腹膜 漿膜。 腹膜炎とはどんな病気?激しい腹痛や発熱に要注意

後腹膜とはどのようなものか知りたい|ハテナース

腹膜 漿膜

腹膜腔:壁紙 腹膜 をはった腹腔空間• 腹腔:壁紙 腹膜 が貼られていない腹腔空間 1.腹膜• 「腹膜」とは「漿膜」に覆われた単層扁平上皮からなる組織。 表面は「漿液」で湿っており、摩擦を軽減する。 「胸膜」「心膜」も同様の組織。 「筋膜」も系統は同じか?• 腹壁・骨盤壁の内側は壁側腹膜が覆っている。 背側の腹壁も同様に壁側腹膜が覆っている:後腹壁• 腹腔内の臓器を包む腹膜を「臓側腹膜」という• 肝臓・胃・横行結腸・s状結腸・回腸・空腸など。 これらの「臓側腹膜」に包まれた臓器を「腹膜内臓器」と呼ぶ。 一方で臓器の前面のみが腹膜に包まれ、後面は後腹壁などに癒着している臓器を「腹膜後臓器 後腹膜臓器 」• 腎臓・副腎・十二指腸・膵臓・尿管• 腹膜後臓器の炎症は「腰背部痛」が起こりやすい。 1.間膜• 壁側腹膜と臓側腹膜は一定の部位で移行・連続する。 横隔膜など。 十二指腸などの腸間膜根部分など? 2.小網• 小網は腹膜 間膜• 前腹壁の内面を覆う壁側腹膜は横隔膜の下面を覆った後に、臓側腹膜へ移行して2枚に分離、肝臓を前・後面の両面から覆う。 肝門にて前・後面が合流し1枚の「小網」となり胃の小弯へ向かう。 小弯で再び2枚に分かれ胃を包む。 3.大網• 小網が小弯で前後2枚に分かれ、そのまま胃を前後から包む• その後、大弯で再び前後膜が合流し「大網」となる。 大網は大弯から下方へと垂れ下がり骨盤付近で背側へ折れ曲がり上方へ向かう。 横行結腸手前で2枚に分離、横行結腸を包み背側で合流、腸間膜となり後腹壁に癒着する。 腹腔内に炎症が起こった場合、大網が炎症を包み込み抑える。 2.胃 消化管で最も拡張した部分。 1.胃間膜• 胃の外表面は腹膜で覆われる。 前面の腹膜と後面の腹膜が小弯側で合流して「小網」となり肝臓へつく。 大弯側で合流した腹膜は「大網」となり、前掛けの様に垂れ下がる。 骨盤近くで背側へ折れ返り、横行結腸へ向かう。 横行結腸を前に2つに分離、横行結腸を前・後面から包んだ後に合流、腸間膜となって後腹壁へ付着する。 3.小腸• 十二指腸• 膵臓と共に前面のみ腹膜に包まれ、後面は後腹壁に付着する。 腹膜後臓器• 腹膜に前・後面包まれており、腸間膜を持つ。 移動性に富む• 腹膜内臓器• L2左ー右腸骨窩の15㎝• 腹膜に前・後面包まれており、腸間膜を持つ。 移動性に富む• 腹膜内臓器• L2左ー右腸骨窩の15㎝ 4.大腸• 横行結腸• 腸間膜を持ち、移動性を持つ。 腹膜内臓器• 上行・下行結腸• 前面のみ腹膜に包まれ、後面は腹壁に癒着。 移動性が無い。 腹膜後臓器• S状結腸• 腸間膜を持ち、移動性を持つ。 腹膜内臓器• 直腸 5.肝臓• 上面は横隔膜に固く付着。 腹膜に前・後面で覆われる。 下面は胃・右腎・横行結腸・十二指腸など多くの臓器と接する。 腹膜内臓器 6.胆嚢 7.膵臓• 十二指腸に抱きかかえられる形。 左の膵尾は脾臓に接触する。 前方は腹膜に包まれ、後方は腹壁に付着する。 腹膜後臓器 8.腎臓• 腹膜後臓器• 脂肪膜に覆われ、更に腎筋膜に覆われる。 腎筋膜は情報で横隔膜とつながっている。 呼吸運動で動く。

次の

腹膜・腸間膜、後腹膜臓器 − 健康と医療の情報局

腹膜 漿膜

腹腔 ふくくう 内の大部分の内臓の表面、および腹壁と骨盤壁の内面を覆っている薄い透明な漿膜 しょうまく で、胸 きょう 膜(肋 ろく 膜)や漿膜性心膜と同じ起源である。 内臓表面を覆うのが臓側 ぞうそく 腹膜、腹壁や骨盤壁を覆うのが壁側 へきそく 腹膜で、両者は連続して移行している。 したがって、この両者によって、閉鎖した空隙 くうげき ができることになる。 これを腹膜腔という。 腹膜腔には少量の漿液が存在し、臓器の摩擦を避けている。 腹部臓器の炎症や内出血によって腹膜の炎症が生じると、腹膜腔に滲出 しんしゅつ 液(腹水 ふくすい )、血液、膿 のう などが出現し、貯留することがある。 腹膜は、顕微鏡的には単層扁平 へんぺい な中皮 ちゅうひ 細胞と薄い線維性結合組織からできており、結合組織の中には大小の動・静脈、リンパ管、神経、脂肪組織などがみられる。 腹膜が二重にあわさった部分を間膜といい、内臓に進入する血管、リンパ管、神経などはこの間膜の中を走る。 代表的な間膜は腸間膜であり、これは空腸や回腸を腹腔後壁に固定するために発達した腹膜である。 [嶋井和世・上見幸司] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

腹膜転移とはどのような病気なのか?その治療法とは?

腹膜 漿膜

肺、心臓、胃腸・肝臓などの腹部の臓器、精巣、の4部位は、胸膜、心膜、腹膜、精巣漿膜と呼ばれる「サランラップ」のような薄い膜に包まれて、これらの膜でおおわれています。 動物の細胞が分化して組織が発生していく過程では、上皮、中皮、内皮という細胞にわかれることがありますが、中皮細胞という名称の由来は、この時期に臓器をおおう細胞から来ています。 薄い膜には、「中皮(ちゅうひ)細胞」が並んでいます。 上皮は更に分化して皮膚や消化管や呼吸器系となり、内皮は血管や血液や筋肉や脂肪組織となります。 中皮は、胸膜や腹膜や心膜等を覆う薄い膜となります。 一般に上皮からできた悪性疾患を、「がん」といいます。 皮膚癌、胃がん、大腸がん、肺癌というわけです。 内皮にできた悪性疾患を、筋肉腫や脂肪肉腫や悪性リンパ腫や白血病と言います。 中皮にできた悪性疾患を、悪性中皮腫と言うわけです。 「がん」の一種と考えて良いわけです。 図1 中皮、上皮、内皮の概念図 腫瘍の種類 良性腫瘍・悪性腫瘍(悪性新生物) 上皮性悪性腫瘍=がん、上皮は,皮膚,粘膜,臓器の内面を覆う細胞層など,広い意味で体の表面を覆うものです.例:肺がん,胃がん,肝臓がん,乳がんなど,がんと呼ばれるもの 非上皮性悪性腫瘍=肉腫、中皮腫 非上皮には中皮と内皮が含まれますが,中皮は胸膜,腹膜,心外膜,など,内皮は心臓,血管,リンパ管の内面を覆う単層扁平上皮です 例:中皮腫,白血病,肝臓血管肉腫,など (本項目の文章は2018年8月段階の内容です。 2018年9月以降の変化は反映していない場合がある点ご了承ください。

次の