道志村 女の子。 小倉美咲ちゃんの足取りや発見できないのはなぜ?ボランティアも参加!行方不明後の現地の捜査状況

【山梨女児不明】その後の進展は??誘拐などの事件を心配する声も??

道志村 女の子

小倉美咲ちゃんが行方不明になって6日目 山梨県・道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年生・小倉美咲ちゃん7歳が行方不明になって、9月26日で6日目… 9月25日に引き続き、きょうも午前6時から警察、消防、自衛隊など260人以上で捜索を行っている。 周辺には別荘や空き家などが多数あり、美咲ちゃんが建物内に避難した可能性も想定して、捜索をしているが…持ち主が確認できない建物もあり、難航することもあるという。 「直撃LIVEグッディ!」では最新の捜索状況を中継で伝えた。 木下康太郎フィールドキャスター: 今朝も、朝6時から捜索活動が続けられています。 行方不明となった現場は、私が今いるあたり。 美咲ちゃんはキャンプ場からこの坂道をあがって、丁字路の左か右、どちらかの方向に進んでいったとみられています。 木下康太郎フィールドキャスター: こちらは、きのうの捜索範囲です。 きのう、自衛隊はここから東西およそ4km、さらに警察・消防は西におよそ3kmを捜索したそうです。 きょうは、きのう捜索したところをもう一度捜索して、さらに西側の林道や斜面、空き家などを中心に捜索しているということです。 木下康太郎フィールドキャスター: 9月26日はドローンやヘリコプターが多く飛んでいるんですが、この山の中は高低差のある木々が生い茂っていて、上空からだとほとんど見えないそうです。 ですので、ボランティアの方や自衛隊、警察・消防などは自分たちの足で地道に捜索活動を行っている状況です。 木下康太郎フィールドキャスター: 美咲ちゃんは一体どこにいるのか?山の危機管理に詳しい山岳ガイドの橋谷昇さんによりますと、 周囲が暗くなるとこういった建物の方向に行く習性が子供にはあるそうなんです。 木下康太郎フィールドキャスター: 9月25日の発表によると、いま捜索しているエリアの中で、こういった建物が100軒ほどあるそうです。 また、橋谷さんによるともう一つ、 沢の下流の方に進んでいく習性が子供にはあるそうなんです。 木下康太郎フィールドキャスター: 捜索隊はこういった沢なども捜索していますが、地図に載っている沢と載っていない沢があるそうで、自分の足で行ってみて沢を見つけなくてはいけない、そういったところでも捜索は難航していると言える状況です。 朝と夜、現場は15度くらいでとても寒いので、美咲ちゃんの体力がこの寒さにどれほど奪われているか、大変危惧されるところです。 ただ橋谷さんによると、唯一の救いとしては建物が点在していることと、沢の水が衛生的に飲んでも問題ないということ。 水を飲み、建物などに身を寄せて寒さをしのいでいるとすれば、10日から2週間ほどは7歳の子だと生き延びる可能性があるということです。 大きな希望を持って、きょうも皆さんは捜索活動をしている状況です。 専門家と考える美咲ちゃんが取る行動 スタジオでは、子供の心理に詳しい東京未来大学の出口保行さんをお招きし、子供が取る行動について解説していただいた。 安藤優子: 子供は目の前にある道を進むもので、道なき道には進んでいかないんでしょうか? 出口保行氏: 子供はまっすぐ前進してしまう特性があり、 道なき道には あまり行かないです。 子供は視野が狭く目の前しか見えないところがあるので、目の前に道が開かれていればそこを突き進んでしまうのはごく当たり前のことです。 安藤優子: 「さっきお母さんのいたキャンプ場に戻ろう」とか「Uターンしよう」とは思わないものなんでしょうか? 出口保行氏: 山の中だけでなく遊園地なんかでも子供は迷子になりやすいですよね。 親から数メートル離れてすぐ危ないと思って振り返ることができれば迷子にならないと思いますが、前に進んでいってしまう特性がある。 辺りが暗くなってくるとか、本当に危機が迫ってくると戻ろうとするんですが、その時には道が分からない。 戻ろうと思ってなおさら迷子になってしまうパターンが多いですね。 尾木直樹 教育評論家 : 僕ら大人は150度くらいあるけど、子供の視野って90度くらいしかないんですよね。 だから道路を横切る時も危ないんですよ。 立本信吾フィールドキャスター: 大人が考え得る範囲外の行動を、子供はする可能性があります。 過去の事例から、子供の意外な行動を見てみましょう。 出口保行氏: その可能性は十分にあるので、やはり捜索の範囲を広げていくことは、今とにかく必要なことだと思います。 宮澤智アナウンサー: 安全で安心できるような場所を見つけたら、そこを拠点にするというか、そこにずっととどまるということは子供でもあるんでしょうか? 出口保行氏: もちろんできます。 先ほどの北海道の子がまさにそうですから。 美咲ちゃんも そういう風になっていてくれればいいなと本当に思います。 立本信吾フィールドキャスター: キャンプ場の周辺にある空き家や別荘は所有者が分からないところも多いということですから、この近辺に空き家など持っていらっしゃる方は、ぜひ警察や自衛隊に情報の提供をお願いしたいですね。 (「直撃LIVE グッディ!」9月26日放送分より).

次の

小倉美咲の顔画像有!キャンプ場で行方不明の7歳女児は誰か特定!顔?名前?母親はトリマー!現場動画有!椿荘オートキャンプ場!山梨県道志村!おぐらみさき

道志村 女の子

山梨県道志村は稲川会系金原組が縄張りとしています。 道志村のキャンプ場にも常に稲川会系金原組の組員が常駐しています。 キャンプ場と稲川会は深い繋がりがあるのです。 キャンプ場での消防団員や地域住民による不審者、不審車両の目撃情報もありました。 警察犬が追えなかったのもすぐに車で連れ去られたからですね。 山梨県警は稲川会と完全に通じていますから県警もグルです。 だから最初から山梨県警は顔写真を公開しなかったし、事件性薄いと言って山を捜索していたわけです。 稲川会、住吉会はCIAの傘下機関としてずっと女児誘拐、少女誘拐しての人身売買、臓器売買、悪魔的儀式を行っています。 座間の9人殺しも臓器売買、悪魔的儀式によるものでした。 日本でなぜ稲川会、住吉会が臓器売買を行っているかはこちらをご覧ください。 またCIAの背後にいるイルミナティの悪魔的儀式、アドレノクロム製造のために女児、少女の誘拐を行っているということもあります。 犯人はキャンプ場の駐車場から横道を通り、国道に出るまで防犯カメラに一切写らない位置を熟知して犯行に及んでいます。 これらの綿密な計画性を見てもCIA傘下の工作員であることが明らかですね。 山梨県警の捜査本部もほとんど解散になっています。 ちなみにネット上で霊能力者、教祖的な人が母親が犯人だとFC2ブログで騒ぎたてていますが、その霊能力者、教祖は元右翼で真相から目をそらすためのCIAの傘下工作員です。 母親は募金もしたくないと言っていましたが、CIA傘下の某政治家からコンサル会社を通じて母親に無理やり募金をやらせていました。 募金の集まったお金はCIA、イルミナティに流れているのです。 霧積温泉女性殺害、ワラビ取り殺害、タケノコ堀り女児失踪事件、愛知県常滑市キャンプ場少女失踪事件など山やキャンプ場で失踪、殺される未解決事件が多いですが、CIAの傘下工作員が山やキャンプ場で洗脳工作実験や人身売買、臓器売買などを行っているからだそうです。 検察庁法改正、黒川検事長の定年延長騒動は「種子法」「種苗法」改正のスピンだと思います。 」は吉本の芸人潰し、 NHKスペシャルでは国松警察庁長官狙撃事件の犯人は過激派の中村泰であるという報道をしていました。 最近になって広島県廿日市 はつかいち 市の女子高生殺人事件が暴行の別件からDNA判定で逮捕となるなど 植松聖はCIA、イルミナティに洗脳されていた可能性があると思います。 植松 横山ゆかりちゃん誘拐事件はCIA・イルミナティによる犯行ですね。 「事件概 AKS、乃木坂、坂道グループのアドバイザーで欅坂46(ひなた坂46)の創設者のAKS元幹部「平木彰一 日本の未解決事件、冤罪事件が疑われている事件の共通点はアメリカのCIA・イルミナティ関係者の関与が強 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

小倉美咲ちゃん行方不明の山梨県道志村のキャンプ場の地図と地形は?手がかり掴めず捜査難航!なぜ見つからない?子供の意外な行動とは?

道志村 女の子

youtube. 29日午前6時ごろ、2日ぶりに男性が見つかったということです。 元となったニュースは ・行方不明中の7歳の女の子を捜索中の 20代男性から「崖から落ちてけがをした」と110番があった。 ・ 山梨県警大月署員らが救助に向かったが、場所を特定できず、連絡も取れないという。 ・ 男性の携帯電話は電源が切れているとみられる。 この事件は登山中の山岳遭難ではありませんが、私たちは登山の危険性を再認識する必要があると感じました。 また、起きてしまった事件は仕方がありませんが、これから同じような事件をどのように防ぐかが大切だと考えています。 女の子の両親やボランティアの方を非難する方もいらっしゃるようですが、私は筋違いだと思っています。 力不足ながら私には、遭難となった方を見つける方法はわかりません。 でもせめて同じような遭難を減らす方法を考えたいと思います。 本記事の内容 ・親子登山など小さい子供と登山をするときは、目を話さないこと 子供は少し目を離すとすぐに歩き回ってしまいますよね。 常に目を離さないなんて中々できることではありませんが、可能な限り目を離さないようにしましょう。 とはいっても、子育てをする方はわかるかと思いますが、常時目を離さないなんて現実的ではありません。 もし可能ならココヘリに加入して、発信機を子供の衣類に固定しておけば、いざというときに16km先からも発見することが可能です。 親機を購入すれば、自分で発信元を探すことも可能です。 ココヘリ使用例にスーパーで子供とはぐれたときなども想定して記載されていました。 私自身、登山時はココヘリの発信機を携行しています。 また、という子供の迷子に特化したサービスもあります。 100円玉4枚分の重さで電池は3ヶ月持ち、子供が設定範囲から出ると通知される機能つき。 親機1台、月額800円 税別 、 子機1台、月額500円 税別 とのことです。 ・連絡手段、場所を特定する手段をどうするか? 1つは上記で記載したココヘリの発信機を持つこと ボランティア男性が電話できなくなった理由はわかりませんが、 携帯電話はなるべく防水性、耐衝撃性を持ったモデルを選ぶこと いざというときのために、 モバイルバッテリーも携行すること (ソーラー充電式モデルは避け、小型で携行性が高いものがおすすめです).

次の