いとうまいこ。 いとうまい子さんも!ロコモや介護予防にAIを活用する研究進む (1/1)

いとうまい子が驚きの転身 介護予防ロボット「ロコピョン」開発しAIベンチャーのフェローに

いとうまいこ

いとうまい子の昔の水着姿から懐かしい高画質な画像を集めてみました! 黒の水玉のビキニ姿が素敵ないとうまい子さん。 年齢を感じさせませんね。 まだ初々しくて可愛らしいいとうまい子さんの水着姿です。 ポーズもキマッてる水着姿のいとうまい子さんですね。 たくさんの男性ファンがいた頃のいとうまい子さんの水着姿です。 初々しい瞳にドキッとしてしまういとうまい子さんの水着姿ですね。 80年代アイドル全開の黄色い水着のいとうまい子さん。 セパレート水着だけど、セクシーないとうまい子さんですね。 昔流行した水着姿のいとうまい子さんです。 カラーリングが昔ですね。 スタイルが良くなかったら切れない横ラインの水着を着こなすいとうまい子さんです。 今現在のいとうまい子さんの笑顔です! 時代を感じるいとうまい子さんの水着姿。 古いけれどでも可愛さ満点ですね。 素敵に年齢を重ねているいとうまい子さん。 笑顔がとても素敵ですね。 笑顔がとても良いですね。 幸せな姿が想像できるいとうまい子さんです。 デビューしたての頃でしょうか。 初々しくてとっても素敵です。 今の笑顔のいとうまい子さん。 最高の笑顔ですね。 この表情がいとうまい子さんですよね。 懐かしい表情です。 ワンちゃんと一緒のいとうまい子さんです。 80年代の水着ってこんな感じだったのを思い出すいとうまい子さんの水着姿です。 歌を歌っていた頃もあったいとうまい子さんですね。 学生を卒業?いとうまい子さんの袴姿です。 最近の水着姿のいとうまい子さん。 変わらずのナイスバディですね。 プレゼントと笑顔が最高のいとうまい子さん。 オレンジがお似合いの水着姿のいとうまい子さんです。 大人の上品な女性という雰囲気がとても素敵ないとうまい子さん。 オフショット風の笑顔のいとうまい子さんです。 素敵に年齢を重ねていることがわかる笑顔のいとうまい子さん。 タレ目がチャームポイントのいとうまい子さん 主婦になった頃のいとうまい子さんです。 若奥様という感じですね。 大人の雰囲気漂う素敵ないとうまい子さんです。 80年代のアイドル「いとうまい子」ですね。

次の

女優で博士!? いとうまい子、人生100年応援ロボット開発中

いとうまいこ

番組がオフィスに足を運び、話題のスタートアップや、イノベーティブな起業家をいち早く取り上げる「ビジネスにスグ効く」経済トークショー『日経STARTUP X』。 PlusParaviでもテキストコンテンツとしてお届けする。 女優のいとうまい子さんは現在、早稲田大学大学院の博士課程で予防医学とロボット工学を研究中。 そのいとうさんが、人工知能(AI)開発のエクサウィザーズ(東京・港)と共同で、高齢者の自立支援ロボットの開発を始めた。 日常生活に必要な運動能力が低下した「ロコモティブシンドローム」を防ぐロボットを作るのが目標。 アイドルからロボット研究者へ。 いとうさんが目指す未来を聞く。 瀧口:今日は女優であり研究者のいとうまい子さんにおこしいただきました。 よろしくお願いいたします。 いとう:よろしくお願いいたします。 瀧口:研究者になられていたんですね、まい子さん。 いとう:そうです。 研究しているつもりはなかったんですけど、なんとなく好きなことや楽しいことをやっていたらそんな風になっていまして。 瀧口:皆さん、いとうさんのことをもちろんご存じだと思うんですけど、奥平さんは世代的にどうですか? 奥平:少しずれていますね。 直近だと、番組名言っていいのかな、(生ホンネトークバラエティ)『バイキング』(フジテレビ)に出ていらっしゃるイメージですよね。 瀧口:お昼の番組ですね。 いとう:ありがとうございます。 瀧口:しかもこんなところに素敵なものが(いとうのレコードを取り出す)。 いとう:こんなところに(笑)。 瀧口:これはいつ頃ですか? いとう:右がデビューした1983年で、左が1984年に出たものですね。 瀧口:めちゃくちゃかわいいですね。 奥平:瀧口さんが生まれた頃ですか? 瀧口:私は1987年生まれなので。 奥平:まだ影も形もない頃ですね。 瀧口:『バイキング』で私もいつも拝見しておりまして。 このCDはどうやらプロデューサーの私物らしいです(笑)。 今日も打ち合わせにやたらと熱が入っているなと思っていたんですが(笑)。 「絶対にこれ出してね」って言われました。 いとう:ありがとうございます(笑)。 奥平:(スタジオも)普段と違う空気感ですよね。 瀧口:(現場にいるスタッフの)人数が多い気がしますね。 ではここからいとうまい子さんの"研究人生"を伺っていきたいと思います。 いとう:大げさな感じですね(笑)。 瀧口:本当に好きなことを研究されていたら、いつの間にかその道に入られていた、ということなんですね。 奥平:今は大学院在学中ですか? いとう:そうですね。 博士課程です。 奥平:芸能と研究と2足のわらじを履いておられると。 いとう:あと主婦業とちょっと会社もやっているので、4足くらいですね。 奥平:ムカデみたいですね(笑)。 いとう:ムカデには足りない(笑)。 瀧口:どんな分野を研究されているんですか? いとう:私はロコモティブシンドロームを予防するためのロボットを研究開発しています。 ロコモティブシンドロームってあまり聞き慣れないと思うんですが、「運動器症候群」といいまして、簡単に言うと高齢になって足腰の筋力が衰えて、介護が必要になったりするような状態のことを指します。 寝たきりになるのって本当に人生にとって一番辛いし悲しいですよね。 だからそうならないためにどうしたらいいのか、「ロボットを使って予防できないか」ということを研究しています。 瀧口:実際どんなロボットを作っていらっしゃるんでしょうか。 いとう:卓上ロボットでスクワットをするんです。 1日3回高齢者を目の前に呼び出して、「一緒にスクワットしましょう」って高齢者にスクワットをやってもらうんです。 瀧口:もしかして今、まい子さんの後ろにいるこの子、かわいいお人形かなと思ったんですけど、これがロボットなんですね。 いとう:一応ロボットです。 奥平:ウサギですか? いとう:はい。 ウサギってピョンピョンしていて足腰が強そうですよね。 ロコモのロコとピョンピョンを組み合わせて「ロコピョン」と言います。 瀧口:ロコピョンかわいいですね。 洋服も着ていて。 見た目のデザインもまい子さんがされたんですか? いとう:そうです。

次の

いとうまい子が結婚した旦那を調査!夫との馴れ初めや子供、画像は?

いとうまいこ

4月から早稲田大学の大学院人間科学研究科博士課程に進むのは、タレントのいとうまい子、御年51歳。 彼女は45歳で一念発起して、早大人間科学部(通信教育課程)に入学し、予防医学やロボット工学などを勉強。 タレント活動と学業の両立は想像以上に大変だったが、負けん気の強さで乗り越えた。 早大大学院では、高齢者に定期的に運動させ、ロコモティブシンドロームを予防するためのロボット製作に成功した。 博士課程では、改良を加えたロボットのデータを取り、検証する作業に入る予定だ。 「いとうは名古屋出身。 地元で有名なお嬢様学校に通っていた。 中学で生徒会長を務めるほど人望があり、生物と科学が大好きなリケジョでした。 成績優秀で大妻女子大に進学しましたが、タレント業と両立できずに一度も通学することなく中退した。 それがずっと心残りで、いつか学び直したいと考えていたんです。 闘病のかいなく、あっけなく父親が亡くなったことにショックを受け、他人の役に立ちたいという熱い思いを抱き続けてきました」(芸能ライター) 芸能界では、いとうのように学び直しをする者が少なくない。 亜細亜大学を経て、二松学舎大学大学院文学研究科修士課程を修了した石田ひかり。 4月には、エド・はるみが慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に、さらに杉村太蔵が同大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程に進む。 菊池桃子は戸板女子短期大学を卒業後、法政大学大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得した。 現在は同短大の客員教授に就任している。 菊池の学び直しは自分磨きからだったが、旺盛な学習意欲と真摯な態度が評価され、現在母校で労働分野の講義を担当している。 スポーツ紙デスクが言う。 「エドや杉村は芸能人としてもう一花咲かせたい。 新しい付加価値をつけ、再売り出しを狙っての進学です。 それに対して、いとうはまるで欲がない。 金に対する執着もなければ、地位や名誉に対する欲望もない。 5歳年下のサラリーマンと結婚して7年目。 芸能人を辞めても、夫の稼ぎで生活していけます。 生来の凝り性と学び直しを応援してくれた夫への感謝の気持ちがやる気を支えています」 研究の成果をうまく実用化できれば大化けするかもしれない。 (塩勢知央).

次の