名鉄事故。 瀬戸線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

なんで、名鉄って、やたらと人身事故kが多いんですか?自殺する人が...

名鉄事故

歴史 [ ]• (57年) - 開業。 (14年) - 羽島市役所前発新羽島行きの普通列車が雪でスリップし車止めに衝突する事故が発生()。 この影響でホーム長を短縮。 4両編成の場合は後部2両をする(事故から1年以上経ち、安全が確認されたとして、停車位置を事故以前の10メートルほど笠松寄りとしたが、ドアカットはなくなった)。 (平成19年)• - 無人化。 - 導入。 (平成23年) - 乗車券「」の利用が可能となる。 (平成24年) - トランパスの使用が終了。 (平成31年) - エレベーターとが設置され、羽島線全駅化。 駅構造 [ ] 導入済の(管理)。 4両編成まで対応の1面1線ホームを持つである。 ホームは地上から約7. 5mの高さにある。 開業以来改札口からホームへの移動手段は階段のみで、ももなかったが2019年に15人乗りのエレベーターが設置されバリアフリー化された。 同時に多機能トイレや音声案内装置なども整備された。 は1階にあり、。 ホーム上には待合室がある。 ホームと駅舎は若干離れており、屋根付きの連絡通路で繋がっている。 のりば 路線 行先 TH 羽島線 ・方面• 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると度当時の1日平均乗降人員は2,403人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中167位、竹鼻線・羽島線(10駅)中3位であった。 『名古屋鉄道百年史』によると度当時の1日平均乗降人員は2,333人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中159位、竹鼻線・羽島線(16駅)中4位であった。 『羽島市データファイル』によると、近年の一日平均乗車、降車人員は下表のとおり。 年度別一日平均乗車・降車人員 年度 乗車人員 降車人員 乗降人員 2009年(平成21年) 1,058 1,078 2,136 2010年(平成22年) 1,102 1,125 2,227 2011年(平成23年) 1,140 1,150 2,290 2012年(平成24年) 1,155 1,163 2,318 2013年(平成25年) 1,198 1,205 2,403 2014年(平成26年) 1,211 1,220 2,431 2015年(平成27年) 1,228 1,236 2,464 2016年(平成28年) 1,273 1,289 2,562 2017年(平成29年) 1,314 1,324 2,638 2018年(平成30年) 1,339 1,355 2,694 当駅は終日無人駅であるが、有人駅の羽島市役所前駅より利用者が多い。 駅前には海津市や安八郡輪之内町からコミュニティバスが乗り入れており、周辺の宅地化が進んでいることもあり、利用者は増加傾向にある。 駅周辺 [ ]• 「DIARY 2002/1」『』第36巻第4号、鉄道ジャーナル社、2002年4月1日、 108頁。 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、257頁。 交通新聞社 : p. 2007年12月7日• 、2019年3月24日閲覧• 、『』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」• 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 名古屋鉄道.

次の

名鉄交通

名鉄事故

【名鉄名古屋本線 運転再開見込 10:30】 名古屋本線は、8:52頃、前後駅での人身事故の影響で、豊明~鳴海の上下線で運転を見合わせています。 現場状況により、再開見込は大幅に前後する場合があります。 運転区間の一部列車に遅れと運休・運転変更がでています。 なお、激しい衝突があったということですが、電車と接触した方の安否やけがの程度は不明。 前後駅には規制線が張られるとともに、利用客らが心配そうに様子を伺い騒然としています。 現時点では、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故なのか、または誤って線路内に立ち入り電車と接触したのかなどの詳しい事故原因についてはわかっておりません。 愛知県警や消防はけが人の救護活動を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。 当該列車に乗っていた方の現場情報 当該列車に乗っていた方の「めっちゃおっきな音して止まっちゃった怖い」「えげつない音したし臭いヤバ…」などという現場情報がありました。 その他にもTwitter上には「なんか金属破片みたいなバラバラと音がしてて屋根になんか降ってきたのかと思ったら、床の下だったっぽい…」「消防隊や警察官が大勢来た」「警察が車両の下を調べてた」などと現場の情報に関するツイートが多数投稿されていました。 通勤ラッシュの時間帯ということもあり、人身事故の影響を受けている駅では大変混雑しているということです。 名鉄、また人身事故で豊明〜鳴海で止まってる。 警察・消防も入ることにより長時間停車になるらしい。 名鉄本線豊明-鳴海間は運転見合せ中。 物々しいし、まだ痕跡があって怖い。 くれぐれも線路見ないように、、、。 — pecos pecos75506754 名鉄 前後駅で人身事故。 豊明ー鳴海で運転見合わせ。 知立で足止め😱 — まゆ H27Mayumi 名鉄名古屋本線、前後駅で人身事故。 ちょっと早めに岡崎に来て良かった。 えらいこっちゃ。

次の

【事故】千種区新西1丁目で車がバスレーンを逆走し名鉄バスと衝突

名鉄事故

概要 [ ] 発(現在は廃止)行きが、大森駅(現在の)東側のカーブに差しかかったところ、後部の車両が脱線転覆し、そのまま50mほど引きずられ、先頭の電動車も転覆し架線鉄柱に激突して大破した。 36人が死亡、153人が負傷するという瀬戸線史上最悪の事故となった。 当時アメリカ軍の占領下であったため、アメリカ軍憲兵の指揮の下で警察や地元消防団員が警備救助に当たり、遺体を名鉄喜多山クラブハウスに収容した。 不通になった大森駅との間は名鉄トラックで連絡された。 警察の調査による事故原因は、運転手がの辺りで電車が急行であったことに気がつき慌てて次の駅を通過し、大森駅の東側、法輪寺裏のカーブで急ブレーキをかけたが、ブレーキが後部車両に連絡しておらず後部車両が浮き上がったためである。 運転手はこの日まで乗客を乗せて運転したことがない新人で、当日運転予定がなかったが、先輩から頼まれて急遽運転することになったという。 また当時の車両には速度計がなく、このカーブは下りながら法律で許されたぎりぎりである半径160mを曲がる急カーブであった。 当日はの初えびすの日で初詣客などで大混雑しすし詰め状態だったことが被害をさらに大きいものにした。 1948年5月には法輪寺の住職江口耕雲が発起人となり事故現場に交通安全地蔵が建立され、1月には事故の一周忌で当時の社長の筆により「殉難の碑」が建立された。 その後、事故現場付近などで曲線改良が実施された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の