ニュースで英語術 スクリプト。 英語を無料サイトで学習するなら絶対におすすめ!! NHKラジオ「世界へ発信!ニュース英語術」

【無料】英語学習者のためのおすすめ英語ニュースサイト11選

ニュースで英語術 スクリプト

スクリプトがあるので、わからないところは確認できるのがうれしいところですね。 アメリカ ボキャブラリーの数もおさえめで、スピードもゆっくりなのでとても聞きやすいです。 ニュースのカテゴリーも豊富ですし、各ニュースごとにスクリプトと音声ファイルが置いてあるので、英文と音声を比較しながらじっくりとリスニングをすることができます。 このVOAのニュースは、英語教材としても利用されています。 スーパーエルマーという教材で、日本語の訳もついており、リスニング教材として非常に質の高い内容になっています。 日本語と同時に学習したいという方は、スーパーエルマーを利用すると英語リスニングが上達するまでの時間が大幅に短縮されると思います。。 アメリカ 膨大な量のニュースがあります。 そして各ニュースには音声ファイルとスクリプトが置いてありますので、音声を聞きながら英文を確認できます。 とにかくニュースの量が多いので、自分の興味のあるものが必ず見つかるでしょう。 また、ニュースによってはビデオファイルを見ることもできます。 音声だけでは雰囲気をつかみにくいという方や、映像を見ながらのほうが聞き取りやすいという方は、ビデオを見て学習を進めると良いでしょう。 日本 日本のNHKの英語ニュースのサイトです。 英語だけでなく、かなり多数の言語でも同じニュースを聞くことができますので、複数言語をマスターしたい方にも最適でしょう。 ここもスクリプトがあります。 ニュースの長さは比較的短いので、同じ内容を繰り返して聞くのも楽なので、さくさく学習が進められるでしょう。 アメリカ 政治・経済や最近のホットな話題についていろいろ語られます。 ここにも大量のアーカイブが保存されており、それぞれに音声ファイルと、そのスクリプトがついています。 英文を確認しながら、リスニングの練習をしてみてください。 アメリカ さまざまなカテゴリーのニュースを聞くことができます。 芸術、ビジネス、ファミリー、教育、健康、国際問題、テクノロジーなど、もっと多くのカテゴリーに分かれたニュースがアーカイブとして保存されていて、じっくりと聞くことができます。 また、ポッドキャスティングにも対応しているので、iPodをもっている方は、利用してみてはいかがでしょうか。 イギリス イギリスの国営放送BBCのサイト内に、英語を学習できるコーナーがあります。 非常に充実しています。 ニュースはもちろんのこと、イギリスのライフスタイルやエンターテイメント、ビジネスの話題やクイズといった充実したコンテンツがそろっています。 ニュースにはもちろんスクリプトがついていますので、リスニングの学習やボキャブラリーを増やすといったことにも最適でしょう。 また、文法のコーナーも設置してあり、英語による英文法の学習ができるのでかなり本格的に学べると思います。 とてもバラエティーに富んだコンテンツがそろっていますので、一度訪れてみることをお勧めします。 また、 BBC Newsを利用して、効果的にNews英語を学習できる方法をにまとめました。 興味のある方は一度ご覧ください。 アメリカ アメリカの労働省のホームページです。 定期的にニュースを配信しています。 その内容が音声ファイルで聞け、またスクリプトとしても読むことができるようになっています。 政治的な内容になっていますが、チャレンジしてみてください。 アメリカ アメリカの教育省のホームページです。 ここも多くの音声ファイルがあります。 スクリプトももちろんついています。 音声ファイルは比較的短いものが多いので、リスニングの学習も気楽にさくさく進められると思います。

次の

ニュース記事で英語学習!初心者の方でも気軽に読めるオススメの無料サイト5選

ニュースで英語術 スクリプト

スポンサーリンク 想定はリスニング中級者くらいです。 リスニング入門したての方にはちょっと辛いかもしれないし、上級者には物足りないかと思います。 よく英語リスニングのトレーニングで紹介される、 などで挫折した方にぜひ NHK WORLD RADIO JAPAN を試してほしいと思います。 個人的には、あれは上級者向けだと思う。 話題もスピーカーも千差万別なので、初心者〜中級者には難しいです。 自分のスペックは語彙力10000ちょいほど、英語学習歴3年ほどです。 How I met your mother や Breaking Bad など海外ドラマを英語音声のみで大体ストーリーを追える程度。 3年前の英語学習開始時のリスニング・トレーニングとしては、まず最初に定番中の定番である DUO から開始しました。 DUO の文章・フレーズを丸暗記して全て聞き取れるようになった後に、 や などでリスニング練習を行っていました。 ESL や VOA Special に飽きたので、現在は NHK WORLD RADIO JAPAN を毎日聴いているというところです。 なので、DUO や ESL、VOA Special が聴き取れなければ、NHK WORLD RADIO JAPAN の English News はちょっと難しく感じるかもしれません。 私の英語力・英語での表現力等を確認したければ、Twitterの英語アカウント を見てください。 英語を学習されている方は、ぜひフォローもお願いします! では以降、私が NHK WORLD RADIO JAPAN をおすすめする理由7つです。 日本のニュース中心なので背景知識がある 話題に関する背景知識があると、単語・フレーズの意味を予測しやすいです。 これは学習が捗ります。 Ted が難しい理由の1つは、世界中の多ジャンルなトピックを扱い、背景知識がない場合が多いためだと思う。 さらにTEDの場合は、番組構成上1つのテーマを深く掘り下げるし、スピーカーの出身地域も千差万別。 めちゃむずい。 NHK WORLD RADIO JAPAN は日本を中心としたニュースの話題が多いですので、聞こえた単語・フレーズを知らなかったとしても、その意味を予想しやすいです。 ただし、自分に馴染みのない国際的なニュースに触れることもありますが、そういったトピックに突入すると難易度が上がります。 冒頭で今日の主要トピック3つの要約を紹介してくれる 冒頭の in our top stories で、本日のニュース内容の主要トピック3つを要約で紹介してくれます。 いきなりニュース本文が始まるよりも、この要約のおかげで十分な心構えができる。 冒頭で要約を話してくれる英語ニュースは、なかなか少ないと思います。 一番集中力の高い冒頭部分で要約を3つ紹介してくれるので、ニュースのおおまかな全体図を把握できて準備運動になる。 この冒頭でガッと集中力を高めて、全体内容を把握します。 now the news in detail 以降に、各々トピックのニュース詳細が始まります。 同じトピックのニュースが数日間続く NHK WORLD RADIO JAPAN の大きな特徴として、同じトピックについてのニュースが数日間続くことが多いです。 なので、同じ単語・フレーズが数日間続けて使われることが多く、1日目より2日目、2日目より3日目と聞き取れる単語・フレーズの音が増えていきます。 ここ数週間は、毎日のように集団的自衛権についてのニュースが続いているのですが、the right of collective self-defense(集団的自衛権の意味)という語彙が度々出てきます。 最初聞いた時は何のこっちゃ?と全然聞き取れなかったのですが、3日目くらいでパッと聞き取れて、特に辞書を引かずとも意味が分かるようになりました。 1日1回15分程度とちょうどよい時間枠 この位の時間枠であれば、ちゃんと英語リスニングのトレーニングをしようと考える人であれば確実に毎日こなせます。 私は、最低でも毎日1回は聞くようにしてます。 余裕のある日は、同じのを2〜3回聞いたり。 発音が綺麗、話すスピードも速すぎない NHK WORLD RADIO JAPAN の話すスピードは、 や よりは速いです。 ですが、CNN や BBC よりは遅いと思う。 皆さん発音が綺麗なので、非常に聞き取りやすい。 私の英語学習の最終的な目標の1つとして、アメリカやイギリス発の技術系のニュースやポッドキャストを聞けるようになることを掲げているのですが、彼らネイティブ・スピーカーの英語は爆速で喋るの超速いです。 聞き取るのは相当難しい。 あれに比べると、ニュースやドラマの英語なんて遥かにかわいいもんだと感じる。 スクリプトで確認しなくても大体意味が取れる NHK WORLD RADIO JAPAN の唯一の弱点なのですが、実はスクリプト(文字原稿)がありません(多分、以前探したけど見つけられなかった)。 これは欠点かもしれないが、それを逆手にとり利点と考えるようにしています。 とにかく、音だけで意味を取れるように全力集中する。 そして5までの理由があるため、それができやすい。 実際私の場合、今ではほとんど8割がた以上は意味が取れるようになってきてます。 もちろん細かい部分で、分からない単語や聞き取れないフレーズが出てきて意味が取れない時もありますが、そこで頭の回転を止めずに聞き進めるトレーニングをする。 完璧を目指さず、おおかたの意味を取る練習を意識してます。 リスニングにおいては、こっちの聞き方のほうが実践向きです。 英単語・フレーズの定着度が良い 主に3の理由による部分が大きいですが、同じトピックが数日続き、同じ単語・フレーズを数日連続して聞くケースが多くなるので、それらの単語・フレーズの定着度が高くなります。 音を元に覚えるのも定着度が良い理由かもしれません。 1回覚えた単語・フレーズはほとんど忘れることがなく、さらに音を元にして覚えているので、再び同じ単語・フレーズが出てきた時にほぼ確実に聞き取ることができます。 聞いたものが確実に身になっていく感覚をつかめるので、モチベーションを保ちやすいです。 最後にまとめ NHK WORLD RADIO JAPAN のおすすめ理由7つを紹介しましたけど、最後に私が心がけていることなど。 一通り聴き終わった後、分からなくて気になった単語・フレーズは、聞こえた音を頼りに iPhone に入れてる英語辞書(ウィズダム英和辞典)か、自分が作ったサービスで手前味噌ですが iPhone の Safari を使って で確認するようにしてます。 予測で意味が取れるのも多いですが、自信がない時は確認のためにも。 途中で再生を止めて調べる、というのはやらないようにしてます。 これやっちゃうとリズムが悪くなるし、分からない箇所で頭の回転が止まるという悪い癖をなかなか直せませんので。 iPhoneアプリの英語辞書は、ウィズダム英和辞典(ウィズダム英和・和英辞典2)の大ファンで超愛用しています。 ウィズダム英和辞典は、有料でちょっと高いと感じるかもしれませんが、圧倒的なクオリティで最高に素晴らしいです。 割とかっちりした勉強というスタイルになりますし、毎日継続して行うには相当な気合が必要に感じまして。 試してみた時期もありましたが、重い腰を上げられない日が多くて英語学習自体に挫折しかけました。 なので、私の場合はリスニングはとにかく音中心にトレーニングという方向に切り替えました。 それでも3年もやれば結構聞き取れるようになります。 あと3年くらいやれば、ネイティブスピーカーの人々が爆速で話すのも聞き取れるようになるかな〜という感触です。 とは言えリスニング上達のためには、基本的には単語やフレーズをスペルだけでなく発音も正確に覚えていき、リスニングの文章中で聞き取れる単語やフレーズを増やしていく、そして聞き取れなかった箇所を調べて新たに覚える、という作業の繰り返しになるかと思います。 ただ音を聞き流すだけじゃなくて、知らない単語やフレーズを新しく暗記していくのも超大事だと思います。 この時必ず発音も覚えるようにしておくと、リスニング上達がはやい印象です。 ぶっちゃけ実践の英語では、スペルより発音を正確に暗記するほうが大事と思います。 リーディング時にはスペルは曖昧な暗記でも読めますけど、リスニング時には発音を正確に覚えていないと聞き取れませんので。 以上ですが、私が NHK WORLD RADIO JAPAN をおすすめする理由7つでした!.

次の

【無料】英語学習者のためのおすすめ英語ニュースサイト11選

ニュースで英語術 スクリプト

NHKラジオ 「世界へ発信!ニュースで英語術」公式サイトより 突然ですが、 皆さんはNHKについてどう思っていますか? 受信料の徴収問題や、公共放送としての在り方など、世間ではさまざまな問題が取りざたされていますし、 NHKから国民を守る!というのを党是にまでしている政党が登場したりと、NHKをめぐってはいろいろな意見や討論が活発化していますね。 しかしですね、英語学習者にとってのNHKというのは、巷で言われているようなNHK像とは違うのです。 英語学習、いや、それだけでなく中国語やスペイン語、ドイツ語、アラビア語やロシア語まで、 あらゆる「語学学習者」にとってのNHKとは 日本最高の語学学校 です!!! 異論は認めない!! 受信料? いいえ、レッスン料です!! NHKの報道姿勢は偏向している? いいえ、語学学校だからニュースはただの教材です!! いや、冗談ではなく NHKは語学学校としてその真価を発揮する、といっても過言ではないくらいに有能なんです。 逆にNHKを語学学校として利用していない人は、メインディッシュなしの状態でフルコースの料金を払っているようなもの。 全然元を取れていないと思うのですよ。 NHKが極めて有能であることは語学学習者にとっては常識なのですが、よく語学のプロがすすめてくるのが 「NHKラジオ」の講座です。 確かに、NHKラジオの語学講座はその辺の有料スクールと比べても遜色ないくらいのクオリティーで、特に英語に関しては講座の数も多く、 自分のレベルに合わせて学習できる最強メディアです。 ただね、 ラジオ講座って、これまた続けるのが大変。 1回聞き逃すとリカバリーが厳しくなりますし、ちょっとサボると、もう追いつけないくらいたまってしまって、だんだんやる気がなくなっていきます。 実はNHKラジオの講座を完走するのって、メチャクチャ大変なんですよ。 音声とテキストだけというのが、意外とハードルが高いのも難点。 講座を聴くときにちゃんと「勉強モード」に入る必要があるんですよね。 そこで、もう少しハードルが低くても続けやすくて、スキマ時間での学習にも向いている素材はないか?と探していた時に見つけたのが、私が個人的に 「最強コンテンツの1つである!」と断言したいのが、この 「世界へ発信!ニュース英語術」 です。 サイトはこちら。 今すぐ「お気に入り」登録だ!! 「世界へ発信!ニュース英語術」の何がいいのか NHKラジオ「世界へ発信!ニュースで英語術」サイトより 良い点1 基本無料 テキスト無しでOK 面倒な手続き0 この 「世界へ発信!ニュース英語術」はNHKのラジオ番組。 毎日お昼1時前の5分間放送されている番組で、1週間分まとめての再放送が土曜日と日曜日の昼間にあります。 ただ、このラジオ放送をリアルタイムで追っかけるのは大変です。 しかし、 「世界へ発信!ニュース英語術」の場合、何も放送時間をリアルタイムで追っかける必要はありません!! なんといってもこの番組のイイところは、過去放送した素材をアーカイブ的に無料で公開しているところです。 しかもその内容が、 有料教材真っ青なレベルでやたら充実していて ハイクオリティー。 もう1度言いますが、 すべてのコンテンツが無料です。 しかも 会員登録とか、ごちゃごちゃ手続きもいりません。 NHKラジオの講座を本格的に活用するには、1週間分の放送内容をストリーミングできる 「マイ語学」に登録したり、 「NHKゴガク」や 「NHKらじるらじる」といったアプリをインストールする必要がありますが、この「世界へ発信!ニュース英語術」を活用するには、 基本的にサイトを開いたらいいだけ。 テキストなどを買う必要もないです。 サイト上に英文と日本文のスクリプトはもちろん、キーワード解説やボキャブラリー解説なども載っているので、 サイトを開けば有料コンテンツ学習素材がてんこ盛り。 まさに手ぶらでふらっとサイトをのぞけば、恐ろしい分量と質の学習素材を利用できてしまうという、凄すぎるサイトなのです!! 良い点2 1分前後の素材と日本人向けの丁寧なスクリプト ニュースの素材はNHK worldやアメリカのABCニュースなど、さまざまな素材を元に、NHK語学講座ではおなじみの 鳥飼玖美子先生(ニュースで英会話系はほぼこの先生が担当。 テレビにもよく出演されるので知っている人は多いかも。 語学学習者にとっては神のような存在。 立教大学名誉教授)や 内藤陽介先生(ジャパンタイムスの元報道部長。 京大卒なのでたっく的には大先輩)をはじめ、そうそうたる顔ぶれのプロフェッショナルが「学習用素材」として再構成。 何気に、 日本を代表するレベルのトップ研究者や英語教育家がコンテンツの作成に関わっています。 そして、基本的にニュース素材は教材として利用できるように ナレーターによって録り直しされているので、元のニュース素材よりも 格段に聴きとりやすい。 したがって、音が低くなったり、発音の展開がわかりにくくなったるということもありません。 ニュース素材は1分程度の長さなので、長すぎず、短すぎず、ちょうどいい分量。 さらに、 直近の1週間分は本放送である映像ニュース付きなので、動画でニュース内容を観ることができます。 残念ながら、映像権利の関係で、1週間前の素材に関しては動画を見ることはできないのですが、それでも解説やスクリプトが丁寧なので、過去の素材でも十分に学習可能です。 アーカイブもかなりあって、1年前以上のものも公開されているので、学習素材としては実に数百本以上存在します!! それから、 この丁寧なスクリプトを見てくださいよ。 NHKラジオ「世界へ発信!ニュースで英語術」サイトより こういったニュースや動画、音声系の学習素材は「スクリプト」が丁寧かどうかが重要なのですが、 日本文、英文ともに非常にクオリティーが高い。 英語初心者でも理解できる内容ですし、1つの素材で1個か2個、英語表現の知識を覚えられるように作られているので、これだけやっているだけでも相当、英語力が付きます。 まさに好きな時に、好きなだけ、しかも無料で、ただサイト開くだけでこれだけの学習ができるという、ほんと 神ってる(古!)としか言いようがないサイト。 それが NHK「世界へ発信!ニュース英語術」なのです! 良い点3 解説が丁寧 それで、スクリプトの下側に 「Flashcard」「センテンスごとに学ぶ」「キーワードで学ぶ」というクリック項目が出ていますが、これが各ニュース素材の解説ページになっています。 「Flashcard」はスクリプトの内容確認のクイズ形式のテスト。 時間制限もあって、結構楽しい。 NHKラジオ「世界へ発信!ニュースで英語術」サイトより これがかなり勉強になる内容で、なかなか学校英語では学ぶ機会のないような 生きた英語表現が解説されています。 この「キーワードで学ぶ」だけチェックしていっても相当な英語表現力が学べると思えるくらいですよ。 良い点4 基本的に日本のニュースが多い あと、取り上げられているニュースの多くは 日本に関する内容や、日本でリアルタイムに報じられた世界ニュースであることも良い点の1つ。 教材用に練り直しているのでリアルタイムのニュースではないのが少し残念ですが、それでもほんの1週間前くらいのトピックのニュースが多いので、英語があまり聴き取れなくてもだいたいの内容は把握できます。 地味にこれが大事なんです。 たとえばアメリカのCNNやABCなどのニュースで学習した場合、英語はなんとか聴きとれたとしても、ニュースを理解するために必要な 「社会背景」や 「政治、文化的な知識」が足りない、ということが結構あるのです。 もちろん、ゆくゆくはそうした知識も知っておくべきなんでしょうが、初心者~中級者にとっては海外発のニュース素材はハードルが高いのも事実です。 その点、この「世界へ発信!ニュース英語術」は日本ネタが多く、海外ネタもそれほど難しい内容のものは少ないので、 ニュース内容の把握に集中できます。 直近1週間分は動画もついているので、視覚的にも内容を理解しやすいです。 百聞は一見に如かず。 公式サイトはこちら。 毎週5本ほどコンテンツが追加されている 無料学習教材としては最強クラス ということで、今回は NHKの「世界へ発信!ニュース英語術」のサイトを紹介してきましたが、いやぁ、ホント無料でいいのかというクオリティーの内容をサラッと公開しているのが、 日本最強の語学学校NHKの凄さ。 まぁ、正確には 受信料という名の「授業料」を払っているので、無料ではないのかもしれませんが。 まとめると 「世界へ発信!ニュース英語術」のすばらしさはこんな感じになります。 ここがおすすめ!NHK「世界へ発信!ニュース英語術」 1.無料。 面倒くさい登録とか一切いらない 2.もちろんスマホにも対応。 テキストもいらない 3.学習素材を作っているのは日本トップクラスの英語教育者集団 4.日本人の英語初心者~上級者向けに作られた「日本人向け」コンテンツ 5.ニュースは1本1分前後。 解説やスクリプトもめちゃめちゃ丁寧 6.学習素材は数百本以上公開されている 実に素晴らしい。 いつでも好きな時に好きなだけ勉強できるし、日本人向けのニュースが基本になっているので、こういった ニュース系の学習素材としてはピカイチだと思います。 今まで知らなかったという人は、「世界へ発信!ニュース英語術」のサイトへ、スマホやタブレットで一発でたどりつけるように設定しておいてくださいね!! 「世界へ発信!ニュースで英語術」公式サイトはこちらからどうぞ.

次の