ダイノジ マジ 歌。 【マジ歌ライブ2020】 出演者は誰?EXITは?サプライズやアイドル枠も予想!

ダイノジ大谷ノブ彦は嫌われ者!嫌い・しくじりエピソードまとめ!

ダイノジ マジ 歌

EXITのお二人が2020年2月18日放送のにゲスト出演。 佐久間宣行さんと『ゴッドタン マジ歌ライブ 2020』について話していました。 それで1万7000人の前でラップをしてもらったんだけど。 そのね、まあ演出としてダイノジの大地さんがラップをやって。 それで「出でてこいよ、旬な若手!」って言ったらEXITが出てくるんだけど。 曲上はね。 それで「もっと派手にしたいな」と思って、大地さんにもあんまり言わずに、大地さんが呼びかけたら出てこなくて。 「3、2、1……」で花火がドーン!ってなってEXITがポップアップでドーン!って出てくるっていう(笑)。 で、その瞬間に1万7000人が「ウワーッ!」ってなって。 そしたら矢作さんが俺の方を振り向いて「あいつら、スターだな!」っつって(笑)。 「あいつらはスターだな!」って言っていたよ(笑)。 (兼近大樹)フフフ、すごい歓声を浴びましたよ。 (佐久間宣行)すごい歓声をだったよね。 (兼近大樹)全方向から。 ちょうど真ん中だったんで。 (佐久間宣行)ちょうどセンターステージだったからね。 「あいつらはスターだな!」(おぎやはぎ矢作) (りんたろー。 )軽打ち上げでも矢作さんが言ってくださってましたもんね。 みんなの前で。 「あの華はやっぱりちょっと今までの芸人と違う」みたいな。 言ってくださって。 (佐久間宣行)フフフ、みんな芸人がいるのに、矢作さんが自分の挨拶をすればいいのに。 「いやー、EXITの華。 あれは見たことがない」っつって(笑)。 EXIT:フハハハハハハハハッ! (佐久間宣行)矢作さん、褒めるの好きだからね。 (りんたろー。 )でも、それで言ったら楽曲も提供してもらったじゃないですか。 それまで兼近は自分の過去を自ら、肯定するようなことからはちょっと距離を取っていたんですよね。 (兼近大樹)そうですね。 絶対にそういう肯定はしないようにしていました。 (佐久間宣行)まあもちろんね、間違ったこともやっていたしね。 (りんたろー。 )だからそういうことはいろいろとお断りしていたんですけども。 やっぱりゴットタンさんがこれを用意してくれた。 僕らがゴッドタンさんのためにできることはこれを全力で歌いきることだということで、二つ返事で……。 (兼近大樹)めっちゃ練習した(笑)。 (佐久間宣行)衝撃だったのは、まあどういうことかっていうと、ラップだから。 ラップの中で、あるじゃない? カミングアウトじゃないけども、要は自分の人生を語った上で、それでもいろんな人に感謝するっていうラップのマナーみたいなものとEXITの兼近にあったこととかとを組み合わせて。 もちろん全部、お笑いのためにやっているんだよ。 笑えると思ってやっているんだけども。 マジであるから笑えるから。 それでリハをやる深夜に大地くんとEXITが集まって。 そのリハの最初の一発目から兼近、めちゃくちゃ練習してきたんだろうね。 完璧! フハハハハハハハハッ! ラップが完璧(笑)。 (兼近大樹)ちゃんと入れてきました。 (りんたろー。 )空で歌えてましたね(笑)。 (佐久間宣行)空で歌えてた。 ラップを自分のものにしてた(笑)。 (兼近大樹)ちゃんとこれだけは絶対にやらなきゃ!って。 全て完璧にこなそうと決めていたんで。 最高でしたね。 (佐久間宣行)しかも、ウケたしね。 (兼近大樹)ウケましたね! やっぱりダイノジ大地さん。 あの方がいてくれるっていうことで結局笑いに昇華されるんでね。

次の

ダイノジ大地の彼女【ヒロコ】ヤマグチヒロコ ゴットタンマジ歌の圧倒的な歌唱力の秘密 まとめ

ダイノジ マジ 歌

EXITのお二人が2020年2月18日放送のにゲスト出演。 佐久間宣行さんと『ゴッドタン マジ歌ライブ 2020』について話していました。 それで1万7000人の前でラップをしてもらったんだけど。 そのね、まあ演出としてダイノジの大地さんがラップをやって。 それで「出でてこいよ、旬な若手!」って言ったらEXITが出てくるんだけど。 曲上はね。 それで「もっと派手にしたいな」と思って、大地さんにもあんまり言わずに、大地さんが呼びかけたら出てこなくて。 「3、2、1……」で花火がドーン!ってなってEXITがポップアップでドーン!って出てくるっていう(笑)。 で、その瞬間に1万7000人が「ウワーッ!」ってなって。 そしたら矢作さんが俺の方を振り向いて「あいつら、スターだな!」っつって(笑)。 「あいつらはスターだな!」って言っていたよ(笑)。 (兼近大樹)フフフ、すごい歓声を浴びましたよ。 (佐久間宣行)すごい歓声をだったよね。 (兼近大樹)全方向から。 ちょうど真ん中だったんで。 (佐久間宣行)ちょうどセンターステージだったからね。 「あいつらはスターだな!」(おぎやはぎ矢作) (りんたろー。 )軽打ち上げでも矢作さんが言ってくださってましたもんね。 みんなの前で。 「あの華はやっぱりちょっと今までの芸人と違う」みたいな。 言ってくださって。 (佐久間宣行)フフフ、みんな芸人がいるのに、矢作さんが自分の挨拶をすればいいのに。 「いやー、EXITの華。 あれは見たことがない」っつって(笑)。 EXIT:フハハハハハハハハッ! (佐久間宣行)矢作さん、褒めるの好きだからね。 (りんたろー。 )でも、それで言ったら楽曲も提供してもらったじゃないですか。 それまで兼近は自分の過去を自ら、肯定するようなことからはちょっと距離を取っていたんですよね。 (兼近大樹)そうですね。 絶対にそういう肯定はしないようにしていました。 (佐久間宣行)まあもちろんね、間違ったこともやっていたしね。 (りんたろー。 )だからそういうことはいろいろとお断りしていたんですけども。 やっぱりゴットタンさんがこれを用意してくれた。 僕らがゴッドタンさんのためにできることはこれを全力で歌いきることだということで、二つ返事で……。 (兼近大樹)めっちゃ練習した(笑)。 (佐久間宣行)衝撃だったのは、まあどういうことかっていうと、ラップだから。 ラップの中で、あるじゃない? カミングアウトじゃないけども、要は自分の人生を語った上で、それでもいろんな人に感謝するっていうラップのマナーみたいなものとEXITの兼近にあったこととかとを組み合わせて。 もちろん全部、お笑いのためにやっているんだよ。 笑えると思ってやっているんだけども。 マジであるから笑えるから。 それでリハをやる深夜に大地くんとEXITが集まって。 そのリハの最初の一発目から兼近、めちゃくちゃ練習してきたんだろうね。 完璧! フハハハハハハハハッ! ラップが完璧(笑)。 (兼近大樹)ちゃんと入れてきました。 (りんたろー。 )空で歌えてましたね(笑)。 (佐久間宣行)空で歌えてた。 ラップを自分のものにしてた(笑)。 (兼近大樹)ちゃんとこれだけは絶対にやらなきゃ!って。 全て完璧にこなそうと決めていたんで。 最高でしたね。 (佐久間宣行)しかも、ウケたしね。 (兼近大樹)ウケましたね! やっぱりダイノジ大地さん。 あの方がいてくれるっていうことで結局笑いに昇華されるんでね。

次の

佐久間宣行とEXIT『ゴッドタン マジ歌ライブ 2020』を語る

ダイノジ マジ 歌

いや、すごい。 本当にすごい。 8200円のチケット代が めちゃくちゃ安く感じられる内容でした。 しかも、さいアリのキャパ、17000人がギッシリ。 さいアリの一番上の席まで人がビッシリと埋まっていて、 アリーナの下から見上げていても、観客の多さにビビリましたね。 この日は、 ただただ「ゴッドタン」が好きな編集者さんとお仕事を完全に抜きにして、 ゲラゲラ笑いながら観ていましたけど、 観終わった時に 「このステージを観て触発されたから、 私は今年仕事を頑張れそうな気がする。 ってか、マジで仕事を頑張ろ」 って、何回も言っちゃいましたもん。 本当にマジ歌シンガーたちが気持ちよさそうに、 また楽しそうに歌っていたし、 随所に笑いを散りばめる仕掛けを作った スタッフさんも楽しそうだったなー。 19時開演の前から、 番組の佐久間プロデューサーが 自身のラジオ番組「オールナイトニッポン」に引っ掛けて 「前説ナイトニッポン」と題した前説(影ナレ)を入れ、 19時を少し回ると、もう食い気味に、 マジ歌シンガーがどんどん出てきて歌いまくる。 (「そんなに早くバンバン出したら、 時間が持たないんじゃない?」と思うくらい) なんかもう、田舎の親戚の家で食べる 五段重のおせち料理のような トゥーマッチなくらいの感じです。 何だろ、ミュージシャンで言ったら、 山下達郎大先生のライブのMCほとんどなしで「これでもか!」とナンバーをすし詰めで披露するレベルというか。 ASIAN COBRAが歌う前にロングの芝居の映像が流れる。 「ロバートの(山本)博って、街を彷徨ったり、 戸惑ったりする演技をさせたら天下一品なんだな」と、 帰りしな編集さんと話して帰りました。 むしろリアルなサラリーマンの風情を出すには、 元のドラマの松重さんじゃなくて、 ロバートの博の方が適任なんじゃないかという話に(笑)。 松重さんみたいにタッパがあって、 スラッとカッコよく渋いサラリーマンって、 現実にはいないだろと) その他映像出演は、手島優、手島優のマネージャー、神保悟志など 実は2年前の横アリで行われた 「ゴッドタン マジ歌ライブ」は 1人1曲歌って、それを丁寧に数珠つなぎにする 展開だったんですけど、 (横アリの時も、ホントにノンストップ進行ですごいと思いました) 今回は1アーティストが2曲以上歌うので、 1曲歌ったら捌けて、 別の特殊メイクや衣装に着替えて、後半戦に出てくるアーティストもいるなど、 「え? 次は誰が出てくるんだろ?」と思わせる怒涛の展開でした。 ジャニーズのライブに習ったのか(?)、 後ろの席の観客も飽きさせないような工夫もありました。 1階アリーナの一番後ろに 直径2メートル、高さ5〜6メートルまで上がるセリを作ったり、 バカリズムが歌う時に使ったニセのマジックミラー号と、 別の移動MC号の2台の車が、ぐるぐると会場を回ったり。 開始前の佐久間プロデューサーの前説では 21:15ぐらいに終わると言われていたので、 21時近くなると大玉マジ歌アーティストが次々に出てきました。 フット後藤の「ジェッタシー」の大団円で終わりかな?と思うと、ライブはまだ続く。 (フット後藤は「宇宙ドライバー」も。 バカバカしかったですね。 最後「パソコン コ、コンコーン!」ですからね(笑)) そこから劇団ひとりが ヨガに夢中な片岡鶴太郎に扮し、 ミュージカル「レ・ミゼラブル」の「民衆の歌」のメロディーを微妙に変えた(笑)、 「それが鶴ちゃん」を披露した後、 立て続けに 山田邦子の特殊メイクをした松丸アナと 片岡鶴太郎メイクの劇団ひとりの インドミュージカルを模した新曲で、 お腹が捩れるくらい笑いました。 内容は「邦ちゃん、大田プロ辞めちゃった。 あんなに大田プロを稼がせてやったのに」というもの。 インドミュージカルのセンターで キレッキレのダンスを披露する松丸アナがすごくて。 周りのダンサーの方たちも当然松丸アナに合わせているのでしょうが、 足先、手先の角度までしっかり群舞で合っているんですよ(笑)。 もうミュージカル「CHICAGO」かよ!と思って、 演劇ファンからしたらツボにハマりすぎて、 大笑いですよ。 (群舞で踊った時の松丸アナのセンター感! 正直、松丸アナと劇団ひとりの2人がセンターに立つと、 松丸アナの方が華があってキレがあるので、 松丸アナばかり見てしまいました。 劇団ひとりが霞むレベル) で、劇団ひとりの2曲が終わって 「これでもう終わりかな?」と思うと、 ラストにヒム子が出てきて、 これまたヒム子とダンサーの群舞が 手先、足先まで角度も合っているもんだから、 マジ歌シンガーってホントにすごいなと。 どんだけダンスを練習したんだと。 これで本編が終わるのですが、 アンコールで、花道のセンターステージに 朝日奈央が立たされると、 会場後方のセリから眉村ちあきが! 「ストイック暗記王」で披露した名曲 「朝日のように輝きたいなら」をギターの弾き語りで。 いやー泣いちゃいそうでしたよ。 そこで終わるかと思いきや、 今度は眉村ちあきのギターをバックに 「朝日のように輝きたいなら」のメロディーに乗せ、 突然舞台上のバナナマン日村が立ち上がり、 隣に座るバカリズムに向かって歌い出す。 バカリズムがコンビを解散して腐っていた時期のこと、 その後ピン芸人としてブレイクし、 昨年末、結婚したことを 昔から知っている者として心から祝いたいという ストーリー仕立ての内容に、 「ゴッドタン」すごいなと。 (すごい以外の言葉が見つかりません) 歌を数珠つなぎで見せた 前回の横アリ公演から飛躍して、 今回は、番組のその後のストーリーを紡ぐ 仕掛けになっていて。 それが演者も知らないサプライズ的に行われるから 会場にいた人にしか味わえない感動があるんですよ。 DVDで観る方には申し訳ないけど。 ライブの演出家としても、 佐久間プロデューサーは何だかすごくなっちゃったと。 15000円ぐらい払っても惜しくないライブでした! ちなみに。 一番声がダントツで出ていたのが、ロバート秋山。 あと声が出ていて、歌が上手かったのがハライチ岩井。 ホントにミュージシャンの歌声なんだなと思わせられたのが、 東京03角田。 ゲストで呼ばれて出て来ても、 本当にすぐに踊れる人なんだなと思ったのが フジモン。 もう少し歌わせてあげたかったのが、 呂布カルマです。 「ゴッドタン」のテレビを観ているみたいに、 観客が思い思いにツッコミ入れたり、 ゲラゲラ笑ったりしながら観られるのも、 ホントにこのライブの醍醐味ですね。 いやー楽しかった!! そして、仕事をこれまで以上にやる気になったわ。

次の