きさらぎ 駅 ゲーム。 【怖い話注意】きさらぎ駅がガチで怖い件

「きさらぎ駅」異世界の駅?

きさらぎ 駅 ゲーム

地図に存在しない駅とは? この話は知っている人は知っているだろう。 すこし前にも話題に上がったと思うしたびたび話に上がってくるこの有名なお話。 この話が一気に世の中に広がったのは、あの 2ちゃんねるからであった。 2004年㋀ 8日、 2ちゃんねるにこんな書き込みが現れる。 「先ほどから某私鉄に乗車しているのですが、様子がおかしいのです。 」 この書き込みをしたのが 「はすみさん」という名前の女性。 彼女は電車の途中で迷ったという事で誰かに助けを求めようと書き込んだという。 この書き込みをしている時、はすみさんは違和感を感じていた。 彼女はこの電車を普段通勤で使っているのだが、通常であれば 5分で次の駅に到着するのだが、なかなか次の駅に着かないという。 そして、他の乗客も乗車しているのだがなぜか全員眠ってしまっていたという。 そして、彼女が寝ている人に話しかけようと思った時に電車がどこかの駅に到着したという。 その到着した駅の名前というのも 「きさらぎ駅」という駅である。 きさらぎ駅とは? 書き込みをした「はすみさん」は「きさらぎ駅」という駅に到着し 次にこんな投稿をしている。 「今きさらぎ駅に停車中ですが、降りるべきでしょうか?聞いたことも見たことも無い駅なのですが」 といった内容の書き込みが投稿された。 その後、とりあえず彼女はこの「きさらぎ駅」で下車したという。 そして、反対車線に行き時刻表を確認しようとしたら急に電車が発車してしまったという。 この見知らぬ駅に一人取り残されてしまったので彼女はひとまず駅を外に出てタクシーの運転手に声をかけようとしたり、他の人に助けを求めようとした。 そして駅を出て辺りを見回したら一面が山や草原が広がっていて、あたかも山の中に一人取り残されてしまったような感じであったと。 そして迷った挙句に線路を歩いて、来た道を帰ろうとし歩いている途中に家族や警察に電話しながら歩いていたのだが この「きさらぎ駅」は存在しない駅なので警察はいたずらだと思って電話は切られてしまったという。 そして、歩いているうちに遠くの方から謎の太鼓や鈴の音が聞こえてきた。 この時「はすみさん」はかなり精神的に追い込まれていたがその時に 歩いてきた線路の方から 「おーい!危ないから線路の上歩いたらダメだよ!」 という声が聞こえてきたという。 駅の関係者の人かな?と思い振り返ってみると片足のおじいさんが立っていたという。 やばいと思って更に歩き続けていたら、 「伊佐貫」という名前のトンネルに到着したという。 しかし、この「伊佐貫」というトンネルも日本には存在していないという。 そして、そのトンネルも勇気を振り絞って進んで行き トンネルを抜けた辺りで見知らぬ男性に遭遇しその男性に現在地を聞いたところ、ここは 「比奈」という場所だという。 この 「比奈」という場所は実在している場所であるが、 しかし、「はすみさん」が電車に乗ったのは新浜松駅でありこの「比奈」という場所から 120km以上も離れているのである。 そして、「はすみさん」は仕方がないのでこの見知らぬ男性に最寄り駅まで送ってもらえることになったそうだ。 その後、こんな書き込みがされた。 「ご心配おかけしました。 親切な方で近くの駅まで車で送ってくれることになりました。 そこにはビジネスホテルみたいなものがあるらしいです。 皆様、本当にありがとうございました。 」 という書き込みがあり一見落着かと思ったが、この男性急に無口になり車がどんどん山奥へと進んで行ったという。 そして、次の書き込みが最後になってしまう。 「もうバッテリーがピンチです。 様子が変なので隙を見て逃げようと思っています。 一応これで最後の書き込みにします。 」 とこの書き込みを最後に「はすみさん」の書き込みがされることはなくなった。 その後・・・ このまましばらく、この事件の内容には触れるものはいなかったが 2004年 7年後の 2011年 4月に突如「はすみ」と名乗る女性が また 2ちゃんねるに現れたという。 「なんとか無事に帰ってこれたけど、一晩のうちに 7年が経過していた信じてくれないと思いますが 7年立った、今、普通の世界に戻れました」 という書き込みがされたという。 見知らぬ男性に山奥に連れていかれた後、何があったかというと急に目の前から光が見えてきて、その光から別の男性が車で近づいてきたという。 そして、その男性が「なんでここにいる!ここにいてはダメだ!今の運転手は、消した、今の内に逃げるんだ!」 といったという。 そしてその男性のおかげで現実の世界に帰ってこれたという。 しかし、一説では違う人が書いたなんてことも言われている。 まとめ いかがだっただろうか? これがネットでかなり有名な日本の都市伝説である。 「きさらぎ駅」のお話である。 この迷い込んだ女性「はすみ」さんの他にも 2人目の迷い込んでしまった人や三人目の迷い込んでしまった人などがいる。 しかし、この二人目の人は後々デマであることが分かっている。 しかし三人目の人(闢藍さん)は本当に体験しているといわれている。 この闢藍さんは Twitter上でやり取りをしていたことから 知名度の高い一件になっている。 闢藍さんは携帯を触っていてふと顔を上げた時には他の乗客は誰もいない 状況になっていたという。 そして終点だと思って降りた駅が「きさらぎ駅」でずっと女性のアナウンスだったはずが男性の声に変っていたという。 そして、真っ暗な駅、閉ざされた改札、写真を撮ってもメモリー不足と様々な不可解な体験をしている。 終盤の方には激しい眠気に襲われ電車内で眠ってしまう。 がしかし、友人からの電話で起こされ、その瞬間に元の場所に戻っていたという。 しかし、帰ってきてから三年後の 2015年「神様のお嫁さんになる」と言い残して消息が不明になったという。 とこんな感じで様々な話がある。 三人目以降にも迷い込んだ人物や「きさらぎ駅」に迷い込んだ訳ではないが 異世界に行った少女の話など調べてみると興味深い話がたくさん出てくるので 気になった人間界の皆の者は調べてみると良いだろう。 しかし何人もの人間を迷い込ませるこの「きさらぎ駅」 果たして一体何なのだろうか? 次に迷い込むのはあなたかもしれない。 それでは。

次の

【都市伝説】※2020年更新版きさらぎ駅について考察【真相】

きさらぎ 駅 ゲーム

きさらぎ駅とは、上の系(いわゆる)に登場するである。 概要 「」(の「」)の「」に、にされた一連の書き込みが元になっている。 内容 この「」に存在した()「」にの14分にされた、(書き込み)番号から始まった。 他の乗客はみんな眠っていてをかけづらいという。 「はすみ」氏が現状の説明書き込みをしているうちに、はを抜けてからを落として分ごろに「きさらぎ駅」に停まった。 「はすみ」氏は迷ったもののそので降りてしまう。 そのはで、も前後のを示す表示もかった。 その内、は「はすみ」氏だけを「きさらぎ駅」に残して発してしまった。 「はすみ」氏たなく一人での外に出るが、原や山が見えているだけで本当にところだった。 にして迎えに来てもらおうとするが、も「きさらぎ駅」の場所がわからないため迎えに来られない。 (当時ので利用できた接続)でを調べようとしてもが出たという(当時のでは、での測位に対応して地の周囲のをするを閲覧することができた)。 からの勧めで番にしてみたが、と見なされて叱られて終わった。 線路沿いにとするも、遠くから太鼓を鳴らすような音やのような音が聞こえてきて徐々に近づいてきたり、片足だけの老爺が見えたが消えてしまったりと、な事が起き始める。 1時間半ほど歩いたところで線路は「貫」に続いていた。 後ろから近づく音におびえた「はすみ」氏はそのに入ることにする。 を抜けると、かが立っていた。 親切な人で、で近くのまで送ってくれるのだという。 だが、「ここはだ」と、はすみ氏く「絶対にありえない」ことを言われる。 さらに、はどんどん山の方に入っていき、その人も全く話してくれなくなったうえにな独り言をつぶやき始めた。 のがもう切れかけている、様子が変なので隙を見てようと思う……という書き込みを最後に、「はすみ」氏の書き込みは途絶えた。 その後 実際のきさらぎ駅 基本的には系の話だと見なされている。 「はすみ」氏の書き込みには点もある。 「分のに乗ったと思う」とっているが、最初の書き込みがまだ14分である点が挙げられる。 また、「新からの乗」と書き込まれていることから、乗したはである。 しかし、の間はおおむね1~m程度で、「長くても7~8分」ほど走り続けることはい。 また、「?」「かの間違いじゃないの?」という書き込みに対し、はすみ氏が「ご摘の通り、 乗り間違えた可性もある」と言っている。 しかし、は全が新からの西までで運行される。 そのため、的に使っていれば「乗り間違え」に思い至ることはほぼい。 このように、一部の地元民やからは(かもしれないが)を入れられている。 なお、「さぎの宮」が名前の元とする説もある。 こちらはにするで、とに囲まれた、なのである。 があり、分までであればもいる。 また、「」は同じ内の()にする名である。 からはがかなりあるため、はすみ氏の言う通り「絶対にありえない」場所である。 「貫」は地名としてはいものの、内には「見」、区には「布」という名前の地区は存在する。 創作での発展 書き込みが続いている当日から「だ」と摘している人もいた。 ただしだとしてもでで書きこまれたな雰囲気の話として優れた部類に入るものであったし、の趣旨て当日「だ」と摘していた人はものとして扱われていた。 その後も様々な場所でこの「きさらぎ駅」についてられていった。 「きさらぎ駅に降りてしまった」とる生的なも複数なされたが、それらの出来は玉石混交であったようだ。 さらには、複数の系の作品などで題材として使用されるようになった(『』『3』など)。 中にはやなど、の作品もある。 また複数言版のに「きさらぎ駅」の記事が作成された。 このように、「きさらぎ駅」は徐々に「有名な」となっていった。 関連動画 書き込み内容再現 TRPG 二次創作小説 フリーゲーム 楽曲 関連静画 関連リンク• 関連項目•

次の

きさらぎ ホラーサウンドノベルアプリ 無料 チカトモノベル

きさらぎ 駅 ゲーム

謎の無人駅といわれるきさらぎ駅。 10年以上語り継がれる「謎の駅」 きさらぎ駅は、インターネット上でここ10年来、語り継がれている「謎の駅」である。 その初出は2004年。 2ちゃんねるで、とある投稿者が、「帰宅中、見たことも聞いたこともない無人駅『きさらぎ駅』にたどり着いてしまった」と書き込んだことで出現した。 投稿者はしばらく、駅周辺の不気味な様子を紹介し続けていたが、やがて書き込みは途絶え、そのまま消息を絶ってしまった。 以後、掲示板やツイッターなどではたびたび、「きさらぎ駅にたどり着いた」と称する人が現れている。 明らかな作り話も少なくないが、今や多くの人に知られるネット上の都市伝説となった。 ここ2〜3年は、怪談の季節である夏になると、きさらぎ駅にまつわる話題がどこからともなく出回り、一種の「風物詩」になっていた。 最初の投稿者の書き込みから、場所は静岡県内のどこか、ともされるが、まったく関係ない場所からたどり着く人も珍しくない。 「きさらぎ駅が帰宅ラッシュ」 ところが、そんなきさらぎ駅が、2015年はちょっとした「ラッシュ」に見舞われた。 8月14日夜、複数のユーザーが「きさらぎ駅に迷いこんでしまった」のだ。 焼津海上花火大会の帰り。 中には時間帯がほとんど重なっている人もあり、「謎の無人駅」で鉢合わせたはずだが、お互いの存在には気づいていないという、いかにも「謎の駅」らしい展開にも発展した。 案の定、この状況はたちまち笑いの的となり、「帰宅ラッシュ」などと揶揄する書き込みが現れた。 1時間半で4人もきさらぎ駅に集結は笑える — s. かつてはネット上の「怖い話」の代表格といわれた「きさらぎ駅」。 リアルな都市伝説の象徴だった「口裂け女」が岐阜の町おこしに使われるようになったように、神秘性をまとっていた「謎の駅」も、メジャーとなってしまうと、すっかり笑い話のネタにされてしまうということらしい。

次の