ガンプラ サイコ ガンダム。 【ガンプラ】HGUC サイコガンダム レビュー

【ガンプラ新作レビュー】MG 1/100 高機動型ザク “サイコ・ザク” experience-ccra-in.ctb.com(GUNDAM THUNDERBOLT版)を作ってみた!!!

ガンプラ サイコ ガンダム

2016年6月30日(木)まで開催している「」。 このキャンペーンはHGUCユニコーンシリーズ付属の応募券をハガキに貼って応募すると、抽選で500名に「ガンダムUCスペシャルマーカーセット グリーンフレームVer. 」が当たるというものです。 ユニコーンガンダムをイメージしたアクリル製専用ケースに収納した豪華なセットになっています。 ここでは、特別企画として、「ガンダムUCスペシャルマーカーセット グリーンフレームVer. 」を使用して、ガンダムマーカーの基本的な使用方法を紹介していきたいと思います。 さて、今回は一歩進んで部分塗装を行い、キットの塗装の一部を変更してみましょう。 グリーンフレームのキットは「フルアーマーユニコーン」として発売されていますが、今回は「ガンダムUCスペシャルマーカーセット グリーンフレームVer. 」に入っているガンダムマーカー・メタグリーンを使って、キットとはニュアンスの異なる仕上げを目指したいと思います。 メタリックカラーは粒子が混入された塗料なので、ガンダムマーカーで塗装する際に厚塗りしてしまうと、粒子が不揃いになってしまいます。 そのため、慎重に手早く塗っていくのがコツです。 また、この部分はクリアーパーツで成形されているので、全てを塗装しなくても問題ありません。 外側から見える部分を確認し、その部分のみ塗装すればOKです。 しかし肩アーマーなどのサイコフレームは、完成後に裏側が見える構造になっています。 せっかくサイコフレームをグリーンで塗装したのに、クリアーピンクの成形色が隙間から見えてしまうと興ざめしてしまうので、完成後に見える部分を十分確認して塗装をするようにしましょう。 最後にバーニアを塗装します。 使用するのはガンダムマーカー・メタバイオレットです。 手順としては、まず竹串などに刺し、持ち手を取り付けます。 その後、縦方向に手早くペンを動かして塗装していきます。 コツとしては、最初に塗った塗料が半乾きになる前に、バーニアを一周塗装すること。 塗料が十分に乾燥したら、パーツを組み上げればOKです。 クリアーグリーンのサイコフレームとは、味わいの異なるユニコーンガンダムが完成しました。 ガンダムマーカーは「素組み派」のためのツールです。 ぜひ、「ガンダムマーカー」を活用して、世界に一つしかない、あなただけの完成品を製作してください。 キャンペーンへのご参加は、店頭で配布中の専用ハガキか官製ハガキでのご応募のみ有効です。 私製はがき、封書でのご応募は無効となります。 官製ハガキに応募券1枚を貼って、必要事項 ご住所、お名前、電話番号、年齢、性別、購入店舗、キャンペーン認知経路 を明記の上、ご応募いただきます。 応募ハガキ1枚を1口とし、お一人様何口でもご応募可能です。 なお、当選の権利はご本人に限らせていただきます。 当選権利の譲渡などはできません。 関連情報• 電撃ホビーウェブ関連記事•

次の

【ガンプラレビューまとめ(HGUC一覧)】Zガンダムに登場する変形モビルスーツ

ガンプラ サイコ ガンダム

旧HGUCガンダムマーク2と大きさ比較。 これが一般販売とは当時のバンダイさんグッジョブ過ぎでしょ…w メチャメチャかっこいいですね。 今回は缶スプレーでフル塗装しました。 イエローのシール部分は、シールにスプレー吹いてから貼るという手抜き仕上げですw 一番手間のかかる部分は脚のフレーム部分(ライトグレー)。 後ろから見ると露出して見えるフレーム部分ですが、ここが ABSパーツになっている上合わせ目が出ます。 色分けは意外にもシールが多め(というか範囲がでかいw)で アンテナとフロントアーマー以外のイエロー部分はシールで補います。 後頭部のセンサー部分(ピンク)はシール自体が付属しないので要塗装。 ……塗るの忘れてしまった。 初代ザ・悪のガンダムですな。 存在感ありまくりで超かっこいい。 サイコガンダムの頭部アップ。 アンテナは軟質素材でした。 モビルフォートレス形態への変形ギミックのため折りたためます。 砲身部分は赤一色成形なので取り付ける前に外側を塗る必要あり。 上半身の黄色部分はシールです。 脚の黄色部分もシール。 ビーム砲搭載のマニピュレータ。 親指は 第3関節が可動。 それ以外の指は 第2関節と第3関節の二箇所が可動するのでかなり自由に曲げられます。 表情の幅がかなり広がるので素晴らしい作りです。 ミノフスキーフライト搭載の シールド。 シールドだけでも並のHGUCの2倍の高さがあります。 シールドは左腕に装着。 基部でかなり自由に角度が付けられます。 しかしながら 重いので胴体と肩の接合部分が経年でユルユルになりました。 ABSゥゥ…… 可動域ですが膝は90度ぐらいまで曲がります。 腕と脚の開きはこのぐらい。 上半身と下半身は一体型なので上半身の回転はなし。 「思い出なんか…記憶なんか…消えてしまえ!!」 マニピュレータで表情付けが出来るので威圧感のあるポーズが取れます。 それではモビルフォートレス形態へ変形させてみます。 シールドを外して付け替える必要はありますが、なんとこのサイコガンダム 完全変形します。 ウィィン……。 アンテナを折りたたんで頭部を収納。 アンテナが軟質素材だったのは変形時に折れにくくするための配慮でした。 モビルフォートレス形態へ変形完了。 実は中がスカスカしていますがあまり目立たないですね。 この存在感よ…。 交通事故を起こしたベン・ウッダーを思い出します 変形後もHGUCリックディアスとガンダムMk-IIを乗せられる大きさと強度。 ゼータヒロインズのフォウ・ムラサメとディスプレイ。 このシリーズめちゃめちゃ出来が良いので一緒に並べるのを強くオススメします。 かなり美人さんな造形になっています。 「カミーユ!」 「機動戦士Zガンダム」に登場するゼータヒロインズのガンプラでディスプレイ。 ニューホンコンでガチバトルしたガンプラでディスプレイ。 「機動戦士ガンダム U. 0094 アクロス・ザ・スカイ」に登場したガンプラでディスプレイ。 HGUCサイコガンダムの感想 ということでHGUCサイコガンダムのご紹介でした。 2004年発売という事でもう10年以上前のガンプラになります。 パーツが大きいのでRGを組むより簡単なので、素組み派のモデラーさんは意外に早く組み上げられると思います。 ただ、 合わせ目を全て消してフル塗装するとかなりの時間がかかるキットです。 先述した通り 脚のフレーム部分にABSが使われており、 合わせ目もバッツリ入っているので消すのがかなり大変。 フロントアーマー以外のイエロー部分もシールになっているので要塗装です。 後頭部ピンクのセンサーはシールもないので要塗装。 パーツがデカイので難易度的には低いですが、 広範囲を処理する事になるのでそれなりに時間がかかりました。 その他に関してはマニピュレータの出来が素晴らしいおかげで表情付けもしやすいし、何より完全変形できる点がホント素晴らしいです。 そしてこのデカさと威圧感・存在感はサイコガンダムでしか出せないのではないでしょうか。 組み終わった後、そのデカさからくる満足感が半端なかったです。 そして ものすごい場所を圧迫した……。

次の

HG

ガンプラ サイコ ガンダム

プレミアムバンダイの受注品となっていて価格は6264円です。 付属品はシールド&ジョイントパーツが付属。 余剰パーツではありますがサイコガンダムの頭部もそのまま組めます。 頭部にはポリキャップを使うのですが、新規ランナーの余剰パーツにポリキャップの形をしたプラパーツがあるので そちらを組み込めば分解する事なく頭部を付け替えられます。 シールもあるのですがこちらも余剰となります。 余剰となるサイコガンダムヘッドに目のシールを貼ったり好みでこのシールを使い黄色ラインを入れたりする事も可能。 ビルドファイターズGMの逆襲に登場したサイコジムがまさかのキット化。 キット自体は以前発売されたサイコガンダムがベースになっていてGM顔になった頭部は新規パーツで再現されています。 カラーは黒から赤色に変更。 首から下はサイコガンダムがそのまま使われていて変形ギミックやパーツ分割なども共通でした。 組み立ては基本スナップフィットですが一部ビスを使う所があるのでプラスドライバーが必要です。 シールドを装備した姿。 キットの配色ですがサイコガンダムより簡略化されていて胸などの黄色ラインが無くなっています。 なのでシールや塗装の必要もなくなり大部分が成形色で再現されるようになりました。 頭部のバルカンや一部のモールドの内部等の細かいグレーを除けば成形色で再現されています。 また頭部を交換する事で赤いカラーリングのサイコガンダムにする事も可能でした。 頭部アップ。 新規パーツでの再現となるGMヘッド。 前後分割のシンプルな分割ですがバイザーはクリアパーツ。 マスク部分のレフレクタービット発射口の展開は再現されず固定となります。 余剰パーツとなるサイコガンダム顔。 ギミックや造形含めHGUC版と同じでツインアイは余剰となるシールが使えます。 胸部は拡散メガ粒子砲が別パーツで再現されています。 バックパックはバーニアがBJで可動。 腰アーマーはフロントとサイドが稼働しノズルのディテールなどもありますがアーマー裏はシンプルな造形。 腕や肩アーマーはモナカ構造が多く合わせ目もそれなりに出ます。 手首は5指全て独立可動。 親指以外は第二関節も可動します。 太腿は白色に変化。 ジョイント穴隠しも変わらずあります。 脚部のフレームは白色からグレーになりました。 フレームや足首は左右分割で合わせ目あり。 足首はBJ接続でアンクルアーマーが可動。 足裏は肉抜きなしです。 可動範囲はサイコガンダムと共通。 肩や肘は軸関節で首はBJ。 腰は固定で肩の引き出しなどもないため派手なポーズは厳しいです。 足首と股関節もBJですが接地や開脚はそこそこ。 膝は90度ほど曲がります。 シールドも成形色が違うのみで構造は共通。 ジョイントパーツを使って前腕に接続します。 関節がシンプルな分しっかりしているので今のところシールドの重さに負けたりする事は無いです。 手持ち武器などはないですが指は細かく動かせます。 スターバーニングやGMGMと並べて大きさ比較。 HGUCサイコがベースなだけありかなりの巨体です。 巨体ではありますがさすがに劇中ほどの体格差にはならない感じです。 ですが片手で掴んだりする事は手首に引っ掛けるようにする事でそれっぽくできます。 腰を捻ったパンチなどはできませんが決着のパンチっぽく。 置いておくだけでかなりの迫力が。 続いて変形ギミックの紹介です。 とはいってもギミック自体はサイコガンダムと変わりません。 まずはシールドを分割しウイングを引き出します。 胴体を前後に割り、肩のプレートやバックパックのフードを起こします。 胴体は収納されていたジョイント棒を引き出し画像のように接続。 太腿のカバーを展開し 脚部のロックを外しフレームを引き伸ばします。 太腿のジョイント穴カバーを外したらフレームを画像のようにたたみ再度ロック。 手首を引き出し内側に曲げ前腕のカバーなどを展開。 そして肩のカバーと繋げて シールドを再度取り付ければモビルフォートレスの完成です。 頭部が隠れるためこの状態ではサイコガンダムと同じになります。 変形自体は要所要所にロックがありカッチリとした変形。 大きいですが特に外れやすかったりするパーツはありません。 この状態でも通常サイズのMSを大きく超える高さがあります。 黒色もですが赤色でも意外とサイコガンダムらしい不気味さがありますね。 最後にサイコガンダムと。 色が違うだけで首下のモールドなども同じです。 以上HGBF サイコジム レビューでした。 サイコガンダムベースだけありHGとは思えない巨体でどちらの形態も迫力満点です。 作り自体はサイコガンダムと変わらないので可動は控えめで派手な格闘ポーズは無理ですが 立たせておくだけでボスらしい存在感はばっちりあります。 あとは余剰パーツ&シールで赤いサイコガンダムが組めるなどの遊び心もあり カッチリした変形も楽しめる良いキットでした。 amazon.

次の