がある 要注意 キャラ交換Ptには有効期限が存在する。 基本的に、開催されているガチャの期間が有効期限となる。 有効期限をすぎるとキャラ交換できなくなるので注意が必要だ。 すでに入手している場合は秘石に変換される 交換ラインナップに入っているキャラで、すでに入手しているキャラと交換した場合は女神の秘石に変換される。 秘石の変換レートも通常通りなので、 300Pt貯まるまでに目当てのキャラを引けたら撤退するほうが良い。 キャラ交換に必要な300ptを溜め切らなかった場合などは、ptが無駄にならなくなるので嬉しい調整といえる。 Point! キャラ交換対象を入手した状態で300ptを溜めた場合は、スキチケか女神の秘石のどちらかを選択することになります。 基本的には 希少価値の高い女神の秘石と交換しておくのがおすすめです。 どのガチャを引くべきか ガチャイベは基本4種類開催 プラチナガチャ 恒常のキャラクターが均等な確率で排出されるガチャ。 期間限定キャラクター以外の全てのキャラは基本的にプラチナガチャから入手できる。 ピックアップガチャ キャラクターやギルド別にピックアップされるガチャ。 ピックアップの対象となったキャラは出現確率が通常よりもUPしている。 非常にお得なガチャなので、基本的にはプリフェスに向けてジュエルを貯めておくと良い。 プライズガチャ ガチャで出現するキャラに加えて、ピックアップ対象のメモピなどが報酬として入手できる。 普段のガチャより女神の秘石などを多く入手できる機会があるガチャとなっている。 どのガチャで引くべきか 基本的にはプリフェスか期間限定キャラ実装のPUガチャ 排出率2倍かつ強力なフェス限キャラが登場するプリフェスでガチャを引くのが基本。 また、プリフェスよりも開催ペースが少ない期間限定キャラが実装されるガチャもオススメだ。 女神の秘石狙いの場合は? プリンセスフェスを待つのがおすすめ キャラ被りで入手できる女神の秘石が目的の場合は、 プリンセスフェスが最高効率で次いでプライズガチャとなる。 女神の秘石を効率良く入手するならフェスを待とう。 6個 プリンセスフェス 57. 6個 プライズ 56. Point! プリフェスとプライズガチャの秘石期待値は微差なので、プリンセスハートの欠片などがついてくるプライズガチャも十分オススメです。 星3キャラを入手しやすくなるので、純粋に嬉しい調整といえる。 ただし、ピックアップキャラが虹演出になるわけではないので注意。

次の