起き たら 鼻血。 夜中の寝ている子供が鼻血を出した時の対処法

鼻血

起き たら 鼻血

思春期の貧血・たちくらみの原因 思春期に貧血や立ちくらみを起こすお子さんはたくさん見られ、中には鼻血を伴う子もいます。 そういったときに重大な病気なのではないかと思ってしまいがちですが、これらの症状は思春期の子供たちにとって、ごくごく当たり前のことなのでご安心ください。 理由は単純で、 思春期には体が急激に成長し、慢性的に鉄分など栄養分が不足しがちになることに起因します。 それに加えて、女の子には月経が始まることでさらに血液が不足気味になるので、頻繁に貧血や立ちくらみが見られるのです。 診断方法は? 立ちくらみ、めまい、倦怠感など、分かりやすい症状が出ますが、貧血に似た症状がでる重病があります。 万一のことがありますので必ずお医者さんに診断してもらうようにしましょう。 対策は?どんな食べ物を食べたらいい? 成長期なので、必ず朝昼晩三食を摂れるように努力しましょう。 血液を増やすためにはまず、鉄分と思われがちですが、それだけでは不十分です。 血液を作るためには、その元になるたんぱく質や、その他の栄養素が必須です。 たんぱく質を摂るには大豆製品、お肉、乳製品など。 鉄分を摂るにはほうれん草や牡蠣、レバーやひじきなどが代表です。 できるだけ多くの様々な食材を組み合わせて、栄養素が偏らないように心がけましょう。 スポーツ貧血にも注意 スポーツ貧血という言葉をご存知でしょうか。 この スポーツ貧血とは、栄養不足などによって血液が足りなくなる普通の貧血と違った理由で起こります。 具体的には、激しい運動や衝撃によって血液の成分が破壊されてしまうことによって起こります。 足の裏には繊細な毛細血管が張りめぐらされていて、そこを絶えず血液が流れます。 走ったり、ジャンプしたりという強い衝撃が加わると、足の裏の毛細血管の中にも強い衝撃が伝わり、その度に血液の成分が壊れてしまうのです。 陸上部やバレーボール部などに多く見られる傾向があります。 これは病気ではなく、育ち盛りの子供たちによく起こりやすいもので、ごく普通の症状です。 原因の運動をしばらく休めば回復します。 スポーツ貧血を起こしたときは、部活を休むなんて残念だと思わずに、しっかりと休止して休養を取ってください。 体が万全の状態でトレーニングしたほうが、良い結果が出るでしょう。 思春期は鼻血も起きやすい? 思春期には鼻血が出やすくなるのはご存知でしょうか。 実は鼻血は貧血と深く関係しています。 貧血になると体の隅々に酸素が運ばれにくくなります。 その結果毛細血管がもろくなり、簡単に壊れやすくなるのです。 特に鼻の中には皮膚の浅いところに毛細血管が張り巡らされている敏感なところがあり、そこから出血すると鼻血になります。 鼻血も貧血のバロメーターになるのですね。

次の

もしかして病気なの?いつも洗顔で鼻血が出るときの原因と対処方法まとめ

起き たら 鼻血

鼻血は誰にでも起こるごく一般的な症状です。 転んだり、人とぶつかったりして鼻を打ったときには、簡単に出血が起こります。 また、血友病や白血病、高血圧や肝硬変、腎不全など全身の病気がある場合や、狭心症や筋梗塞の患者さんやペースメーカーを入れている人が服用している「ワーファリン」などの抗凝血薬の影響で、鼻血が出やすくなることもあります。 その他には鼻や副鼻腔、咽頭の腫瘍による鼻血や、女性では月経時に鼻血が出やすいこともあります。 鼻血が命にかかわることはまずありません。 しかし、大量に鼻血がでたり、繰り返すときには、一度耳鼻咽喉科で調べてもらいましょう。 キーゼルバッハ部位からの出血 鼻血の90%は小鼻の内側にある鼻中隔のキーゼルバッハ部位というところから出血しています。 キーゼルバッハ部位の粘膜には、血管が網の目のように走っていて、ちょうど傷がつくと出血が起こります。 この出血を止めるには小鼻をつまんで圧迫するほうが、なによりも簡単で効果的です。 鼻血が出たときは、あわてて病院に行くよりも、まずこの止血の処置を行うことが大切です。 その上でしばらく様子をみて、耳鼻咽喉科で診察を受けるようにしましょう。 この場合の鼻血は粘膜からの出血で脳出血などとは直接関係ありません。 鼻血が出たときは、あわてず精神的に落ち着くことです。 血圧が上昇しているとなかなか出血はとまりません。 落ち着くことによって血圧も安定し、止血しやすい状態になります。 また、入浴や飲酒は、血管を拡張させたり、血圧を上げて出血しやすくさせるので控えましょう。 高血圧や動脈硬化の人で注意しなければならないのは、突然に大量の出血が喉からある場合があり、これは鼻の奥のかなり太い動脈の破綻によるもので、救急外来で専門医の処置が必要になります。 また、白血病、血友病、血小板減少症などの血液の病気でも鼻血が出やすくなります。 これらの病気がある場合には全身症状があるはずですし、皮膚に斑点が出たり、歯ぐきから出血があるはずです。 たびたび鼻血が出たり、鼻血が止まりにくいということに加えてこういった症状があるようなら、内科で診察を受けて何が鼻血の原因になっているかを調べなければなりません。 そのため、ちょっとしたことでも鼻血が出てしまうのです。 特に風邪などで鼻づまりを起きると、鼻をほじったり、強く鼻をかんだりすることがあります。 そういったことも、キーゼルバッハ部位を傷つけ、鼻血が出る原因になります。 風邪をひいた時に鼻血が出やすくなるのはごく当然のことですから、特に心配する必要はありません。 風邪をひくと鼻血が出やすい人は必要以上に鼻をほじらない、強く鼻をかまない、ということを守ってください。 鼻づまり、副鼻腔炎、蓄膿症などの原因になることがあります。 曲がりの程度が強いと、湾曲側に鼻血や鼻づまりが起こりやすくなります。 キーゼルバッハ部位以外からの出血 鼻血のほとんどは心配のないものですが、鼻の周辺に重大な病気があり、それが原因になって出る鼻血もあります。 上顎がん 副鼻腔の1つである上顎洞から発生するがんですが、腫瘍のあるほうの側だけが鼻づまりを起こし、血液の混じった悪臭のある鼻水がたびたび出ます。 通常の鼻粘膜からの出血ではないので、前に述べた小鼻をつまむ止血法では止まりません。 おもに中年以上にみられる病気です。 これらの出血はいずれも止まりにくく、たびたび出血するのが特徴です。 このような症状が現れた場合は、耳鼻科で診察を受ける必要があります。 頭蓋底骨折 頭部の外傷などで、脳を包み込んでいる頭蓋骨の底にあたる部分が骨折を起こしていて、脳脊髄液が血液とともに鼻からもれていることもあります。 これは生命に関わる重大な症状です。 頭を強打したときの鼻血には、注意しなければなりません。 頭蓋底骨折を起こしている場合の鼻血は、脳脊髄液が混じっているので、水のようにサラサラしているのが特徴です。 透明な水様の液に少し混じっているような場合もあり、そのような時は脳脊髄液が鼻水のようにみえることがあります。 また、鼻からの出血以外に耳や口からもサラサラした血液が流れ出ることがあります。 頭蓋底骨折が疑われる場合は、一刻も早く脳神経外科に運ぶ必要があります。 その前に鼻をかんだり、鼻の中に脱脂綿をつめてはいけません。 鼻に栓をすると頭蓋内細菌感染として、栓をしたことによってそこから細菌が侵入し、頭蓋骨の内部に感染する原因になるので、水様の鼻血は流れ出るままにしておきます。

次の

朝に鼻血が出る原因3つと対処法4選

起き たら 鼻血

鼻血は子どもから大人まで性別問わず経験する方が多い出血の一つです。 転倒して鼻を負傷したときや強く鼻をかんだときなど、鼻血の症状が現れる場面はさまざまですが、場合によっては血管や血液に関連する病気が原因となっていることがあります。 鼻以外の部分からも出血している• 数時間止血しても止まらない• 医師から処方された薬を飲み始めてから鼻血が出るようになった このような症状があるときはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。 注意の必要な鼻血 鼻血は数分〜数十分で止まるあまり心配のないものがある一方、症状の出方によっては医師による早急な処置が必要なものがあります。 通常の鼻血はたらたらと垂れるように出る静脈からの出血であることがほとんどですが、時には吹き出すようにして止まらない動脈からの出血が起こることがあります。 また、特に転倒など頭部や顔に強い衝撃を受けた後にさらさらとした色の薄い出血が止まらないようなときには、頭蓋底などの可能性もあります。 これらの場合では医師による早急な処置が必要ですので、症状を確認次第すぐに医療機関を受診しましょう。 病気が原因で起こる鼻血 鼻血で考えられる病気はによるものから血液に関連するものまで多岐にわたります。 鼻血が症状として現れる病気 その中でも以下は鼻血の症状が現れる代表的な病気の例です。 アレルギー性鼻炎 とは、花粉やダニ、動物の毛などの原因物質によってくしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が頻繁に出てしまう鼻粘膜に生じる疾患です。 上記の症状のほか、耳やのど、鼻の、の症状を伴うこともあります。 鼻水が出ることで鼻をかむ回数が多くなったり、で鼻腔内をいじったりすると、鼻粘膜の血管が破れて鼻血が出やすくなります。 がある方は鼻腔内を傷つけないよう、鼻水やへの対処の仕方に気をつけましょう。 抗凝固剤の内服 治療のために医師から抗凝固剤や抗血小板薬を処方されている場合は服用中、鼻血が出やすくなることがあります。 これらの薬は血液をかたまりにくくするため、服用していないときより鼻血が出やすくなる場合があることが理由ですが、自己判断で服用を中止することはやめましょう。 鼻血が気になるようであれば、まず処方を受けている医師に相談しましょう。 受診の目安とポイント 1時間以上止血をしても止まらない、痛みを伴う、通常より出血量が多い、鼻以外からも出血しているなどの状況が続くようであればなるべく早めに受診しましょう。 また、一旦止まっても鼻血を何度も繰り返しているような場合や、体のほかの場所からの出血やあざが気になるような場合にも受診が必要です。 受診科目は耳鼻咽喉科が適していますが、体の他の場所からの出血や身に覚えのないあざが目立つような場合には内科での相談がよいでしょう。 受診の際は出血し始めた時間やきっかけとなった出来事があるかどうか、服用中の薬があるか、繰り返している鼻血の場合には頻度やそのほかの症状など、できる限り詳しく医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 病気の他にも日常での行動や環境が鼻血の原因となっている場合もあります。 乾燥 鼻の中が乾燥すると鼻粘膜が傷つき、鼻血が出やすくなることがあります。 乾燥の強いときは まずは室内環境を適度な湿度に保つようにして、鼻の中が乾燥するのを防ぎましょう。 鼻の中に綿棒などで薄くワセリンを塗って保湿する方法もあります。 鼻をいじる・強くかむなどの刺激 鼻の中の粘膜は非常にデリケートなため、指でいじったり、強く鼻をかんだりすると傷ついて出血することがあります。 鼻の粘膜を守るために むやみに鼻の中をいじらないようにしましょう。 そして、鼻をかむときは息を大きく吸い込み、片方ずつゆっくり吹き出します。 力を入れずに行うのがポイントです。 よくならないときには 普段からの行動や環境を見直しても改善が見られない場合は、思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。 一度医療機関を受診するようにしましょう。

次の