久保田 産婦 人 科 病院 事故。 産科と産婦人科も医師不足に! 影響と対策は?

入院について

久保田 産婦 人 科 病院 事故

小児への使用が原則禁じられた鎮静剤を投与していた問題で、外部評価委の報告を受け記者会見する東京女子医大の吉岡俊正理事長(中央)と同大病院の岡田芳和病院長(右)、林和彦副院長=2014年12月18日、東京都新宿区(写真=時事通信フォト) 賞与は「本給部分の1. 6カ月」 東京の医療が崩壊するのは、もはや時間の問題のようだ。 前回、聖路加国際病院の苦境を紹介したが、()最近になって、『週刊現代』(7月8日号)が「赤字22億円このままでは名門東京女子医大(以下、女子医大)が潰れる」という記事を掲載した。 私もコメントした。 この記事を読んだ友人(女子医大OB)から「以前から聞いていましたが、ここまでひどい状況になっているとは驚きです」とメールが来た。 医療関係者の間で話題となっているようだ。 この記事は、女子医大の吉岡俊正理事長が、6月7日に教職員へ送った文書から始まっている。 「平成28年度の収支差額は22億円の赤字で3年連続の赤字となりました」 「3年連続の赤字により、現在の本学には現預金の余裕は全くありません」 「これ以上、医療収入が減少しますと、法人存続にかかわる危機的な事態になります」 こうした理由から上半期の賞与は「本給部分の1. 6カ月」(前年度は2. 35カ月+扶養手当2カ月)だという。 職員宛の文書で、吉岡理事長は「大変厳しい決定ですが、本学の現状を踏まえた判断です」「現状に対する職員の意識を高め、改善・改革のための具体的な行動が必要です。 患者さんが戻り、医療収入増加に貢献する、あるいは経費削減により収支改善に貢献することがないか、各職員一人一人が当事者意識を持ち、真摯に考え、行動をしてください」と呼びかけている。 2歳児に麻酔薬を大量投与 女子医大の転落のきっかけは、2014年2月、2歳の男児が麻酔薬「プロポフォール」を大量投与されて亡くなった医療事故がきっかけだ。 事故を受けて、厚生労働省は特定機能病院の承認を取り消した。 事故の前、女子医大の収入に占める補助金の割合は9. 3%だった。 15年度の決算では4. 1%にまで減っている。 患者も減った。 過去2年間で外来患者は約19万人、入院患者は約7万3000人減った。 だが、女子医大の幹部の危機意識は希薄で、派閥抗争に明け暮れた。 吉岡俊正理事長一派は、この事故の責任を問うとして笠貫宏・学長、高桑雄一・医学部長(いずれも当時)を解任し、法廷闘争を仕掛けた。 前出の女子医大OBは「患者を紹介しようとしても、理事長派と学長派の対立が医局の内部部にまでおよんでいるのか、手術をしてもらえませんでした。 これじゃ患者も減ります」と嘆く。 女子医大の「身から出たさび」という見方も可能だが、事態はそれほど単純ではない。 なぜなら、昨今の医療費の抑制政策が続く限り、都内の総合病院が破綻するのは避けられないからだ。 女子医大は、医療政策の被害者という側面もある。 背景を解説しよう。

次の

【重大医療事故?】愛媛・今治の産婦人科はどこ?医師の名前は?

久保田 産婦 人 科 病院 事故

久保田産婦人科麻酔科医院を閉院するにあたって 少子化対策の前に! 国は少子化対策に待機児童の解消・教育の無償化などの育児支援を唱えていますが、少子化の改善にどれだけの効果があるのか心配です。 そう考える理由は少子化対策に於いて最も重要な妊婦支援(図46)が欠如しているからです。 何故ならば、新生児管理の基本である出生直後の体温と栄養に関するお産の設計図(産科学教科書)が根底から間違っているからです。 日本で発達障害が増える理由は、母乳が滲む程度しか出ない生後3日間、糖水・人工ミルクを全く飲ませない完全母乳で哺育された赤ちゃんが世界一の飢餓(低栄養+脱水)に陥っているからです(図32)。 教科書の間違いとは、日本産婦人科医会が完全母乳(母乳分泌不足)による出生直後からの著しい体重減少(飢餓)を生理的体重減少と定義していることです(図31)。 そのため赤ちゃんの飢餓が放置され脳の発達に悪影響を招いています。 赤ちゃんを出生直後に低体温症や飢餓に陥らせる医療行為はまさに児童虐待(ネグレクト)そのものです。 私は早期新生児の低血糖症と飢餓こそが発達障害の主原因と考えています。 私は1983年の開業当初から、発達障害の原因と予防法についての研究を行ってきました。 発達障害の予防に関する周産期側からの研究は世界でも例がありません。 長年の研究で解明できたことは、発達障害は遺伝やワクチンなどではなく、早期新生児の冷え性と飢餓による低血糖症・重症黄疸・脱水が原因と確信し得たことです 図44。 厚労省や医学会などが推進する母乳育児推進運動が日本の赤ちゃんを低血糖症・重症黄疸・脱水に陥らせているのです(図23・図45)。 この事は平成27年3月12日に自由民主党本部(障碍児者調査会:衛藤 晟一会長)において、発達障害の原因と予防策について講演させて頂きましたが、3年経っても何ら改善されません。 発達障害の原因とされる新生児の低血糖症・重症黄疸・高Na血症性脱水は母乳が満足に出ない生後数日間の飢餓が原因です。 幸い、それらの疾病はお産に予防医学を取り入れた久保田式新生児管理法(生後2時間の保温+超早期混合栄養法)でほぼ完全に防ぐ事が可能です(図26・図43)。 お産に予防医学を導入し病気を防ぎ無駄な医療費を削減することによって、少子化対策(妊婦支援+育児支援)に予算を充当することが出来ます。 小池都知事が災害時用に「液体ミルク」の準備を進められている様に、出産直後の母乳が出ていない時期(とくに、生後3日間)には人工ミルクを積極的に飲ませ赤ちゃんを飢餓から守るのが新生児管理の基本です。 当院は開業当初(1983年)から閉院する2017年7月まで34年間 約15000人の赤ちゃんに対して、久保田式新生児管理法(図26)を行ってきました。 事実、当院で生まれた赤ちゃんに発達障害児が極めて少ないとの情報が市関係者や福岡市立こども病院の小児科医からありました。 情報公開が可能になれば発達障害の原因解明・予防策は簡単です。 発達障害は遺伝病ではなく予防可能である事を知った妊婦さんは安心して自信をもって妊娠・出産に臨める様になります。 個人情報保護法の厚い壁が医学の進歩を妨げ、発達障害児を増やし、少子化を加速させているのです。 私は平成29年7月に医療法人 久保田産婦人科麻酔科医院を閉院しましたが、この度、『妊婦と赤ちゃんに学んだ冷え性と熱中症の科学』の本を東京図書出版から11月7日に上梓しました。 日本のお産の常識(自然主義)がいかに非科学的か、科学(予防医学)の知識が届かないところで発達障害児・医療的ケア児・脳性麻痺が増えているのです。 この事実を周産期医療の関係者だけでなく、他科の医師・医学生・助産師・看護師・保育士・保健所・政治家・報道などに是非とも知って頂きたく、産科開業医の生の声(書籍)をお届けする次第です。 厚労省が後援する『赤ちゃんに優しい病院 BFH 』の認定制度が日本に存続する限り発達障害は増え続けます。 何故ならば、助産師の多くがカンガルーケアと完全母乳を積極的に行う赤ちゃんに優しい病院の助産師学校出身者だからです。 助産師への誤った教育が赤ちゃんを飢餓に陥らせているのです。 発達障害の増加に歯止めを掛けるためには、まず助産師教育の見直しを急がなければなりません。 日本のお産の一番の間違いは病気(発達障害)を防ぐ為の予防医学が欠如している事です。 この本は、当院で出生した約15000人の赤ちゃんからの皆様へのメッセージです。 日本の明るい未来のために役に立てて頂ければ幸いです。 平成30年1月7日 久保田史郎(医学博士) 日本産科婦人科学会専門医、麻酔科標榜医 株式会社 風(かぜ) 久保田生命科学研究所(代表) 佐賀市富士町下無津呂三本松1559 電話:090-1178-7024.

次の

久保田産婦人科病院の口コミ・評判(24件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

久保田 産婦 人 科 病院 事故

小児への使用が原則禁じられた鎮静剤を投与していた問題で、外部評価委の報告を受け記者会見する東京女子医大の吉岡俊正理事長(中央)と同大病院の岡田芳和病院長(右)、林和彦副院長=2014年12月18日、東京都新宿区(写真=時事通信フォト) 賞与は「本給部分の1. 6カ月」 東京の医療が崩壊するのは、もはや時間の問題のようだ。 前回、聖路加国際病院の苦境を紹介したが、()最近になって、『週刊現代』(7月8日号)が「赤字22億円このままでは名門東京女子医大(以下、女子医大)が潰れる」という記事を掲載した。 私もコメントした。 この記事を読んだ友人(女子医大OB)から「以前から聞いていましたが、ここまでひどい状況になっているとは驚きです」とメールが来た。 医療関係者の間で話題となっているようだ。 この記事は、女子医大の吉岡俊正理事長が、6月7日に教職員へ送った文書から始まっている。 「平成28年度の収支差額は22億円の赤字で3年連続の赤字となりました」 「3年連続の赤字により、現在の本学には現預金の余裕は全くありません」 「これ以上、医療収入が減少しますと、法人存続にかかわる危機的な事態になります」 こうした理由から上半期の賞与は「本給部分の1. 6カ月」(前年度は2. 35カ月+扶養手当2カ月)だという。 職員宛の文書で、吉岡理事長は「大変厳しい決定ですが、本学の現状を踏まえた判断です」「現状に対する職員の意識を高め、改善・改革のための具体的な行動が必要です。 患者さんが戻り、医療収入増加に貢献する、あるいは経費削減により収支改善に貢献することがないか、各職員一人一人が当事者意識を持ち、真摯に考え、行動をしてください」と呼びかけている。 2歳児に麻酔薬を大量投与 女子医大の転落のきっかけは、2014年2月、2歳の男児が麻酔薬「プロポフォール」を大量投与されて亡くなった医療事故がきっかけだ。 事故を受けて、厚生労働省は特定機能病院の承認を取り消した。 事故の前、女子医大の収入に占める補助金の割合は9. 3%だった。 15年度の決算では4. 1%にまで減っている。 患者も減った。 過去2年間で外来患者は約19万人、入院患者は約7万3000人減った。 だが、女子医大の幹部の危機意識は希薄で、派閥抗争に明け暮れた。 吉岡俊正理事長一派は、この事故の責任を問うとして笠貫宏・学長、高桑雄一・医学部長(いずれも当時)を解任し、法廷闘争を仕掛けた。 前出の女子医大OBは「患者を紹介しようとしても、理事長派と学長派の対立が医局の内部部にまでおよんでいるのか、手術をしてもらえませんでした。 これじゃ患者も減ります」と嘆く。 女子医大の「身から出たさび」という見方も可能だが、事態はそれほど単純ではない。 なぜなら、昨今の医療費の抑制政策が続く限り、都内の総合病院が破綻するのは避けられないからだ。 女子医大は、医療政策の被害者という側面もある。 背景を解説しよう。

次の