マイコプラズマ 肺炎 うつる。 マイコプラズマ肺炎はうつるの?【症状・感染力・潜伏期間】

マイコプラズマ肺炎の症状・治療法…原因・潜伏期間・感染経路も [肺・気道の病気] All About

マイコプラズマ 肺炎 うつる

2017年3月15日に更新。 「マイコプラズマ肺炎は、場合によっては第3種の感染症に含まれる、その他の感染症」という表記が正確であるため、修正しました。 発熱と咳で受診した5歳の子どもで、レントゲンやマイコプラズマ抗原検査でマイコプラズマ肺炎と診断し、ジスロマックを処方し……。 その2日後に、子どもは元気になりました。 これで医者の仕事は終わり!ではありません。 最後にこの用紙を書かなければなりません。 そうです、登園許可証です。 小学生以上であれば、登校許可証になります。 内科の先生は、あまりこういう許可証を書かないのではないでしょうか。 「幼稚園や学校に行ってもいいですよ」と診断してあげるのも、小児科医の仕事です。 でも、上の画像をよく見てください。 「現在かかっている病気が軽快し、他の園児への感染のおそれがなくなりましたら……」 「他の園児への感染のおそれがなくなりましたら」ということ判断するには、その病気がいつまで感染力を持つのかを知らなければなりません。 今回は、マイコプラズマ肺炎がいつまでうつるのかを考えます。 このページの目次です。 学校保健安全法による見解 マイコプラズマ肺炎は学校保健安全法で 「場合によっては第3種の感染症として扱われる、その他の感染症」に分類されます。 場合によっては第3種の感染症として扱われる、というのは、 「必ずしも出席停止は必要ではないが、学校では通常見られないような重大な流行が起こった場合に、その感染拡大を防ぐために、学校医の意見を聞き、校長が第3種の感染症として緊急的な措置がとれる」という意味です。 要するにマイコプラズマ肺炎は、必ずしも出席停止は必要ないけれど、最近学校で流行してきているなあというときは出席停止にできる、という感染症です。 必ずしも出席停止は必要ないとしつつも、学校は感染拡大防止に積極的ですから、基本的にマイコプラズマ感染は第3種の感染症として扱われ、出席停止になります。 ですので、マイコプラズマ肺炎になると、たいてい登校許可症を書いてきてもらうように学校から言われます。 学校保健安全法では出席停止の期間の目安も設けられています。 出席停止期間のまとめについては、こちらで書きました。 マイコプラズマ感染症については「急性期は出席停止、全身状態がよければ出席可能」と書いてあります。 小児科医が「全身状態がいい」と判断するのは、機嫌がよく、活気があって、食欲もあって、笑顔が見られるような状態です。 多少の咳があっても、元気そうなら「全身状態がいい」と診断します。 多少の咳は目をつぶってあげないと、マイコプラズマの咳は2週間から4週間続く人もいますから、咳が完全におさまるのを待っていたら学校を1か月近く休むことになってしまいます。 ですが、いくら元気であっても、まだ熱があるときはさすがに「急性期」と判断し、出席停止とするでしょう。 以上を勘案すると、多くの小児科医は 「熱が下がって、元気であれば、多少咳があっても登園・登校を許可する」としています。 熱が下がってもマイコプラズマ肺炎はうつる? 熱が下がって、元気であれば、小児科医はマイコプラズマ肺炎の子どもの登園・登校を許可します。 ですが、熱が下がればマイコプラズマはもう人にうつらないのでしょうか? に面白い報告があります。 マイクロライドがよく効くタイプのマイコプラズマ肺炎患者38人に対して、アジスロマイシン 商品名ジスロマック かクラリスロマイシン 商品名クラリス を投与しました。 end of treatmentがどの時期なのかは論文中に書かれていませんが、途中で内服4日目の菌量がかかれていますし、クラリスロマイシンの投与期間が10日であることを考慮すれば、発症10日目あたりをend of treatmentとしていると推察し、その仮定で以下を書きます。 アジスロマイシンは発症10日目には全員のマイコプラズマは消えていました。 いっぽうで、マイクロライド耐性マイコプラズマ肺炎患者150人には、アジスロマイシンかクラリスロマイシンか、トスフロキサシン 商品名オゼックス かミノサイクリン 商品名ミノマイシン を飲ませました。 要するに、マクロライド耐性マイコプラズマが増えてきた昨今では、多くのケースでは発症10日目でも体にマイコプラズマが残っていると考えられます。 体にマイコプラズマが残っているということは、咳をすれば飛沫としてマイコプラズマをまき散らしますから、うつる可能性があると考えるのが適切です。 登園・登校が許可されても気をつけるべきこと 多くの小児科医は学校保健安全法に従って、「熱が下がって、元気であれば、多少咳があっても登園・登校を許可する」という方針です。 しかし、上記の論文からは、 発症10日目でも体にマイコプラズマが残っているケースは多いと考えられます。 したがって、マイコプラズマ肺炎で登園・登校が許可されても気をつけるべきことは次の2点です。 咳が出る場合はマスクをしておく。 抗生剤をしっかり飲み切る。 マイコプラズマは飛沫感染ですから、マスクは有効です。 友達にうつさないためにも、学校に行ってもしばらくはマスクをしておきましょう。 また、アジスロマイシンでは3日、クラリスロマイシンでは10日、トスフロキサシンやミノサイクリンでは7日内服することが小児呼吸器感染症ガイドライン2017で推奨されています。 この期間しっかり飲んでいても体内にマイコプラズマが残るのですから、 「元気になったしもういいや」と途中で内服を中断していたとしたら、もっと多くのマイコプラズマが体内に残るでしょう。 そうすれば、学校でマイコプラズマ肺炎が蔓延してしまうかもしれません。 そうならないためにも、抗生剤はしっかり最後まで飲み切りましょう。 まとめ マイコプラズマ肺炎がいつまでうつるのかを考察しました。 抗生剤をしっかり飲んでいても、10日間はうつる可能性があると考えるのが妥当と考えます。 ですが、10日も学校を休むのは、その子どもにとって不適切です。 熱が下がって、元気になれば、学校に行ってもいいでしょう。 ただし、まだ人にはうつるんだという意識を持って、咳が出る間はマスクをし、処方された抗生剤はしっかり飲み切ることを心がけてください。 マイコプラズマの典型的な症例提示については、こちらの記事がおすすめです。

次の

マイコプラズマ肺炎Q&A|小児科|千葉県いすみ市|外房こどもクリニック

マイコプラズマ 肺炎 うつる

マイコプラズマ感染症の初期症状には、主に発熱と倦怠感、頭痛が見られます。 特徴的な症状である「コンコン」「コホコホ」とした乾いた咳は、発症から3~5日後に出始めることが多いとされます。 咳は徐々に強くなる傾向にあり、小児~青年では経過にともない痰の混じった咳になっていくことも多いです。 また、マイコプラズマによる咳は、熱が下がっても3~4週間ほど続くという特徴があります。 ただし、マイコプラズマに感染すると必ず肺炎になるわけではなく、多くの場合は気管支炎のような軽い症状で済みます。 このような場合は風邪との違いがほとんどないため、ベテラン医師でもマイコプラズマかどうかを見分けることは難しいです。 実際に、初めは風邪だと思っていたのに「風邪薬を飲ませても治らない。 おかしい…」ということで子供を病院へ連れて行き、初めてマイコプラズマ感染が発覚するケースも少なくありません。 症状や地域の流行状況、家族・友人の感染有無などによってマイコプラズマが疑われる場合は、診断が行われます。 近年では迅速な診断を可能とする遺伝子検出検査法(PCR法、LAMP法)が開発されています。 特に、咽頭の液や痰から細菌を検出して検査できるLAMP法は精度の高い最も手軽な方法として、日本小児科学会が実施を推奨しています。 また、肌に発疹が見られることもあります。 幼児においては、鼻炎の症状も出やすいです。 この他、まれに中耳炎や無菌性髄膜炎、肝炎、関節炎などの合併症が起こることもあります。 「出席停止」とは、マイコプラズマにかかった子供に対して「出席を停止する措置」を指します。 なお「出席停止」の措置は「学校保健安全法」という法律に則って行われます。 マイコプラズマ感染症は学校保健安全法の「その他の感染症」に分類されますが、これは必要に応じて第3種の感染症として扱い、学校長が「出席停止」の判断を下すものです。 医師(学校医や医療機関の担当医)の許可が出るまでは、自宅療養させる必要があります。

次の

マイコプラズマ肺炎はうつるの?【症状・感染力・潜伏期間】

マイコプラズマ 肺炎 うつる

前回の記事では、を悪化させないために医療者が心がけるべきことについて、国際医療福祉大学塩谷病院内科部長(呼吸器)の井上寧先生にお話しいただきました。 では、私たち一般生活者はマイコプラズマ肺炎から自身を守るために、どのようなことを心がければよいのでしょうか? 本記事では、マイコプラズマ肺炎をはじめとする感染症の予防法と、成人ならではの感染経路特定の難しさについて教えていただきました。 マイコプラズマ肺炎はどこでうつるのか? 大人の場合、感染経路は特定しにくい ある疾患に対する標準的な治療方針などを定めた文書を「ガイドライン」といい、ある程度の専門家のコンセンサスを得られたものを「指針」としていると思います。 医療者はこれらを参考にして患者さんの検査や診断、治療を行っていることが多いと思います。 マイコプラズマ学会による『に対する治療指針』は小児版と成人版にわけられており、このことからも同じマイコプラズマ肺炎であっても大人と子どもでは異なる点があるのだとわかるでしょう。 子どものマイコプラズマ肺炎の感染経路は「濃厚な飛沫感染」といわれ、短時間の接触では感染せず、長時間共に過ごす家庭や学校などの閉鎖的な集団内でうつるものとして知られています。 一方、最新の日本呼吸器学会のガイドラインからは「家族内感染」という文字が除外されています。 これは、EBMを押し進める立場から、陽性的中率が低いため削除されたと聞いております。 またその理由として、子どもは行動範囲が限られているがゆえに感染経路をある程度まで絞れるものの、大人は活動範囲が広く、生活の中のどこで感染したか覚えている人が少ないように思われます。 電車内、会社、商業施設など、どの場所でマイコプラズマ肺炎の患者さんと何時間程度、どのくらいの距離で共に過ごしていたかをわかる人は、現実的に考えてほぼいないでしょう。 裏を返せば、大人のマイコプラズマ肺炎は、感染経路が特定できないからこそ流行してしまうのであって、特定することができれば効果的な予防も可能だと考えられます。 感染経路がわからない。 では、どうすればマイコプラズマ肺炎を防げるのか? 風邪をはじめとするあらゆる感染症を防ぐために、うがいや手洗い、マスクの着用の習慣化などは大切です。 以前に比べるとの患者さんで感染経路がわからない方の方が多いと感じます。 ですからより一層このような対策を心掛けることが重要になります。 たとえば、厚生労働省が提示している「咳エチケット」を実践するのもよいでしょう。 (参照:厚生労働省Webサイト: ) 正しいうがいの方法とは-ガラガラうがいを最初にしないこと また、帰宅時には手洗いとうがいをすることも重要です。 ここで気を付けたいのが、「うがいの方法」です。 非常に多くの方が水を口に含んだあと、上を向いてガラガラとのどを洗うようなうがいをされていますが、これは外出時に口に入ったばい菌をのどの奥深くへと押し込んでいるような行為であり、誤った方法です。 まずは口の中にあるものを外に出すことが大切ですから、水を口に含んでゆすぎ、吐き出すだけの「グチュグチュペー」といったうがいをすることが正しいのです。 このように、うがいの方法ひとつをとってみても、意外なほど多くの方が誤った認識を持たれていますので、一般生活者の皆さんには、ぜひ基本的な感染症対策の方法を見直すところからはじめていただきたいと感じています。

次の