妊娠後期 お腹 チクチク。 妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?

妊娠後期のお腹の張り

妊娠後期 お腹 チクチク

「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の原因は? 今回は、妊娠中期の代表的な下腹部痛の原因を紹介します。 まず、 あなたの痛みを 冷静に判断してみてください。 痛い部分は、子宮全体、子宮の左右同時子宮の左右どちらか・・?? 下腹部痛を訴える多くの妊婦さんが痛みを訴えている箇所は、 子宮全体、子宮の左右同時ではありません。 ほとんどの妊婦さんは、 左右どちらか、または、 交互に痛みがあり同時に痛むことはあまりないのです。 このような痛みやつっぱりの原因のほとんどが、 子宮を支える靭帯に影響が出ているためにおこるものなんです。 子宮本体と左右の太ももの付け根の部分をつないで、子宮がねじれるのを防ぐ役割がある靱帯が左右に1本ずつあります。 妊娠中期になるとお腹も急に大きくなり、それまで硬かった靭帯が子宮が大きくなるにつれて柔らかくなって伸びていきます。 しかし、その靭帯がお腹が大きくなるスピードに間に合わず、 靭帯が突っ張られることによって、 下腹部や太ももの付け根に痛みやツッパリ感が出るのです。 なぜ、痛みやツッパリ感が左右のどちらかに出るのかというと、子宮は常に真っ直ぐを向いているのではなく、 左右のどちらかに傾いたり、ねじれたりするためなんです。 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛の対処法 下腹部痛やツッパリ感の対処法としては、 痛い方を下にしてしばらく横になれば、 痛みが軽減されることが多いですよ。 妊娠中の下腹部痛は、妊婦さんにとってはとても心配なことですが、赤ちゃんが順調に育つにしたがって、お腹がちゃんと大きくなっている証拠なので特に心配する必要はありません。 妊娠週数が進むにつれて痛みや、ツッパリ感はなくなっていきますので安心しましょう。 産婦人科を受診したほうがいい場合は、 子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、 出血を伴なったり、動けなくなるほどの激痛を伴うときなどです。 このような場合は、すぐに産婦人科を受診することをおすすめします。 スポンサーリンク まとめ 「チクチク」「ズキズキ」「キュー」といった下腹部痛やツッパリは、妊娠中期の妊婦さんにとっては よくあることですので、心配しすぎないようにしましょう。 ただ、子宮全体に規則的あるいは、定期的に痛みがあったり、出血を伴う、動けなくなるほどの 激痛を伴うときなどは産婦人科を受診しましょう。 自分でできる最初の診断としては、左右どちらかが痛いかどうかです。 両方同時に痛む場合は、注意が必要です。 スポンサーリンク.

次の

妊娠初期にお腹がチクチク痛む原因は?腹痛の対処法は?

妊娠後期 お腹 チクチク

はじめまして。 23日から妊娠10ヵ月に入ります。 切迫早産です。 最近、お腹がチクチクする感じに痛いんです。 昨日まではたまにチクチクするだけだったのが、今日は午後からずっと痛いです。 同じような経験した方いらっしゃいますか? かもしれませんが、便秘やお腹の張りかもしれません。 37週になればいつでも生まれていいのですがそれまではお腹にいてほしいですしね。 主さんは臨月ですので、陣痛かも知れないので時間の間隔を計られてたほうが良いかと思いますよ。 少々のチクチクなら、様子を見てみてはどうでしょうか?? お腹が大きくなると、チクチクしやすいですが・・・前駆陣痛かも知れませんね。 今度病院行った時に先生に言ってみてください。 たまにだったのが、だんだん増えいき、その後本格的な陣痛がきました。 もうすぐかもしれないですね。 私もありました。 先生に確かめてみてくださいね。 こんばんわ。 でも、そのまま陣痛がはじまってしまってはまだ早いので、病院に行かれた方がいいと思います。 保湿を心がけてくださいね。 病院に電話して傷みの強さなどをお話してみて、指示を仰いだらいいと思います。

次の

妊娠初期に横腹がチクチクキリキリ痛い!受診した方がいい場合は?

妊娠後期 お腹 チクチク

妊娠初期の横腹の痛み 胃腸炎・下痢 キリキリとした痛みは、 胃腸炎かもしれません。 妊娠初期では、お腹周りに痛みを感じた場合に、赤ちゃんが大丈夫だろうかと不安になりますね。 ホルモンバランスの変化もあって、下痢になる人もいます。 食事の内容を振り返って、生ものを食べた、スイカなどの食べ過ぎなどお腹を壊すような心あたりはありませんか? 吐き気や、発熱がある場合には、 ウィルス性胃腸炎の疑いもあるので、水分補給をしてしっかり悪いものを出し切ってしまうのが良いでしょう。 下痢についてはこちらも参考になります。 関連記事 円靱帯痛(えんじんたいつう) キリキリというより、 筋肉痛のような痛みや、引っ張られるようなスジがつるような痛みなら、 円靱帯痛かもしれません。 子宮は、円靱帯(えんじんたい)という靱帯で支えられています。 妊娠すると、ホルモンの働きでそれまでと筋肉や靱帯のバランスが変わり、骨盤が緩みやすくなります。 また、子宮が徐々に大きくなるので、円靱帯に負担がかかって痛みが出ます。 この場合、 赤ちゃんに影響はないでしょう。 横腹が チクチクと痛い場合も、円靱帯痛と診断されることがあるようです。 子宮が大きくなると、さらに靱帯につながっている部分同志の影響で、お腹周り、足の付け根の痛みが強くなる場合があります。 骨盤をベルトで固定したり、痛い方の側面を下にして休んだりして対処します。 痛みが強くてつらい場合には、検診で医師に相談してみましょう。 便秘 妊娠すると、ホルモンバランスの変化が原因で便の水分が吸収されてかたくなりがちです。 便秘が原因で、 左側の横腹から、骨盤のあたりにかけて鈍い痛みが出たり、チクチク、キリキリとした感じがする事があります。 果物や海藻、きのこを食べるなど、食事に気をつけて便秘予防しておきたいですね。 膀胱炎 妊娠すると、ホルモンバランスの変化から免疫力が低下する事があります。 このため、感染症にかかりやすく、 膀胱炎が原因でお腹が痛くなったり、頻尿になったりしやすいのです。 つわりで水分が摂れずに、おしっこの回数が減ったことがきっかけで、膀胱内の細菌数が増えて炎症が起きるといったことも考えられます。 おしっこの回数が1日に2~3しかない、色がいつもと違う、濁っている、熱が出ている場合には、泌尿器科の治療が必要です。 切迫流産 キリキリとした痛みがあって、生理の様な出血がある場合には、 切迫流産の心配があります。 切迫流産は、赤ちゃんの命にかかわる状況になることがありますから、 かかり付けの産婦人科に電話して、指示を受けましょう。 出血についてはこちらも参考になります。 関連記事 子宮外妊娠 卵管や腹腔に着床してしまうのが、 子宮外妊娠です。 確率としては、100回に1度くらいですが、処置を誤れば、ママも赤ちゃんも命にかかわりますから、注意が必要です。 妊娠4~11週くらいに、下腹痛や出血に気をつけたいものです。 一般的には、子宮外妊娠が起こっている時には、下腹部の痛みを感じます。 横腹が痛い場合の原因は、円靱帯痛のことが多いですが、痛みが気になる場合には、 胎囊が子宮内で育っているか、超音波での検査を受けて確認しましょう。 妊娠初期に横腹が痛い!やわらげる方法は? 今さ。 妊娠13週目なんじゃけど 左横腹がチクチクして 耐えれる痛みじゃけどホンマに痛いんよ。 ママさんたちで同じような症状あった人おる? 妊娠初期に横腹が痛くなるのは、キューッと突っ張る筋肉痛のような痛みが多いですから、骨盤の緩みをサポートしてくれる『トコちゃんベルト』で、円靱帯への負担を軽くして上げる事で、乗り切れることが多いですよ。 妊娠中は体調が変わりやすくデリケート。 骨盤を固定してくれる【トコちゃんベルト】 こちらの記事が参考になります。 ヒートテックレギンスを着用する• 内臓から冷えが来ると、下痢などでの腹痛も起きやすくなります。 関連記事 横腹の痛みがあるときのチェックポイントは?• 胎囊が子宮内で着床しているか超音波検査で確認出来ていない• 発熱していないか• 下痢や嘔吐などウイルス性の胃腸炎の症状はないか• 生理痛のような下腹部の痛みがでていないか• ピンクや褐色のオリモノ、生理のような出血がないか こうした症状が出ているときには、お医者さんの診察を受け、指示に従いましょう。 おわりに• 妊娠初期に、横腹がチクチクする人はけっこういる• 発熱の有無や性器からの出血、生理痛のような下腹部の強い痛みがでたら病院へ• 妊娠初期は胃腸の症状も出やすいので、冷やさない様にする いかがでしたか? 「ガマンできないほどじゃないけれど、いつも痛い…」そんな、筋肉が引っ張られるような痛みは、妊娠でホルモンバランスが変化してのこと。 心配無い場合も多く、時間が解決してくれるパターンがほとんどですが、診察を受けた方が良い症状があるときには、きちんと診察を受けてくださいね。

次の