コムデギャルソン 財布。 【写真】コムデギャルソンのL字ファスナー財布が最高にミニマルで機能的【感想・口コミ】

ギャルソンの財布に対するイメージと人気の種類

コムデギャルソン 財布

もくじ• コムデギャルソンの財布を外から見た様子 横から見た様子。 L字のファスナーで開けるタイプです。 メタリックなカラーがかっこいいぃぃ!! ファスナーの持ち手の部分についているリボンが財布のアクセントになっています。 コムデギャルソンの財布の中の様子 中を開けるとこんな感じ! 真ん中に小銭を入れるポケットが付いているだけ、というシンプルな構造です。 左:カード、真ん中:小銭、右:お札、と分けることができるんです! このデザイン、すごくないですか!? 小銭、結構入ります。 皮が柔らかく広げやすいので、お会計時に小銭を探すのもラクラクです。 内側にコムデギャルソンのロゴ入り。 MADE IN SPAIN です。 Suica付きのクレジットカードをここに入れておけば、駅の改札ではお財布のファスナーを開けずにピッとするだけ。 お札は2つ折りで収納できます。 レシートやクーポン券もこちらにサッと入れられます。 財布の厚みが出ないので、持ち歩きにもとても便利! これから長く大事に使っていこうと思います。

次の

スポンサーサイト

コムデギャルソン 財布

ISSEY MIYAKEやYohji Yamamotoとともに、 日本発のファッションブランドとして世界中で親しまれ愛されているブランドです。 クリエーションは毎シーズン、パリ・コレクションを中心に発表され、その哲学的クリエーションは多くの熱狂的ファンを生み出し続けています。 コムデギャルソンのアイテムの取扱いは世界各地の直営店舗や有名セレクトショップが主となっています。 1975年には初のショーを東京コレクションで開催しています。 パリ・コレクションへの初参加は1981年。 翌年にも参加した同コレクションで発表したスタイルは、当時の西洋ではタブーとされていた黒の服。 それらは穴の空いたニットでもあったため、非常に激烈かつ差別的な表現による批判の記事が紙面を賑わす一方、その先見性を高く評価されもした伝説的なコレクションとなりました。 その後も現在に至るまで、「未完成」をイメージさせる服、身体の動きを不自由にさせる「拘束」をイメージさせる服、コブが縫い付けられたドレスなど、既存の西洋の服の概念を次々と打ち破る革新的で挑戦的な服造りを行っています。 昨年は、その偉業を回顧する展覧会がNYのメトロポリタン美術館で開かれたのは記憶に新しいところ。 イヴ・サンローラン以来の現役ファッションデザイナーによる展覧会ゆえ大変な話題となりました。 非常にクリエイティブなラインで、過去にはスーパーロング丈のコートやメンズスカートなどが販売されました。 また、ポリエステル縮絨のセットアップやナイロンのリュックなど、定番的アイテムも豊富に存在します。 ビジネスに使えるバッグも展開されています。 Tシャツやパーカーなどを中心に販売されています。 香水をお探しの方はこちらもぜひご検討ください。 生産地にも皮革産業に定評があるスペインを選定。 こだわりの、その高い品質もまた魅力です。 誰とも被らず自分らしい個性のあるファッションを大切にしたい。 ビジネスの場面においても芸術やアートへ対する愛を忘れていたくない。 そんな確固とした信念をお持ちの方に、ぜひおすすめさせていただきたい財布となっています。 ベーシックなカラーにして コムデギャルソンの原点でもあるブラックのカラーがTPOを選ばないのも人気の秘密。 スペイン産の確かなクオリティに、BOX状に開く使い勝手の良いコインケースなど、品質・機能性の点でも評価されています。 また、中身はブラックのレザーになっているのも魅力です。 男女問わず使えるシンプルなデザイン、コンパクトなサイズでありながらも、1000円札、5000円札、1万円札全ての紙幣のサイズは2つ折りにすれば全て入れることができ、 使い勝手もバッチリ。 値段も約1万円程度のため、手が出しやすい手頃な価格も魅力。 また、このモデルはカラーバリエーションも豊富なので、ご自身の好みのものも選べますよ。 同時に他の人々の注目を浴びる強烈なインパクト。 他にはないこのオリジナリティこそが数多くのリピーターを生み出しています。 上級者の方には、ぜひ一度トライされることをおすすめします。 評判・口コミ やっぱり可愛いです。 20年以上前からこの形の財布を使用してきました。 小銭入れの作りが抜群で、 お金が取り出しやすく、これでないともう他を買う気にはなりませんでした。 スペイン生産になり値段が倍くらいになってしまいましたが、仕方がありません。 水玉好きにはたまらないと言われます。 素材感もコムデらしいさり気ない高級感があります。 本当に買って良かったです。 いデザインでみんなに羨ましがれます。 引用元: コムデギャルソンの財布の通販なら、KASHI KARI LABOストアがオススメ! コムデギャルソンの財布は実店舗で販売しているお店が少なく、取り扱いしているお店は都市部に集中しています。 地方にお住いの方や今すぐに欲しい!という方はAmazonや楽天などの「通販サイト」をご利用される方も多いかと思いますが、品揃えが時期によって変動するのが現状です。 そこで、オススメしたい通販ストアが 当メディア「KASHI KARI LABO」の直営ストアです。 当メディア直営の「KASHI KARI LABO ストア」では、 特にコムデギャルソンの財布やクラッチバッグなどの革小物の取り扱いを強化しています。 また、 全ての商品は弊社のスタッフが直接海外の正規取扱業者より仕入れた正規品のみを扱っており、念には念を入れて 弊社独自のチェックを何重にもした上で店頭に商品を並べております。 また、 中間に業者が入らないダイレクトに商品仕入れる仕組みで仕入れているので、 比較的お求めいただきやすい価格でご提供しております。 コムデギャルソンの中でも、 当記事でもご紹介した人気のSA3100や、SA2100、コインケース、クラッチバッグなど、ヨーロッパから直接バイイングした人気アイテムを多数取扱しています プレゼントラッピング(ギフトラッピング)にも対応しておりますので、プレゼントをご購入される方も是非ご利用ください! まとめ 以上、現代モードの哲学者、コムデギャルソンの財布を見てまいりました。 一見するととっつきにくそうに見えるブランドゆえ、全く触れずに敬遠されてしまうこともありますがそれは大変にもったいないこと。 芸術面・品質面ともに大変おすすめできるブランドですし、スタッフのみなさんも実はいい人たちばかりですので、ぜひお近くのコムデギャルソンに足を運んで商品をお手にとってみてください。 これを機に、モードと反逆の本質へお近づきいただければ幸いです。 おすすめの関連記事はこちら.

次の

コムデギャルソンの財布徹底ガイド!人気でおすすめのモデルを仕様や口コミをご紹介

コムデギャルソン 財布

COMME des GARCONS(コムデギャルソン)のメンズ財布 コムデギャルソンの特徴 コムデギャルソンは1969年にデザイナー・川久保玲によって誕生し、流行に左右されること無く、今もなお独自スタイルを貫いている数少ない日本を代表するファッションブランドです。 おすぎ・ピーコや、竹中直人などのファッションに強いこだわりを持つ芸能人からも愛されています。 ブランド名の由来 フランス語でCOMME des GARCONS「少年のように」という意味ですが、創業者が積極的に命名したワケじゃなくて他と被らないように独特な名前にしたかったみたいです。 社名を作るより服を作りたかったという事ですね。 デザイナーらしい考え方です。 ボロルック コムデギャルソンが1981年にパリコレで披露したファッション。 モノトーンを基調として穴が開いたり、シワが入っている古着のような素材を大胆に取り入れたスタイルは、「黒の衝撃」と呼ばれ、当時は不幸の象徴だった黒色の意味をガラッと変えてしまいました。 80年代のDCブランド全盛期には、コムデギャルソンなど黒一色で身を固めた若者たちのことをカラス族と呼んでいました。 コムデギャルソンのオススメ財布 スペイン製の革しか使わないコムデギャルソンの財布はファッションブランドの財布らしからぬ堅牢さを持っています。 Wallet COMME des GARCONSという財布専門のブランドを立ち上げていることもあり、財布にもコムデギャルソンの強いこだわりが出ています。 日本のブランドですが、財布はフランスで作られています。 コムデギャルソン SUPER FLUO• オーソドックスな形で、コムデギャルソンにしてはシンプルで逆にカッコいいです。 余計なものが一切ないスッキリとした財布ですね。 あとがき 近年のコムデギャルソンは、黒が流行り過ぎたという事で赤色へシフトしているみたいです。 それにしてもカラフルな財布です。 ギャルソンの服は、僕も昔憧れていたので欲しくてしょうがなかったんですけど、買うっていったら周りから痛い子扱いされて泣く泣く諦めた記憶があります。 あの時に買っていれば人生変わっていたかも知れませんね。 かなり個性的なブランドに見えるのですが、世界のファッションに影響を与えてきた数少ない日本のブランドなのです。 こちらの財布もオススメです ヴィヴィアンウエストウッドの特徴とメンズ財布の評価・イメージは?.

次の