ドライブ 関東 日帰り。 充実した関東日帰りドライブを! 運転好きも満足できるおすすめコース5選!

関東の日帰りドライブコース&スポット32選!デート/女子旅/一人

ドライブ 関東 日帰り

房総半島の秘境 養老渓谷の5つの滝をめぐるハイキングコースで一番初めに現れるのが、粟又の滝。 「養老の滝」とも呼ばれています。 粟又の滝は、水流の迫力を体感するというよりも、水が滑り台のような岩肌をゆるやかに流れ下りる様子を楽しむ滝。 全長100mと長く、幅も広いため、末広がりに広がった下流は雄大さを感じます。 上流で滝を見下ろすだけでなく、下流から滝全体を眺めて穏やかなパワーをいただきましょう。 四季の中でも、特に紅葉の季節が見もの。 赤く染まった渓谷と滝のコラボレーションを楽しめます。 【所在地】 千葉県夷隅郡大多喜町粟又157 【アクセス情報】 バス停「粟又・ごりやくの湯」から徒歩11分 【電話番号】 0470-82-2176 「東洋のナイアガラ」の異名を持つ吹割の滝。 高さ7メートル、幅30メートル超の滝で、日本の滝100選に選ばれています。 ごうごうと音を立てながら、三方向から勢いよく水が流れ、豪快に水が飛び散る様子は圧巻の一言! そんな荒々しい水が浸食してできた吹割の滝は、まるで大きな岩が吹き割れたように見えることから吹割の滝と呼ばれるように。 吹割の滝がある吹割渓谷一帯には遊歩道があり、吹割の滝をはじめ鱒飛の滝や般若岩など景勝地をめぐれるコースになっています。

次の

【関東近郊】日帰りドライブコース8選!週末のおでかけやデートにおすすめ(3)

ドライブ 関東 日帰り

言わずと知れた東京でも有数の観光スポットお台場にあります。 建物が船をモチーフにしているので、ウッドデッキや館内のいたるところに船や海を感じさせるオブジェやインテリアがちりばめられています。 3Fのシーサイドデッキからは、レインボーブリッジを始めとする映くいい景色が眺められます。 夜はイルミネーションが綺麗です。 お台場イルミネーショ YAKEIは、通年点灯型となっているのでいつ行ってもロマンティックな雰囲気を楽しめますよ! ショッピングやエンターテインメント、グルメまでなんでも揃っていて、日帰り観光に最適です。 ホテルに宿泊していなくても利用できるので安心! 交通アクセスもよく、子連れからカップルまで幅広く楽しめる人気スポットです。 1階と2階にはいくつものエリアがあり、それぞれに違うテーマを楽しめます。 水族館の中には、メリーゴーランドや巨大な海賊船のアトラクションもあるので、テーマパーク気分を味わえるのもポイントです。 光と音を取り入れたイルカのショーは、季節ごとにテーマが変わります。 カピバラにご飯をあげたり、イルカにタッチしたり、従業員しか入れない場所の見学というイベントもおすすめです。 ただしイベントは予約制で料金がかかります。 鍾乳洞の中は常時気温11度となっていて、夏は涼しく冬は温かいので季節を気にせず見に行けます。 カラフルにライトアップされているので、ちょっとしたテーマパークのような雰囲気です。 関東では随一とされる規模のため、見学には約40分という時間を要します。 長い年月をかけて自然が作り出した、壮大なアートを見に行ってみてはいかがでしょうか。 平成8年に設置された水琴窟では、水滴が奏でる美しい音色を楽しめます。 ジブリ映画に登場するキャラクターや、映画に関する素敵な展示物を見学できます。 迷路のような館内は大人でもワクワクする構成となっていて、今までは子供しか乗れなかった猫バスが、リニューアルされ大人も乗れるようになりました! となりのトトロに出てきた猫バスに憧れていた人は、夢のような体験ができます。 ただし 三鷹の森ジブリ美術館は完全予約制となっているので、当日行っても入れません。 さらに チケット販売は毎月10日10時~と決まっています。 予約がいっぱいになり次第終了となるので、早めに計画を立てておくことをおすすめします。 私も2017年、東京でのイベント帰りに寄りました。 やはり目当ては温泉でとても広いです。 なので混んでいてもゆったり入ることができます。 食事どころも複数あり、夜遅くまでやっていることもありるので深夜に来ても楽しめます。 お風呂にも深夜に入れます。 私は深夜のお風呂あがりにラーメンを食べました。 私の場合、素泊まりしたのですが、休憩スペースがあり、かなり休まりました。 おすすめできる点は風情を楽しめるとこですね。 縁日などやっていますし、入場の際に数種類ある浴衣から自分で選んで着ることができます。 細かいところすべてに大江戸温泉のこだわりがあります。 子供にも楽しめるゲームセンターもあるので、ぜひいろんな方と行ってみてください。 未就学児から大人まで幅広く楽しめる施設は、家族連れの日帰り東京観光にもピッタリです! 館内には子供でも挑戦できるボルダリングやアスレチック、床にお絵かきできるアトリエや工作位体験教室など、 子供が楽しめるスポットが充実しています。 都内23区最大の大型ドームで見るプラネタリウムや、親子で参加できるとんがりキッチンでの料理教室なども開催されていますよ! イベントは随時開催されていますので、ホームページから情報をチェックしてください。 アウトドア派の人にも満足な日帰り旅行となるでしょう。 登山経験者なら最初から登るコースもありますし、あまり体力に自信がない人はケーブルカーやリフトで途中まで行けば、1時間ほどで頂上まで行けます。 リフトを降りてすぐのところにあるビアガーデンは、飲み放題プランなどもありいつも混雑しています。 途中にはお土産屋さんや茶屋もあるので、のんびりマイペースで登れます。 道は整備されているので、登山というよりもハイキング気分で楽しめるのがいいですね。 高尾山 住所: 電話番号:042-673-3461 定休日:無休 入場料や利用料:散策自由 千葉の人気スポットといえば、一番にディズニーランドを思い浮かべる人も多いでしょう。 子供から大人まで幅広く楽しめるテーマパークは、日帰りスポットとしてもおすすめです。 休日や連休はかなり混み合うので、アトラクションには順番待ちをする行列ができています。 料金はかかりますが、 ファストパスを利用すれば待ち時間を短縮できるので、日帰りでも時間を有効に使えます。 随時イベントも開催されていますし、ディズニーランド内のショップでしか販売されていない限定アイテムをお土産にできます。 各ゾーンの入口まで車でも行けますし駐車場もあって便利です。 動物と触れ合うこともできますし、体と頭を使って楽しく遊べるので子供も満足度が高いでしょう。 園内には数箇所にショップやレストランがあるので、途中で休憩もできます。 風車や建物などの景色は、デンマークにいるような気分にさせてくれるのもポイントです。 お菓子や工作の体験教室や、園内の木を使って染める染物体験などイベントも開催されています。 海をテーマにしているので、ディズニーランドとは少し雰囲気が違っています。 電車でも車でも行けるので、関東住みなら日帰り観光も可能です。 アトラクションやパレード、ショップで扱うアイテムもディズニーランドとは少し違うので、それぞれに違う楽しみがあります。 初めて行く人は、入口で配っているパンフレット・Todayを活用しましょう。 パレードの時間や、おすすめメニューやグッズを紹介しているのでとても役に立ちます。 体験には料金がかかりますがコップや一輪挿しを作れるので、 楽しい思い出と一緒に形に残せる物が手に入ります。 時間は30分程度で、職人さんが教えてくれるので気軽に体験できます。 吹きガラスは完成後に1晩かけて冷やす必要があるため当日は持ち帰れません。 日帰りの場合は着払いで発送してもらえます。 火を扱うこととかなりの高温になるので、タオルを持っていきましょう。 服装は化繊とサンダル不可です、靴を履き天然素材の服を着ていってくださいね。 しょう油工場の見学ができるので、日帰り観光にもピッタリ! 見学の流れは、最初にしょう油のことや作り方を説明する映像を見ます。 次は実際にしょう油を製造する工場を見学します。 見学が終了すると、記念品として工場で作っているしょう油をお土産にプレゼントしてもらえるのがいいですね。 見学終了後は館内にある、まめカフェで効きしょう油をしたり、しょう油味のソフトクリームやしょう油うどんを食べるのが定番です。 売店ではここでしか買えないオリジナルグッズなども販売されています。 自然豊な場所で都会の喧騒を忘れ、のんびり1日を過ごすのもたまにはいいのではないでしょうか。 マザー牧場では動物と触れ合う以外にも、いろんな体験ができます。 ファームバンジーやファームジップというアドベンチャーや、体験工房でのモノ作り、レストランでおいしい料理を食べたり、売店で手作りハムやソーセージなど、マザー牧場特性のオリジナル商品をお土産にできます。 毎年春には羊が出産シーズンを迎えるので、可愛い子羊に会えますよ! 写真を撮ったり赤ちゃん羊の大行進が見られたりと、貴重な体験ができます。 カップヌードルの麺になったつもりで、カップヌードルができるまでの工程を体験できるアトラクションは子供に人気です。 チキンラーメンの製造工程を体験しつつ、チキンラーメンを手作りできるファクトリーは大人も楽しめます。 カップヌードルのカップを自分でデザインして、さらに具材とスープをお好みで選び、オリジナルのカップヌードルを作るファクトリーも人気です。 ファクトリーは有料で定員が決まっているので、早めの予約をおすすめします。 ミュージアムショップでは、オリジナルグッズを豊富に取り揃えていて、ここにしかない限定品もあります。 家族連れも楽しめますし、デートにもおすすめ! イルカやアシカのショーや、魚にごはんをあげる触れ合い体験ができます。 カピバラやカワウソなどにも会えますし、新江ノ島水族館自慢のクラゲエリアは幻想的な雰囲気を味わえる人気スポットです。 帰りに江ノ島に渡り展望台からの景色を楽しんだり、江ノ島グルメを味わうこともできます。 ミュージアムショップでは複製原画を額入りで販売していますよ! ミュージアムカフェでは、コロ助チャーハンや、ドラえもんをデザインしたパスタなど楽しいメニューが食べられます。 子供はもちろんのこと、大人でもワクワクできるスポットです。 川崎なら日帰り観光にも便利! ただしミュージアムは 日時指定の予約制となっていますので、行く前にチケットを予約してくださいね。 チケットはローソンのみの販売となります。 22種類ものプールがあるので、子供から大人まで幅広く楽しめるようになっています。 水着を持っていなくてもレンタルできますし、パーク内で販売もしているので安心です。 ドライヤーもレンタルできますが、ディポジットで100円必要!(返却時に100円は戻って来るというシステム) 10月~1月まで毎月23日は日産デーとなっているので、入場料のみで遊べるというお得な日です。 開館は1969年と半世紀近くの歴史があるのも特徴です。 自然豊かな箱根の地で、常時120点近い展示物を紹介しています。 もちろん館内にも展示物がありますので、普通の美術館としても楽しむことは可能です。 屋外展示がメインのため、 美術館でありながらお弁当の持ち込みが可能です。 展示物を鑑賞した後に、敷地内のベンチでのんびりお弁当を食べるのもいいですね。 彫刻を眺めながらゆっくりと足湯を楽しみましょう。 建物やオブジェはまるで童話の中から飛び出してきたかのようで、 メルヘンな雰囲気は子供だけでなく大人も心和む空間です。 園内は4つのエリアに分かれていて、トーベ・ヤンソンに関する資料や図書館、イベントホール、カフェがあります。 どの建物も可愛らしいユニークな造りで、外観も内観もとても素敵です。 公園は入園料などはかからず、無料で誰でも利用できます。 カフェにはテイクアウトメニューもあるので、ゆっくり過ごしたい時にもおすすめです。 ホワイトタイガーに会える動物園としても知られていますね。 他にも象やライオンなど、120種類に及ぶ約1,200頭の動物たちに会えます。 触れ合いコーナーでは、ポニーに乗ったりウサギやモルモットと触れ合えるコーナーもありますよ! 遊園地には絶叫マシーンから子供でも安心の乗り物まで、幅広く揃っています。 プールは夏季のみの営業となっていますが、それ以外の季節も家族連れに人気のスポットです。 渋谷から80分、栃木から47分、大宮から30分と交通アクセスもよく、日帰り観光にもピッタリですね。 実物の車両を36両展示している、車両ステーションは圧巻! 鉄道を5つのテーマでカテゴリ毎に展示しているので、ここに来れば鉄道のことを知らない人も鉄道を理解できるようになるでしょう。 ミニ運転列車は電車の運転を体験できるゾーンとなっており、 小学生以上なら実際にミニ電車を運転できます。 実物車両の運転性は常時公開されているので、普段は入れない運転席から見える景色を楽しめます。 季節ごとに違う表情を見せてくれるのもポイント。 花の開花に合わせて様々なイベントも開催されています。 JR両毛線のあしかがフラワーパーク駅から徒歩3分という、交通アクセスにも便利な場所で、 首都圏からでも約90分で行けるので、日帰り観光にもピッタリです。 春は桜が綺麗に咲くのでお花見もできます。 250畳の大藤としても知られる藤棚は、あしかがフラワーパークの名物にもなっています。 4月下旬から見ごろを迎えるので、ぜひ足を運んでみてください。 学生の頃行ったことがある人も、大人になってから行くと当時とは違う目線で楽しめるでしょう。 徳川家康を祀っていることや、社寺が世界遺産に登録されたことでも知られています。 陽明門や魔除けの逆柱、見ざる言わざる聞かざる、眠り猫、薬師堂の鳴き龍などなど見どころ満載! 敷地内にはカフェや、日光名物の大福を販売している屋台もあります。 周辺には観光スポットも多いので、日帰りでも日光を満喫できるのがいいですね。 宇宙科学に関する研究や開発、人工衛星の打ち上げや追跡など宇宙に関することを行う機関は、栃木の観光スポットとしても注目されています。 施設内の1部ではありますが、見学ツアーに参加できます。 ただし見学ツアーには予約が必要となるので、日帰り観光で行きたい場合はあらかじめ日程を決めて予約しておきましょう。 1日4回行われていて、所要時間は約70分です。 スペースドームだけなら予約不要で見学できます。 月夜野びーどろパークの見どころはなんといっても、実際にガラス作り体験ができるところでしょう。 吹きガラス体験や、ガラスのコップに好きなイラストや文字を彫るサンドブラスト、絵の具を使った絵付けや、キャンドル、ステンドグラス体験まで幅広く対応しています。 作った作品はお土産にできるので、充実した日帰り観光になるでしょう。 若干好き嫌いは分かれるものの、ヘビ以外にもトカゲやカメなどの爬虫類がいます。 世界中の毒蛇を展示していますが、展示室はきちんと仕切られていて直接ヘビに触れることはないので安心です。 ふれあいたい人はふれあいイベントがあるので、参加してみてはいかがでしょうか。 大蛇との記念撮影イベントなども行われていますよ。 最寄りのICから15分と、交通アクセスも便利、好みが分かれるだけに穴場でもあります。 愛知県瀬戸市の伝統を受け継ぐ窯元で、 オリジナル陶器の展示や販売、陶芸体験教室を行っています。 電動ろくろを使って食器を作ったり、可愛いふくろうの置物を作ったりできます。 子供から大人まで体験できるので、家族での陶芸体験をする人もたくさんいますよ! エプロンとタオルは貸してもらえるので、手ぶらでOK。 何を作るかによって料金は変わりますが、当日の電話予約もできるので時間があったら陶芸体験してみるのもいいかもしれません。 80種類の海の生き物がいる巨大水槽や、大型サメがいる水槽、国内最大の専用水槽でのんびり漂っているマンボウや、可愛いペンギンの行進などが見られます。 イルカやアシカのショーも開催されていますし、水族館の裏側を探検するツアーや、古い角質を食べてくれるガラ・ルファという淡水魚の魚エステの体験などもできますよ。 ショップやフードコートもあるので、 1日かけてのんびり過ごす日帰り観光にも最適です。 子供からお年寄りまで幅広く楽しめます。 春はスイセンやチューリップ、夏は暗くなってからコキアをライトアップする幻想的な景色を楽しめます。 秋はコキアの紅葉とコスモス、冬は風物詩となっている干支の巨大地上絵やアートフラワーの展示会など、季節毎のイベントも盛りだくさんです。 サイクリングやアスレチック、ディスクゴルフなどスポーツも挑戦できます。 カフェやレストランで食事も可能ですし、 本公演にはバーベキュー広場があって、松林でバーベキューを楽しめます。 全長120メートルと青銅製立像では、世界一の大きさとして1995年にギネスブックに登録されています。 奈良の大仏が牛久大仏の手のひらにすっぽりと収まってしまう、スケールの大きい大仏を見に行ってみるのも楽しいでしょう。 ただ見るだけでなく、胎内には様々なスポットが用意されていて、エレンベーターで地上85メートルの展望台に上り、周囲の景色を眺めるのもおすすめです。 書き初め体験や写経体験など、普段できない経験もできます。

次の

日帰りドライブデート関東編!女の子が絶対喜ぶおすすめスポット10選

ドライブ 関東 日帰り

12月末からのロウバイに始まり、梅、シャクナゲ、福寿草、つつじ…、秋には紅葉、冬には寒桜と四季折々の花や葉を楽しめる山です。 また麓には2011年のミシュラングリーンガイドに掲載されたパワースポットでもある、宝登山神社があります。 有名な観光地のような派手さはありませんが、山頂付近では動物園や夜景を楽しむこともでき、神社への参拝や花を愛でつつ散策できます。 特に夏場は都会の暑さを脱して過ごすにはもってこい。 首都圏からのアクセスも良いので、関東のドライブスポットとしてはちょうどいい立地です。 【住所】ロープウェイ:〒369-1305埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1766-1 【電話】0494-66-0258 【料金】ロープウェイ 大人(12歳以上):片道480円、往復820円 小人(6歳以上):片道240円、往復410円 【HPアドレス】 29位 ぐんまフラワーパーク @群馬県 前橋市にあるぐんまフラワーパークは広さ18万4,000平方メートルを誇る巨大な公園です。 春夏秋冬四季を通じて花を楽しめるように植栽されており、県民の憩いのスポットでもあります。 春には一面のチューリップ畑が見事で、デートのロケーションとしてはピッタリ!イルミネーションも見事で日本夜景遺産にも認定されるほど。 関東でドライブデートならぜひおすすめしたいスポットです。 【住所】群馬県前橋市柏倉町2471-7 【電話】027-283-8189 【営業時間】9:00~17:00(閉園、時期により異なる) 【定休日】無休 【料金】大人 700円~300円(時期により異なる)中学生以下無料 【HPアドレス】 28位 足利フラワーパーク @栃木県 600畳にも及ぶ巨大な藤棚が有名な足利フラワーパークは1年に8つのテーマの花々で彩られる巨大なフラワーパークです。 樹齢130年の大藤や80mの白藤のトンネルは県の天然記念物に指定されているほど。 10月下旬からは「光の花の庭」イルミネーションが開催され、広範囲にわたる美しい景色を観に毎年多くの人が訪れます。 日本で唯一CNN「世界の夢の旅行先 9箇所」にも選ばれており、関東ドライブならぜひ訪れてほしい場所。 昼の花々もイルミネーション時期の夜景もどちらもおすすめですよ。 【住所】〒329-4216 栃木県足利市迫間町607 【電話】0284-91-4939 【開園時間】季節により変更になりますのでHPでご確認ください。 HPで要確認 昼:大人900~1700円、小人700円~1400円 夜:大人700~1400円、小人350~700円 【HPアドレス】 27位 戦場ヶ原 @栃木県 海の幸を美味しく新鮮に食べたいと思ったらおすすめなのがこの場所。 道の駅なら雨でも楽しめるのでチェックしておいて損は無し!茨城近海の漁場では新鮮な魚介類が毎日水揚げされ、お安く手に入れることができます。 地元で採れたお野菜や道の駅スイーツもありますよ。 買ったものをその場で焼いて食べられる浜焼きコーナーやオリジナルの海鮮丼を作れる「身勝手丼」は海鮮グルメとして大人気!湘南や江戸前も良いけれど、関東でドライブするなら訪れる価値ありです! 【住所】〒319-1223 茨城県日立市みなと町5779-24 【営業時間】店舗により異なる 【電話】0294-54-0833 【HPアドレス】 25位 袋田の滝 @茨城県 日本三大名瀑にも数えられた日本を代表する滝が茨城県にもあります。 県内外から訪れる人が多く、マイナスイオンたっぷりの名瀑は定番の観光スポットです。 西行法師が訪れた際に絶賛したという逸話も残る歴史ある滝です。 四季折々に自然とともに変化していきますが、冬の凍結した際の姿は氷瀑としても見応えがあります。 周辺には温泉施設もあるので、関東ドライブで茨城を訪れるときにはおすすめですよ。 【住所】〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19 【営業時間】8:00~18:00 11~4月は9:00~17:00 【定休日】無休 【電話】0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所) 【料金】観瀑施設(袋田の滝トンネル)利用料大人300円 子供150円 【HPアドレス】 24位 筑波山 @茨城県 日本一の富士山と並んで有名なのが筑波山。 標高が低く、比較的登りやすい山としても親しまれています。 ケーブルカーやロープウェイも充実しているのでハイキングと組み合わせながら気軽に登山を楽しむことができます。 10月から2月は土日祝日限定でケーブルカー・ロープウェイの夜間運行を行っています。 関東平野を一望できる山頂から夜景を観ることができ、デートスポットとしても人気なのでドライブの行き先にもってこいです。 【住所】〒300-4352 茨城県つくば市筑波1番地 【電話】029-866-0611 【料金】 ケーブルカー 大人 片道580円 往復1,050円、小児 片道290円 往復530円 ロープウェイ 大人 片道620円 往復1,100円、小児 片道310円 往復550円 【HPアドレス】(筑波山ケーブルカー・筑波山ロープウェイ) カテゴリー•

次の