子供歯磨き動画。 歯磨きをしない子供はどう対処する?楽しむ工夫から習慣に

何歳から?歯磨きの必要性と虫歯の影響を子供に教えよう

子供歯磨き動画

子供が歯磨きを嫌がる原因は? 子供が歯を磨く時に嫌がる理由は色々と挙げられていますが、やはり一番なのは「イヤイヤ期」だからでしょう。 ご飯食べるのイヤ。 寝るのイヤ。 というように、歯磨きもイヤなのでしょうね、そういうイヤイヤしたい時期って誰にでもあるんですよ。 他にも、以前お母さんが歯磨きした時に痛かったりとか、のどの奥まで磨かれておえってなったりした経験があるとか、原因は子供半分親半分ですね。 自分に心当たりありませんか? 磨いてあげてるけど、いつも嫌がるのにイライラして、ついつい強く磨いていたり。 怒鳴りながら歯磨きをしたりと、子供が怖がるような事、してないって言いきれますか? その中で親がやってはいけない事は「無理矢理押さえつけて歯磨きをする」ことと「ぐずっている時に歯磨きを強要する」ことです。 無理矢理押さえつけられて、強い力でゴシゴシされたら子供は痛いし泣きわめくでしょう。 歯磨き=痛い事と覚えてしまいます。 絶対に止めましょう。 大切なのは、子供の様子をうかがったりして大丈夫な時に聞いてみたり、お母さんが一緒に楽しく歯を磨いてあげる事です。 子供が歯磨きを嫌がる時の対処法は? 個人的に一番好きだったのは、教育番組の歯磨きコーナーでしたね。 大好きな着ぐるみキャラが一緒に歯磨きしてくれたり。 軽快な歯磨きソングを歌ってくれたりして、それにお母さんが一緒に歯磨きしてくれたら、子供はウキウキでしょうね! 他にも、某動画サイトにも歯磨きの歌がいっぱい投稿されてますよね、あれも中々良いと思います。 もし、どうしても歯磨きを嫌がる時は歯医者に行くことを勧めます。 「歯医者で歯磨き講習やるの」いえいえ、子供に歯磨きを覚えさせるのはあくまでお母さんの仕事です。 歯医者では、子供の歯のフッ素加工をしてもらいます。 フッ素は虫歯を予防してくれるので、歯磨きに慣れるまでは良いとおもいます。 しかし、だからといって歯磨きをしなくていいというわけではありません!歯磨きの習慣は生きていくために大切なことなんですよ! 子供が幼稚園に入って、周りの子が歯を磨いているのに自分の子だけしなかったら、周りの子がおかしいと言い始めてしまうでしょう。 歯磨きはとても大切なことなので、ちゃんと習慣化させてあげましょう。 子供が歯磨きしている時に出血した時の対処法 なんで出血してしまうのか?それはですね、もともとの歯磨きの仕方が悪くて歯茎を傷つけてしまっている可能性があるからなんですよ。 他にも、食べカスが溜まって歯肉炎になったりして出血することがあります。 対処法ですが、やはりちゃんとした歯磨きの仕方を覚えるしかありません。 小児歯科などで、歯磨きの仕方を教えてくれるので行ってみるといいでしょう。 また、歯磨き粉にも問題があるかもしれません。 大人が使う歯磨き粉は大体ミント味です。 子供ってミント味に敏感なんですよ、子供の頃ミントになんとなく嫌悪感抱きませんでした? いまでも、ミント味のアイスとか食べると、歯磨き粉の味だって言う大人いますよね?(私はミントアイス好きなので、決して歯磨き粉味ではないと思う) おすすめなのは、やはり小児用のジェルタイプの歯磨き粉です。 小児用の歯磨き粉には発泡剤や研磨剤など含まれていないので、子供が誤飲しても大丈夫ですよね。 歯の磨き方もゴシゴシ磨くのではなく、歯ブラシの頭でやさしく撫でるようにすると、出血しない力強い歯茎になります。 まとめ いかがでしたか?お母さんたちは、試行錯誤して歯磨きを教えていたんだなと私は実感…、お母さん、歯磨き嫌がってごめんよ…。 出血に関しては、本当磨き方なので、病気とかではないですが、異常なほど大量出血する場合はさすがに病院へ行ってください。 味付き歯磨き粉もいいですよね!でもあれ私いつもわざと飲み込んじゃうんですよ~だって甘くて美味しいんだもの。 またいっぱい勉強になりましたね!.

次の

子供の歯磨きがしんどい。新歯ブラシ&動画で革命…!?

子供歯磨き動画

子供が歯磨きを嫌がる原因は? 子供が歯を磨く時に嫌がる理由は色々と挙げられていますが、やはり一番なのは「イヤイヤ期」だからでしょう。 ご飯食べるのイヤ。 寝るのイヤ。 というように、歯磨きもイヤなのでしょうね、そういうイヤイヤしたい時期って誰にでもあるんですよ。 他にも、以前お母さんが歯磨きした時に痛かったりとか、のどの奥まで磨かれておえってなったりした経験があるとか、原因は子供半分親半分ですね。 自分に心当たりありませんか? 磨いてあげてるけど、いつも嫌がるのにイライラして、ついつい強く磨いていたり。 怒鳴りながら歯磨きをしたりと、子供が怖がるような事、してないって言いきれますか? その中で親がやってはいけない事は「無理矢理押さえつけて歯磨きをする」ことと「ぐずっている時に歯磨きを強要する」ことです。 無理矢理押さえつけられて、強い力でゴシゴシされたら子供は痛いし泣きわめくでしょう。 歯磨き=痛い事と覚えてしまいます。 絶対に止めましょう。 大切なのは、子供の様子をうかがったりして大丈夫な時に聞いてみたり、お母さんが一緒に楽しく歯を磨いてあげる事です。 子供が歯磨きを嫌がる時の対処法は? 個人的に一番好きだったのは、教育番組の歯磨きコーナーでしたね。 大好きな着ぐるみキャラが一緒に歯磨きしてくれたり。 軽快な歯磨きソングを歌ってくれたりして、それにお母さんが一緒に歯磨きしてくれたら、子供はウキウキでしょうね! 他にも、某動画サイトにも歯磨きの歌がいっぱい投稿されてますよね、あれも中々良いと思います。 もし、どうしても歯磨きを嫌がる時は歯医者に行くことを勧めます。 「歯医者で歯磨き講習やるの」いえいえ、子供に歯磨きを覚えさせるのはあくまでお母さんの仕事です。 歯医者では、子供の歯のフッ素加工をしてもらいます。 フッ素は虫歯を予防してくれるので、歯磨きに慣れるまでは良いとおもいます。 しかし、だからといって歯磨きをしなくていいというわけではありません!歯磨きの習慣は生きていくために大切なことなんですよ! 子供が幼稚園に入って、周りの子が歯を磨いているのに自分の子だけしなかったら、周りの子がおかしいと言い始めてしまうでしょう。 歯磨きはとても大切なことなので、ちゃんと習慣化させてあげましょう。 子供が歯磨きしている時に出血した時の対処法 なんで出血してしまうのか?それはですね、もともとの歯磨きの仕方が悪くて歯茎を傷つけてしまっている可能性があるからなんですよ。 他にも、食べカスが溜まって歯肉炎になったりして出血することがあります。 対処法ですが、やはりちゃんとした歯磨きの仕方を覚えるしかありません。 小児歯科などで、歯磨きの仕方を教えてくれるので行ってみるといいでしょう。 また、歯磨き粉にも問題があるかもしれません。 大人が使う歯磨き粉は大体ミント味です。 子供ってミント味に敏感なんですよ、子供の頃ミントになんとなく嫌悪感抱きませんでした? いまでも、ミント味のアイスとか食べると、歯磨き粉の味だって言う大人いますよね?(私はミントアイス好きなので、決して歯磨き粉味ではないと思う) おすすめなのは、やはり小児用のジェルタイプの歯磨き粉です。 小児用の歯磨き粉には発泡剤や研磨剤など含まれていないので、子供が誤飲しても大丈夫ですよね。 歯の磨き方もゴシゴシ磨くのではなく、歯ブラシの頭でやさしく撫でるようにすると、出血しない力強い歯茎になります。 まとめ いかがでしたか?お母さんたちは、試行錯誤して歯磨きを教えていたんだなと私は実感…、お母さん、歯磨き嫌がってごめんよ…。 出血に関しては、本当磨き方なので、病気とかではないですが、異常なほど大量出血する場合はさすがに病院へ行ってください。 味付き歯磨き粉もいいですよね!でもあれ私いつもわざと飲み込んじゃうんですよ~だって甘くて美味しいんだもの。 またいっぱい勉強になりましたね!.

次の

子供が歯磨きをしないこんな理由と動機付けのポイント

子供歯磨き動画

最初に歯ブラシを持たせたときには楽しんで歯を磨いていたのに、あるタイミングから突然嫌がるようになってしまった、ということもあるのではないでしょうか。 お母さんが仕上げ磨きをしているうちはよいですが、実際にお子さんがひとりで歯みがきをし始めた段階で、いやな記憶から雑な磨き方をしてしまうかもしれません。 適切な磨き方ができていないと、歯の汚れをしっかりと落とすことができず、虫歯になりやすくなります。 そうならないためにも、早いタイミングで歯磨きがいやな理由を丁寧に聞いて、その理由を取り除いてあげましょう。 歯磨きは楽しいもの、大切なものだと感じさせることができれば、子供の歯磨き問題は大前進といえます。 歯や歯茎にブラシが触れる感覚が気持ち悪かったり、そもそも固いものが口に入ることに拒否感を覚えたりします。 特に口の下側よりも上側に歯ブラシが触れることを嫌がるお子さんが多いようです。 このような場合にはまず、歯ブラシに慣れることから始めます。 最初はガシガシと噛んでしまっても問題ないような、赤ちゃん用の歯ブラシを選択するとよいでしょう。 大人は吐き出すことができますが、子供はまだそれが上手にできないため苦しくなってしまいます。 この場合には、唾がたまってきたなというタイミングで、一度吐き出すようにうながします。 また、長時間口をあけているとあごが疲れてしまうので、唾を吐き出すタイミングで少し休憩をさせてあげるのもよいでしょう。 また、お子さんが嫌がっているからこそ、短時間で仕上げ磨きを終わらせてあげようと、強い力で歯を磨いてしまっていることもあると思います。 しかし、これは逆効果です。 お子さんのことを思っての行動なのはとてもよくわかりますが、お母さんの方も少し力を抜くようにしましょう。 歯磨き時間は楽しい、お母さんと仲良くできる、というイメージをお子さんに持ってもらえるよう、優しく、笑顔でいることを心がけてみてください。 イヤイヤ期の乗り越え方 子供が歯磨きを嫌がるのには必ず理由があるとお伝えしてきましたが、イヤイヤ期では例外もあります。 すべてのことを理由なく嫌がり、お母さんを困らせるこの時期の歯みがきでは、以下のことを意識して対処してみましょう。 これまでは、とにかく歯磨きをしてくれさえすればいい、というレベルだったのに対し、正しい歯ブラシの持ち方や、前歯と奥歯の磨き方の違いなどを教えてあげて、お子さんのやる気と自立性を後押ししてあげましょう。 歯磨きをいやだといえば、お母さんが追いかけてきてくれると思っているのですね。 もちろん、お子さんとのスキンシップとしてあるていど対応してあげることは大切ですが、忙しい朝などはどうしても難しいこともあります。 しかし、お子さんがかまってほしいと求めているのをスルーするのは、お母さんにとっても精神的な負担になりますよね。 そこで、「この時間にこれだけはやらなければならない」というリストを作り、リストにある作業が完了するまでは、お子さんのかまってをスルーするという習慣をつけてみましょう。 そうすることで、この時間はお母さんがかまってくれない、歯磨きをすればお母さんと触れあうことができるとお子さん自身が気づき、次第に自ら歯磨きをするようになっていきます。 「歯磨きできたで賞」などのルールをつくって、ごほうびのシールを渡してあげるのもよいですね。 毎日貼られていくシールが、イヤイヤ期のお子さんのモチベーションとなってくれるかもしれません。 子供が喜ぶ歯ブラシ・歯磨き粉選び 歯ブラシ選び 歯磨きを嫌がる理由に応じて、その理由をやわらげることができる歯ブラシを選ぶようにしましょう。 子供用の歯ブラシは、成長段階や用途に応じてさまざまなものが売られています。 ドラッグストアなどでお子さんと一緒に選んでみるのもよいですね。 歯磨き粉選び 歯磨き粉選びを工夫することで、お子さんの歯磨き嫌いを克服できる可能性があります。 何種類か用意しておき、日替わりで使い分けをしても楽しいですね。 子供用といっても個人差で辛いと感じてしまうものもあるので、新しいものを用意した際には、辛くないかを確認してあげるとよいでしょう。 このタイプは歯磨き中の口の中がよく見えるので、仕上げ磨きの際も磨き残しを防ぐことができます。 歯磨きを楽しめるツールを活用 歯磨き動画を活用 スマートフォンやタブレットなどで見ることができる歯磨き動画を活用してみましょう。 お子さんにとっては苦痛な歯磨きでも、軽快な音楽を聞いたりかわいい絵を見たりすることで、楽しい時間を演出することができます。 また、動画を見ている間は歯磨きをするというルールづくりをすることで、2〜3分間の歯磨き時間を習慣化できます。 歯磨き絵本を活用 普段読む絵本の中に、歯磨きに関する絵本も加えてみましょう。 普段から歯磨きを身近に感じさせ、歯磨きをしないとどうなってしまうか絵本を使ってやさしく伝えることで、お子さんに歯みがきの必要性を感じてもらえます。 絵本のやさしいイラストがあるだけで、お子さんもイメージしやすくなるかもしれません。 歯磨きアプリを活用 スマートフォンなどの普及により、ゲームをしながら楽しく歯磨きトレーニングができるアプリもリリースされています。 歯磨きをコミュニケーションの時間に 歯磨きタイムはやわらかな表情で 嫌がるお子さんにどうにかして歯磨きをしてもらおうと、必死になってしまうお母さんも多いかと思います。 そのため、ついお子さんを抱く手に力が入ってしまったり、険しい表情になってしまったり、声を荒げてしまったりすることはありませんか? ただでさえ歯磨きを苦痛に感じているところに、お母さんが怖い顔になってしまっては、お子さんの歯磨き嫌いはさらに加速してしまいます。 歯磨きをさせるとき、仕上げ磨きをするときは、意識してやわらかな表情になるよう心がけてみてください。 できたらほめてあげる ささいなことでも「できたことをほめる」を意識してみましょう。 ほめられれば次に歯磨きをするときのモチベーションにつながりますし、お母さんにほめられたいという気持ちから、もっと一生懸命に歯磨きをすることが期待できます。 歯磨きはスキンシップととらえて 歯磨きタイムはお母さんと仲良くできるうれしい時間と感じてもらえるよう心がけてください。 例えば、仕上げ磨きのときにお子さんが喜ぶ体勢で抱っこしてあげたり、上手に磨けたらぎゅっと抱きしめてあげるなど、親子のスキンシップ時間の中に歯磨きがあるととらえてみるとよいでしょう。 また、親子で一緒に並んで歯磨きをしたり、「お母さんの歯もみがいてくれる?」などといったやりとりも効果的です。 まとめ 子供の歯磨き嫌いは、放置していい問題ではありません。 お子さんが自ら歯磨きをしようという気持ちになるような環境を整備してあげるのが、お父さん・お母さんのつとめといえるでしょう。 あのとき、もっとしっかり歯みがきをさせておけばよかったと後悔することのないよう、お子さんが嫌がる理由に応じた対処法を試してみてください。 そしていつか、お子さんが歯磨きを好きになれるよう、お子さんと一緒に楽しく歯みがきをしましょう。

次の