ひさ ひと さま ブータン。 悠仁さまの机に刃物、56歳男を逮捕 建造物侵入の疑い:朝日新聞デジタル

悠仁さま、王子とにっこり=国王一家と親密交流-ブータン:時事ドットコム

ひさ ひと さま ブータン

《学校の文化祭に秋篠宮様と悠仁さまが来てめっちゃびびった》 そんな興奮のつぶやきが投稿された9月28日、秋篠宮さまと悠仁さまは東京都世田谷区の東京農業大学第一高校(農大一高)の文化祭を見学されていた。 「紀子さまは、農大一高を悠仁さまの有力な進学先候補と考えていらっしゃるようです。 悠仁さまが通われているお茶の水女子大学附属中学校は共学ですが、附属高校は女子校なのです。 すなわち、悠仁さまは高校には内部進学できず、別の学校へ進学されなければなりません。 さらに、紀子さまの実弟である川嶋舟さんも東農大の准教授を務めています。 秋篠宮家にもっとも深い縁がある学校といっても過言ではないのです」(皇室担当記者) しかし、こうした見解に宮内庁関係者は首をかしげる。 「東農大は日本で初めて設立された私立の農学校という伝統があります。 そもそも秋篠宮さまと紀子さまは学習院大学の出身で、お二人の出会いも学習院のキャンパスでした。 「紀子さまが悠仁さまを学習院に進学させることは、まずないでしょう。 その際は「自主性を重んじる教育方針」「2年間の学習院幼稚園にはない3年間の一貫保育」が選択の理由とされていたが……。 「学習院のOBやOGの間では『秋篠宮さまの学年は優秀ではないのに落第生がいない』と平気で吹聴する人もいるのです」(前出・学習院関係者) すなわち、秋篠宮さまより成績の低い生徒がいなかったために誰も落第させられなかった、という噂話が流れていたというのだ。 「眞子さまや佳子さまの在学中、初等科や女子中・高等科の改修工事が続きました。 これは、愛子さまを受け入れるための準備でした。 古くて評判が悪かった女子部のプールまできれいになりました。 愛子さまのご入学にあわせたタイミングでの改修でしたので、秋篠宮家としてはないがしろにされていると感じられたでしょう」 眞子さまも佳子さまも、大学は国際基督教大学(ICU)を選ばれた。 しかも佳子さまは、一度は進学した学習院大学文学部を中退してまで、ICUに入られた。 「当時の教授の話によると、大学側にはほとんど相談もなく退学されたそうです。 学校側にも理由があったのだと思いますが、紀子さまは学習院への心証を悪くされたようです」 悠仁さまの進学は2年半後。

次の

悠仁さま、曼陀羅の中緊張 ブータン国王夫妻と面会 伝統の交流温める

ひさ ひと さま ブータン

ブータンの自然と国技に触れ、笑顔の悠仁さま 8月20日秋篠宮ご夫妻と滞在先のブータン・ティンプーでハイキングに出かけられた悠仁さま。 秋篠宮さまと悠仁さまは、お揃いのようにも見える服装で散策を楽しまれた。 記者からブータンの印象を聞かれた際には… 記者: 悠仁さま、ブータンはいかかですか? 悠仁さま: 楽しいです 記者: 日本とは違いますか? 悠仁さま: すごく似ている感じがします 記者: どういうところが? 悠仁さま: 木とか草とか、そういうところが 秋篠宮さま: どう違う? 悠仁さま: まだわかんない 悠仁さまは8月17日から、初めての海外旅行先となるブータンに秋篠宮ご夫妻と共に訪問。 現地の新聞でも1面で大きく取り上げられるほどの歓迎を受けている。 滞在3日目には、ワンチュク国王夫妻を表敬訪問し… その後、ブータンの国技である弓技を体験。 見事、約10m先まで矢を飛ばすと大きな拍手があがり、悠仁さまにも笑みがこぼれた。 こうした4日間の滞在映像を見たフジテレビの皇室担当・橋本寿史解説委員は… フジテレビ皇室担当・ 橋本寿史解説委員: 表情も明るくてですね。 段々と国際親善の場で、どういうふうに(振る舞って)いくのかということも、いろいろと感じられた部分じゃないでしょうか 初の海外旅行からうかがえた悠仁さまのご成長ぶりをみていく。 「楽しみながらも正式な対応をされている、今までにはないお姿」 まず、めざましテレビが注目したのが、ブータンに到着した際の映像。 紀子さまが笑顔の一方、悠仁さまは初めての海外旅行のためか、少し緊張した様子にも見える。 実は、タラップの下ではワンチュク国王の妹の王女や地元の子供たちが出迎えていた。 しかし、いざ対面した際には、1人1人にお辞儀をしながら笑顔で挨拶を交わされる悠仁さまの姿があった。 また、紀子さまと離れて1人でお話しする様子も見られた。 フジテレビ皇室担当・ 橋本寿史解説委員: 日本では、なかなか考えにくいような出迎えを受けられたわけですが、とても自分のお姿をうまく出されているような、素直に出されているような気がして。 きちっとした振る舞いをされていた気がします その後も、報道陣の問いかけに対しても… 記者: 悠仁さま、楽しまれていらっしゃいますか? 悠仁さま: はい と笑顔で答えられた悠仁さま。 さらに、優しい気遣いが垣間見られた場面も。 滞在3日目の19日、悠仁さまはワンチュク国王夫妻の3歳の長男、ジグメ・ナムゲル王子と交流された。 お二人は並んで座り、終始笑顔で接するご様子があった。 橋本解説委員が最も注目したのは、 20日にティンプーで同世代の子供たちのボール回しゲームに加わり、楽しそうに触れ合われていた場面だ。 カメラには時折笑顔を覗かせつつも、真剣な表情でゲームに参加するお姿が映されている。 フジテレビ皇室担当・ 橋本寿史解説委員: これから国を支えていく子供たちという。 そうやって一緒に遊んだ人たちが大きくなり、悠仁さまも大きくなられた時に、いろいろな思い出がどんどん膨らんでいくだろうと思います フジテレビ皇室担当・ 橋本寿史解説委員: 楽しみながらも、やはりきちっとしたところには正式な対応をされているという感じです。 今までにはないお姿。 成長されていっているお姿というものも拝見できたような気がします また、橋本解説委員は、「今回は私的な旅行だったためか、悠仁さまの表情もゆるやかだったのでは」と指摘する。 秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、8月25日に帰国される予定。 (「めざましテレビ」8月21日放送分より).

次の

悠仁さま、曼陀羅の中緊張 ブータン国王夫妻と面会 伝統の交流温める

ひさ ひと さま ブータン

秋篠宮家の長男である悠仁さまが初めての海外旅行として紀子さまとブータンに出発されました。 秋篠宮さまも悠仁さまとは別便でブータンに出発しました。 ご家族でも別便に乗るのは皇位継承順位1位と2位の方が同じ飛行機にのって交通トラブルに巻き込まれないようにするためです。 常に最悪の状態を想定して動く宮内庁の対応はすごいですね!この「別便移動」については理解の声があがっていますが・・・。 「公務ではない海外旅行(家族旅行)に税金で行くのか?」 「小室の問題を片付けないと何をやっても批判されるよ。 」 「全国で台風被害が起きているときに・・・」 といった厳しい批判の声も多数あがっています。 そこで、この記事では今回の悠仁さまのブータン旅行について、税金で旅行に行く必要があるのか? また、この不満の元凶である「小室圭さんの問題は今?」についてまとめていきます。 初の海外旅行!悠仁さまブータンへ夏休み家族旅行に出発 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)は16日午前、ブータンへの私的旅行のため、東京・羽田空港から民間機で出発された。 皇位継承順位2位の悠仁さまにとり初の海外で、紀子さまと一緒に搭乗。 同1位の秋篠宮さまは別の民間機に搭乗した。 中学1年の悠仁さまの夏休みを利用した私的旅行で、ブータンの王室から招待があった。 16日はタイ・バンコクに1泊し、17日にブータン西部のパロに到着する。 飛行機事故など万一に備え、秋篠宮さまと悠仁さまは往復とも別便を利用する。 24日までブータンに滞在し、ワンチュク国王を表敬訪問するほか、寺院や博物館、伝統弓技などを見学し、現地の自然や文化に触れる。 青年海外協力隊員らとも懇談する。 25日に帰国する。 yahoo. 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、旅行先のブータンに向けて出発されました。 悠仁さまにとって初めての海外経験となります。 この悠仁さまがブータン旅行に出発した記事の 「私的旅行」「家族旅行」というのに 着目した読者の多くが 「家族旅行に税金を使うのか!?」という批判をしているのですが・・・、 よく読んでみると、家族で遊びに行っているわけではなく、 ・ブータン王室から招待があった ・ワンチュク国王を表敬訪問 ・寺院や博物館、伝統弓技を見学 ・現地の自然や文化に触れる ・青年海外協力隊員との懇談会 これらって、すべてどう考えても公務ですよね。 ただ、初の海外旅行として、夏休みを利用して悠仁さまが同行するので「家族旅行」という側面もあるというだけです。 一般人が自分のお金でブータンに行っても「ワンチュク国王」に会うことはないでしょうしね。 なので、あまり「国民の税金を公務ではない私的な海外旅行に使って!」とは言わない方がいいとおもます。 それよりも、「私的というからマスコミを信じて税金の無駄遣いと批判したけど、実際は公務をめちゃくちゃしてるやん!」と誤認させるような報道の仕方を批判した方がいいですよね。 本当に記事って、最初のつかみ1行~2行は大事ですよね。 ユーザーは記事を全部読んでくれません。。。 最初の部分だけをみて「けしからん!」となりますからね。 とはいえ、秋篠宮家の「小室圭さんの問題」についてはまだ解決していなので、それを解決せずに海外旅行にいくのか!という批判はあると思います。 海外旅行に行くこと自体が問題ではなく、「小室圭さん問題」を解決できていないことに対する不満だと思います。 終戦記念日の次の日に、皇位継承者2位、3位の方々が居る御一家家が、よくブータン豪華旅行に10日間も行く気になるよな・・・ しかも税金で。 と申し訳ないが言いたくなってしまった・・・ この人らが遊びに行くのに何で我々の税金が使われなきゃダメなの?遊びに行く時くらいあなた方も自分で稼いだお金で行ってください。 姉も弟もか。 海外公務が多いな。 しかも別便って… 国民の税金で行くことを肝に命じてほしい。 このお子たちは、何故海外ばかり行かれるのだろう? 視野を広げる意味ではいいと思うのだが、それよりも国内にも見るべきところあるように思う。 地方経済の現状、被災地の現状を見て回る等の方が優先事項だと思う。 ブータンとかウロつくより先に、するべき事があるような気がしますが。 思春期の男のというのをどんなに差し引いても、躾と教育、立ち振る舞いに関してこれ以上ない環境にお生まれになっているのに、ちょっと厳しいものを感じます。 どんな生まれでも、得意不得意はあります。 こうあるべきとわかっていても、できない器の人もいます。 学校の長期休暇は、そこを見つめ直す期間に充てるべきかと思います。 税金で旅行行く以前に、解決しなければならない問題があるだろ! 一家で問題解決する気が全くないのが、よーくわかった 秋篠宮家は小室問題があるのに、何を呑気に海外旅行ばかりしているのか?被災地訪問とかする気は無いのか?海外旅行ばかり企画する宮内庁の責任は重大だ。 国民の税金を使っての公務なら必要なことだと思いますが…私的旅行に多額の税金を使うのはあまり良いとは思えません。 万が一の事故に備えるのは重要ですが、飛行機を2便使うとなると費用も膨らみますね….

次の