アンドロメダ学園 彼女。 サクセス/アンドロメダ学園高校

アンドロメダ学園 サクセス高校野球編

アンドロメダ学園 彼女

スポンサーリンク デッキの組み方は主に3パターン アンドロメダ学園におけるデッキの組み方は• 選手イベキャラのみの編成• 相棒を入れる編成• 彼女候補を入れる編成 の3つのパターンに分けられます 選手イベキャラのみの編成 まず始めに選手イベキャラのみを入れる編成について考察していきます 選手イベキャラのみを入れる場合のメリットは、• 序盤から練習でイベキャラの評価を上げやすい• デッキ全体における得意練習の数が多くタッグが発生しやすい が挙げられます 彼女候補や相棒がいる場合はクリスマスや正月までにイベントを発生させるために評価上げはそちらを優先しがちになってしまいますが、選手イベキャラのみの編成ではコツイベントのある練習やイベキャラがたくさん集まっている練習を踏んでいけるので早期にタッグを組みやすいです また、選手イベキャラの人数が多ければデッキ全体における得意練習の数も多くなるので、タッグの発生率も高くなります 具体的なデッキの組み方としては、ジャベリンを中心に得意練習が打撃と走塁の2種持ちの選手で固めていくのが良さそうです ただ、パワー以外の上限突破5つを揃える際には打撃走塁の2種持ちだけでは固められないので、打撃か走塁のどちらかを得意練習として持つイベキャラを入れて揃えていきましょう 守備上限突破だったら冴木やバス停前田中山辺りが打撃練習が得意ですし、肩上限突破だったらガジェットと黒聖良が走塁練習を得意練習として持つので、これらのイベキャラが候補になりますかね 一方で選手イベキャラのみのデッキのデメリットとしては、• クリスマスやバレンタイン等の定期イベントの恩恵が得られない• VR練習終了後の期間を持て余してしまいがち が挙げられます アンドロメダ学園は練習で稼げる経験点が多いので彼女のイベントで得られる経験点は相対的にそこまで大きくはないかもしれませんが、体力ややる気の回復は練習を踏む回数や効率にも関わってきますからね 選手イベキャラでもバレンタインイベントがあるエプロンシドレミや、エピローグがある冴木や天音等を使って少しでも彼女や相棒の穴を埋めるような編成を組んでいきたいところです また、VR練習終了後も彼女や相棒をデッキに入れていればデートや親交イベントに時間を費やして無駄なく過ごせますが、選手イベキャラのみの場合は効率が悪くなった練習を踏むしかありません ただ、複数タッグが発生すれば少しは経験点の底上げができるので、そういう意味でもこのシナリオでは同じ得意練習を重ねる方が良いと言えます 相棒を入れる編成 続いて相棒入りの編成について考察していきます 相棒入りデッキのメリットとしては、• エールタッグが複数タッグを狙うデッキと相性が良い• VR練習中に体力回復ができるデータセルを貰える• 彼女ほどイベントが豊富ではないが親交イベントを完走させやすい といった点が挙げられます 複数タッグで経験点を稼いでいくシナリオで有用な相棒キャラですが、特にアンドロメダ学園においては練習場所や選手イベキャラをコピーにより増やすことができるのでよりタッグに絡みやすくなっています 基礎ボーナスが重要なシナリオでもありますが、相棒自身も基礎ボーナスを持っているのもポイントですね また、相棒からは通常の練習で体力回復のデータセルを貰えますが、このセルを保有してVR練習をすると練習後に毎回体力を回復してくれます 相棒自身にも練習後に体力回復をしてくれるキャラがいるので、上手く噛み合えばVR練習中は休んだり中途半端なメンタル練習を踏まずに効率の良い練習だけ踏めそうです そして彼女ほどイベントは豊富ではありませんが、正月やエピローグ等のイベントもありますし、親交イベントは全3回で彼女における空デートみたいなものもないので、手軽に金特を取得できます 具体的なデッキの組み方としては選手イベキャラのみの時と同じような打撃走塁中心の編成がやはり強いですかね 相棒は練習を多く踏むために体力回復型でも良いですしコツを取得しにくいシナリオなのでコツ型を組み込んでも面白いかもしれません 野手育成の場合は音美を入れておくと天音とエプロンシドレミと組み合わせることによってミート106を狙えますし、精神ボーナス持ちなので打撃複数タッグで技術に偏るのを防いでくれるのでおすすめです 一方で相棒入りデッキのデメリットとしては、• 彼女候補以上に評価を上げるのが難しい という点が挙げられます 選手イベキャラのみの編成よりデメリットが少なく見えますが、これが結構痛いんですよね と言うのも、彼女候補みたいに恋愛成就のお守りを持ち込んで評価を上げやすくすることができず、せいぜいともだちスタンプで評価を少し上げるくらいしかできません 相棒を練習で追いかけて評価を上げる際に上手く選手イベキャラが絡まないとタッグ発生が遅れてしまいがちになるので、そうなるとデータセルの回収とVR練習の両方で効率が悪くなります イベントでチームメイトの評価を上げたりいいヤツを貰えるイベキャラを組む等の対策をしていきたいところですね スポンサーリンク 彼女候補を入れる編成 最後に彼女候補を入れる編成について考察していきます なおここで言う彼女候補は、選手兼彼女を除いたものになります 彼女候補を入れる編成のメリットとしては、• 定期イベントにおける恩恵が強力• スペシャルタッグの効果を上げるデータセルが貰える といった点が挙げられます 先述した通り彼女とのイベントで貰える経験点はアンドロメダ学園の練習で稼げる経験点からしてみると相対的に少ないですが、体力ややる気の維持がしやすくなります そして彼女候補からは通常の練習でVR練習時のスペシャルタッグの効果をアップするデータセルを貰えるのが強力です 実際どの程度効果があるかは検証しないと分かりませんが、VR練習でそこまで複数タッグを重ねなくても安定して経験点を出しやすくなります データセルはタッグ時に取得すると効果が大きくなりますが、スペシャルタッグのセルも星の数で効果が上がるかどうか調べていきたいですね 彼女入り編成の具体的なデッキの組み方としては、芸がないと思われるかもしれませんがここでも打撃走塁重ねを挙げておきます ただ、スペシャルタッグ効果アップの恩恵が強力なら全体的に得意練習を散らしていくのも悪くないかもしれませんね そして彼女候補は誰を使うかという話になりますが、よく見られているのは覚醒した片桐恋ですね 彼女候補はやる気の維持のができると言いながら告白やデートでやる気が下がる恋を紹介してしまっていますがそれはさておいて… 恋は覚醒により初期評価アップのボーナスを得られますが、 PSRで最大まで上げておけばお守りを持ち込まなくても自己紹介で評価が告白圏内になります そこまで潜在ボーナスを上げてなくても全く覚醒しない場合より練習で追う回数も減りますし、エプロンシドレミとコンボを発生させて評価を上げることも可能です 金特も重戦車と非常に軽くて査定値も高いですし、固有ボーナスでラブパワーの継続率アップの効果も持つので、スペシャルタッグセルと合わせればVR練習でより経験点を稼ぎやすくなるでしょう 一方で彼女候補入り編成のデメリットとしては、• タッグの発生率が低くなる• VR練習後にまとめてデート5回は消化できない といった点が挙げられます タッグの発生率については相棒も単体ではタッグを発生させられないものの、エールタッグで複数タッグは発生させやすい一方で、彼女候補の場合は当然ながらタッグを発生させられないので、経験点稼ぎはVR練習におけるスペシャルタッグセル頼みになってしまいます また、基本的に彼女候補からはデート5回目で金特を貰えるのですが、VR練習期間が終わった後は甲子園まで4ターンしかないため、1回目からまとめてデートを消化することができません それに上で紹介した片桐恋もそうですが彼女候補の中には空デート持ちもいるので、その場合はデート1回目だけVR練習期間中に終わらせてあと4回は終了後に行うという立ち回りだとデートを完走できない恐れが出てきます VR練習ができる期間中も休みコマンド代わりにデートを消化していくようにしましょう スポンサーリンク 終わりに アンドロメダ学園野手育成におけるデッキのパターンを紹介してきましたが、どのデッキでもハマればかなりの経験点を稼ぐことが可能です 今のところは打撃走塁の複数タッグを狙っていくのが一番稼げそうですが、彼女候補の持つスペシャルタッグセルの効果の詳細によってはそこまで枚数を重ねなくても良い可能性もありそうですね 今回の記事がアンドロメダ学園野手デッキで困っている方の参考になれば幸いですが、もし他に強力なデッキが組めるよという方がいらっしゃれば是非とも教えていただけると嬉しいです 私自身もまだまだあまり結果は残せていませんが、これからも色々と試していきたいと思います 今回はこれで失礼します.

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園おすすめイベントキャラ(投手)

アンドロメダ学園 彼女

アンドロメダ学園編• 定期イベント 定期イベントでは、やる気の上げ下げが起きるので、どこで起きるかを知っておくと役立つ。 時期 名称 内容 9月1週 大西覚醒 大西が覚醒する。 (クリアするごとに人数が増え、最大3人) 5月1週 大西と山口 大西と山口が知り合う。 8月1週に1回目の超特訓が発生し、一度実行するとしばらくはできなくなる。 なお、超特訓は下表の確率で再開されるため、育成ごとに超特訓の実行できる回数は変わってくる。 体感的には能力がC~Bぐらいになると失敗しやすくなる。 なお、投手の変化球については、変化球未取得時なら100%習得できるので、ツーシームやムービングファストを覚えさせるのに便利。 また、特殊能力「威圧感」を取得できる、数少ない方法の一つでもある。 超特訓は、野手よりも、育てなければいけないパラメータが少ない投手の方が、恩恵が大きいと思われる。 それぞれの成功確率は以下の通り。 野手 投手 変化球取得率と変化球レベルUP率は以下の通り。 これは基本変化球(基本5種)の場合であり、特殊変化球の場合には成功率が若干下がる。 選択肢の中から好きなものを選んで習得する。 ただし、お目当ての特殊能力が選択肢に無いことも多く、そこは運が必要となる。 成功確率は、取得に必要な経験値が高いものほど低くなっている。 青色が良い特殊能力、 赤色が悪い特殊能力、 緑色がPC用特殊能力。 ダイジョーブ博士連続イベント(通称:遊び禿) アンドロメダ学園のメイン2。 「遊ぶ」コマンドにおいて、公園、神社、ガンダーの他に、アンドロメダ学園の秘密を矢部君と共に暴く連続イベントが発生する。 計4回のイベント後に、ダイジョーブ博士の手術が受けられるため、成功すれば強力な選手の育成が可能。 効果は通常手術の半分だが、投手の場合、変化球強化の恩恵は通常手術と同じため、メリットが大きい。 イベント名 発生時期 発生確率 内容 1. 「秘密のアンドロメダ!」 5月1週~7月4週 低確率 「とにかく野球がうまくなりたい」を選択して成功する。 投手は「制球力に自信」、野球は「力に自信」がおススメ。 (それぞれコントロールD、パワーDくらいになり、経験値効率などが高い。 やる気は、基本的に絶好調をキープする。 経験点が全然違う。 「 超特訓」は出たらすぐに実行するのが基本。 監督がいる練習に出て評価を上げていけば、9月3週の練習試合にスタメンで出場可能。• 甲子園には参加した方が得(決勝戦はイベントで出場不可だが、体力最大値が上がる• 合宿の場合は、実技練習がおススメ。 「威圧感」を取れることも。 4月2週に継承選手が入部するが、クリアごとに人数が増えて最大3人。 強い選手を作る場合には、最低でも3回は当該シナリオをクリアしておく。 操作 野手は全打席ホームラン、投手は6回無失点を狙うのが基本。 難易度をエキスパートにすると、甲子園や猪狩との勝負で特殊能力を得られることがある。 ただし、操作に自信の無い人は、野手はノーマルがおススメ。 ロックオン機能があるので、ある程度合わせるだけで簡単にホームランが打てる。 投手の場合、それほど難易度の差を感じないので、エキスパートが絶対おすすめ。 投手で0点に抑える方法 有効な変化球は、カットボール、スローカーブ、Vスライダー、ツーシームあたり(参照)。 これ以外の変化球は普通に打たれ、1球種しか持たない場合には、かなり苦しい戦いになる。 基本的には、ストレートと変化球を組み合わせて緩急をつけて投げていく。 ストレート、ツーシームは四隅が基本で、2ストライクまでのカウント球として使っていく。 カットボールは、低めのストレートを見せた後に、高めのストライクを少し外れたあたりに投げ込んでやると打ち損じが多い。 なお、同じ配球や、同じ球種を連発すると、読まれて打たれやすい。 これを逆手に取れば、同一変化球を連発した後に、ストレートを投げることで、振遅れや見逃しを誘える。 また、CPUがミートカーソルを動かしたのと逆位置に投げると、高確率で打たれない。 基本的に、1,2球目は打ってこないのでストライクを稼ぎ、そこから見せ球などを使って三振を狙っていく。 ジャイロボールやノビがあると、かなり打たれにくくなる。 変化球の覚えさせ方 数種類の変化球を一度に覚えると、変化球レベルを上げるのに必要な経験点が多くなってしまう。 そのため、まずは1球種を4~6レベルに上げてから、次を覚えてレベルを上げて・・・というのが基本。 アンドロメダ学園編では、序盤からガンガン育てていけるので、それほど苦労しないはず。 育成方針-実践- 基本的には「超特訓」を駆使して、能力値上昇や特殊技能を稼いでいく(成功時には通常練習より効率が良い)。 また、変化球主体の投手を作りたい場合には、「」を狙っていくのも良い。 最初から練習が全てレベル2なのも特徴的。 7月3週~8月1週 最初の2週は「遊ぶ」コマンドを実行し、やる気を絶好調にする。 3周目に「超特訓」コマンドが発生するので実行。 投手の場合、変化球を所持していない状態ならば、100%変化球を覚えられる。 序盤から楽にツーシームやムービングファストを覚えられるので、かなりのアドバンテージ。 能力値が高くなってくると、成功確率が下がっていくので、スタコン Bくらいになったら違う項目に移る。 野手の場合も、能力値が Bくらいになったら次に移る。 ミート、パワー、走力、特殊能力が経験点効率が高い。 8月2週~ 伸ばしたい能力の練習を行い、超特訓が出た場合には実行していく。 何となくでやっていても、試合で活躍し、超特訓を上手く活用すれば、それなりの選手が作れる。 パワフル高校と違い、トクトクキャンペーンは無いので、随時選手を成長させることができ、試合でも活躍しやすい。 特に投手は序盤に育成できるかどうかが、試合結果に大きく関わってくるので、アンドロメダは投手育成にオススメ。 ただし、160kmオーバーなどの速球型投手をつくる場合、経験点が膨大となるため、トクトクキャンペーンを使った方がかなり効率が良い。 そのため、超速球投手をつくるならパワフル高校、変化球投手をつくるならアンドロメダ学園がおススメ。 遊び禿を狙う場合 無理に狙うとなかなかイベントが発生せず、返って弱くなることもある。 最終的に出ても、失敗すれば能力値は下がってしまうので、狙うかどうかは自分次第。 4球種の軟投変化球Pを狙う場合には、遊び禿げを狙うメリットは十分ある。 基本的には、やる気が下がった時に「遊ぶ」を実行するだけでも、3回目のイベントまでは到達可能。 4回目の発生確率はかなり低いため、狙うのならば意図的に「遊ぶ」を実行する必要がある。 5月中には3回目までのイベントを発生させておき、6月に入ったらひたすら「遊ぶ」を実行。 1回目に来れば非常に運がいいが、結局来ないこともある。 そこら辺は運に任せるしかない。 なお、遊び禿を狙う場合には、彼女は作らない方が良い。 育成サンプル•

次の

サクセス/アンドロメダ学園高校

アンドロメダ学園 彼女

アンドロメダ学園適正キャラ 適正キャラの特徴 ・基礎能力上限up持ち ・練習性能が高い ・得意練習率up ・球速or変化球キャラ ・シナリオ固有キャラ ・初期評価が高い ・相棒キャラ ・得意練習二種持ち ・精神ボナ持ち ・イベント内容が優秀 体力回復イベなど 適性キャラ キャラ 解説 ランク [好]守 ・現状唯一の球速上限up、球速変化球タッグ、練習性能が非常に高い。 所持コツ優秀。 SS オクタ ・スタミナ上限up。 変化球スタミナタッグ。 SS 堂江 ・コントロール上限up。 所持コツ優秀、出来れば真怪童を狙いたい。 SS 京子 ・コントロール上限upシナリオ固有彼女キャラ。 デートで病気を治す。 SS 理香 ・スタミナ上限upシナリオ固有相棒キャラ。 真変幻自在を狙いたい。 S [エ]優花 ・コントロール上限up、変化球タッグが非常に強い。 真怪物球威を狙うことも出来る。 S 虹谷 ・球速変化球タッグ、所持コツ優秀。 S [新]降谷 ・真金特を強欲に狙う。 S [不]沢村 ・金特二種入手可能。 真変幻自在狙いも。 S 南 ・金特二種入手確定の優秀な相棒キャラ。 S 小井川 ・コントロール上限up相棒キャラ。 真強心臓を狙う。 S 達也 ・金特二種入手可能。 S アサガミ ・金特二種入手可能。 真変幻自在を狙う。 所持コツ優秀。 S アルル ・コントロール上限up。 真強心臓狙いも出来る。

次の