人 に どう 思わ れる か 気 に なる。 【ACの特徴】人にどう思われるかが異様に気になる

「人から嫌われても」全く気にしない人の共通点

人 に どう 思わ れる か 気 に なる

<目次> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「一般常識」や「社会常識」と呼ばれることって? 人々がいう常識とは、具体的にどんなことを指すのでしょうか。 まずは日本社会において「一般常識」や「社会常識」といわれることを、4つピックアップして紹介します。 (1)初対面や目上の相手には敬語を使う 日本では、初対面の相手や目上の相手に対して敬語を使うべきとされています。 中には「尊敬できる相手にしか敬語は使いたくない」と考える人もいます。 しかし日本では、適切に敬語を使えない人は非常識と思われかねないのが実情です。 (2)電話をかけるときは早朝・昼食時間・夜間を避ける 電話をかける時間帯にも、常識・非常識があるといえるでしょう。 ・早朝 ・お昼時 ・夜間 日本では、これらの時間帯に電話をかけることは失礼に当たります。 この常識はビジネスシーンだけでなくプライベートシーンにも当てはまりますので、ぜひ意識しておきたいところです。 (3)TPOに合わせてあいさつをする TPOに合わせてあいさつをすることも、日本においては常識といえる行動です。 裏を返せば、これらのあいさつができない人は非常識だと思われる、ということです。 (4)食事中・仕事中は机に肘をつかない 姿勢にまつわる常識も、知らないと恥ずかしい思いをするかもしれません。 中でも肘をつくという行為は、食事中や仕事中に行うと常識がないと思われやすい行為。 食事や仕事に関するマナーは、他にもいろいろあります。 社会常識を身に付けたい人は、一度チェックしてみるといいでしょう。 「世間知らず」と言われて、気になったことはありませんか? 「なんでそう思われたんだろう?」 自分のどのような行動が相手に「世間知らず」と思わせたのか分からなければ、改善のしようもありませんよね。 また、その人やそのさま」(『デジタル大辞泉』小学館)を意味します。 世の中の事情とは、「社会で何が起こっているのか?」や「社会で生きていく上で必要な情報」などを指します。 「今世界で何が問題となっているのか知らないとは世間知らずだな!」というように、世の中で常識とされていることを知らないときに、「世間知らず」という言葉が使われます。 相手の気持ちを思いやることが、比較的難しい人に多い傾向です。 社会や仕事のために自分をコントロールする力が身に付いていないのです。 また、責任感がないことで仕事に対する積極性を欠いてしまうこともあります。 また、その的外れな言動から「天然」と言われることもあります。 周りの人々と歯車が噛み合わないことが「世間知らず」で生きてきた印象を与えてしまいます。 しかし、そうではなく相手の言うことを鵜呑みにしてしまう、バカ正直に相手の言う通りにしてしまうのは、世間知らずと思われてしまいます。 それが身に付いていないことは、社会での経験が浅いと相手に思われてしまいます。 インターネットやSNSで情報が入手しやすい時代だからこそ、その情報に触れていないことは世間知らずの印象を強く与えてしまうのかもしれません。 よって、あいさつすらできないと「世間知らずだ」と思われてしまいます。 また、社会で対人関係を構築することができないと判断されてしまうこともあります。 よって、できないことが多く何でも人に任せてしまうことは、それだけ社会での経験の少ないと思われてしまいます。 自分のことを世話してくれる誰かに任せきりになってしまうと、自分では社会と関わっていないとされ、世間知らずと言われる原因にもなってしまいます。 社会や周りの人が自分に合わせてくれる感覚が強いので、関係を円滑にする方法や社会性を自分から積極的に学ぶことが少なくなってしまいます。 例えば、スーツを着ないことや敬語を使わないことをポリシーとしている人もいますよね。 それらは分かりやすい例ですが、「世間知らず」と言われてしまうのは、自分では気付かないこだわりがあるのかもしれません。 心理学では、そのような感情を「特別意識」ということがあります。 周りと同じようにしていないことで、自分の特別さを主張しているのです。 あえて世間に合わせないことがアイデンティティーになっているのです。 そもそも社会の中で他者と関わっていくことに意欲がないのならば、世間のことに疎くなってしまうのも当たり前です。 研究や創作、勉強に一人で没頭して生きる学者や芸術家などのタイプに多いかもしれません。 社会の中で今何が起こっているのか概要を把握している程度でも大丈夫です。 また、もし誰かと話していて知らないことが出てきたら、その場でそれについて積極的に知ろうとする態度でいてください。 学ぼうとする意欲が伝わることで、知らないことがあったとしても世間知らずという印象を持たれることはありません。 できないことは新しいことを学ぶチャンスでもあります。 自信のなさから行動を起こさないと、自らの可能性や成長のチャンスも逃してしまいます。 また、あいさつすることもそうですよね。 相手の立場になって考えて行動することで、社会性や常識は自然と学んでいけるものです。 ルールや勉強と思うと苦手意識が出てくるかもしれません。 相手を心地よい気分にさせるにはどうすればいいだろう? という視点を持ってみてくださいね。 まずは周りに興味を持ってみよう 「世間知らず」と言われてしまうことは、必ずしも悪いことではありません。 ただ、世間知らずと言われて気にしてしまうことがあるのなら、それをきっかけに新しい可能性を開いていくチャンスかもしれませんよ。 まずは、自分の生きる社会に興味を持ってみること。 そこから始めてみましょう。

次の

他人(ひと)からどう思われているか気になるときは?自己肯定感を高める6つの方法

人 に どう 思わ れる か 気 に なる

他人軸、自分軸・・・という言葉があります。 他人軸とは、「他人に対して自分はどうなのか」ということが基準になっている考え方、生き方を指します。 この生き方は、人と競って、比べて、生きる生き方でもあるのかも知れません。 自分軸とは、「自分がどうありたいか」ということが基準になっている考え方、生き方です。 この生き方では、人にどう思われるか、人に勝つこと負けること、人からの評価・・といったものは、どちらかというとあまり関係なくて、自分自身がどう思うか・・ということを大切にしてゆく生き方でもあると思います。 今回は、他人軸、自分軸とは何か?また、自分軸で考え、生きるということはどういうことか?・・ということについて見てゆきたいと思います。 お知らせ: では心が自由なる考え方や悩みの解消方法について、毎日発信しています。 他人軸と自分軸の違いとは? 他人軸と自分軸の違いを少し、比較してみたいと思います。 例えば・・ 勝とうとします。 他人軸では、他人に対して勝とうとします。 自分軸では、自分に対して勝とうとします。 挑戦します。 他人軸では、誰かに対する挑戦です。 自分軸では、自分に対しての挑戦です。 自分を磨きます。 他人軸では、誰かよりも輝くために自分を磨きます。 自分軸では、自分が成長することに喜びを感じるから自分を磨きます。 自分を評価、判断します。 他人軸では、他者が下す評価がイコール、自分の評価です。 自分軸では、自分の評価は自分で下します。 自信を持とうとします。 他人軸では、誰かよりも優れた結果を出すことで自信を持とうとします。 自分軸では、過程を意識することで、自信を持とうとします。 人のことを気にします。 他人軸では、人にどう思われるだろうか?と考えます。 自分軸では、自分があの人だったらどう思うか?と考えます。 さて、ここまで簡単に他人軸と自分軸の違いについてご紹介してきましたが、他人軸と自分軸、どちらかに極端に傾いて生きている方は少ないかも知れません。 どちらに寄って生きているか・・ということになるかも、知れません。 また、例えば、人と比べたり、競ったりすることは悪いことではないように思います。 時には、人と切磋琢磨すること、負けてたまるかという強い思いが自分だけではたどり着けないところへと導いてくれることもあるかも知れませんから。 ただ、自分は他人軸に傾き過ぎて疲れることが多い、やる気を失ったり、気力を失ったりすることが多い・・もし、そんな風に感じた時は、もう一つの生き方、自分軸の方に少しだけ、シフトしてみてもいいのかも知れません。 自分軸の生き方に寄ってゆくと、人と比べる必要が少なくなってゆきます。 誰かに勝って喜ぶこともなくなりますが、誰かと比べて劣っていると落ち込むこともなくなります。 そう思うと、自分軸で生きてみるというのは、1つの劣等感を乗り越える方法でもあるのかも知れません。 また、自分軸で生きようとしてみると、自分が本当にやりたいことが見えてくることもあります。 そして、人間関係が何故かうまくいきだすこともあります。 自分軸で生きれば他人との違いを認められる ここからは少し、自分軸で生きるとは、どういうことか?ということについて見てみたいと思います。 「自分軸で生きる」・・なんていうと自己中心的であったり、他人には興味を持たない生き方のように聞えてしまうかも知れません。 ただ、本当の意味で「自分軸」で生きるということは、自分の思いや自分が自分でいることを大事にする生き方だと思います。 人は不思議と自分が自分に対してしていることを無意識のうちに人にもしようとする・・そんな特徴があるようです。 だから、 自分の思いや自分が自分でいることを大事にしようとする人は、無意識のうちに相手の人が相手の人でいることも、同じように大事にしようとする、尊重しようとする人でもあるように思います。 自分のままでいい・・そう思えない限り、きっと相手にも同じようには思えないのかも知れません。 自分のままでいい・・そう思えた時、相手も相手のままでいいんだと思えて、相手と自分の違いを認められるのかも知れません。 そして、そういう思いが人間関係を円滑にしてくれることもあります。 「自分軸」だと、ブレない自分になれる 他人軸で考えようとすると、例えば、人にどう思われるか?人はどう感じるだろうか?人の目にはどう映るだろうか?ということが気になってしまうことがあります。 他人の判断、評価が基準になるためです。 人にどう思われるだろうか?ということは悪いことではなくて、むしろ、いいことだと思います。 ただ、人にどう思われるか?ということを過剰に気にするようになると、自分を見失ってしまったり、自分が何をやるべきかが全く分からなくなってしまうことがあります。 というのも、人は、色々なことを思うから、です。 100人いれば、100人とも同じように思うとは限りません。 ある人は、これがいいと言ってくれたのに、ある人はそれではダメだと言ったりする。 また、人の評価は時間とともに変わってゆくことがあります。 だから、他人を軸(基準)に自分がやっていること、やったことを判断しようとすると、ブレやすい自分になってしまうことがあります。 例えば、これはでも書かせていただきましたが、そんな時、他人軸に傾き過ぎて、自分を見失ってしまった時は、一度、自分を基準に考えてみてもいいのかも知れません。 例えば、お客さんが欲しいものは何か?と考えるのではなく、自分がお客さんだったら何を欲しいと思うか?と考えてみます。 これも自分基準、つまり、自分軸だと思います。 人が何を思うか?どう思うか?ということは本当の意味ではわからないことが多く、また、人の感じ方や考え方は千差万別なので、そこを軸にしようとするとどうしてもブレてしまいやすくなります。 一方で、自分がどう思うか?自分は何が好きか?ということであれば、ある程度はっきりしているわけです。 だから、自分を基準にしてみると(自分を軸にすると)、自分を見失ったりすることが少なくなることがあります。 「人をどうするか」より、「自分がどうするか」と考えることも、自分軸で生きる1つの形 人の悩みは、その殆どが人間関係によるものなのかも知れません。 例えば、人に掛けられた心無い言葉に傷ついてしまうことがあったり、自分が相手に送った思いが全く返ってこないこともあるかも知れません。 そんな時は相手にどうしかしてわかってもらいたくなることもあるかも知れません。 だけど、人は人なんだと。 そして、人を変えることはできない。 大事なのは、他人をどうするかより、自分がどんな人間でいようとするか、自分が人とどう向き合おうとするか・・そういう自分の在りだと。 例えば、そんな風に考えてみた時に、人のことで悩んでいたのが嘘のように、まるで霧が晴れたかのように目の前がすう~っと明るくなることがあります。 「人をどうするか」より、「自分はどうするか」と考えることもまた、自分軸で生きる1つの形なのかも知れません。 「自分軸」だと、自分が本当にやりたいことが見えてくる 他人軸に極端に偏った考え方、生き方だと、先ほど書かせていただいたように、人にどう思われるか?という思いがどうしてもついて回ります。 もっとも、人にどう思われるかと考えられるということも、とても大切なことではあると思います。 ただ、そこに気持ちが向きすぎてしまうと、他人が好きなモノ、他人がよしと言ってくれるもの、他人が喜んでくれるものばかり、追ってしまいたくなることがあります。 他人軸の生き方では、他人の評価がイコール、自分の評価ですから。 ただ、その生き方を続けていると、他人がいいと言ってくれることばかり追ってゆく中で、自分が本当にやりたかったことが何だったかのかがわからなくなることがあります。 そして、そんな時は、突然のようにモチベーションがなくなったり、やる気を失ったり、そして、虚しい気持ちになってしまうことがあります。 虚しい気持ちは、自分が本当に望んでいることと現実のズレであることも多く、だから、他人を軸にして、(自分が本当に望んでいることではなく)他人に求められること、他人がいいと言ってくれるものばかりを追ってゆくと、虚しくなってしまうのかも、知れません。 一方で、自分軸の生き方は、自分が基準になっていて(自分がどう思うか?ということが基準になっていて)、そういうことを大切にしてゆくと、例えば、本当はやりたくないのにやっていたことなどに気づけたりします。 そして、自分が本当にやりたいことが見えてくることもあります。 自分軸で生きようとすると、人間関係にも大きな変化が訪れることがある 自分軸で生きようとすると、人間関係にも良くも悪くも、大きな変化が訪れることがあります。 他人軸は、他人が基準になっていて、相手がどう思うか?ということが大事なので、どうしても相手に合わせようとしたり、あまり、気が進まなくても無理をする・・ということもあるかも知れません。 一方で、自分軸の場合は、自分の思いを大事にする生き方です。 (それは結果的には、相手の思いも大事にする生き方でもあると思います) 他人軸ではなくても、自分軸であっても、人間関係ですから、相手に合わせるということも勿論あるわけですが、ただ、自分軸で、自分の思いを大事にしてゆくと、無理をして合わせる・・ということが減ってゆくかも知れません。 自分が合わせられる時は合わせるけれど、自分に事情があって、例えば、合わせるのが辛いような時は、自分のその思いを大事にして、お断りをしたり。 そうすることで、相手が同じように断ってきた時も、不思議と相手の気持ちを尊重できるようになったりすることもあります。 ただ、そんな風にして、他人軸をやめて、自分軸で生きようとすると、自分から離れてゆく人も出てくるかも、知れません。 それまで、無理をしてでも相手に合わせることで保ってきた人間関係があれば、そういう関係がもう成り立たなくなるからです。 そのため、離れていってしまう人もいるかも知れません。 自分軸で自分の思いを大切にしようとすると。 ただ、それでも残ってくれた人は、本当の意味で、自分の思いを大切にしてくれる人、本当の意味で、自分を尊重してくれる人なのかも、知れません。 ツイッターでも発信しています では心が楽になる考え方や悩みの解消方法、新着記事のお知らせなどを毎日発信しています。 人間関係はやったことが返ってくる ・好きになると、好かれる ・大切にすると、大切にされる ・受け入れると、受け入れられる ・尊重すると、尊重される ・優しくすると、優しくされる 相手にしてあげたことが自分に返ってくる。 人間関係はどうもそんな風にできているようです。

次の

幸せに生きるためには、人からどう思われるかを気にせず、ありのままの自分を受け入れよ

人 に どう 思わ れる か 気 に なる

(yu-ji/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)人に優しく接したいのにもかかわらず、気が強い性格が邪魔してしまう人もいるだろう。 また気が強い性格のせいで、怖い人と思われるパターンもあるようだ。 「自分は気が強いほうだと思う」と答えた人は、全体で38. 思っていることをはっきりと言う人は、怖がられることも多いようだ。 「私は思ったことをはっきりと口にしてしまう性格のため、初対面の人からは『怖い』と思われてしまう。 ただ上司にもよく意見するので、そのようなところを評価してくれる人もいる。 「僕の彼女はかなり気が強く、僕は完全に尻に敷かれている。 他の女性がいる飲み会に黙って行ったときには平手打ちまでされ、想像以上の怖さだと思った。 ただそれでも付き合い続けているのは、僕が強い女性が好きだからだと思う。 「正義感が強い人や周囲を守るために強く出る人なら、とても好感が持てる。 しかし自分のわがままを通すためだけに強気になる人は、はっきり言って面倒なだけ。 そのようなわがままな人と合わせるのは気を遣うため、周囲の人もストレスをためてしまうからとても厄介なところ」(20代・女性) あまり意味のないところで気の強さを発揮しても、プラスになることは少ないようである。

次の