日経 バイオテク。 Pharma Business 日経バイオテク

日経バイオテク ご利用お申し込み

日経 バイオテク

注意事項• ご登録いただいた個人情報は日経BP社に第三者提供されます。 に基づいて管理します。 ご同意の上、お申し込みください。 当社に住所変更などのご連絡をいただいた場合は、日経BP社で発送業務などのために所有している個人情報にも反映されます。 日経BP社に住所変更などのご連絡をいただいた場合は、当社で購読者管理などのために所有している個人情報にも反映されます。 なお、ご入金後の解約で精算額がお支払いいただいた購読料金を超える場合は新たな精算はいたしません。 ご登録いただいた個人情報は日経BP社に第三者提供されます。 に基づいて管理します。 ご同意の上、お申し込みください。 当社に住所変更などのご連絡をいただいた場合は、日経BP社で発送業務などのために所有している個人情報にも反映されます。 日経BP社に住所変更などのご連絡をいただいた場合は、当社で購読者管理などのために所有している個人情報にも反映されます。 なお、ご入金後の解約で精算額がお支払いいただいた購読料金を超える場合は新たな精算はいたしません。 バイオテクノロジーの専門ニューズレター 「日経バイオテク」 編集方針 「日経バイオテク」は医薬、食品、化学、環境浄化などの機軸技術として浸透しているバイオテクノロジーの専門情報をお届けしています。 バイオに関わるすべての方に、製品開発、研究動向はもちろん、行政の施策や規制、知的財産権など幅広いバイオ分野の情報をタイムリーに提供。 さらに注目市場の現状分析・将来予測や重要ニュースの検証・解説など、他では得られない価値ある情報が毎号満載です。 また、本誌購読とあわせて「日経バイオテク・オンライン」をご利用いただくと情報収集力が一段と高まります。 当サービスは本誌専門記者が取材後即WEBにUP、どこよりも速く確かな情報を入手できます。 最新専門ニュースの取得はもちろん、過去情報の検索にも効果を発揮するバイオ情報データベースです。 【4大特長】 「日経バイオテク」はニュース報道にとどまらず、専門的見地から分析、解説、将来を予測し、バイオ研究やビジネスに直結する付加価値の高い情報を提供します。 【誌面構成】 「日経バイオテク」は国内外のバイオ専門ニュースを医薬品、診断薬、農林水産、食品、環境など分野別に掲載するほか、様々なコラムで有用な情報を提供します。 専門家に判断のための材料を提供しています。 ・ この雑誌の申込みにつきましては、他の商品同様ご購入可能ですがご契約は日経BP社との直接契約となります。 富士山マガジンサービスは購読料金の受け取りを代行しています。 ・ ここでの年間購読のお申し込みは、新規のご購読で日本国内専用とさせていただいています。 ・ ご登録いただいたE-Mailアドレスに、関連のメールマガジンをお送りさせていただく場合があります。 ・ なお、これ以外に日経 BP社および日経BPグループ会社から、各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合があります。 ご同意の上お申し込みください。 ・ 購読料は改定させていただく場合がございます。 ご購読期間中の方はご契約時の購読料で期間満了まで送本いたします。 ・ 雑誌の発行日、発行頻度、誌名および誌面内容を変更する場合がございます。 また、万一、雑誌の発行を継続できなくなった場合は、お支払いいただいた購読料を冊数割で精算し、未送本分の購読料をご返金させていただきます。 経営をするうえでお金は血液のようなもの。 その流れが止まれば会社は倒産してしまいます。 逆に手元に資金繰りに悩まされないだけのキャッシュがあれば、経営に余裕ができますし、新規のビジネスに投資することもできます。 では、どうすればコロナ禍の下で手元資金を厚くすることができるのでしょうか。 今月の特集では、コロナ禍を克服し、キャッシュリッチな会社にするための着眼点を解説します。 しかし、実際に自宅で仕事をしてもらうとなると、通常のオフィス勤務とは違った労働時間管理が必要となります。 たとえば労働時間の把握や勤怠管理はどう行なえばよいのでしようか。 また就業規則の変更は必要となるのでしょうか。 ここでは、労務管理の専門家が「テレワーク」導入のポイントをアドバイスします。 ほとんどの人は納税通知書に記載された金額をそのまま納税していますが、じつは固定資産税では誤課税・過徴収が意外と多いのです。 たとえば土地の「地積」(土地の面積)が間違って現況の面積より大きく記載されているケースもあります。 そこで大切になるのが固定資産税の課税明細書のチェックです。 ここでは固定資産税の課税明細書のどこをチェックすればよいのか、そのポイントを専門家がアドバイスします。 具体的には「前払費用」「未払費用」「前受収益」「未収収益」の4つがありますが、その計上方法や「未払金」「前渡金」との違いについて、案外理解していないビギナー経理担当者もいるようです。 ここでは適正な期間損益計算を実現するために必要な科目である「経過勘定」について、具体例を交えながら、その基本知識をレクチャーします。 これまでのように「うちの会社は家族的な雰囲気だからパワハラなんて関係ないよ」などと高をくくっていると、場合によっては法律で責任を問わかねない時代になったのです。 ここでは「パワハラ防止法」の内容と、会社が深刻なダメージを受けないための日ごろの留意点や対策を専門家がアドバイスします。 アウトドアレジャーや旅行に行きたくなる時季ですが、そんなときに持参したいのが「ドリンクボトル」です。 ミネラルウオーターやフルーツジュースなどを入れて持ち運べば、外出先でのどが渇いたときに重宝します。 ここではお洒落で可愛い「ドリンクボトル」を厳選してご紹介します。 落語においても明るく元気な林家伝統のサービス精神を受け継ぎながらも、古典落語を現代に広めるために努力を続け、落語の楽しさを伝えている林家たい平さんにご登場いただきました。 【連載記事】 景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室 他.

次の

準強制わいせつ罪に問われた外科医、逆転有罪に:日経メディカル

日経 バイオテク

バイオテクノロジーの専門ニューズレター 「日経バイオテク」 編集方針 「日経バイオテク」は医薬、食品、化学、環境浄化などの機軸技術として浸透しているバイオテクノロジーの専門情報をお届けしています。 バイオに関わるすべての方に、製品開発、研究動向はもちろん、行政の施策や規制、知的財産権など幅広いバイオ分野の情報をタイムリーに提供。 さらに注目市場の現状分析・将来予測や重要ニュースの検証・解説など、他では得られない価値ある情報が毎号満載です。 また、本誌購読とあわせて「日経バイオテク・オンライン」をご利用いただくと情報収集力が一段と高まります。 当サービスは本誌専門記者が取材後即WEBにUP、どこよりも速く確かな情報を入手できます。 最新専門ニュースの取得はもちろん、過去情報の検索にも効果を発揮するバイオ情報データベースです。 【4大特長】 「日経バイオテク」はニュース報道にとどまらず、専門的見地から分析、解説、将来を予測し、バイオ研究やビジネスに直結する付加価値の高い情報を提供します。 【誌面構成】 「日経バイオテク」は国内外のバイオ専門ニュースを医薬品、診断薬、農林水産、食品、環境など分野別に掲載するほか、様々なコラムで有用な情報を提供します。 研究開発動向と実用化の進捗状況も市場単位でレポートします。 提携・組織名、対象・物質名、開発段階を解説付きでお届けします。

次の

Pharma Business 日経バイオテク

日経 バイオテク

無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します。 「法人版」と「個人版」のWebサイトの違いは大きく2点あります。 1点目は認証ID、2点目はコンテンツです。 「個人版」のWebサイトは、日経グループ共通の認証IDである「日経ID」でログインします。 日経IDは、登録者本人以外の他者と共有したり、他者に貸与したりすることはできません。 「法人版」のWebサイトは、複数名での共有が可能な独自の認証IDでログインします。 法人版なら1契約で、日経バイオテクのWebサイトを企業や団体で全社的に大規模に活用できます。 また、法人版では「日経バイオテク」「日経バイオ年鑑」の記事だけでなく、「バイオベンチャー大全ONLINE版」、「パイプライン検索」のデータベースや、雑誌「日経メディカル」の誌面PDF、日経メディカル Onlineの関連記事が閲覧できます。 これらのコンテンツは個人版には収録していません。 お申込みのサービス毎に、以下の通りです。 【日経バイオテクONLINE法人版(Pharma Business)】 ご契約期間(1年間)の途中での解約はできません。 ご利用プランは月単位で変更が可能です。 【日経バイオテクONLINE】 ご契約期間(1年間)の途中での解約はできません。 【Mmの憂鬱 Premium】 解約手続きをされた当月まで課金が発生します。 当月末でサイトのご利用が停止となり、翌月からは課金されません。 また、お申込み当月の無料期間のみご利用されての解約はできません。 お申し込みいただくと最低1カ月分のご利用料金が発生します。

次の