早稲 アカ マイ ページ。 進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー

早稲アカ、先生の熱いお話まとめ

早稲 アカ マイ ページ

小2の娘、早稲田アカデミーのキッズチャレンジテストを受けてきました。 問題は、ものすごく難しいです。 結果が怖い… 子供たちがテスト中、親は保護者会でした。 先生方のお話で、印象的だったことをいくつか書き残しておきます。 自分で解法を見つけ、解けたという感動を体験することが大切 解き方がわかっているものを解く喜びと、 解法を自分で見つけて解けた時の喜びは、 全く違う。 初見の問題に面白いと思って貪欲に取り組んでいく子供は、 最強である。 中学受験で難関校で出される問題は、 解法から考えなくてはならないものばかり。 毎日の勉強の中で、じっくり考え、自分で解き方を見つけ出す喜び、 解けたときの感動を味わうことを積み重ねていくと、 初見の問題に楽しんで取り組めるようになる。 先取り学習は、いつか追い越される 先取り学習は、掘り下げることをしない。 それが問題。 学習と知育は違う 小1、小2のうちは、学習に逃げず、知育を行うこと。 学習とは、習う・まねる・反復すること。 知育とは、見当をつける・試す・判断する力を育てること。 学習だけできても、問題を解決する能力がなければダメ。 小5、小6は、量で質がカバーできない 量をこなして通用するのは小2、小3まで。 小5時点で習っていることを使いこなせていければ、 受験者の中で上位に食い込める。 その中で、自ら解法を見つけられる子供たちが最難関に合格する。 だから…小2のうちに知育を行うことが大切。 ご家庭でやるのが難しければ、どうぞ早稲アカへ! という感じのお話でした。 娘は今回のテスト、全然わからなかったといっています。 「こっち(右)もこっち(左)も見たけど国語やってたよ!私算数なのに!」 と怒っています。 1列ごとに、教科を変えているんですね… 中学受験のブログがたくさん。 参考になります!.

次の

中学受験 早稲アカの「学力診断テスト」を受けてみた

早稲 アカ マイ ページ

小2の娘、早稲田アカデミーのキッズチャレンジテストを受けてきました。 問題は、ものすごく難しいです。 結果が怖い… 子供たちがテスト中、親は保護者会でした。 先生方のお話で、印象的だったことをいくつか書き残しておきます。 自分で解法を見つけ、解けたという感動を体験することが大切 解き方がわかっているものを解く喜びと、 解法を自分で見つけて解けた時の喜びは、 全く違う。 初見の問題に面白いと思って貪欲に取り組んでいく子供は、 最強である。 中学受験で難関校で出される問題は、 解法から考えなくてはならないものばかり。 毎日の勉強の中で、じっくり考え、自分で解き方を見つけ出す喜び、 解けたときの感動を味わうことを積み重ねていくと、 初見の問題に楽しんで取り組めるようになる。 先取り学習は、いつか追い越される 先取り学習は、掘り下げることをしない。 それが問題。 学習と知育は違う 小1、小2のうちは、学習に逃げず、知育を行うこと。 学習とは、習う・まねる・反復すること。 知育とは、見当をつける・試す・判断する力を育てること。 学習だけできても、問題を解決する能力がなければダメ。 小5、小6は、量で質がカバーできない 量をこなして通用するのは小2、小3まで。 小5時点で習っていることを使いこなせていければ、 受験者の中で上位に食い込める。 その中で、自ら解法を見つけられる子供たちが最難関に合格する。 だから…小2のうちに知育を行うことが大切。 ご家庭でやるのが難しければ、どうぞ早稲アカへ! という感じのお話でした。 娘は今回のテスト、全然わからなかったといっています。 「こっち(右)もこっち(左)も見たけど国語やってたよ!私算数なのに!」 と怒っています。 1列ごとに、教科を変えているんですね… 中学受験のブログがたくさん。 参考になります!.

次の

早稲アカ、先生の熱いお話まとめ

早稲 アカ マイ ページ

小2の娘、早稲田アカデミーのキッズチャレンジテストを受けてきました。 問題は、ものすごく難しいです。 結果が怖い… 子供たちがテスト中、親は保護者会でした。 先生方のお話で、印象的だったことをいくつか書き残しておきます。 自分で解法を見つけ、解けたという感動を体験することが大切 解き方がわかっているものを解く喜びと、 解法を自分で見つけて解けた時の喜びは、 全く違う。 初見の問題に面白いと思って貪欲に取り組んでいく子供は、 最強である。 中学受験で難関校で出される問題は、 解法から考えなくてはならないものばかり。 毎日の勉強の中で、じっくり考え、自分で解き方を見つけ出す喜び、 解けたときの感動を味わうことを積み重ねていくと、 初見の問題に楽しんで取り組めるようになる。 先取り学習は、いつか追い越される 先取り学習は、掘り下げることをしない。 それが問題。 学習と知育は違う 小1、小2のうちは、学習に逃げず、知育を行うこと。 学習とは、習う・まねる・反復すること。 知育とは、見当をつける・試す・判断する力を育てること。 学習だけできても、問題を解決する能力がなければダメ。 小5、小6は、量で質がカバーできない 量をこなして通用するのは小2、小3まで。 小5時点で習っていることを使いこなせていければ、 受験者の中で上位に食い込める。 その中で、自ら解法を見つけられる子供たちが最難関に合格する。 だから…小2のうちに知育を行うことが大切。 ご家庭でやるのが難しければ、どうぞ早稲アカへ! という感じのお話でした。 娘は今回のテスト、全然わからなかったといっています。 「こっち(右)もこっち(左)も見たけど国語やってたよ!私算数なのに!」 と怒っています。 1列ごとに、教科を変えているんですね… 中学受験のブログがたくさん。 参考になります!.

次の