その女の海。 その女の海の動画を無料視聴(日本語字幕)できる配信サイトは?レンタルよりお得に高画質で見る方法を紹介

韓国ドラマ その女の海~愛の行方~ キャスト 相関図

その女の海

スノクの舅の祭事の日。 スノクは愛人のヨンソンとその息子と一緒に暮らすドンチョルを憎んでいるが、忙しく祭事の準備をする。 しかし、ドンチョルとヨンソンの楽しげな様子を偶然見かけたスノクはひどく傷つく。 一方、ヨンソンは韓服を仕立て、精肉店に売りに持って行くのだが、ヨンソンが愛人だということを知った店主は代金を払おうせず……。 キャスト オ・スンア、キム・ジュヨン、ハン・ユイ、チェ・ソンジェ、パク・ヒョンスク、イ・ヒョンギョン、イ・デヨン スタッフ ハン・チョルギョン 再生時間 00:34:32 配信期間 2019年8月2日 金 00:00 〜 2020年9月24日 木 23:59 タイトル情報 60~70年代を背景に、時代の悲劇が作り上げるつらい家族の歴史をかけて、血より濃い情を分け合う3人の母娘の心にしみる成長期を綴ったドラマ。 (全120話) 60~70年代を背景に、時代の悲劇が作り上げるつらい家族の歴史をかけて、血より濃い情を分け合う3人の母娘の心にしみる成長期を綴ったドラマ。 娘2人だけの家に、息子が生まれたという知らせが入ってくるところでこのドラマは始まる。 家族と周りの冷たい仕打ちの中で、酷い生活を過ごす中、彼女は本妻の娘のせいで自分が産んだ息子を失ってしまった。 そんな苦しみの中でも彼女は息子を死に至らしめた義理の娘の痛みを抱きしめる。 彼女のこの上なく深い愛を通じ、特別で偉大な母性を見ることができる。 また、その母性によって、傷を癒し、崩れた人間性を回復していく彼女の家族と周りの人物たちの贖罪と許し、そして真性な和解を描く。 更新予定 金 00:00 Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2017 KBS. All rights reserved.

次の

その女の海~愛の行方~

その女の海

もくじ• ドラマ『その女の海』は無料動画できる? (引用: ) あなたの好きなときにドラマ『その女の海』を見るには、レンタル店、U-NEXTの2つがあります。 ただ、あまり考えずに見はじめると、思わぬ損をしてしまうかもしれません。 レンタル店 ドラマ『その女の海』は、2017年に放送されたドラマです。 1960~70年代を舞台に、時代の影響で辛い家庭環境の中を生き抜く母娘3人の姿が描かれています。 親子の愛や葛藤、若者たちの切ない恋がちりばめられています。 ガールズグループRAINBOW出身のオ・スンアさんがとても可愛くて、とてもいい演技をされています。 内容は日本では考えられないようなドロドロですが、めちゃめちゃハマります。 レンタル店では、人気が高いので貸し出し中が多かったです。 うちの近くのレンタル店では全部で40枚で、準新作が1週間で330円なので、全部借りると 13,200円(税抜)がかかります。 レンタル店で借りるのは選ぶ楽しみがありますが、レンタル店に行く時間がなかったり、続きがレンタル中の場合困ってしまいます。 さらに、万が一面白くなったらお金がもったいないです。 忘れてしまうと延滞料金も発生しますので、次に紹介するU-NEXTがわたしのおすすめです。 U-NEXT (引用: ) U-NEXTは、日本語字幕で高画質の動画配信サイトです。 レンタルではないので貸し出し中はありません。 あなたはおうちにいながら、好きな俳優のドラマを、いくらでも、すきなだけ、見れます。 なので、朝、昼、晩、いつでも手が空いたときに見れますし、誰にも知られずにこっそりと見れます。 忙しいあなたにうってつけのサービスです。 実際に、多くの主婦の方たちがU-NEXTを試されてみると、貸し借りに行く時間、借りる代金、好きなドラマを選べるなど、いろいろ考えてとてもお得だと実感されています。 気になるのはお値段ですが、U-NEXTの 月額会費は1990円(税抜)で、追加料金なしの 見放題作品と、追加料金がある 個別課金作品の2種類を見れます。 1ヵ月で1,990円というと、レンタル店の新作なら4枚分、旧作でも20枚分以下です。 下で説明しますが、U-NEXTは毎月ポイントもつきます。 今までレンタル店ではお金や時間の制約で思う存分楽しむことができなかった方たちが、仕事や家事を忘れて、毎日お姫様気分になったりイケメンとデート気分になって、ドキドキ、ワクワクを手に入れています。 ドラマ『その女の海』は 見放題作品ですので個別課金はかかりません。 しかも、入会月の 月会費が31日間無料のキャンペーンをしていますので、無料期間中に解約すれば 完全無料で見ることができます。 U-NEXTの毎月もらえるポイントは、入会と同時に 600ポイント(次月からは1200ポイント)で、個別課金作品に使えます。 ポイントを使えば他の新作映画などを1本程度無料で見ることができます。 もちろん、ドラマ『江南ロマンストリート』以外の『太陽の末裔』や『推理の女王』などの大ヒットドラマも見放題作品ですので、いくらでも無料期間中にタダで見ることができます。 ドラマ『その女の海』を無料視聴するならU-ENXTが一番! まとめると、「その女の海」を無料視聴するには です。 価格 レンタル店 13,200円 U-NEXT 0円 (レンタル店は、うちの近くにあるお店の2020年5月時点の価格です。 U-NEXTは無料期間中です) 繰り返しますが、レンタル店とのいちばんおおきな違いは、借りに行かなくてもいいということです。 あなたの好きなときや手が空いたとき、いつでも見ることができます。 U-NEXTには貸し出し中なんてことはありません。 もちろん、面白くなかったら途中で見るのをやめてもあなたの自由ですし、最後までイッキに見ることもクリックひとつでできます。 長いお休みや家族が誰もいない時に、誰も気にせずに思いっきりイケメンや恋愛にはまることができます。 動画配信サイトの中でU-NEXTはいちばん高画質です。 せっかく無料お試し期間をされてるのですから、どうせですから、この機会にU-NEXTをためしてみてはどうでしょうか。 ただ、視聴環境がわるくて、あなたのパソコンやスマホではうまくみれなかったりするときがあります。 なので、まずは登録してドラマ『その女の海』の1話を見れるかどうか試してみてください。 うまく見れないときには、残念ですが、 無料期間中にU-NEXTをやめることです。 解約もカンタンです。 わずか1分でできてしまいます。 だれでもできるようにわかりやすく解約方法を下にまとめておきましたので、後でご覧になってみてください。 ふつうに見ることができたら、 あなたはいっさいお金をはらわずに5分後にはドラマ『その女の海』を楽しむことができます。 登録は5分で済みます。 U-NEXTには見放題のドラマ880作品が配信されています。 ゼッタイ、あなたがドキッとしたりわくわくしたりするドラマがあるはずです。 とりあえずこちらをクリックして、どんなドラマがあるかご覧になってみてください。 U-NEXT無料お試しの登録方法 こちらからU-NEXT公式サイトへ行きます。 (引用: ) 無料トライアルの入力画面で、• あなたの名前(カナ)• 生年月日• メールアドレス• パスワード(任意)• 電話番号• 住んでる地域 を入力して、一番下の「 次へ」をクリックします。 ちなみに、何もしなければ、ここで入力したメールアドレスがIDになります。 次に、クレジットカードの情報を入力します。 その下の「入力情報確認」の欄を確認して、一番下の 送信をクリックします。 これで 登録は終わりです。 「アカウントを追加しましょう」画面になりますが、いつでも追加できます。 まずは、一番下の「 ホーム」ボタンをクリックして、U-NEXTのトップページにいきましょう。 すぐに映画やドラマを見始められます。 子アカウントは3つまで追加できます。 やり方はこちらを参考にしてください。 血縁よりも濃い情を分けあう3人の母娘の成長を綴ったヒューマンドラマ 1960年~1970年代を背景に、妾と本妻、義理の娘の葛藤と成長を描いた母性あふれるストーリー。 主演は韓国の女性アイドルグループ・RAINBOW出身のオ・スンア。 スインの父・ドンチョルは、妾であるヨンソンとその息子・ミンジェと3人で暮らしている。 ある日、舅の法事の準備をしていた本妻・スノクは、市場でドンチョルたちの仲睦まじい姿を見かけ心を痛める。 一方、ヨンソンは精肉店に韓服を売りに行くが…。 (出典: ) いかにも韓国らしい、面白いドラマでした。 ツイッターでも多くの方がツイートされていました。 その女の海、全120話、見終わった。 人魚ドラマの青い海の伝説で人魚の超能力が相手を記憶喪失にさせるだったし。 帰ってきたポクタンジも白詰草も女の秘密も確かにそうだった、そのネタ。 一人二役もあるぞ、そのネタ、冬ソナと天上の約束と青い海の伝説もそうだ。 実のお兄ちゃんは誰?ヒロインの部屋には映画「ある愛の詩』のポスターが貼ってあるが…。 韓ドラ的には死んだはすの弟は生きている?かも。 — suwon suwon52329002 掲載させて頂いた皆様、ありがとうございました。 ユーチューブにも予告の動画が載っていました。

次の

その女の海の動画を無料視聴(日本語字幕)できる配信サイトは?レンタルよりお得に高画質で見る方法を紹介

その女の海

その女の海~愛の行方~はこんな韓国ドラマ 60~70年代を背景に、時代の悲劇が作り上げるつらい家族の歴史をかけて、血より濃い情を分け合う3人の母娘の心にしみる成長期を綴ったドラマ。 娘2人だけの家に、息子が生まれたという知らせが入ってくるところでこのドラマは始まる。 家族と周りの冷たい仕打ちの中で、酷い生活を過ごす中、彼女は本妻の娘のせいで自分が産んだ息子を失ってしまった。 そんな苦しみの中でも彼女は息子を死に至らしめた義理の娘の痛みを抱きしめる。 彼女のこの上なく深い愛を通じ、特別で偉大な母性を見ることができる。 また、その母性によって、傷を癒し、崩れた人間性を回復していく彼女の家族と周りの人物たちの贖罪と許し、そして真性な和解を描く。 その女の海~愛の行方~の出演俳優• オ・スンア• キム・ジュヨン• ハン・ユイ• チェ・ソンジェ• パク・ヒョンスク• イ・ヒョンギョン• イ・デヨン その女の海~愛の行方~の動画 その女の海~愛の行方~のあらすじを最終回まで全話ネタバレ• スノクの舅の祭事の日。 スノクは愛人のヨンソンとその息子と一緒に暮らすドンチョルを憎んでいるが、忙しく祭事の準備をする。 しかし、ドンチョルとヨンソンの楽しげな様子を偶然見かけたスノクはひどく傷つく。 一方、ヨンソンは韓服を仕立て、精肉店に売りに持って行くのだが、ヨンソンが愛人だということを知った店主は代金を払おうせず…。 ヨンソンは、精肉店の店主に品代を弁償してくれたスノクにお金を返そうとするが、スノクはお金を受け取ろうとしない。 ミンジェの面倒を見ることになったスインは、ミンジェを連れて海辺へ遊びに行く。 一方、ドンチョルは、良い投資先があるというクォン社長の言葉を信じ投資したが、投資金も回収できず借金も返せない状況に陥ってしまい…。 ドンチョルの陶磁器店に立ち寄ったヨンソンは、貸金業者から脅迫を受けるドンチョルの姿を目撃する。 ドンチョルが借金ですべてを失うことになると、ヨンソンは苦しむドンチョルをなだめ、宿屋で暮らすことにする。 一方、このことを知ったドンチョルの妹ダルジャは、ヨンソンたちに部屋を間貸ししてあげようとスノクを説得するのだが…。 家族を捨てた父はもちろん、ヨンソンとミンジェまでも一緒に暮らすことになったことを知り激怒するスイン。 スインの気持ちがわかるスノクは、つらい気持ちを隠しスインを慰め、そんな2人に対して申し訳なく思うヨンソン。 一方、ジェマンは、娘のセヨンと友人スインのために中華料理をご馳走し、2人にオルゴールをプレゼントするのだが…。 ミンジェに腹を立て怒るスインを見たドンチョルは、スインの頬を叩き叱りつける。 ヨンソンはスインをかばうが、ドンチョルはより激怒し、スインは家を飛び出す。 スインを偶然見つけたジェマンは、セヨンのもとへ連れて行き、休ませようとする。 家に帰らないスインを心配していたスノクは、デボンからスインの行方を聞き、迎えに行くのだが…。 スノクは、具合が良くならないスインが病院へ運ばれたという知らせを聞いて、急いでスインのもとへ向かう。 スインをおぶって病院まで駆け込んだヨンソンのおかげで、診察は無事に終わる。 このことをスノクから聞いたスインは、今までの感情を拭い去り、ヨンソンに感謝する。 しかし、そんな中、スノクの母親が突然訪ねてくるのだが…。 スノクとスノクの母に対して申し訳ないヨンソンはひどく落ち込む。 スノクは母の心配をやわらげようと気丈に振る舞おうとするが、結局涙を流してしまう。 翌日、スノクの母は家に帰らず、スノクに内緒でドンチョルを呼び出し、ある頼み事をするのだが…。 1年後、ドンチョルは皮革工場に勤め、ヨンソンとスノクは仲良くクッパ屋で働いていた。 本当の家族のように共に暮らし、以前の嵐のようだった生活を耐え抜き、平凡に生きて行く家族たち。 しかし、そんな中、ドンチョルを騙し投資金を持ち逃げしたクォン社長が現れる。 ドンチョルは仕事を放り出して、クォン社長を捜し始めるのだが…。 ドンチョルは倒れていたクォン社長を発見し、病院に運ぶ。 そこで拾った懐中時計をミンジェが欲しがると、ドンチョルは拒めずに許してしまう。 一方、スインは学校の演劇で主人公を務めることになり、初めてドンチョルから関心を受ける。 父からの関心に心が浮きたつスイン。 そんな中、セヨンが訪ねてきてスインにあるお願いをするのだが…。 海辺へ出かけたまま行方がわからなくなってしまったミンジェ。 家族はもちろん町中の人たちが集まり海辺を捜索するが、結局見つけ出せずにいた。 みんなが悲しみに浸っている中、警察が訪ねてくる。 ミンジェに関する知らせなのではないかと期待する家族たち。 しかし、警察はミンジェに関する知らせの代わりに、予想だにしない話を持ち出し…。 10年の時が経ち、ヨンソンとスノクは仲良くクッパ屋を経営し、日々忙しく働いていた。 家庭の事情で大学進学を諦めざるを得なかったスインは、自ら大学の授業料を稼ぐために、製麺工場の経理として働くことになる。 一方、刑期を終えて出所したドンチョルは、ヨンソン、スノクと再開を果たし、市場の人たちにあいさつをしに行くのだが…。 市場の人たちに前科者とそっぽを向かれたドンチョルは、スインに酷い言葉を浴びせる。 スインは耐え切れず、ミンジェを失った海辺で泣いてしまう。 そんなスインを捜し出し、暖かく抱きしめるジョンウク。 一方、ドンチョルは無実を明らかにするために、目撃者を捜そうと警察署へ向かう。 そのことを知ったジェマンはドンチョルを注視するのだが…。 セヨンは自分を注意したジョンウクと口論になるのだが、仲裁に入ったジェマンはセヨンを叱り、ジョンウクの肩を持つ。 納得のいかないセヨンはジョンウクへの復讐をもくろみ、ジョンウクに対するジェマンの信用を落とそうと、チャンスを虎視眈々と狙う。 一方、ドンチョルは目撃者を捜すために、あちこちでお金を借りようとするのだが…。 ドンチョルに対して負い目を感じていたスインは、ある決断をする。 それを知ったスノクは反対し、ヨンソンもまたドンチョルの行動に対して激怒する。 一方、ジョンウクは消えた書類のせいで、ジェマンに頼まれていた契約を逃してしまい、挽回しようと孤軍奮闘するのだが、さらに実家の借金取りまでジョンウクの会社へ乗り込んできて…。 スインは、いつも自分を慰めてくれるジョンウクのつらそうな姿に心を痛める。 ジョンウクを訪ねてきた妹のジョンヒに代わりに会ったスインは、どうにかして助けてあげようとする。 一方、ジョンウクは前の晩に、酔った自分の代わりに酒代を出してくれたセヨンと、食事をすることになったのだが、セヨンが急に腹痛を訴え倒れてしまい…。 セヨンはジョンウクの助けで盲腸の手術を無事に終える。 セヨンの退院の日、ジョンウクはジェマンの代わりに病院でセヨンを手伝い、そんなジョンウクに対して、セヨンの気持ちはだんだん深まっていく。 ジョンウクは見事に契約を結び、ジェマンの信用を取り戻す。 一方、スインとの交際を知ったジョンウクの弟ジョンシクは不満を吐き出し…。 ジョンウクとスインの親しげな様子を見てひどく嫉妬するセヨン。 そんなセヨンの気持ちを知らないジェマンは、見合いの席を設けようとするのだが、セヨンは強く反発する。 一方、ジョンシクはジョンウクに内緒でスインを呼び出し、ジョンウクとの関係について話をするのだが、偶然ジョンシクを訪ねてきたジョンウクに会話を聞かれてしまい…。 ジョンシクと会った後、心が重くなったスインは苦しんだ末に、ジョンウクと距離を置くことに決める。 一方、ジョンウクとの時間を過ごしたくてたまらないセヨンは、家族との夕食の席にジョンウクを招待し、さらには次に会う約束まで交わし舞い上がる。 気分の良いセヨンとは逆に、ジョンウクはスインの決断によって苦しむのだが…。 セヨンは酒に酔ったジョンウクを家まで送り届ける。 セヨンの気持ちを知らないジェマンとスクヒは、見合いをしようとしないセヨンを詰問する。 一方、心的苦痛で体調を崩したスインは、会社を欠勤してしまう。 スインを訪ねてきたジョンヒに会ったセヨンは、ジョンシクがスインのことを反対しているという事実を知り、ジョンシクに会いに行くが…。 セヨンは、ジョンシクにスイン家のつらかった過去を話す。 いまだにスインはジョンウクと距離を置き、考える時間を設けるが、仁川を訪れてきたジョンウクの母と一緒に食事をすることになる。 ジョンウクの母は、スインを家族として受け入れたいという意思を見せる。 一方、ジェマンは見合いをしないというセヨンと対立することになるのだが…。 セヨンはパク議員の息子との見合いを拒み、ついには自殺を試み病院に運ばれる。 見合いをキャンセルされたパク議員は腹を立て、ジェマンが進めていた計画案が危機に瀕する。 一方、ジョンウクは市場でお客さんと言い争いになっているドンチョルを助け、ドンチョルはお礼にジョンウクをスノクとヨンソンのクッパ屋に連れて行くのだが…。 スインからジョンウクの家庭の事情を聞いたスノクは、それとなく反対の意思を示し、スインはジョンウクとの関係を話せず、ジョンウクにも母親の話をできずにいた。 このことを知らないジョンウクは、スインをデートに誘うが、偶然それを聞いていたセヨンは憤怒する。 一方、目撃者を捜していたドンチョルは、興信所長に会いに行くのだが…。 セヨンはジョンウクと一緒に遊園地で時間を過ごす。 そんなことは知る由もないスインは、ヨンソンと一緒にお寺に行き、ミンジェのために祈りを捧げる。 一方、スインを気に入ったコ社長だが、コ社長の年齢と境遇を聞いたドンチョルはとんでもないと拒む。 一方、セヨンはジョンウクの母に取り入るため、ジョンウクの実家に向かうのだが…。 ジョンウクは工場を去る決心をし、スインにプロポーズする。 ジョンウクの変わらぬ愛に、スインはプロポーズを受けようとするが、スノクのことが気にかかりヨンソンに助けを求める。 一方、セヨンはジョンウクとの写真を眺めながら、ジョンウクとの未来を夢見る。 スクヒはセヨンの恋人が誰なのか知るため、セヨンの部屋を探ろうをするが…。 セヨンの愛する男がジョンウクだということ知ったスクヒはひどく怒る。 セヨンはそんなスクヒに、ジョンウクとの関係を認めてほしいと説得する。 一方、ジョンウクは自分の母親の誕生日を祝うため、スインと一緒に実家へ帰ることにする。 ジョンウクの家族はスインを迎えようと忙しく準備をする。 そんな中、予想だにしない来客が現れるのだが…。 ジョンウクの母親が誕生日を迎え、実家を訪れたスインとジョンウク。 予想だにしないお客の訪問に加え、スインとジョンウクの交際を反対し続けてきたジョンシクの暴露により、誕生日はめちゃくちゃになってしまう。 実家を後にしたジョンウクとスインは、仁川ではない違う場所へ向かう。 一方、このことを知ったセヨンはまたもや激怒し…。 自分はジョンウクと交際しているから諦めろとスインに強要するセヨン。 ジョンウクを信じて耐えようとするが、混乱するスイン。 一方、スインの前で大口を叩いたが、自分を受け入れてくれないジョンウクのせいでセヨンは苦しみ、このことを知らないまま、ジョンウクとセヨンが愛し合う仲だと信じているスクヒは、ジョンウクに会いに行くのだが…。 セヨンから見せられた写真のせいで、ジョンウクに対する信頼が崩れてしまったスインは苦しむ。 ジョンウクはスインに対する一途な思いを訴えるが、誤解は簡単には解けない。 一方、ドンチョルは、目撃者を捜すために快くお金を貸してくれたコ社長に心が揺らぐ。 そして、地位と財産に目がくらみ、スインとコ社長の仲を取り持とうとするのだが…。 スイン、ジョンウク、セヨンはついに3人で会うことになる。 しかし、これがきっかけとなり、互いの信頼と愛情がより強固になったジョンウクとスイン。 2人は幸せな時間を過ごし、1人残ったセヨンは胸を痛める。 そんな中、スインの交際相手がジョンウクだということを知ったスノクは、ジョンウクに電話をして会う約束をするのだが…。 ジョンシクのことで、急遽ソウルに向かうことになったジョンウクは、スノクとの約束を守れず、これによってスノクはジョンウクをより不満に思う。 ジョンウクは、ジョンシクのことで大金を用意しなければならない状況に陥る。 一方、これを知ったセヨンはジョンウクを助けようとお金を準備し、離れていくジョンウクの心をつかもうとするのだが…。 ジョンウクは、結局ジェマンに示談金の話を持ち出せず、ジョンシクは示談金の金額を聞き自暴自棄になるが、セヨンは必ず助けてあげるとジョンウクを励ます。 少し遅れてジョンシクの事を知ったスインは、1人で苦しむジョンウクを心配し、お金を工面する方法を考える。 一方、スノクはジョンウクに会い、スインと別れろと言うのだが…。 ジェマンの助けによって窮地を救われたジョンウクは、工場に残ることを決意する。 スインはこのことに喜ぶが、スノクが反対しているということを知ったジョンウクの心は重かった。 一方、ジョンウクを振り向かせるため、再びジョンウクの故郷を訪れたセヨンは、ジョンミンとジョンウクの母がケンカしているところを偶然目撃してしまい…。 ジョンウクに対する気持ちがより深くなるセヨン。 スインはスノクが結婚を許してくれたことに喜ぶが、セヨンに助けてもらった後から、妙な気持ちを感じていたジョンウクは喜べずにいる。 ジョンウクはスインに嘘をついたまま、セヨンとセヨンの母と食事をする。 一方、ジェマンはパク議員からの電話を受け、慌てて社長室を飛び出すが…。 ジェマンは脱税の事実を覆い隠すため、スインに横領の濡れ衣を着せようとする。 さらには、ジョンウクにこの計画を手伝うように指示し、そんなジェマンの脅迫にジョンウクは葛藤する。 地域一帯には、脱税の通報は嘘で、ジェマンは潔白でテサン麺は何の問題も無いという噂が広まる。 一方、ジョンヒは新しい職場に就くことになるのだが…。 スインはジョンウクのために自首することを決める。 スインが収監されることを聞いたジョンウクは、ひどく苦しむ。 ドンチョルは市場に広まる前科親子という噂に嘆くが、スノクはスインの潔白を信じ、ジェマンとジョンウクを訪ね真実を明かせと訴える。 一方、セヨンはジョンウクにスインのことは忘れて自分と付き合おうと告白するのだが…。 セヨンとジョンウクが一緒にいる姿を目撃し、怒りをあらわにするジェマン。 しかし、ジェマンが反対しているにも関わらず、セヨンはジョンウクと結婚したいから認めてほしいと話す。 しかし、結局ジェマンはジョンウクに会い、単刀直入に反対の意思を告げる。 一方、収監されていたスインは、予想だにしない事実を知ることになるのだが…。 つわりが始まったスインは、家族にこのことが知られてしまうのではないかと恐れる。 スインの妊娠の事実を知らないジョンウクは、セヨンと婚約をすることに決め、最終的にジェマンの許しも得て喜ぶ。 そんな2人の知らせを聞いたスインはショックを受け、変わってしまったジョンウクに、どうしても妊娠の事実を打ち明けられずにいるのだが…。 婚約式の前に、両家の顔合わせをするセヨンとジョンウク。 2人は顔合わせの後、幸せな時間を過ごす。 スノクはスインにこの知らせを伝え、もっといい人と出会いなさいと慰める。 一方、1人で苦しい心境を整理していたスインは、ジョンウクの母からもらった銀の指輪を手にする。 そして、複雑な思いを抱えジョンウクの実家を訪れるのだが…。 ソウルを訪れ、ギョンヒの家に住みながら縫製工場に勤め始めたスイン。 工場での劣悪な業務に苦心するが、お腹の子供のために必死に働き続ける。 しかし、連日の夜勤に社員の1人が過労で倒れると、結局スインは我慢できず工場長を訪ねる。 一方、きつい生活を耐えているスインとは逆に、ジョンウクとセヨンは幸せな婚約式を挙げるのだが…。 工場長を訪ねたスインは、会長グムレと偶然対面する。 グムレは工場長が社員たちの給料を着服してきたと知り激怒し、さらには社長である孫のソヌが、一度も出勤していなかったということに憤慨する。 一方、セヨンはジェマンに、ジョンウクと一緒に住みたいと許可を求め、スインは会社からの帰り道にとんでもない誤解を受けるのだが…。 スインは、自分をスリだと誤解した人が、工場の社長であるソヌだということを知り驚く。 その後、スインはソヌの頬を叩いたせいで解雇されるのではないかと心配するが、ソヌは思いもよらない反応を見せる。 一方、縫製工場の仕事が初めてのソヌは、社員たちを気遣い、取引を再調整するのだが、クビになった工場長の蛮行により危機に陥り…。 存続の危機に陥ったソニル縫製。 工場の状況を知ったスインと社員たちはひどく落胆する。 反面、セヨンとジョンウクは一緒に暮らし始め、幸せな時を過ごす。 一方、グムレは工場の危機的状況について報告を受けるが、厳しい状況に立たされたソヌを助けようとしない。 見兼ねたスインが失った信頼を取り戻そうと、ソヌを説得するのだが…。 グムレとの面会のためにチョンギル製粉を訪れたジョンウクは、契約が順調に進み、気分を良くしていた。 スインとソヌは工場再建を目指し、取引先を訪問し孤軍奮闘する。 しかし、まったく取り合ってもらえず、ソヌは苛立ちを見せる。 工場の信頼を取り戻すために苦労する中、スインとソヌは道端で泣いている小さな子供を見つけるのだが…。 スインが以前、経理として働いていた経歴があると聞いたソヌは、今まで悪徳工場長がデタラメに作っておいた帳簿と会計業務をスインに任せる。 そんな中、グムレはソヌに見合いの話を持ちかけるのだが…。 一方、チョンギル製粉との契約を、首を長くして待ちわびていたジェマンとジョンウクは、思いがけないグムレの訪問に慌てるのだが…。 ジョンウクはチョンギル製粉との契約を順調にまとめるが、ジェマンとスクヒが自分を婿として認めていないことに心を痛め、ジョンウクとスクヒの溝はより一層深まっていく。 一方、グムレから経営資金を融通してもらったソヌは、スインにソニル縫製の経理業務を任せる。 そんな中、ソニル縫製を訪れたグムレは、工場の階段で倒れてしまい…。 家族から離れソウルで隠れて暮らしていたスインは、偶然セヨンと出くわし戸惑う。 グムレの入院の知らせを聞いたジェマンは、偶然を装い見舞いに訪れ、そこでソヌと初めてあいさつを交わす。 一方、セヨンはジョンウクの末弟のために、ソウルに家を用意してほしいとスクヒにせがむが、スクヒはジョンウクがやらせたのだと思って憤慨し…。 ソニル縫製に泥棒が入り、服が盗まれる事件が起こる。 前日に戸締りをしたスインは慌てふためく。 取引先から再び信頼を失う危機に陥ると、ソヌはひどく怒り、スインはどうにかして工場を助けようと、盗まれた洋服を探しに走り回る。 一方、グムレの見舞いに行った先でソヌに会ったジェマンは、キム秘書にソヌの身辺調査を依頼するのだが…。 スインとジョンウクが一緒に写っている写真を見つけたスクヒはひどく怒る。 スクヒはジョンウクがいまだにスインと会っているかもしれないと疑い、セヨンはそんなスクヒの言葉に、だんだん不安を感じる。 一方、泥棒事件を無事に解決したスインとソヌは、初めて一緒に食事をするが、色々と尋ねてくるソヌに、スインは何も答えることができず…。 スインとジョンウクの関係を疑うセヨンとスクヒ。 ジョンウクは潔白を主張し、悔しさを訴える。 そんな中、ソヌに頼まれ、チョンギル製粉の会長室を訪ねたスインは、そこにグムレがいることに驚く。 グムレも今までソヌを手伝っていたのがスインであることに驚く。 一方、セヨンは真実を知るため、スインに直接会いに行こうと決心するのだが…。 ジョンウクとスインに対するセヨンの疑心は限界に達する。 ジョンウクの事務所をこっそりあさり、なんとかしてスインを探し出そうと試みる。 ジェマンが今まで寄付をしてきた保育園に一緒に訪れたグムレは、ジェマンの善行を知り、より好感を抱く。 一方、市場で服の配達をしていたジョンシクは、ソニル縫製に入っていくスインを見かけ…。 あちこちを訪ね回り、ついにスインが勤めるソニル縫製を探し出したセヨンは、怒りを抑えきれずスインの頬を叩き、そんな2人の姿を目撃したソヌはひどく驚く。 スインは、セヨンが自分の居場所を家族に知らせるのではないかと心配する。 一方、グムレから信頼を得たジェマンは、新たな野望を叶えるため本格的に動き出そうとするのだが…。 ジョンウクは、セヨンとソヌを結婚させようというジェマンの計画を知り、怒りを感じる。 ギョンヒの家を出て食堂で働き始めたスインはつらい日々を過ごしていた。 ソヌとギョンヒは、突然姿を消したスインを心配し、捜し出そうと奮闘する。 一方、グムレはソヌの縁談を進めるために、キム秘書にセヨンについて調べるよう指示するのだが…。 ジェマンが婿候補として目をつけていたソヌと対面し、危機感を感じるジョンウク。 セヨンの婚約者の座を奪われないため、ジョンウクはなんとか方法を模索しようとするのだが、そんな中、ジェマンが地区党委員長の座に就くという知らせを聞く。 一方、スインは食堂でからんできた客と言い争いになり、苦しい状況に陥ってしまうのだが…。 食堂の店主からかろうじて逃げ出し、窮地を脱したスイン。 行くあてが無いままグムレの元を訪れるのだが、そこでソヌと思いがけない再会を果たす。 奇跡のようにスインと再会したソヌは喜ぶが、スインがまた姿を消してしまうのではないかと気を揉む。 一方、予想だにしないジョンウクの脅迫に、追い込まれたジェマンは憤怒するのだが…。 グムレの家で暮らすことになったスインは、グムレとソヌのおかげでだんだんと安定を取り戻し、心穏やかに暮らしていた。 スインと一緒に生活しながら、スインに対するソヌの心は少しずつ深まっていった。 一方、ジョンウクはジェマンとともに、チョンギル製粉を手に入れるための計画を実行し始め、キム秘書に接触しようとするのだが…。 ジェマンはジョンウクの言う通り、チョンギル製粉を危機に陥れるため、キム秘書を抱きこもうとするが、上手くいかず失敗に終わる。 グムレにスインとの食事の約束の許可をもらったソヌは、テヨン社長一家と楽しい時間を過ごす。 一方、ジョンウクの家族が住む家を見ていたジョンシクとセヨンは、スインとソヌがいるレストランへ向かうのだが…。 ジョンウクの策略により、チョンギル製粉は経営の危機に直面する。 苦情が殺到し、チョンギル製粉はもちろん、家にまで抗議の電話が絶えない状況に陥る。 グムレとソヌを助けたいが、力になれずにスインは気に病む。 ソヌは事件のてん末を把握し、事態を収拾しようと孤軍奮闘するが、ついにグムレの会長室にまで刑事たちがやって来て…。 ソヌは石灰小麦粉事件の容疑者として、キム秘書を疑い問い詰めるが、キム秘書はシラを切り通す。 スインは参考人調査を受けて体調を崩したグムレを看護し、グムレの代理で会長室へ出勤したソヌは、石灰小麦粉の被害者たちから虐げられる。 一方、キム秘書を調査していたユ警部は、キム秘書に関する意外な秘密を知ることになるのだが…。 石灰小麦粉事件は、キム秘書の犯行としてひと段落する。 これをきっかけに、チョンギル製粉の社長になったソヌはチャン執事を訪ね、会社の仕事を手伝ってくれとお願いするが断られてしまう。 一方、チョンギル製粉を手に入れようとしたジェマンとジョンウクの計画は失敗し、さらにはマンピョまで問題を起こし、ジェマンを悩ませるのだが…。 マンピョの投資勧誘のせいで工場の職員たちまで被害を被ると、ジェマンは自分の正体がバレるのではないかと、事件を揉み消そうとする。 チャン執事から父親の死に関する話を聞き疑問を抱いたソヌは、ユ警部に当時の事件について調べてくれとお願いする。 一方、興信所から連絡を受けたドンチョルは、パン社長と目撃者を捜しに出かけるが…。 ソヌは父親の死を取り巻く秘密を知ることになり、グムレはショックを受け倒れてしまう。 グムレが狭心症を患っていたという事実を知ったソヌは、恨みと心配の間で葛藤するのだが、スインはそんなソヌに、グムレを許してあげるように諭す。 一方、夜遅くまで帰って来ないセヨンをジェマン一家が心配する中、一通の電話がかかってくるのだが…。 ジェマンがドンチョルに濡れ衣を着せるために、捏造した偽の目撃者マンソクが10年ぶりに帰って来た。 マンソクは、セヨンを人質にしてジェマンに身代金を要求し、ジェマンはそんなマンソクを密かに処理しようとする。 一方、お腹が痛いというスインのために、薬を買って来たグムレは、スインの名前が書かれた母子手帳を見つけるのだが…。 ソヌは、ついにスインへの告白を決心するが、グムレからスインが妊娠しているという事実を聞き、衝撃を受ける。 一方、ジェマンとジョンウクがスインに横領罪の濡れ衣を着せた事実を知ったテスは、ジョンウクに真実を明らかにしなければ警察に告発することも辞さないと告げると、ジョンウクはジェマンに、テスを処理する方法があると提案し…。 5歳になった息子ジフンと平和な日々を過ごすスイン。 長い収監生活を終え出所したテスは、ジョンウクにスインの無実を証明すると宣言する。 一方、チョンギル製粉を手に入れるため本格化に計画を練り始めるジェマン。 ハン会長の孫娘ヒジュとお見合いをしたソヌは、スインに対する思いを消すことができず、気持ちを伝えようとするのだが…。 恨みを抱いた職員からひどい目にあいそうだったグムレを助けたテスは、これをきっかけにグムレの運転手として働くことになる。 スインに気持ちを伝えることができなかったソヌは、自分に好意を寄せているヒジュと会おうと心に決める。 一方、ジェマンはチョンギル製粉の共同経営権を手に入れるため、ジョンウクの計画を実行するのだが…。 ジョンウクとジェマンの策略により、小麦粉の原料の供給が止められたチョンギル製粉は、ついに不渡りの危機に陥り、ソヌは百方走り回りながら会社を救うため奮闘する。 一方、ジョンウクは職員の些細なミスにも容赦のない冷たい人間に変わってしまい、ジェマンは善意を施すふりをして、チョ会長に断れないような提案をしようとするのだが…。 不渡りの危機から逃れたソヌは、石灰小麦粉事件のときと同様、誰かが陰で糸を引いていると直感するが、ジョンウクに先手を打たれ、真実を突き止められなくなる。 さらにジョンウクは、ジェマンの信頼と取り戻そうと、また新たな陰謀を企てる。 一方、テスとの再会で家族に対する想いが深まったスインは、スノクのクッパ屋に連絡するのだが…。 ソヌは、ハン会長を説得してくれたヒジュをありがたく思うが、結婚に対するグムレの期待に負担を感じる。 そんな中、テスがグムレの運転手だと知ったジョンウクは、ジェマンがこのことを知る前に、なんとかしてテスをグムレから引き離そうとする。 一方、自分の病気を家族に隠し続けてきたスノクは、日ごとに病状が悪化していくのだが…。 スノクの最後の願いを叶えるため、ヨンソンはスインを捜して欲しいと興信所に依頼するが、ソルヒからこの話を聞いたドンチョルは、かんかんになって怒る。 グムレとの約束場所でテスに会ったジェマンは、テスがグムレの運転手だったことを隠していたジョンウクに腹を立てる。 一方、ジョンウクはジェマンの使いでグムレの家を訪ねるのだが…。 ソヌはみんなのために、スインに対する気持ちを諦めようと決心し、スインを出て行かせようとグムレに言う。 そんなソヌの気持ちを知らないヒジュは、ソヌから両家の顔合わせの提案を受け喜ぶ。 一方、ドンチョルはスノクに対する罪悪感に心を痛め、そんなドンチョルの気持ちをくみとったスノクは、ドンチョルと幸せな時間を過ごすのだが…。 スノクが亡くなった後、家族は悲しさを乗り越え、いつも通りの日常を送る。 後からスノクの死を知ったスインは、スノクから離れていた歳月に対する罪悪感に胸を痛めるが、ソヌの顔合わせの準備で忙しいグムレが取り乱すのではと、悲しさを隠し耐える。 一方、順調だった計画に暗雲が立ち込めると、ジェマンは対策を立てようと紛争するのだが…。 ソヌは目を覚ましたスインに、今まで隠してきた自分の気持ちを告白する。 しかし、グムレのことが気にかかるスインは、ソヌの気持ちを受け取らず、ソヌがいない両家の顔合わせの場は、不快感と当惑を残したまま終わる。 グムレの反応を予想していたにも関わらず、スインに対する想いを諦められないソヌは、ヒジュに会い気持ちを伝えるのだが…。 ソヌはグムレに、スインに対する自分の愛を打ち明けようとするが、スインに止められ、思いとどまる。 意志を折らないソヌのせいで困ったスインは、テスにジフンと暮らす家を探してくれと頼む。 一方、公薦審査委員長を抱き込むために、ジェマンとジョンウクの命令を受けた部下たちは、力で撤去民たちを脅し押さえつけようとするのだが…。 ナム社長から撤去民に関する悲報をジョンウクとジェマンに告げ、報告を受けた2人は慌てる。 一方、グムレはなかなか元気を取り戻さないスインを心配し、韓薬を飲ませようとしたりと一生懸命尽くすが、なぜだか不安な気持ちになり、ソヌに見合いの約束を守ってくれと頼む。 そんな中、グムレはソヌの部屋で1枚の絵を見つけるのだが…。 グムレのせいでスインが去ってしまったと考えるソヌ。 溢れるソヌの恨みにも、スインとの愛を反対するグムレの姿勢は強硬だった。 一方、撤去民たちの移住同意書を手に入れたジェマンは、ついに委員長から公薦の確約を得る。 重要な取引先との約束を控えていたソヌだったが、スインを見つけたという知らせに、スインの元へ駆けつけるのだが…。 目の前でヨンソンを逃したグムレは、今まで忘れて生きてきたヨンソンがまた現れるのではないかと心配する。 ソヌは姿を消したスインを捜すため努力するが、グムレの頑強な反対に頭を抱える。 スインは長い間悩んだ末、ジョンインに会いに行くことにする。 一方、スインを捜し出せなかったソヌは熱病を患い、スインの名前を哀しげに呼ぶのだが…。 スインの居場所をつかんだソヌは、つらい身体を引きずって駆けつける。 やっとスインに会えたソヌは、安堵し気を失ってしまう。 夜通しソヌのそばについていたスインは、ソヌに対して大きくなっていく気持ちと、欲を出す立場ではないという思いに葛藤する。 一方、マンピョはソルヒのコーヒー代金を巡り、警察に連行されてしまうのだが…。 ずっと捜し続けていたスインと再会したヨンソン。 濡れ衣を着せられたマンピョは、グムレのおかげで釈放されるが、それによってジェマンは公薦の再審査の危機に陥る。 テボンに離婚を要求したダルジャは、テボンが事故に遭ったという知らせを聞き駆けつける。 一方、スインを諦められないソヌは、降りしきる雨の中、スインを待ち続けるが…。 自分の境遇のせいでソヌの気持ちを受け取ることができないスイン。 ソヌはヨンソンを訪ね、スインを説得してほしいと助けを求める。 一方、マンピョのスパイ疑惑のせいで公薦再審査を受けることになったジェマンは、苦労して掴んだチャンスを逃してしまうのではないかと心配する。 そんな中、グムレと対立したソヌは、姿を消してしまうのだが…。 チャン執事は、ヨンソンと会ったことをグムレとソヌに知らせるべきか悩み、過去の出来事が事実なのか確認するため、クッパ屋を訪れる。 これ以上ソヌの気持ちを無視できないスインは、結局ソヌの気持ちを受け入れ、2人は再びお互いの愛を確認する。 一方、ジョンウクは、公薦脱落の危機に陥ったジェマンのために、別の策略を企むのだが…。 スインにより、グムレとソヌの関係は悪くなり、家族に内緒でスインに会っているヨンソンは、ジフンとジフンの父親について口を閉ざすが心は重かった。 一方、ジョンウクはジェマンの公薦のために何の罪のない人まで巻き込み、悪事をためらわない。 ヨンソンに会ったチャン室長は、この事実をグムレとソヌに知らせるべきか葛藤するのだが…。 自分の過去についてソヌに正直になれないスインは罪悪感を感じる。 一方、ジョンウクはジェマンの選挙資金を工面するため、とんでもない事を企み始める。 偶然ジョンインの店に立ち寄ったセヨンは、驚きの事実を知ることになる。 結局スインを受け入れたが、心穏やかでないグムレは、チャン室長を呼び出しこっそり指示を出すのだが…。 偶然ヨンソンのクッパ屋を訪れたチャン室長は、そこで思いもよらない話を聞き、その事を誰にも言えず苦しむ。 一方、楽しい時間を過ごすスインとソヌ。 しかし、スインに関するある事実を知ったグムレはスインを呼び出し…。 選挙資金確保のため血眼になるジョンウクとジェマンは、再びグムレを欺こうと新しい計画を実行しようとするのだが…。 スインに子供がいるという事実を知ったセヨンの不安は頂点に達する。 ドンチョルに前科があるという事実が会社の内外に広まると、グムレはソヌにチョンギル製粉のためにスインを諦めろと強要するが、ソヌはスインが傷ついたのではないかと心配する。 一方、セヨンはジョンウクに、スインと一夜を過ごしたことがあるかと問い詰めるのだが…。 ヨンソンがソヌを訪ねてくると、チャン室長は秘密がバレるのではないかとひどく緊張する。 そんな中、ジェマンは選挙資金確保のための計画を実行しようとする。 一方、セヨンはヨンソンを訪れ、スインの子供の父親は誰なのかと聞くが、ヨンソンは答えようとしない。 不安が頂点に達したセヨンは、ジョンインのブティックに行くのだが…。 ソヌのお願いでスインの母親に会いに行ったグムレは、なぜかクッパ屋に行った事実をソヌには内緒にし、この事を知らないソヌはグムレを冷たく恨めしく思う。 一方、ジョンウクは、選挙資金調達が順調に進められる中、一通の電話を受ける。 チャン室長に会うため、チョンギル製粉へ向かったヨンソンは信じられない光景を目撃するのだが…。 グムレが自分の亡くなった母親をひどく憎んでいることに、ソヌは疑念を抱く。 グムレは長い間隠してきた秘密が明かされてしまうのではないかと不安に思う。 一方、ドンチョルはヨンソンの度重なる外出と怪しい行動に不安を感じる。 そんな中、チャン室長から衝撃的な事実を聞いたヨンソンは、傷ついた心に耐えられずどこかへ向かうのだが…。 誰にも言えない秘密のせいで胸を痛めるヨンソンは、ソヌに会い、スインと別れてくれと頼み込む。 マンピョはソルヒとの結婚を家族たちに反対されると、家出を決心し、テサン麺にも退職の意志を明かす。 一方、これ以上スインの心を傷つけたくないソヌは、グムレとチョンギル製粉のすべてを捨ててでもスインを選ぶとグムレに宣言するのだが…。 ソヌがヨンソンの実の息子だという事実を知ったスインは、大きなショックを受ける。 信じられない現実の前に、ソヌが傷ついてしまうことを恐れたスインは、ソヌのために別れる決心をし、酷い言葉で別れを告げる。 しかし、ソヌはそれがスインの本心ではないと直感する。 一方、努めて元気を出そうとするスインに、思いがけない人が訪ねてきて…。 ソヌとお酒を飲んで帰ってきたドンチョルは、チョンギル製粉の社長を婿にもらうということに夢がふくらむ。 テボンとダルジャもスインの幸せを喜ぶが、ソヌについての真実を打ち明けることができないヨンソンだけが1人で心を痛めていた。 一方、ジェマンは新聞記者に弱みを握られ、脅迫される状況に陥り、特段の措置を取ろうと決心するのだが…。 偶然ジョンウクに会ったスインは、ジフンの存在を知られてしまうのではないかと不安になる。 そんな中、ジョンウクはスインとの過ぎた過去を思い出し、心が重くなる。 一方、グムレはソヌとスインを引き離すため、ソヌに海外支社へ行くよう指示する。 ヨンソンの反対にも関わらず、ドンチョルはスインとソヌの結婚を強行しようとするが…。 ヌは、スインと一緒に海外支社へ行くという意志を曲げない。 母親の死に疑問を抱いていたソヌは、真実を教えてくれないグムレに怒りを感じ、2人の仲はより悪くなる。 一方、ドンチョルはスインとソヌを急いで結婚させようと必死になる。 そんな中、スインはジフンを連れてジョンインに会いに行く途中、予想だにしない状況に直面するのだが…。 スインに子供がいたという事実に、様々な思いがわき起こるジョンウク。 ドンチョルは、スインの結婚が思うようにいくか焦る気持ちに、ソヌに会い婚姻届を先に出せと催促するが、これによってヨンソンとの葛藤は深まる。 一方、ジフンと2人で暮らすため、洋品店を引き継ごうとしたスインは、今まで苦労して貯めたお金をすべて盗まれてしまい…。 ヨンソンが自分の実の母親だという事実にショックを受けたソヌは、糸のようにもつれた悲劇的な縁に苦しむ。 次の日、ソヌはヨンソンに会いに行くが、何も言えないまま背を向け、みんなのためにこの秘密を隠しておくことにする。 一方、スインとの叶わない愛のせいで苦しむソヌに、テスはスイン家のとんでもない真実を打ち明けるのだが…。 ソヌはスインに対する気持ちに整理をつけることにし、スインとソヌは互いに別れの痛みを味わう。 ドンチョルは、スインとソヌの結婚が水の泡になってしまったことに怒り、すべての恨みをスインにぶつける。 一方、ヨンソンの息子だとも言えず、このままスインを失うしかないソヌは、つらさに耐えきれずグムレに日本へ行くと言うのだが…。 スインとの過酷な運命を前に、ソヌは結局日本支社へ行くことを決心する。 一方、ジェマンとジョンウクは、ソヌが日本支社の事で忙しい隙を狙い、チョンギル製粉を手に入れる計画を具体化させる。 そんな中、セヨンはソヌがスインの夫でもなく、ジフンの父親でもないという事実を知った後から、疑いの目を徐々にジョンウクへ向け始めるのだが…。 スインに会い、すべての真実を確認したセヨン。 しかし、ジョンウクとの関係を守るため、結局すべての真実を伏せておくことに決める。 そんな中、スクヒから驚きの知らせを聞いたマンピョは、ソルヒのために別れを決心する。 一方、急に結婚を急ぎ出すセヨンがどうしても怪しく感じるジョンウクは、スインに会ってみる事にするのだが…。 スインは、チョンギル製粉がテサン麺と一緒に仕事をしてきたという事実を知り驚き、ジフンの実父に関する事実をジョンウクやソヌに知られてしまうのではないかと心配する。 一方、ジョンウクとジェマンは、チョンギル製粉を手に入れるため、計画を実行に移す。 そんな中、結婚を急ぐセヨンに疲れたジョンウクはひどく腹を立てるのだが…。 ソヌの愛する女性がスインだという事実を知ったジョンウクは、ひどくショックを受ける。 ジフンの実父について疑問を抱いたジョンウクは、ソヌとスインを問いただすが、2人とも釈然としない返答をする。 一方、仁川を去った後、初めてジフンと故郷を訪れたスインだが、偶然その姿を目撃したスクヒは、襲いかかる嫌な予感に凍りつく…。 ジフンが自分の息子だと知ったジョンウクは、複雑な気持ちになる。 セヨンとジョンウクの結婚が間近だという知らせを聞いたヨンソンは、スインが今からでもジョンウクと寄りを戻すことを願う。 マンピョから驚きの事実を聞いたスクヒは、セヨンとジョンウクの結婚を強く反対する。 一方、スインはジフンがいなくなったという知らせを聞き…。 ジフンとスインのためにテサン麺を諦めると話し、2人に対して責任を取ると言うジョンウク。 しかし、スインはそんなジョンウクの申し出を断る。 セヨンもまた、ジョンウクからの急な別れを受け入れない。 とうとうジョンウクは、ジェマンとスクヒに結婚を諦める意志を明かそうとし、これを止めようとしたセヨンは気絶して倒れてしまい…。 ジョンウクのジフンに対する愛はだんだんと深まる。 ジフンのせいで自分は捨てられたと思い、セヨンはジフンを誘拐しようと決意する。 一方、ソルヒは自分の店が潰れた原因がスクヒだと疑い、これに対してマンピョはスクヒを激しく責め立てる。 スインは朝から駄々をこねるジフンが気にかかっていた中、驚きの知らせを聞くことになるのだが…。 ジフンの突然の死に、スインと家族たちは悲嘆に暮れる。 恐怖で真っ青になって帰って来たセヨンは、ジェマンにジフンの死に関する衝撃的な事実を告白し、ジェマンは真実を覆い隠すため、セヨンのアリバイを捏造する。 一方、ジョンウクはジフンの死をスインとソヌのせいにして苦しむ。 そんな中、スインはジフンの死に疑問を抱き始めるが…。 ジョンウクとジェマンは、グムレからチョンギル財団を奪う計画を本格化する。 今まで信頼していたジェマンの本性を知ったグムレ。 そんな中、グムレがチョンギル財団から追い出される危機に直面しているという事実を知ったソヌは、グムレの解任を防ぐため孤軍奮闘する。 一方、ソルヒは長い間言えずにいた秘密をマンピョに打ち明けるのだが…。 チョンギル財団の新任理事長として選出されたジェマンは、チョンギル製粉を崩壊させるため、計画に拍車をかける。 グムレが会社の金を横領したという噂が世間に広がり、チョンギル製粉は不渡りの危機に直面する。 ソヌとグムレに迫る不幸を心苦しい思いで見守っていたスインは、裏で糸を引く人物を確認しにジョンウクに会いに行くのだが…。 チョンギル製粉の売却を急ぐジェマンとジョンウク。 スインはジョンウクに会い、チョンギル製粉を返してくれと頼むが、ジョンウクは聞き入れない。 一方、ジェマンと保育園長の間で裏取引が行われていると直感したソヌは、グムレの潔白とチョンギル製粉を取り戻すため奮闘するが、そんな中、予想だにしない事件に直面することになり…。 国会議員になったジェマンとジョンウクは、チョンギル製粉を再び奪おうと決意する。 すべてを失ったグムレとソヌはつらい生活を送り、そんな2人を見て胸が張り裂ける思いのヨンソンとスイン。 一方、偶然スインからチョンギル製粉の危機を知ったソヌは、チョンギル製粉を助けるため力を貸そうとするが、そこで思いがけない提案を受け…。 チョンギル製粉の新社長として現れたソヌ。 そんなソヌを見たジェマンとジョンウクはひどく衝撃を受ける。 さらには、スインまでソヌの秘書としてチョンギル製粉で働くことになると、ジェマンは一層気が焦り、会長のミョンハンからソヌとスインを引き離すため様々な手を使う。 一方、チョンギル製粉の倉庫から小麦粉が盗まれる事件が発生し…。 ミョンハンは、誰かが陰謀を企んでいるというスインとソヌの言葉を信じられず葛藤する。 石灰小麦粉事件で刑務所にいたキム秘書が出所するという知らせを聞いたソヌは、キム秘書を訪れ、すべてジェマンの策略だったことを明かそうとする。 一方、ジェマンがソヌを苦境に陥れようと、小麦粉盗難事件を捏造したという事実を知ったグムレは…。 チャン室長のおかげで危機を脱したソヌは、事あるごとに自分を狙い悪行を働くジェマンを止めようと奮闘する。 そんな中、ソヌはチョンギル製粉の売却に関する秘密を知り、ミョンハンに真実を伝えるため、チョンギル財団の理事たちを探し始める。 さらに、ひき逃げ事件の真実を追っていると、犯人に関する決定的な証拠まで手に入れるのだが…。 ソヌとスインは、ミョンハンの助けを受け、ジェマンとジョンウクに対する反撃の準備を始める。 野望と金に目がくらんだジェマンは、ジョンウクの反対にも関わらず、ミョンハンから聞いた新しい投資を進めようとする。 一方、ダルジャはいつも以上に優しいデボンの母を見て、今まで隠してきた秘密がバレてしまわないかと不安になるのだが…。 江南開発事業の投資金を調達するために血眼になるジェマンは、ジョンウクに金を借りるところを探すよう指示する。 一方、ナム社長が突然警察署へ連行され逮捕されると、それを知ったジェマンは激怒する。 ジョンウクはどうにかしてこの状況を解決しようと努力するが、うまくいかず、結局今まで隠してきた秘密をジェマンに打ち明けるのだが…。 ソヌのおかげで精神病院から出てきたチャ記者は、ソヌと一緒にジェマンに対する反撃の準備をする。 チャ記者は、今まで集めてきた不正資料を証拠にして、ジェマンの悪行を明らかにしようと計画を立てる。 一方、記憶を失ってしまったせいでひどく苦しむスンジュンは、夢に浮かんできた記憶の糸口をたぐり寄せるため、セヨンを訪ねるのだが…。 江南開発事業がなくなったという知らせを聞いたジェマンはミョンハンを疑う。 金を借りて無理矢理買った土地が無駄になってしまったジェマンは返済に苦しみ、家族は担保の家と工場の心配をしてはらはらする。 一方、あちこちでお金を調達していたジェマンは、ファン社長以外の資金主が別にいるという話を聞き、その人に会おうとするのだが…。 スンジュンがスインとソヌの弟のミンジェだという事実を知ったジェマンは、スンジュンを人質に取り、ソヌとスインを脅迫して債務返済を要求する。 ジェマンが取り出した懐中時計を見たスインは、ミンジェが生きているという事実に衝撃を受ける。 一方、ジェマンに監禁されていたスンジュンは、今まで忘れていた記憶がよみがえってきて…。 かろうじてジェマンの元から逃げ出したスンジュンは、家族と感動的な再会を果たす。 ジェマンがスンジュンを誘拐した事を知ったミョンハンは憤慨し、誘拐の容疑で逮捕されたジェマンは予想外の状況に驚き、慌てふためく。 一方、スンジュンは自分を海に落とした人物が別にいるという事実をスインに話し、スインはひどく驚愕するのだが…。 証拠不十分で保釈されたジェマンは、ミョンハンの強大な力を再認識するが、再び反撃のチャンスを狙う。 一方、隣人から、ジフンの事故当日に誰かがジフンを連れて行ったという事実を聞いて驚くスイン。 ジョンウクは、ジフンの事故当日のセヨンの足取りについて疑問を抱き、そんな中、スインとソヌは事故の真実を明かすため動き始めるのだが…。 テスの葬儀に訪れたジョンウクは、スインに門前払いされ痛悔の涙を流す。 そして、ジョンウクはジェマンを訪ね、テスの死について問いただす。 テスを排除し、事件のてん末を明かす有力な証拠を手に入れたジェマンは、ジフンの死に関する真実を隠蔽する。 一方、ジフンとテスの無念の死に苦しむスインは、セヨンを訪ねて真実を明かすのだが…。 ジェマンを助けるため、スインを訪ね、自分の罪を認めて謝罪するセヨン。 ジフンを死に至らしめたのがセヨンだったという事実を知ったジョンウクは、今までスインにつらく当たってきたことを後悔し、苦しむ。 一方、ドンチョルは自分に殺人罪の罪をかぶせ、服役生活をさせた犯人がジェマンだったということを知り、怒りに震えるのだが…。 ジェマンは警察の目を避け、死力を尽くして逃走し、ジェマンの家族は差し押さえられた家を出て、無一文の身になり離ればなれになる。 一方、今までスインの過ちだと誤解していた事件が、すべてジェマンとセヨンの罪だということが明らかになると、ドンチョルはスインに涙を流しながら謝罪する。 一方、ジョンウクはセヨンへ別れを告げるのだが…。 以上、 韓国ドラマ その女の海~愛の行方~について紹介しました。

次の