ベルギー エシャロット。 ベルギーエシャロット栽培の覚え書き : ミジンコ農園

エシャレットの育て方☆収穫時期

ベルギー エシャロット

エシャロット : 階級なし : 階級なし : : : : : A. cepa : エシャロット A. var. aggregatum Allium cepa var. aggregatum• Allium ascalonicum L. aggregatum)は、の一種、具体的には のである。 およびとして栽培されており、食用とされる(鱗茎)もエシャロットと呼ばれる。 タマネギはに分類される(以前は)。 変種名 aggregatumはラテン語で「群生の、密集の」という意味である。 以前は別の種 A. ascalonicumとして分類されていたが、今ではこの名称は ()の(異名)であると見なされている。 Fedtsch. という学名を与えている。 グレーエシャロットの外観は小タマネギに似ているが、のように鱗茎が分球している。 タマネギの一種であるため近縁種には、や、 、 がある。 エシャロットは南インドでは「小さいタマネギ」と呼ばれ、現地の料理で幅広く使われる。 英語では「shallot」と呼ばれる。 フランス語に由来する「eschalot」という用語が使われることもある。 エシャロットの古い名称はラテン語で「アスカロンの(タマネギ)」を意味する「 ascalonia( cepa)」から来ている。 アスカロンは現在のイスラエル領内のの土地に位置していた都市である(現在の)。 俗説によれば、がの最後の戦いとなった(1099年)の後に西へエシャロットを持ち帰った、とされる。 しかし、エシャロットは1世紀には既にイタリアで広く使われており、によるレシピ集『料理の題目(: De Re Coquinaria)』中に記載されている一般的な食材の一つであるため、これはありそうにない。 エシャロットはおそらく中央アジアまたは南西アジアに起源があり、そこからおよび東地域に伝わった。 英語の「shallot」はおよびの原産の ()(ペルシア・エシャロット)に対しても用いられる。 また、英語の「shallot」は、フレンチ・レッド・エシャロット(: Allium cepa var. また「shallot」という名称は米国や 、カナダ・の英語話者の間で ()(春タマネギ: 根が発達する前の若いタマネギ)に対しても使われる。 ケベック州の英語話者の間では「French shallot」が本項で指すところの植物を意味する。 英語を話すケベック人と話者は「shallot」の第2音節に強勢を置き「シャロー(ローを強く) 」のように発音するのに対して、その他の英語の変種では「シャロット(シャを強く) 」のように発音する。 日本のエシャレット [ ] 日本では、生食用に軟白栽培された Allium chinense が、「エシャ レット」の商品名で販売されていることが多い。 この一年物の早獲りラッキョウに「エシャレット」という商品名を命名したのは東京の青果卸業者・川井彦二であり、その理由として「『根ラッキョウ』の商品名では売れないと思ったのでお洒落な商品名を付けた」と語っている [ ]。 「エシャレット」が商品化された1950年代はまだ、日本で本物のエシャ ロットが一般的でなかったので問題はなかったが、どちらも普通に出回っている今日では紛らわしい。 農林水産省のウェブサイトでは「月報野菜情報(2012年5月)を参考として、若採りのらっきょうは「エシャロット」と呼ばれていたが、香味野菜「シャロット(英名)」のフランス名が「エシャロット」で、混同されたことから、若採りのらっきょうの方は「エシャレット」や「エシャ」と呼ぶようになったとしている。 いずれにしても分類上、同じネギ属の同属異種植物であるものの、エシャロットとラッキョウでは見た目も味も違う。 日本では、この根らっきょう「エシャレット」が、誤って「エシャロット」と呼ばれることが少なからずあり、小売店でも誤っている場合があるため、本物のエシャロットが必要な場合は「ベルギー・エシャロット」などと明示されているものを選ぶのが、間違いのない判断方法である。 グレーエシャロット• 主な品種: Griselle、Grisor。 ピンクエシャロット• 主な品種: Armador、Melkior、Pesandor、Picador、Ronde de 、Rondeline• 赤茶エシャロット• 主な品種: Arvro、Bruneor、Jermor、Kormoran 、Longor, Menhir等 栄養繁殖によって得られ、苗の形態で販売されているおよそ20品種がフランスの種および品種公式目録 に収載されている。 しばしばエシャロットとして販売されている品種「Cuisse de poulet du Poitou(の鶏の脚)」は、特別な種類の細長いタマネギ、 ()である。 2018年2月現在、67品種が欧州の種および品種目録に収載されている。 利用 [ ] 南フランス産の本来のエシャロット であるため、エシャロットの味は普通のにいくぶん似ているが、風味はより柔らかい。 タマネギのように、生のエシャロットを刻むとヒトの眼を刺激する物質が放出するため、が出る。 など、西洋料理の香味野菜として、鱗茎を微塵切りしたものや下ろしたものを臭み消しやに用いる。 では、モーセールと呼び、刻んでと混ぜて、の付け合わせなどにする。 南アジアでもの具として欠かせない。 、、では、刻んで、油とともに強火で炒め、肉など他の食材を加えて炒め物として用いることが多い。 また、台湾料理では、刻んで油でからからに揚げたものを料理のにもよく用いる。 中国のには「香脯糕」(シアンプーガオ)というに似た干菓子があり、エシャロットやの風味を付けたものもある。 脚注 [ ]• Fritsch, R. ; N. Friesen 2002. In H. Rabinowitch and L. Currah. Allium Crop Science: Recent Advances. Wallingford, UK: CABI Publishing. GRIN. ARS , USDA. 2010年8月20日閲覧。 The Plant List 2010年. 2019年7月13日閲覧。 Block, E. 2010. Royal Society of Chemistry. Allallergy. net. 2010年6月15日時点のよりアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 Merriam-Webster, Incorporated. 2013年12月4日閲覧。 New Oxford American Dictionary Second ed. 2005. 256,• 2019年5月14日閲覧。 Montreal public markets. 2014年8月28日閲覧。 "shall-OH"。 NHK ためしてガッテン 2014年7月2日. 2014年7月14日閲覧。 農林水産省 2013年4月. 2019年7月15日閲覧。 GEVES 2012年. 2019年7月15日閲覧。 交配種。 仏語版記事:。 GNIS(フランス全国種苗業種間連合会). 2019年7月15日閲覧。 European commission 2018年2月13日. EU Plant variety database. 2019年7月15日閲覧。 Scripps Networks. 2013年12月4日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

万能!おすすめのエシャロットと特徴や美味しい食べ方

ベルギー エシャロット

エシャロットとは? エシャロットは、ネギ属の多年草です。 味は タマネギに似ており、世界中様々な国で薬味や風味付け、肉や魚の臭い消しを目的として使われるハーブです。 フランス料理などヨーロッパでは刻んだりすりおろしたものをソースなどの香り付けに使います。 他にも、スープやドレッシング、煮込み料理など、ヨーロッパではエシャロットは非常にポピュラーで 日常生活に欠かせない食材です。 イランなど中東では刻んだものをヨーグルトに混ぜてケバブ料理などの付け合わせに、中国や台湾では炒め油の香り付けに使うことが多いです。 「 エシャロット」とはフランス語で、英語では「 シャロット」中国語では「 胡葱(フーツォン)」台湾語では「 紅蔥頭(アンツァンタウ)」など、様々な国で使われる分、様々な呼び名があるハーブでもあります。 日本では、若獲りの 根ラッキョウがエシャロットと紛らわしい「 エシャレット」という名前で販売されていることもあります。 しかしラッキョウとエシャロットは同じネギ属ですが風味も味も 全く違う種類の植物です。 日本ではエシャロットが身近ではないため、混同して本物のエシャロットも「エシャレット」という名前で販売されていることがあります。 そのため、明確にラッキョウとエシャロットを区別するためにエシャロットを「 シャロット」「 ベルギー・エシャロット」等と表記してある場合もあります。 店頭で購入する場合は「 赤茶色で、 細長い玉ねぎのような見た目なのが エシャロット」「 白い根で ネギに似た葉がついたものが ラッキョウ、エシャレット」と覚えておくと良いでしょう。 歴史 エシャロットの原産地は 中央アジアと言われています。 約2000年前に玉ねぎの変種として発生しました。 そこから中東へと伝わったものを、 10世紀ごろに中東へ遠征した 十字軍がヨーロッパへと持ち帰り、広めたと言われています。 この時じゃがいもや玉ねぎも一緒に持ち帰られ広まったと言われており、中央アジアからヨーロッパの範囲では、エシャロットはじゃがいも・玉ねぎに並ぶほど歴史が長く ポピュラーな香味野菜です。 玉ねぎに似た どんな食材とも相性のいい使い勝手の良さが多くの地域の人々に受け入れられ、素早く食文化に浸透したようです。 そのため、エシャロットは広い範囲で栽培されていますが、日本国内では商用に栽培されているものは ほとんどありません。 国産のものは「エシャロット」という名前で販売されていても、多くが前述した根ラッキョウ・エシャレットです。 現在日本で手に入るエシャロットは、ほとんどが オランダ、ベルギーなどヨーロッパ産か、 アメリカ産の輸入品となります。 エシャロットの特徴 エシャロットは、少し 細長く、 小ぶりな玉ねぎのような見た目をしています。 直径3〜5cmほどの、片手に収まる大きさです。 赤茶色や赤紫色をした皮をむくと中身も白く半透明な玉ねぎのような見た目ですが、玉ねぎとは異なり二つ以上に分球するのが特徴です。 ちょうど 玉ねぎとニンニクの中間のような特徴を持った植物です。 味や香りも玉ねぎとニンニクの中間という感じで、生のままだと辛味があり、刻むと辛味成分で涙が出ます。 生で食べると 玉ねぎよりやや辛味が強く、ネギのような強い香りがするのが特徴です。 炒めるなどして熱を通すと飴色に変わり、 甘みのある味と 香ばしい香りが出てきます。 肉・魚・卵・乳製品など どんな食材とも相性が良く、普段の料理に気軽に取り入れられるハーブ・スパイスの一つです。 エシャロットや玉ねぎなどのネギ類に含まれるアリシンは、血中コレステロールを下げ血糖値の上昇を抑えるので、 血液をサラサラにして 高血圧や 生活習慣病の予防・改善に効果があります。 またアリシンには 活性酵素を発生させる効果もあるため、傷付いた細胞を修復する働きがあり、 動脈硬化の予防や 免疫力を高めることにも効果的です。 ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠な栄養素のため、 美肌効果も期待できます。 抗酸化作用もあるため、 アンチエイジングにも効果的です。 葉酸はビタミンB群の仲間で、赤血球の生成を助けます。 そのため 貧血の予防にも効果があると言えるでしょう。 エシャロットの美味しい食べ方・使い方 エシャロットは比較的万人に受け入れられやすい味や香りで、日本人の舌にも合うため様々な料理に取り入れることができます。 少しお洒落な雰囲気を出したい時に 玉ねぎの代用として、気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。 中でもおすすめなのはステーキソースやハンバーグソースなど、 肉料理のソースに利用することです。 肉を焼いた後に残る肉汁に刻んだエシャロットを加え、火が通るまで熱して醤油などで味を整えるだけで簡単に出来上がります。 同じように玉ねぎを使ってソースを作る方も多いと思いますが、それをエシャロットに変えるだけで簡単にいつもとは違う 本格的な風味に仕上がります。 生のまま刻んだエシャロットをマヨネーズに混ぜ、 タルタルソースを作るのもおすすめです。 玉ねぎよりも少し強いエシャロットの辛味がアクセントになり、魚介類の揚げ物などに合う 少し大人っぽい味のタルタルソースになります。 ソースとして脇役に使うだけではなく、エシャロットを ホイル焼きにして主役として味わうこともできます。 皮をむいて丸ごとアルミホイルに包み、フライパンやトースターで10分ほど火が通るまで熱します。 お好みでバターや醤油、塩などで味をつけるとよいでしょう。 甘い味と ほくほくとした食感を楽しむことができます。 他にも スープ、 ドレッシング、 煮込み料理など、一般に玉ねぎを使う場面であればほとんどエシャロットを取り入れられると思ってよいでしょう。 おすすめのエシャロット:厳選3種 おすすめのエシャロットや、エシャロットを使った商品をご紹介します。 日本人には馴染みの薄いエシャロットは、一般的なスーパーや青果店では ほとんど扱われていません。 ですがインターネットなら、いつでも欲しい時にエシャロットを購入することができます。 生のエシャロットや、手軽に使えるエシャロットの加工品の おすすめ商品を3種厳選してご紹介します。 それぞれ おすすめの使い方もご紹介しますので、ぜひこちらをご参考にエシャロットを普段の料理に取り入れてみてください。 またフランスの気候や土は農業に適していて質の高い農作物が採れるので、フランス産のエシャロットは品質がよく高級品とされています。 こちらはフランス産のエシャロットを約1kg詰め合わせた 大容量の商品です。 1つあたりのエシャロットの大きさを考えると 1kgで15〜20個程度でしょうか。 エシャロットは玉ねぎの代用にも使えて 用途が多く、また常温で 長期間保存できるため、せっかくエシャロットを購入するなら ある程度まとめて購入するのがおすすめです。 他にも探してみると 500gくらいから 5kgほどまで、様々な容量のエシャロットが販売されていますので、 使う頻度や 家族の人数に合わせて自分に合った量を購入してみてはいかがでしょうか。 油で揚げたエシャロットがチップス状になった商品です。 炒め油の香り付けとして、 炒め物を作る際に最初に油に入れて使います。 肉や野菜を炒める他にも、台湾や中国では 焼きビーフンの風味付けによく使われるようです。 そのまま食べられるので、サラダや、ラーメンやフォーなど麺料理のトッピングにも使えます。 その他にも、鷹の爪や干し海老などと一緒にラー油に混ぜて自家製の 食べるラー油を作ったり、 カレーの隠し味として入れれば玉ねぎを飴色に炒める手間なく豊かな風味を得られるなど、アイデア次第で様々な用途に使えます。 250gという表記ですが、大きめの袋にぎっしりとフライドエシャロットが詰まっているので使いでのありそうな商品です。 生のエシャロットよりも切ったり炒めたりする 手間がないぶん手軽に使えるので、一袋購入しておけば意外に出番は多いのではないでしょうか。 生のエシャロットを手に入れるために足を延ばすのは ハードルが高いという方は、まずこちらから取り入れてみてはいかがでしょうか。 エシャロットを乾燥させ フレーク状にした商品で、エシャロットの 甘い香りを楽しむことができます。 鮮度をしっかりと保ち、香りを長持ちさせるスクリュー式のキャップが付いています。 エシャロットの味よりも香りを楽しみたい時、 炒め物や スープ、 ドレッシングなどに使います。 特におすすめなのは コンフィなど煮込み料理で、じっくりと低温で煮込みながらエシャロットの香りを食材に移すことで豊かな風味を楽しむことができます。 フランス料理やイタリア料理を作る際、一振りで 本格的な風味が出るので、キッチンに常備しておきたい商品です。

次の

「エシャレット」と「エシャロット」との違いは何ですか。:農林水産省

ベルギー エシャロット

エシャロットの発祥や概要 エシャロットは、中央アジアが原産地で、約2000年前に玉ねぎの変種として生まれた植物だそうです。 十字軍がヨーロッパに持ち帰って、そこから世界各地に広まったという説があります。 日本には中国から琉球王国を通じて、奈良時代には伝わって来ていたそうですが、一般的に広まってきたのは、つい最近のことです。 現在、日本国内ではほぼ生産されていないため、そのほとんどが輸入品で、うち約40%がフランスからの輸入品となっています。 ちなみに、名前がよく似たエシャロットとは、以下の画像を見れば、まったく別の野菜ということがわかるかと思います。 また、一般的なたまねぎよりも甘みは少ないですが、強い香りを持ち、香味野菜として様々な料理に使われています。 日本での一般的な呼称は「ベルギー・エシャロット」ですが、英語では「シャロット」、中国語では「フーツォン」と呼ばれています。 このように、名前がよく似た2種類の野菜ですが、まったく別の野菜ですので、間違わないように覚えておくといいでしょう。 8g タンパク質 2. 5g 脂質 0. 1g 炭水化物 16. 8g 食物繊維 総量 3. 2g ミネラル含有量 ナトリウム 12mg カリウム 334mg カルシウム 37mg マグネシウム 21mg リン 60mg 鉄 1. 2mg 亜鉛 0. 04mg ビタミンK 0. 2mg ビタミンB6 0. しかし、エシャレットに含まれる「アリシン」という成分がとても優れているんです。 この「アリシン」がもたらしてくれる効能については、次の「効能」の項目で確認してみましょう。 オススメの調理方法は? ここまでエシャロットの栄養素や効能について確認してきましたが、最後にオススメの調理方法についてもまとめておきます。 エシャロットは香味野菜なので、香りを十分に楽しめる調理方法がいいですね!一般的には、炒め物や煮込み料理に使って食べることが多くなっていますが、すりおろして、ドレッシングに入れても美味しくいただけます。 また、 エシャロットに含まれるアリシンと相性のいい、ビタミンB1をたっぷりと含んだ豚肉と組み合わせて調理するのもオススメです! フランス料理では、オマールエビなどの甲殻類を使って作る「アメリケーヌ・ソース」や、ワインビネガーとバターを合わせて作る「ブールブラン・ソース」など、ソースが決め手の料理にエシャロットが使われています。 また、イランの料理といえば肉を串に刺して焼く「ケバブ」が有名ですが、そのケバブの付け合わせにも、ヨーグルトと刻んだエシャロットを合わせて作る「モーセール」が使われています。 このように、世界各地の料理でエシャロットが使われています。 たまには、このような国際色豊かな調理方法を試してみるのもいいかもしれませんね!.

次の