お年玉 赤ちゃん。 赤ちゃんのお年玉の貯金はどうする?〜我が家の場合〜

赤ちゃんにもお年玉は必要?あげるならいくら?おもちゃではダメ?

お年玉 赤ちゃん

というふうに、家庭によりお年玉に対してのルールが違うため、いったいどれを基準にしていいのか迷ってしまいます。 「赤ちゃんの時からあげるべきなのか…」 「あげるなら金額はいくら?」 「あげないなら何歳からあげる?」 「いつまで孫にお年玉をあげる?」 など、世間一般では、孫へのお年玉はどーしているのか!をまとめましたので、お孫さんへあげるお年玉の基準を決める際に、参考にしていただけたらと思います。 それでは見ていきましょう。 一般的には赤ちゃんにはお年玉をあげない!という方が多いんです! あげるなら 500円~1000円、または 絵本や オモチャ、 赤ちゃん用のお菓子なんかも多いです。 おじいちゃんおばあちゃんからのお年玉になると、一般的な金額より少し高く、 2000円~5000円がもっとも多い金額です。 そもそも、お金のことも理解していない赤ちゃんにお年玉をあげる必要あるの?と思いますよね? 一般的にはあげないほうが圧倒的に多いんですが、孫へのお年玉となると、赤ちゃんの時からあげている方のほうが多いんです! 赤ちゃんに!というより、 自分の息子、娘に、子育てのために使ってほしい!赤ちゃんのために使ってほしい!という思いであげている方がほとんどです。 icon-check-circleお年玉の代わりになるものをあげたい場合は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。 関連記事 保育園児・幼稚園児 3~5歳 の相場 一般的には1000円~2000円。 孫の場合は2000円~5000円が相場です。 これくらいの年齢になると、お金のことは少し分かってくるんですが、どのくらいの価値があるかということはまだ理解できていないみたいです。 お金でお菓子を買えるのは分かるけど、何個買えるかは分からない!そんな感じですね。 何円というより、お金を「お金というひとくくり」として認識しているようです。 なので、 金額より数が多いほうが喜ばれます! 紙幣よりコイン。 孫の場合は3000円~5000円が相場です。 小学生にもなれば、お金の価値がどんどん分かってきます。 算数の授業では、1年生は足し算や引き算、3年生になると掛け算や割り算も勉強するので、 お金の計算もできるようになってきます。 孫の場合も3000円~5000円が相場です。 小学4年生にもなれば、流行りの遊びもたくさんあって欲しいものがいっぱい出てきます。 とくにお年玉は、欲しいものが自由に買えるとあって、お正月の前になると想像をふくらませて笑顔になってます 笑 親は「お年玉ぜんぶ使ったらだめよ!」なんてクギをさしたりしますよね。 あげすぎるのはどうかと思いますが、 相場の3000円~5000円ぐらいがちょうどいい金額だと思います。 icon-check-circle小学校低学年と高学年の金額の決め方について、詳しくはこちらの記事もチェックしてみてください。 関連記事 中学生の相場 一般的には5000円。 孫の場合は5000円~が相場です。 中学生になると、思春期に突入します。 体の変化もあり、精神的に不安定になる年ごろですので、おじいちゃんおばあちゃんとしては、そんな孫からの期待を裏切るわけにはいきません。 欲しいものも増え、どんどん高額になっていき、 お小遣いでは買えないものはお年玉で買おうと、お年玉を楽しみにしているでしょう。 中学校での 部活や勉強を頑張っているご褒美もかねて、お年玉を奮発してあげるのもいいかもしれませんね。 icon-check-circle中学生のお年玉金額の決め方についてはこちらの記事もチェックしてみてください。 関連記事 高校生の相場 一般的には5000円。 孫の場合は5000円~10000円が相場です。 高校生にもなると、学校によってはバイトができたりします。 バイトできる場合、欲しいものは自分でバイトをしたお金で買う!ということができるんですが、「これはこれ!お年玉は別!」というふうにお孫さんは考えています。 中には、 「バイトしてるから、おじいちゃんおばあちゃんムリしてお年玉くれなくてもいいよ!」 と言ってくれる孫もいるでしょうが、それはそれで嬉しいような悲しいような…。 一般的には、 バイトしてようがしてなかろうが、高校生の場合はお年玉をあげるという家庭がほとんどです。 もちろん、 「高校生になったらあげない!」 という家庭もあるし、 「公立高校はあげるけど私立高校はあげない!」 という家庭もあります。 家庭によってルールがあるので、それに合わせるほうがいいですが、 おじいちゃんおばあちゃんが孫へあげるお年玉は別格なので、あまり気にしなくてもいいと思います。 ただ、勝手にあげるのは良くないので、両親に相談してからあげるようにするといいでしょう。 icon-check-circle高校生のお年玉金額の決め方についてはこちらの記事もチェックしてみてください。 関連記事 大学生の相場 一般的には5000円~10000円。 孫の場合は10000円が相場です。 そもそも大学生にお年玉はあげる必要ある?と思うところですが、 一般的には少ないですが、孫に対しては大学生でもあげているケースが多いです。 おじいちゃんおばあちゃんからしたら、 勉強を頑張っているかわいい孫のために、「勉強頑張ってね」という応援の意味も込めて、学生のうちはお年玉をあげる!という方が多いです。 大学生にもなると、欲しいものもたくさんある!友達との付き合いにもお金がいる!勉強して単位も取らないと卒業できない!ということもあり、遊びに勉強に大忙しです。 そんな時期におじいちゃんおばあちゃんからのお年玉は、 すごくありがたいものであり、すごく助かります。 少し懐は痛みますが、孫が喜んでくれるなら…。 感謝してくれるなら…。 お年玉をあげてもぜんぜん問題ないですよ! icon-check-circle大学生のお年玉相場とお年玉をやめる時期についてはこちらの記事をご覧ください。 関連記事 孫にお年玉をあげる際の注意点 お年玉を減らすのはNG 孫がまだ、お金の価値が分かる年齢になっていないのなら大丈夫ですが、小学生にもなればお金の価値は分かっているし、毎年お年玉を楽しみにしています。 最初に奮発してたくさんあげてしまうと、何らかの事情で前年と同じ金額のお年玉があげれなくなった場合に困ります。 孫が楽しみにしているということを思うと、減らすに減らせなくなってしまいムリして前年と同額のお年玉をあげてしまう…。 そこまでしてお年玉をあげる必要はないです! しかし、同額をあげられない場合、孫からすると、おじいちゃんおばあちゃんの事情など理解できず、ただただガッカリしてしまうでしょう。 そーならないためにも、 ムリのないよう計画的にお年玉の金額を決める必要があります。 お年玉のあげすぎ注意!両親の了解をもらう 「かわいい孫のためなら、いくらでもあげたい!」 「孫が欲しい金額をあげてもいい!」 という方もいると思いますが、孫にたくさんあげるのには注意が必要です。 お年玉を両親が管理し、ほとんどを将来のために貯金して、その中の「いくらかだけ使っていいよ!」というなら大丈夫ですが、全額、子供が使える状況だと特に注意が必要です。 孫の将来のためにも、「たくさんあげて喜んでほしい!」という気持ちをぐっとおさえて、あげすぎないように気をつけてくださいね。 両親にきっちりとした教育方針がある場合、 金銭感覚を養うために、高額なお年玉を嫌がるケースがあります。 なんでも言いあえる関係ならいいのですが、気をつかって何も言えない場合、心の中では迷惑がっているかもしれません。 こちらが一方的にあげたい金額をあげるんじゃなく、親の意見も聞いてから金額を決めるほうがいいでしょう。 「10000円あげようと思うんだけど、いいかな?」 と聞いてみて、 「そんなにいただいていいんですか?ありがとうございます」 と言えばOKだし、 「そんなに高額なお年玉はやめてください」 と言うのであれば見直せばいいと思います。 孫の数によって金額を決める 初孫で孫がひとりだけ!かわいくて仕方ないからたくさんお年玉をあげてしまいそうになりますが、ちょっと待ってください! 初孫だからといって、お年玉を高額にしてしまうと、これから孫が増えていった場合、かなりの負担になることが目に見えてます。 金銭的に余裕がある方なら問題ないんですが、この先、負担になりそうな場合は、 孫が増えても大丈夫な金額にしておくほうが無難です。 孫へのお年玉相場は、一般に比べると少し高めですが、ムリをする必要はありませんよ!.

次の

お年玉は何歳からあげる?赤ちゃんから?それとも小学生から?

お年玉 赤ちゃん

渡し方の基本 ポチ袋に入れて渡すのが一般的ですし、お正月時期は急にお年玉が必要になるという場面もあるので、ポチ袋を常備しておく方も結構いるようです。 また、ポチ袋がない、忘れたという時はティッシュに包んで渡すという方も居るようです。 加えて、使うお金とは別にお財布には常に新札や製造年月が新しい500円玉を入れておくという方も多数います。 子どもの年齢別お年玉相場一覧 お年玉の相場を参考にするにあたって、との読者アンケートを参考にしました。 一応、 年齢を考慮しないお年玉の相場・金額は5000円が一番多いです。 0~2歳 この年齢の子供には、お金よりも、おもちゃやお菓子をあげる人多く、お年玉をあげるにしても1000円というのが一番多く、この金額が相場になるでしょう。 子供を喜ばすという視点から考えれば、お金よりおもちゃやお菓子の方が反応が良いでしょう。 3~6歳 この年齢はいわゆる、未就学児です。 この年齢は500円~2000円をあげるというのが多いです。 大人としては、2000円の方が良いのですが、子供にとっては、硬貨の方が分かりやすいお金であるが故に、500円をお年玉として渡す人もいるようです。 確かに、この年齢はポチ袋の重さが一番重要なのかもしれません。 6~9歳 小学校低学年 小学1年生から3年生 は、2000円~3000円が目安です。 この歳になれば、1000円より上を渡す人が多いようです。 10~12歳 小学校高学年 小学4年から6年 は、3000円が相場になります。 小学校の高学年は、子ども同士で出かけて、自身でお金の管理ややりくりを行い始める時期で、金銭感覚を身に付けるという意味で、多すぎず少なすぎずの3000円が相場になるようです。 12~15歳 この年齢は中学生で、中学のお年玉の相場は5000円ですが、この時期は、あまり相場に頼らず、学年と視点から考えた方が良いかもしれません。 中学1年生であれば、相場の5000円で良いでしょうが、中学3年生では少ないと感じる子供いるでしょう。 実際、All Aboutのこの年齢のお年玉の回答金額が一番幅が大きく(3000円~30000円)、まさに子供をみて、お年玉をあげている人が多いのかもしれません。 15~18歳 この年齢は高校生で、どちらのサイトのお年玉の相場は1万円となっています。 渡す相手との関係性もあるようですが、5000円という方も多いようです。 立場や関係によってお年玉の算出金額が違う 上記では、年齢別で相場を書き記していきましたが、子供との関係性によっても、お年玉の金額は変わってきます。 この場合、8歳であれば、4000円になりますし、14歳であれば、7000円となります。 お年玉はいつ 何歳 まであげる? お年玉はいつまであげるべきか考える人もいるかもしません。 実際、OisixとAll Aboutにもそこに関するアンケートと回答がないのですが、 5歳~高校卒業までが共通認識ではないでしょうか?定義がない以上、憶測でしかありませんが、上限の目安はおそらく、自分で稼げる年齢に達したら、お年玉が必要ないというのが一つの考え方なのかもしれません。 一般的に、18歳になれば、自分で稼げる年齢・環境があるので、そういった事を考慮しての高校卒業まで 18歳 が上限かもしれません。 最後に お年玉は三者(子供・親・渡す側)が納得する金額が一番理想なのかもしれません。 しかし、その三者の利害関係が一致するなんて事は、ほぼほぼないでしょう。 特に貰う側は、年齢を重ねれば重ねるだけお金の本当の価値というのを理解するのですから。 お年玉の金額というのは、そういった利害関係があるが故に悩むのだと思います。 大体がお年玉は貯金に回るとか回す家庭が多いと思うのですが、子供の事や親の労力の事を考えたら、 年齢的に貯金に回る金額をお年玉として渡すのでなく、使いやすい金額、使うに値する金額をあげた方が、3者が納得するお年玉の金額だと思っています。 良くも悪くも、その時や期間で消費できないお年玉は有り難みを感じないかもしれません。 それでは!.

次の

赤ちゃんにもお年玉は必要?あげるならいくら?おもちゃではダメ?

お年玉 赤ちゃん

冬の行事・イベント 2018. 20 2018. 23 Tsuyopon お年玉は赤ちゃんに必要?相場や代わりになる物、孫・甥・姪等の場合は? お正月になると、大人が頭を悩ませるのが 「お年玉」です。 全員に同じ額を渡せばいいのなら話は簡単ですが、実際にはそうは行きませんよね。 渡す相手の年齢によっては、「この金額でいいのかな?」と迷ってしまいます。 また、甥や姪、友人の子供など、渡す相手との関係も様々なので、いくらが相場なのか分かりにくいのです。 その中でも特に難しいのが、 「赤ちゃんに対するお年玉」です。 そこで、本記事では、赤ちゃんに対してのお年玉について、まとめてご紹介したいと思います。 それぞれを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。 お年玉は赤ちゃんや幼児に必要か 引用元: 相手が赤ちゃんの場合、相場などを考える前に、そもそもの疑問が出てきます。 それは、 「赤ちゃんに対して、お年玉を渡す必要があるのだろうか」という疑問です。 相手が、物心ついていない赤ちゃんや幼児であった場合、確かに悩む部分ではありますよね。 みなさんは、どのような判断をしているのでしょうか。 無しでもよいが渡す場合もある 過去にとられたアンケートによると、相手がまだ赤ちゃんである場合、 約6~7割の人が「渡さない」という回答をしました。 よって、「お年玉を渡さない」という選択肢をしても、不自然ではありません。 小さな子どもの場合、お年玉をあげても親に渡ってしまうことがほとんどですが、それでも「お年玉」とは子ども本人にあげるものです。 となれば、 子どもが自分に与えられた事をちゃんと自覚して、自らお礼を言える年齢になるまで、お年玉は待ってもよいのかもしれませんね。 しかし、だからといって「お年玉をあげてはいけない」というルールは、もちろんありません。 相手との関係によっては、赤ちゃんの頃からお年玉をあげてもよいでしょう。 あげて当然という文化にもなってきているお年玉ですが、やはり基本は「相手へのプレゼント」です。 あなたに「赤ちゃんや幼児であっても、相手へお年玉をあげたい」という気持ちがあるのなら、それが一番大切です。 必ず渡した方がいい場合 赤ちゃんへのお年玉は「相手との関係によるが、渡さなくてもよい場合もある」という回答をご紹介しました。 しかし、 様々な理由で 「必ず渡した方が良い」という場合もあります。 どんな場合があるのか、以下にまとめてみました。 上記の場合は、 人付き合いの決まりや礼儀として、お年玉を用意しましょう。 赤ちゃんや幼児のお年玉の相場は? 引用元: さて、本題の 「赤ちゃんや幼児へのお年玉の相場」に参りましょう。 相場は、相手との特別な関係性や事情がある場合は変わってきます。 それらは後に個別に紹介するとして、まずは一般的な相場から見ていきます。 各種アンケートの結果では、 赤ちゃんへのお年玉の相場は 「500~1000円」となっています。 切りのよく高すぎない1000円が人気のようですね。 また、500円も好まれる理由として、「硬貨の方が子どもが喜ぶから」「兄弟間で差をつけるため(上の子に1000円を上げる)」などがあります。 お年玉の額は、年齢と共に上がっていくもの。 最初からあまり高くあげすぎないよう、みなさん気を使っているようですね。 相手が親族の場合、値段は変わる? 続いて、特別な関係性の場合を見てみましょう。 特別な関係とは、 相手が「親族」である場合のことです。 お祝い金は、血縁が近いほど、色をつけた金額を渡す傾向がありますよね。 とはいっても、 お年玉を赤ちゃんや幼児にあげる場合は、一般的な相場とあまり変わらないようです。 甥や姪、いとこの子であっても、あまり気にする必要はないといえるでしょう。 また、親戚間で子どもが多い場合、一人一人へのお年玉がかさんでしまい、各家庭で結構な負担になることがあります。 その場合、 親戚間でお年玉の金額やルールを決めるということも、よく行われているようです。 もしも、そういったルールがなければ、親族で話し合ってみてはいかがでしょうか。 出産祝いなどを兼ねる場合は? お年玉の相場は上記の通りになりますが、他にも金額が変わる要素があります。 それは、 「出産祝い」などのお祝い金を兼ねる場合です。 普段、なかなか会えない相手の場合、相手が出産してから初めて会うのがお正月だった、というケースがあり得ます。 この状況でお年玉を渡すのであれば、 出産祝いを兼ねて渡すのがよいでしょう。 金額は、上記のお年玉の相場に、出産祝いの金額を上乗せした額になります。 特に、相手から出産祝いをもらっている場合は、忘れないようにしたいですね。 お金の代わりに渡せるもの 引用元: さて、ここまでお年玉の相場の金額をご紹介してきました。 しかし、 相手が赤ちゃんや幼児の場合、お金ではなく別の物を「お年玉」としてあげることも多いです。 小さな子どもは、お金の価値も分かりませんし、自分で使う事もできません。 そういうお金よりも、直接喜びを感じやすい「もの」をあげることで、お年玉の代わりにするんですね。 具立的には、以下のようなものがよく選ばれています。 おもちゃの場合、相手の子どもの年齢を考慮するとよいでしょう。 可能であれば、事前に相手の親に、子どもの好きなものをリサーチしておくとよいですね。 また、おやつの場合も相手の年齢によっては、 ベビー用を選ぶなど配慮を忘れないようにしましょう。 小さな子どもの場合、服を汚して着替えることも多いので、何枚あっても困りません。 注意点として、 赤ちゃんや幼児は、体が大きくなるのも早いです。 あげてもサイズが合わず使えなかった…、という事がないように、 余裕を持った大きさのものを選択しましょう。 少しくらい大きくても、成長するにつれて、やがては着られるようになるので、心配はいりません。 また、子どもによっては発育が良い子もいますので、製品の対象年齢があてにならない事もあります。 可能であれば、事前に相手の子どもの大きさをリサーチしておくと良いでしょう。 そこで、特に3~5歳の幼児にあげる場合におすすめなのが、図書券(図書カード)です。 自分はあげるものを選ぶ必要がなく、かつ、相手の使い道を限定することができるからです。 上げる時に、「お父さんやお母さんと、好きな本を買いに行ってね」と教えてあげると良いでしょう。

次の