キングダム ネタバレ 631。 最新ネタバレ『キングダム』633

キングダム631話ネタバレ最新話の考察|龐煖の登場で羌瘣は死なずに済む!

キングダム ネタバレ 631

羌瘣は信を生き返らせれる? 信は主人公ですし、将軍になることは確定していますので、羌瘣が呪術で生き返らせることになるでしょう。 この術で羌瘣も寿命を半分も差し出さなければいけないことがわかりましたが、今後その影響が出てくるかと思います。 そのことを知って信が生き返ることを拒むということもあり得ますね。 それで信と羌瘣が戦うという展開もあるのではないでしょうか? 信の蘇生に時間を使うことに批判の声が多くありますが、何話かにわたって信を生き返らせることになるのではないでしょうか? いずれにせよ信を殺してしまったので、早く生き返らせて話を進めてもらいたいですね。 天地の間で何が起こる? 羌瘣の目の前に信が立っているのを見つけて終わりました。 この後はどういった展開になるのでしょうか? 信の表情はわかりませんが、歩いているような感じでしたので、死に向かって言っているのではと思われます。 三途の川を渡ったら死んでしまうということがよく言われますが、まだ信は渡っていなくて、これから行こうとしているのではないでしょうか? 羌瘣が叫んでいましたが、今のところ反応していませんので、意識がなく歩いているのかもしれませんね。 信を正気に戻らせて、幽連と羌象と会った天地の間の入り口まで連れ戻す必要があるかと思います。 また連れ戻す試練として信と戦うことになるかもしれませんね。 今週のキングダム読んだ! 心停止してて臨時状態の信を羌瘣が蚩尤の禁術で救い出せるか!?って展開だったけど、まあ復活までにあと2週はかかりそうだなって感じw — Ray ポルカ幕張参戦 xray5572 キングダムの 信の復活話 いらなくない? てか、一回死ぬ必要性どこにあった。 予想してたとはいえ改めて読むとその安直さに呆れるしかない。 どうせ生きてるんでしょ」という感想が先行してしまう。 まぁ少年漫画にはありがちな展開だけど、同じ感想にはならない漫画もある。 何が違うんだろう? — 大弥生時代 ゲーム開発中 norikiyo888 キングダム631話ネタバレ最新話確定速報 629話のラストで羌瘣(きょうかい)が信に近づいてきました。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 信を止める羌瘣 羌瘣は目の前に信がいることに気が付き呼びかけるも、信はそのまま歩いていってしまいます。 信は羌瘣のことを無視してそのまま歩き、長い階段の前まで来ました。 その会談は黄泉への道となるもので、この階段を上ってしまったら本当に死んでしまうということでしょう。 そのことに羌瘣も気が付き、信に上ってはいけないと叫びますが、信には聞こえていないようです。 さらに羌瘣の周りだけ沼のようになって、動くことができいようです。 そんな中信は階段に一歩足を踏み入れようとします。 しかし羌瘣は動く事が出来ず叫ぶことしかできませんので、行かないように必死に信に叫び続けます。 信は羌瘣の声が聞こえたのか、何かを感じたのかわかりませんが、一度羌瘣のいる方を振り返りますが、何も見えません。 羌瘣は信が振り返っても自分の姿が見えず、言葉も届かない状況に絶望し涙を流します。 漂が信の前に現れる そんな時信の前に漂が現れます。 信はいきなり漂が現れたことに驚きますが、漂は普通に話し始めます。 この天地の間について、そして目の前の階段について信に簡単に説明していきます。 そして二人は歩きながら話していきます。 それは漂が死んでしまった後の話です。 信は隊を結成し、軍の人数もだんだんと大きくなり今や1000人以上の隊になっているとはなします。 漂はその隊の名前を聞きますが、信は飛信隊の名前が出てこず、忘れてしまっているようです。 そして大将軍になるという夢も一緒に忘れている様子です。 漂は信とは違い羌瘣の存在に気付いているようですが、特に羌瘣については触れません。 羌瘣が信にしがみつき階段を上がるのを止める 羌瘣は自分の声すらも届かず、動くこともできず何もできない状態で大事なことを忘れてしまっている信の答えを聞き、苦しそうな表情をします。 そしてこの辛い状況に血も吐いてしまします。 信と漂は話している間にまた階段のところへ戻ってきました。 それまでにも色々漂から尋ねられるも、飛信隊や夢について思い出すことができず要領を得ない回答しか出ません。 大事なことを忘れてしまった信は現世シェの未練も何もないような感じで、そのまま階段を登ろうとします。 しかし階段を登る一歩が踏み出せません。 体が動かない状況に信は戸惑いを見せます。 信を止めていたのは羌瘣でした。 羌瘣は信の腰にしがみつき階段を登らないように必死に泣きながら止めていました。 そして信が忘れている飛信隊のことや大将軍になる夢のことなどを叫びますが、信には聞こえません。 そこで表は羌瘣の口を押えて、しーと言わないように止めます。 階段を登らずに現世に戻るには自分で大事なことを思い出す必要があるようでした。 体が動かないことで信は登ろうとするのを止め忘れている大事なことについて考えます。 漂はその様子を見守り、羌瘣も涙を流してその様子を見守ります。 信と漂の夢 信は考えて自分の夢ではなく漂と二人の夢だったことを思い出します。 そしてまだ天下の大将軍にはなれていないこともです。 信のすぐ横には白い光の丸い出口が現れます。 漂はその穴の向こうへ行くように言います。 羌瘣もこのことで信が蘇生できることができると安堵の表情を浮かべます。 その時漂は羌瘣の肩に手を置きお礼を言い消えてしまいます。 羌瘣が信を天地の間の出口へ そして信が羌瘣の存在に気が付き驚きます。 羌瘣はボロボロで涙を流し立てないような状態でしたので、信は心配になります。 羌瘣は立たせてもらうように言い、信は羌瘣の手を持って起こします。 そして羌瘣は信に抱き着きます。 自分がどういう状況にあるのか理解できていない信は羌瘣のこの行動に、わけがわからないといった表情をしています。 そして羌瘣は信を出口の穴に押し、頑張れと言います。 羌瘣は疲れ切ったような表情で、そのまま倒れて沼に徐々に沈んでいってしまいます。 松左と去亥に羌瘣は助けられる 羌瘣は自分で立つことすらもできないほど弱っていたのでした。 羌瘣が沼に沈みかけているとき、表情は見えませんが、松左と去亥が羌瘣の腕を持ち沼から引き揚げます。 2人はここで死ぬやつではない、信を頼んだと言います。 その2人の言葉を聞き再び涙を流します。 そして羌瘣を光の穴へ向かって放り込みます。 信が生き返る 信と羌瘣の周りでは飛信隊の皆が心配し泣きながら叫んでいます。 そんな時信は突如起き上がります。 周りに飛信隊の皆が泣きながら囲んでいますが、どんな状況か把握できていないようで、わけがわからないといった表情をしています。 突然死んだと思われていた信が何事もなかったように起き上がったことで、皆目を見開き仰天します。 喜びより驚きの方が強かったようで、放心状態になっていましたがやっと状況を理解し信の名前を叫び喜びます。

次の

最新ネタバレ『キングダム』630

キングダム ネタバレ 631

その頃、王翦を守っていた蒙恬、王賁達も到着します。 番陽副長は状況が分からずに、飛信隊が李牧を追わないことに対して何をやっているのかと叫んでいます。 蒙恬が止めて、様子がおかしいと。 飛信隊のメンバーは「隊長・・・」と言って泣き悲しんでおり、「まさか」と感じる蒙恬と王賁。 羌瘣はどうやって信を助ける? 河了貂は信をどのように助けるのか?と羌瘣に聞いています。 すると羌瘣は、千年続く蚩尤族に伝わる禁術があると言い、うろ覚えだがいくつ方法はあるそうです。 その中に、命の力を分け与える禁術も存在しており、その禁術を使うことで信が生き返るのか?と河了貂は聞きますが、羌瘣も分からないよう。 羌瘣はこの禁術についてやったこともないし、呪語についても覚えていないと言いますが、信を助けるにはこれしか方法はない。 思い出しながらやるしかないのだと言います。 その手順は呪語の詩に・・・思い出せ・・・たしかに教わった、信のために思い出せ・・・。 羌瘣は必死で禁術について思い出そうとして、一つの記憶が思い浮かびました。 それは子供の頃に死んだ鳥を生き返らせようと、禁術の呪語の詩を唱えていた日のことでした。 しかし、その禁術を唱えている時、象姉は羌瘣を止めました。 そんな一回死んだやつを生き返らせるような術は、この世に存在しないと。 そんな幼い日の象姉との思い出を思いかえした羌瘣。 しかし、羌瘣はよくよく象姉の言葉を思い出してみると、象姉が嘘をついたのだと確信しました。 もし本当に嘘っぱちであれば、伝える必要もないですからね。 となると、使った人に「最悪の事態」が起こるので、象姉は嘘をついたのだと。 ただ、今の状況では信が死んでしまえば、これ以上に最悪なことはないと羌瘣は思っていました。 羌瘣は右手を信に添えながら、呪語を唱え始めました。 すると、右手と顔からは血管が浮きはじめますが、羌瘣は目を見開きながら呪語を続けます。 「人の命は連華の光、人の命は唯唯光・・・」 そう唱えると、羌瘣は「よし、繋がった、多分」と言い、どこか虚ろな瞳をしています。 そして「行ってくる、変化があったら、皆で信を呼んで」と言い残し、そのまま羌瘣はガクッと気を失います。 羌瘣はあの世の世界へ? 羌瘣は次の瞬間、背景が真っ白な世界にいました。 ここは精神世界、もしくは天国と現実の間という空間なのでしょうか。 そこに立っているのは幽族の蓮でした。 幽蓮が言うには、今いる場所が死者が向かう先の天地の間の入り口だといいます。 それとも、地獄への門なのか・・・ しかし、その先に信がいました。 幽蓮が言うには、ただ何も無く10分の1の確率で連れ戻せる訳ではないと。 それには、寿命の半分を与えなければならないと言い、それでもその確率だと言いました。 自分の寿命の半分を差し出しても、連れ戻せるのが10分の1とはかなり低いですよね・・・ そんな僅かな確率でしか信を連れ戻せないと言う幽蓮。 しかし、羌瘣の覚悟は「自分の寿命を全部やる」というものでした。 羌瘣は信を連れ戻せるのであれば、全ての寿命を失っても構わないと言って、象姉の反対を押し切り、羌瘣は自分の命と引き換えに信を救うと言います。 幽蓮は恨み節の様に、羌瘣に対して「二度と戻れなければ良い」と言いながら天地の間に羌瘣を送ってしまいます。 落ちた場所は、なにも見えない真っ暗闇の中・・・ そこに立っているのは信と思われる足でした。 死者の世界で自分の命を全て使って、信を現実世界へと戻す事が出来るのでしょうか? そもそもこの天地の間では、信はどんな姿でどんな思想にいるのか注目ですね。 王賁が小さい時から王賁の世話をしていた。 王賁と同様、飛信隊を見下していたが今はそれほどでもない。 — 毎日キングダム 4CMF1wEskNuQZxG 自分の全ての寿命と引き換えに信を救うことを決めた羌瘣。 それでも助けられない可能性もあるようなので、一度死んだ信を取り戻すことは容易ではないのです・・・ 個人的には、どうにか信も羌瘣2人とも助かる道がないのかと思っていますが、今後どのような展開になっていくのでしょうか? 羌瘣がヒロインに? これまでずっと、史実に基づいたストーリー展開で、現実的な話が多かったですが、ここにきてファンタジー色が強くなってきましたね。 現実路線では、何とか信が生きていたというのが良かったはずですが、禁術を使って生き返らせるという、このスピリチュアルな展開。 これまで、読んできた多くファンの中では賛否両論がありそうな感じですよね。 現実派の一ファンとしては、正直に言うとちょっとどうかなと感じる展開ではあります。 そんな中でも、羌瘣の信に対する思いは一つだけ納得出来ることだと思いますね。 信に対して、自分の命の全てを使えるほどの想いであれば、ヒロインは羌瘣以外にいないでしょうね! この一点に関しては、羌瘣のファンなので大いに納得ですが、果たして信と羌瘣が一緒に生き返れるのか?というのが最大の焦点でしょう。 現状、羌瘣が死ぬ可能性は高いように思えますが、何とか信と共に生還して欲しいところですね! 羌瘣の禁術は成功する? 流石に信がそのまま亡くなる展開は、考えにくいと思ってました。 鍵になるのは、羌瘣の禁術が成功するのか?ということなりそうですね。 寿命の全てを使っても助けるというのは、かなりの覚悟なんだとは思いますが、羌瘣がそこまで信を想っていたのは驚きでした。 禁術というチートのような、とんでもない方法だとは思ってましたが、まさかその先で幽連と象姉が登場するとは思いませんでしたね。 なんか魂とか天国などとかいう世界ですから、完全に何でもありです。 幽連は何か気配が以前と違うみたいですので、蚩尤族の意志みたいなものが関係しているのかもしれません。 羌瘣の禁術が成功しても複雑ですし、失敗しても複雑という感じで、何とも言えないのが歯がゆいですね。

次の

最新ネタバレ『キングダム』611

キングダム ネタバレ 631

この記事の目次• キングダム630話ネタバレ予想vol2「南北に分かれた巨大な城塞都市邯鄲」 邯鄲は、紀元前386年趙の4代君主の 敬侯 けいこう の時代に首都になりました。 邯鄲は華北平原を貫く二本の大道、すなわち、韓や魏、燕を貫く、南北の街道と、斉と秦の都を結ぶ東西の街道の交わるポイントにあり、物資の集積地として必然的に経済が発展する場所だったのです。 そして、邯鄲はその城壁のエリアも特殊な形をしていました。 邯鄲城は一つではなく、庶民や手工業者が住む 大北城 だいほくじょう という東西3キロ、南北4. 5キロの広さを持つ都市と、その南西に位置する東城、西城、北城と呼ばれる 趙王城 ちょうおうじょう という王や貴族が住む都市に別れていたのです。 この趙王城エリアの東城、西城、北城はちょうど漢字の「品」という形をしていて、それぞれが一面を接しつつ城壁に取り囲まれていました。 もっとも大きい西城の城壁の一遍の長さは、1. 4キロもあり、その中央部には東西265メートル、南北285メートル、高さ19メートルの龍台と呼ばれる王宮の基礎が残っています。 文字でその位置関係を表すと ロ 品 こんな感じでした。 趙王城の西城が趙王の住まいでキングダムの時代には、ここに高さ三十メートルの宮殿が 聳 そび え、基盤の高さを合わせると函谷関の城壁の高さに匹敵する巨大な宮殿が城壁の外からもありありと見えた事でしょう。 生活用水についても問題なく趙王城のエリアには、 渚河 ちょが という河が流れ込んでいて、大北城には、 沁河 しんが という河が流れ込んでいました。 キングダム630話ネタバレ予想vol2「地下道で繋がり秦を翻弄した邯鄲」 紀元前260年、秦の 白起 はくき は長平で趙軍40万を撃破しほとんどを穴埋めにする大勝利を挙げ、ほとんど守備兵が消えて丸裸になった邯鄲を包囲しました。 趙は絶体絶命の亡国の危機に陥りますが、白起の名声がこれ以上上る事を恐れた秦の宰相の 范雎 はんしょ が、趙を滅ぼそうとする白起を押しとどめ、趙と和睦してしまいます。 天才肌の白起は、これに怒って総大将を下りてしまい 昭襄王 しょうじょうおう は、総大将を 王陵 おうりょう と交代して邯鄲の包囲を続けさせます。 趙王は恐れて、公子の平原君に対し楚へ向かい援軍を求めるように命じ、平原君は義士、 毛遂 もうすい を含めた30名の決死の徒を引き連れて邯鄲を出たと史記には書かれています。 しかし、周囲は秦の兵士で蟻の這い出る隙間もない程に包囲されているのに、どうして平原君は楚に向かう事が出来たのでしょうか? 史記には、何の記載もありませんが、これは邯鄲には地下道があり、南と北とは地下道を通じて往来できた事を示しているのだと考えます。 平原君もその地下道を通り、楚に向かう事が出来たのでしょう。 キングダム630話ネタバレ予想vol2「邯鄲に地下道があったもう一つの証拠」 実は、邯鄲に地下道があった証拠がもう一つあります。 紀元前258年、秦の包囲は一年以上続き、庶民は食糧が尽き武器も木の棒を削った槍程度しかなく、お互いの子供を交換して殺して食べる程になっていました。 そこで、兵士の一人の李同という男が贅沢に暮らしている平原君を詰り、こんな時こそ、王族が命を懸けて国の為に何かすべきだと説いたので、平原君は分かったと了承し倉庫を開いて、食料と金銀財宝を放出したので、兵士の士気は戻ったと記録されています。 ところが、すでに説明した通り庶民は大北城というエリアに住んでいて、平原君のような貴族が住む趙王城とは別々になっていました。 そうでありながら、平原君が放出した金銀や食料を受け取れるという事は、地下道を通って、食料や金銀が趙王城から北の大北城に移動したという事しか考えられません。 邯鄲は、地下道で2つの城が緊密に結びついていたのです。 キングダム630話ネタバレ予想vol2「秦は疲れ果てて撤退」 平原君の食糧と金品の放出で潤い、士気が回復した大北城では、李同が決死隊3000名を募り城を開いて秦軍に突撃を繰り返しました。 これには秦も驚いた事でしょう。 子供を交換して食べる程に飢えが進み、武器と言えば木を研いだ槍しかない大北城から目を血走らせた決死隊が飛び出してきたからです。 包囲が一年も続いた秦兵は戦に飽きて士気が著しく低下していて、持久戦以外には打つ手がなくなっていました。 そこで、もうじき降伏すると見ていた大北城からの決死隊となれば、余計に士気が落ちるのは避けられませんでした。 こうなった状態で、楚の春申君、さらに魏の信陵君が援軍として到着すると、邯鄲を包囲していた王齕は撤退を決め、太行山脈に分け入り 汾城 ふんじょう の郊外に待機していた秦軍と合流しました。 補給線が伸び切った秦は、巨大な邯鄲城を一つも陥落させる事が出来ずに、撤退する事になったのです。 キングダム630話ネタバレ予想vol2「王翦も力攻めしなかった邯鄲」 その邯鄲が再び陥落の窮地に陥ったのは、紀元前229年、秦の王翦と 楊端和 ようたんわ 、 羌瘣 きょうかい が攻めこんできた時です。 この時、趙は李牧と 司馬尚 しばしょう を派遣して防戦に務めましたが、秦は趙の 幽繆王 ゆうぼくおう の寵臣である 郭開 かくかい に賄賂を贈って、李牧が謀反を企んでいると 讒言 ざんげん させ、李牧と司馬尚を排除し代わりに将軍になった 趙葱 ちょうそう と斉将 顔聚 がんしゅ を王翦に対峙させます。 しかし、王翦はこれをあっさりと撃破し邯鄲も陥落して、幽繆王は捕らえられたとあります。 邯鄲に籠城されたら、すぐには落ちませんから、これは王自ら開城させたか、郭開が城門を開くように命じたのではないかと思います。 このように邯鄲は、折角の防御力を駆使する事なく、自ら開城して王翦の軍門に下ったのです。 邯鄲攻略列伝記事掲載に謝謝! 昭王の東進策によるアツ与の戦いに始まり邯鄲攻略戦は始皇帝となるセイの原点。 今回のギョウ遠征はそのための布石。 あくまでも邯鄲を落とし趙を滅亡させるためのもの。 マンガ「達人伝」にもセイや呂不韋、白起など登場して興味深いですね。 2週に渡るキョウカイファン感謝デースピンオフ企画への賛否両論がありますが、キョウカイファンから出番が少ないと突き上げがあり、クマの昇天関連からキョウカイ一族が呪術使える設定だった事を原作者が思い出して信を臨死状態を一歩進めて黄泉の国の玄関まで延長し、信やキョウカイを現世へ送り返す役割を信の過去の記憶ではなく死者のヒョウやショウザなどに変更したのかな?しかしあまりにも唐突に信の死亡に一般読者がいっせいに反発して編集担当と相談して早々の幕引きを図ったのではと想像させます。 他のブログでも信死亡への反発コメントが多いようです そこでブログ主へ提案です。 休載SPで熱烈的キョウカイファンと中国神話に精通読者で朝までバトルやクロストークのノリで「中国神話からキョウカイキャラ設定へ迫る」て企画はどうですか?不完全燃焼だったブログ主や中国神話精通読者の博学の披露や熱烈的キョウカイファンの熱い想いや、これからのキョウカイの出世や信との関係も熱く語りあってもらうなんて如何?•

次の