ウイルス 収束。 新型コロナウイルス“しゅうそく”は、収束? 終息?〈デキる社会人の言葉づかい〉

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

ウイルス 収束

【新型コロナウイルス】ニュースで終息と収束が使われている! ニュースでは以下のように、2種類の「しゅうそく」が使われています。 「新型コロナ収束後を見据える」 「コロナ終息と安全願い船下り祈願祭」 コロナ「終息」とコロナ「収束」はほとんど同じ意味のように思うかもしれません。 しかし、厳密には意味が異なり、ニュースの内容を理解する際にも勘違いが生じるでしょう。 早速、「終息」と「収束」の意味と使い方について説明しますね。 終息の意味と使い方 終息の意味 デジタル大辞泉では、「終息」の意味を以下のように説明しています。 物事が終わって、やむこと。 出典:デジタル大辞泉 つまり、 終結する、完全に停止する、という意味です。 「やむ」は漢字で「止(已)む」と書き、「途切れて続かなくなる」という意味になります。 終息の使い方 「終息」は以下のような文脈で使われるのが一般的です。 終息は、戦争や感染症といった事柄や、戦争などで生じる困難に対して使うようです。 ニュースでは、 感染症や自然現象、国際的な敵対関係に対して使われていました。 物が製造されなくなる、特定の生物の生存が確認されない時にも使用されています。 「新型コロナの終息」という場合、ウイルスが完全に消え、危険が去ったということです。 adsense スポンサーリンク 収束の意味と使い方 収束の意味 デジタル大辞泉において、「収束」の意味は以下のように説明されています。 1 分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること。 「事態の収束を図る」「争議が収束する」 2 数学で、ある値に限りなく近づくこと。 収斂 しゅうれん。 ㋐ある無限数列が、ある値にいくらでも近づくこと。 ㋑数列の項が、ある値に限りなく近づくこと。 ㋒級数の途中までの和が、ある値にいくらでも近い値をとること。 3 多くの光線が一点に集まること。 4 海洋学で、流線が周囲から一点に向かって集まること。 出典:デジタル大辞泉 「終息」の意味と比べると、全く違うことが分かります。 「終息」は物事の終わりで、続きはありません。 風船で例えると、膨らんだ風船が割れることです。 その後、膨らませることができなくなるのです。 対して、「収束」は 物事が落ち着くことで、その後も続いていきます。 風船で例えると、膨らみすぎた風船から空気が抜けて、元の大きさに戻ることです。 更に 小さくさせることもできますし、また膨らませることも出来る状態になります。 収束の使い方 「収束」は一般的に次のように使われます。 ・ヒノキ花粉が収束へ(=ヒノキ花粉が減り、被害が少なくなる方向へ) ・貿易戦争が収束に向かう(=貿易における争いが落ち着く方向に向かう) ・脳梗塞の炎症が収束するメカニズム(=脳梗塞による炎症を抑えるメカニズム) 被害が落ち着く、 混乱が収まる、荒れた状況が落ち着いてまとまるといった意味合いです。 戦争や感染症、被害、議論などについて使用され、使う場面は「終息」と似ています。 しかし、「収束」は物事による混乱や影響に対して使われるため、「終息」とは異なるのです。 「新型コロナの収束」とは、 コロナによる混乱や影響が落ち着く、という意味です。 コロナ自体が消滅して、混乱や影響が落ち着くことが最初に思いつくかもしれません。 しかし、コロナが消滅しなくとも、対処法が見つかり、世間的に落ち着く場合もあるのです。 つまり、「収束」が使われた場合は「コロナが消滅する」と同じ意味にはなりません。 「収束」と「終息」では意味が異なりますが、使い方を間違えることはあります。 1つの記事だけでなく、複数の記事、公的機関の情報を参考にして状況を精査しましょう。

次の

新型コロナの収束シナリオ、エイズと共通点あり?:日経ビジネス電子版

ウイルス 収束

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

エボラ発見者「新型コロナウイルスは数ヵ月で収束するはずだったが…」

ウイルス 収束

まず「終息」についてお話しします。 「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。 つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。 次に「収束」について説明します。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。 「宣言」する場合には一般に「完全制圧」でしょうから、「新型肺炎終息宣言」なのです。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 」 もうおわかりかと思いますが、「終息」は「完全制圧」であるのに対して、「収束」の場合には、ほぼ事態が収まっていることを意味します。 例えば音声コメントにスーパーをつける場合、その人が「終息」と「収束」のどちらの意味で発言したのか、注意が必要でしょう。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の