ティップネス コロナ。 【TIPNESS】 ティップネス総合31

おこもり続きの運動不足解消に!Huluが『ティップネスチャンネル』の一部コンテンツを期間限定で無料配信

ティップネス コロナ

東洋経済では大きな転換期にあるフィットネス業界のキーマン2人にインタビュー。 2回目は、ティップネスで経営戦略を担当する小宮克巳取締役に聞いた。 自社の24時間ジムで大都市の地盤守る ーー 総合型フィットネスクラブ大手のティップネスがなぜ、競合する24時間ジム業態に参入したのですか。 理由は大きく2つある。 まず、マシンに特化したセルフ型24時間ジムは事業として非常に収益性が高く、そのビジネスモデル自体に魅力を感じた。 初期投資やランニングコストが軽いうえ、これまで経済的、時間的な制約から総合型には来ていなかった若い人たち、ビジネスマンを取り込める。 だいたい4年以内で初期投資が全額回収でき、投資効率も非常に高い。 もう1つの理由は危機感だ。 当社が運営する総合フィットネスクラブ「ティップネス」(61店舗)は、東京を始めとする大都市が地盤だが、24時間ジムもそうした人口の多いエリアから急増し始めた。 手をこまぬいていては地盤が侵食されてしまう。 防衛策として自分たちでもこの業態をやるべきだと判断した。 ーー 社内に反対意見もあったのでは? あったどころか、最初に企画書を出したときにはみんな大反対で、役員会でも却下された。 ティップネス店舗への悪影響をおそれたのと、24時間ジムに対する一種の嫌悪感みたいなものが社内にあった。 ティップネスは専門スタッフによるトレーニング指導を非常に大事にしてきた会社。 「マシンだけ置いて、しかも営業時間の3分の2が無人営業のジムなんて、フィットネスクラブと言えるのか?」と。 それでも「やりましょう」「やりましょう」と1年半しつこく言い続けたら、マネジメント層が根負けして、「テストマーケティングとして最大3店まで」という条件付きでOKが出た。 その1号店が2014年に開業した豊島区の要町店。 開業前に損益分岐点を超えるすごい数の会員が集まり、それで一気に風向きが変わった。

次の

ティップネス、誰でも参加無料のオンラインレッスン『LIVE TIPNESS』 を5月18日(月)スタート

ティップネス コロナ

スポーツクラブ大手の2020年3月期は軒並み、減収減益に見舞われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で3月以降、臨時休業に入ったのに伴い、休会者や退会者が増加し、売上高を落とした。 先行きの業績にも暗雲が漂っている。 コナミスポーツ、60億円の営業赤字に転落 コナミホールディングス(HD)傘下のスポーツ事業(コナミスポーツクラブ)の2020年3月期の部門業績は売上高が7. 1%減の589億円、営業損益が60億円の赤字転落(前期は21億円の黒字)だった。 直営店舗の閉鎖、自然災害・固定資産の減損損失の計上に加え、新型コロナを受けて年度末の3月にスクールの休講や一部店舗の休業を実施したことなどが響いた。 コナミスポーツは直営180店舗のほか、自治体などからの業務受託203施設を運営する業界最大手。 日本テレビホールディングスの子会社で、173店舗(24時間ジム「FASTGYM24」111店舗を含む)を運営するティップネスも大幅に業績が悪化。 最終損益は前期約13億円の黒字から11億5000万円の赤字に転落した。 ティップネスの店舗(都内) 退会者増え、新入会員勧誘もままならず スポーツクラブ各社は3月に入り、感染防止のためスタジオプログラム休止や営業時間短縮などを打ち出したが、これに伴い、休会登録扱いの希望者が続出。 4月初めに緊急事態宣言が出て、全面的な休業に突入したことで、退会の手続きに移行する会員が広がった。 しかも、この時期最も重要な新入会員の勧誘もままならず、まさに八方ふさがりの状態だ。 セントラルスポーツは3月単月の売上高が前年の79. 5%まで落ち込んだ。 野外スクール・ツアーの中止による減収や休会登録者の増加による月会費差額の返還などで、通期の営業・最終利益はいずれも2ケタの減益となった。 ルネサンスは3月の入会者数が前年の半分以下に減った。 退会者も増加し、3月末の在籍会員数は40万4906人と1年前より1. 6%減った。 休会者も大幅に増えたという。 ルネサンスの最終利益は43%強ダウンした。 その要因の一つは新型コロナの感染拡大によるインストラクターなどへの休業補償を特別損失として計上したことだ。 また、同社は取引銀行のコロナ特別ファンドを利用して、4月末に40億円を資金調達した。 ホリデイスポーツを中核にホテル、不動産事業を展開するのが東祥。 東海地区を地盤とするスポーツクラブ事業は全売上高の6割近くを占めるが、部門営業利益は約20%減った。 3月に北海道の7店舗を休業したことなどが響いた。 また、来年3月に予定していた3店舗の新規出店を中止した。 ホリデイスポーツ…休業中の店舗(都内) メガロスを傘下に持つ野村不動産ホールディングスのフィットネス事業の部門売上高は前年度比5. 3減の157億円。 メガロスは主要クラブで唯一、3月初めから全47店舗で一斉休業に踏み切った。 業績予想はできず セントラル、ルネサンスの専業上場2社は2021年3月期の業績予想について算定が困難だとして見送っている。 政府は14日、緊急事態宣言を39県で解除した。 残る8都府県については21日をめどに解除の可否を判断する見通し。 6%減) 38(10. 1%減) 179 ルネサンス 450(2. 2%減) 32(13. 6%減) 98 ティップネス 358(5. 0%減) 8. 4(63. 6%減) 173 ホリデイスポーツ 194(3. 4%減) 41(19. 5%減) 94 メガロス 157(5. 店舗は直営店舗(3月末) 文:M&A Online編集部.

次の

スポーツクラブが悲鳴! コロナで「入会減・退会増」の八方ふさがり

ティップネス コロナ

長文です。 今までジムは利用したことがなく運動の知識もないのですが、身体を引き締めたいと思い、一から教えてもらえたらとほとんど入会するつもりで行きました。 まず、本当に初心者なので何をすればいいかというところから教えてほしいと伝えていたのですが、全体的にスタッフさんが流れ作業で、分かっている前提でさらさらっと指導されてもよく分からなかったです… マシンを使ったウエイトトレーニングから始めたのですが、2つ目のマシンの使い方を説明して頂いたところで担当変わります、少し待っててくださいと言われ、そのマシンのところでトレーニングしながら待っていましたが誰も戻って来ず、かといって他のマシンの使い方も分からないまま30分くらい放置状態でした。 一番近くにいたスタッフさんに声をかけると、話しかけられるの待ってました!来てくださるのかと…と言われ、、こちらはここで待っててと言われて待っていたので、スタッフ間のコミュニケーションが出来ていないんだなと思いました。 その後は残りのマシンの説明をかなり簡潔にされ、後は自由にどうぞという感じでした。 私が期待しすぎていたのかもしれませんが、この時点で、入らなくていいなと思ってしまいました。 手取り足取り教えろとはいいませんが、もう少し丁寧に教えてほしかったです。 受付まで戻ると体験後アンケートを記入してくださいと言われ、入会しないにマルをしたのに、なぜか体験前のアンケートで入会するつもりと書いた方だけ見られ、「では入会の手続きを今ここでするか、後日予約をとって来ていただくかのどちらが…」と当然入会しますよねと無理やりな流れに持っていかれました。 入会は今の所いいですと伝えると、「ではここまでとなります。 」とバサバサ資料を片付け始め、露骨な態度で、びっくりしたし悲しくなりました… 他のところもこんな風とは思いたくないしジムに通いたいという気持ちはあるので他を探すつもりです。 期待していた分とても残念でした。 丸3年利用しています。 年会費が今年の4月より突然500円値上がりしたのに、相変わらずマシンは壊れているものが多いし、有料エリアが広がったせいでマシンの数も減っています。 500円アップするくらいならマシン増やすか新しいマシン買うかしてほしいです。 まだ10年しかたっていないのに劣化しすぎです。 以前20年以上経っている他のフィットネスジムに行っていましたが、そこよりひどいです。 平日の19時台は混みすぎてマシンを使うのに待たなくてはなりません。 平日2時間の利用会員なのでマシンを待っている時間がもったいない。 スタッフは感じの良い人もいれば目の前を通ってもあいさつすらしない人もいます。 会員の人もげらげら笑ってうるさい人やストレッチエリアで碌にストレッチもしないのにだらだらしゃべり続ける人、やたらスタッフの批評をする人がいます。 来年駅前に別のフィットネスジムが新規オープンするので、ティップネスは退会して新しいジムに乗り換えます。 入会時から受付の対応で嫌な思いをしました。 まず他の人のカード番号でデーターを打たれており、お伝えしたら軽い感じで直しておきますと平謝り。 バスカードの時間を間違えられ、バスについて質問すると入会時に言ってませんでしたか?と言われました。 入会時に聞いていませんが。。。 また、初回引き落とし日が間違えて記載されているが大丈夫と平謝り。 こっちは口座情報を提供している為不安しかないです。 受付で未入金です。 と言われティプネス側の人的ミスで平謝り。 指摘したのに直さずまた言われました。 最終的に強めに言うとやっとデーターを直しています。 受付レベルが低すぎて酷い。。 トレーナー、コーチはとてもいいだけ残念過ぎます。 友達は勝手に退会させられていて、人的ミスと平謝り。 勝手にレッスンの曜日を変えられて、人的ミスと平謝り。 ちゃんとして下さいって言うと上の者が居ないと言う始末。。 あまりにも管理がずさん過ぎます。 新規入会を募集する前に今入会してる人を大事にして欲しいです。 プール会員です。 清掃は概ね出来ていると思いますが、冷水機や、プールのジャグジーのボタン不具合などが長期間放置されていました。 また、シャワーブースや脱衣所は、老朽化により清潔感がありません。 プールサイドのシャワーはときどきオシッコのようなひどい臭いがします。 施設の衛生面ではやや不満があるものの、スタッフの対応は総じてよいです。 しっかり挨拶が徹底されていると思いますし、みなさんとても親切です。 ただ、プールのパーソナルトレーナーは、有料レッスン会員以外に対しては、少し態度が失礼かなと思うことがあります。 無料のプログラムだと、事前にコース変更の看板が立てられてるので、自分の泳ぎたい時間との兼ね合いでレッスン開始前からあらかじめ別コースを使用するなど出来ますが、なぜパーソナルトレーニングだと事前にトレーニングコースになる旨通知されないのでしょうか。 自分が泳いでるとき、「これから有料レッスンでコース使う。 空気読んでどけ」と言わんばかりに無言でレッスンを始めてて、正直面食らってしまいます。 お風呂の掃除ができていません。 排水溝が臭く、洗い場の足元のタイルがベタつきます。 入会して2年間、ずっと変わりません。 スタジオのプログラムは、初心者にも丁寧にわかるような心遣いがなく、長年の慣れでただ流すような感じで説明が少ない、手抜き指導者もいます。 中には心配りのある指導者もいるので、いろいろなものにトライしてみるといいでしょう。 ちょうどいい時間帯で参加者が多いことに安住してしまって、手抜きレッスンになっているのは残念です。 上部は受講者人数チェックばかりでなく、内容のチェックをするべきでしょう。 ユニバなどは他店を幾つも回ってレッスンしている人に焦点を置いて、当店ではまだ2回目のレッスンで流すだけ流して、いい感じでできてますね~と、指導者は見てるだけで受講者に踊らせてサラッとやりすごすのは手抜きというよりほかないでしょう。 他社ジムが近くにできたら焦るのでしょうが、そのときは遅いでしょうね。 最低でも、どのスタッフも挨拶は率先してするべきでしょう。 浜松で数ヶ月利用しました。 マシンはトレッドミルの台数は多く、バイクも良いものが置いてありました。 プール、ジャクジーは結構充実していて大好きでした。 ただ全体的に狭い。 特にロッカールームは狭く、いつも混んでいて、ストレスでした。 椅子に座り込んで、荷物広げて着替えている輩がいて、荷物が取れなくて困っていると、待っていろ、みたいなことを言われました。 人が多い割に動線も狭く、人とぶつかりそうになるので気をつけて歩いていました。 有料のコーチングも受けましたが、マラソンの練習メニューを作ってほしいと希望したのに、体感トレーニングのメニューを紹介されただけで終わりでした。 誰でも知っているような内容でお金を取る価値は無かったと思います。 衛生課ではコロナウィルスが流行っても、張り紙があるだけで、特に気をつけて対策している様子が無く、無防備。 怖いので退会しました。 川崎店に対してです。 長文ですが、ご容赦ください。 入会当初から感じていましたが、ソフト面のクオリティが低すぎます。 特にフロント。 はっきりいって、公共のスポーツセンター未満。 メガロスあたりを見習ってほしいです。 具体的に、 ・挨拶 ・表情、立ち居振る舞い ・ホスピタリティ 挨拶しても無視とか、やる気がなさそうとかは、まだ分かります。 他のジムでも珍しくないので。 しかしながら、とにかく気が利かない。 受付でずっと待っていて、こちらの存在に気がついているのに、少々お待ちくださいのひと声もありません。 特定の人物だけでなく、多くのスタッフさんが当てはまります。 1度や2度ではありません。 しかも、こちらの方が低姿勢という皮肉な関係性 笑。 笑うしかありません。 そして最も心を痛めたのは、ジムエリアで年輩の常連さんが、『ガチャガチャ音が激しい会員に注意してほしい』という趣旨の依頼をスタッフにしたところ、改善するどころか、その年輩者に対して冷たくあしらい、スタッフから立ち去っていきました。 正直、非常に大きく不快な音を立てていましたし、複数の会員さんが気にしていました。 おそらく、初動負荷トレーニングもどきをレッグエクステンションで、実施していたのだと思います。 その依頼に対して、表情も言葉遣いも態度も話の内容も、サービス業として有り得ないレベルで、本当にショックでした。 年輩者は、決して非常識な感じではありません。 年上に対して、敬意を払うこともありませんでした。 追い討ちをかけるように衝撃を受けたのは、他の常連さんに対してゴマをするような豹変ぶりで、手厚く対応していたことですね。。 居心地の良い環境を維持したいという下心が垣間 見えましたし、社会人としての理念や、人としての良心に欠けていると感じました。 不公平にもほどがあります。 おかげでトレーニングどころではなく、ひっそり見聞きしながら、怒りに震えてスタッフを諌めるか否か迷ったほどです。 クレーマーと思われたくないので、保身を選び我慢しましたが このスタッフは、おそらくチーフクラスの肩書きです。 年齢や振る舞い、周囲への態度から察しました。 だからこそ、周りの若いスタッフも、気が利かないし低レベルなのだと思います。 人員不足は理由にならない酷さです。 グループ会社のファストジム24も、何店か行きましたが、こちらの方が全然マシです。 1〜2人で運営しているという、責任感もあるのかもしれません 総括しますと、ティップネス川崎店は、自分たちの仕事を増やしたくない、あるいはトラブルを抱えたくないという姿勢が見え見えで、この時代に有り得ないほどソフト面が劣悪です。 スタッフの皆さん、転職する際は色んな意味で苦労すると思います。 ヌルい環境でパーソナルトレーナーを目指して、井の中の蛙に留まるのが賢い選択でしょう。 一人や二人が酷いなら、理解できますし、意見をすることで良化するかもしれませんが、過半数がどうにもならない人材かもしれません。 立地の良さで成り立っているのでしょうが、いつかライバルが増えたら、自ずと淘汰される運命な気がします。 もしくは、やる気を出してまともな接客にレベルアップするかもしれませんね。 結論です。 フィットネスクラブで、こんなに酷い接遇スキルは初めて体感しましたので、1mmも応援できません 笑 ps 退会手続きを済ませましたが、あと1ヶ月半ほど利用予定ですので、このまま変わらなければ、親会社の日テレに名指しでリークするかもしれません。 便乗と言われないように早めに値上げしたのでしょうか。 さらに今年4月から土日祝の閉館時間が1時間ずつ早くなると知らされた時は本当にがっかりしました。 休日がカレンダー通りの仕事ならまだ良いですが、そうでない会員さん達にとって日祝の19時閉館とかまず利用できないのでは? 4月から一部の店舗が24時間営業になるからという口実ですが閉館時間がどう影響するのか意味不明です。 しかもこの閉館時間繰り上げ、関西店舗は何処も同じみたいですが関東はこれまでと同じ営業時間の所もあってモヤモヤします。 コロナへの対応に関しても平常時と同じ休会費 1100円 を取られるなど、とにかく「自社の利益が最優先、負担は落ち度が無くても会員へ」の方針が分かりやすい会社ですね。 休会 退会 手続き締切日の当日、しかも夕方にようやく次月の予定を発表する、という後手後手の対応もわざとやってるのかと思えてきます。 ライザップのマネでもしたいのかパーソナルトレーナー有料で付けないと マシンやウエイト補助はもちろん指導もしなくなったし 既存エリアをつぶしてパーソナルエリア増築…ほどんど使われてないような場所作るなよっ! 使われてない時間は一般会員も使えるようにしたら? と思う 受付もジムスタッフも、いてもいなくてもどうでもいい存在になってる現在 受付は自動改札にでもしてコンビニのように入口入ったら「いらっしゃいませ」 出る時には「ありがとうございました」って自動音声で十分だろ その分、清掃スタッフだけ増員したらいい。 スタッフ同士おしゃべりしてるだけ 会員の顔すら見ずの挨拶しかしないなら汚い更衣室や浴室などに常時清掃員が居た方がいい 2年位通っていましたが、マシンが古い・汚く感じるというのもありますが、何より挨拶をしないスタッフが多くとても不愉快な店舗でした。 こちらから挨拶をしないと反応が無いどころか、目が合っても挨拶をしないスタッフが多いです。 「会員には絶対挨拶しない様に」という社員教育を徹底してる?と感じてしまう位です。 トレーニング中はどうでも良いですが、やはり行き帰りでこういったスタッフの対応があると残念ですね。 ここしか通った事がなかったのですが、試しに東口側にある別の大手ジムにビジター利用で行ってところ、受付は勿論のこと、スタッフがトレーニングエリアの会員を全部回って明るく挨拶をしてまわっていました。 場合によってはマシンの使い方は大丈夫かも声がけをしたりなど、会員からもトレーニングの質問など聞きやすい雰囲気に見えました。 まさに、思っていたスポーツクラブのイメージでした。 当然ですが、これでやはりティップネスは違うと思い退会しました。 リニューアル工事と称してジムが休みになることが多い。 返金などの対応はなし。 10日も休館しておいて、どこがリニューアルされたのか分からないレベル。 リニューアル後なのに、壊れてるマシーンは放置したままになっている 17台くらいあるランニングマシーンのうち4台くらい壊れている。 勝手に停止する。 ほぼ全てのランニングマシーンの押すボタンを覆っているビニールが破れており鉄のボタンむき出し、ボタンを押すたびに静電気で感電し非常に不快。 トイレはボロボロ。 工事休館後に、ランニングマシーンで5分程走っていたら突然停止。 体がつんのめって危なかった。 再びボタンを押しても起動せず。 仕方ないので隣のマシーンを使うも、そちらも勝手に電源が切れて使えなかった。 スタッフに2台ともおかしいと伝えたところ「あ、やっぱり。 ですよね〜。 前からなんですよ。 教えてくださってありがとうございます〜。 」と能天気なスタッフ。 分かってたなら工事休館期間中にマシン交換するなり、修理するなりできたはず。 なぜやらないのか理解できない。 マシーンの故障の放置はいつか事故に繋がるのでは? あと、非常にびっくりしたのは、リニューアル工事後にスタジオプログラムに参加した際のインストラクター 正社員でいつもいる方 の発言。 「みなさん!このお休みの間はどこにお出かけしていましたか〜?」とまるで自分達は連休でリフレッシュしてきたかのような口ぶり。 その場にいたお客さんみんなが「はぁ?」という顔をして凍りついてた。 お客さんにとっては、GWでも、シルバーウィークでも、夏休みでもなければ冬休みでもない、なんでもない平日と土日。 ティップネスの勝手な都合による休館で来れなかっただけ。 普通に仕事してるわ! お客さんの反応にそのインストラクターは「しまった」という表情になり、「実は他店舗のお手伝いにも行ってたんですよー。 」と取り繕うかのように弁解していたけど。 この発言から一気に確信に変わったよね。 やっぱりリニューアル期間中はスタッフの大型連休 福利厚生 だったのかなあって。 お客様ダイアルは形ばかりで、結局はたらい回し。 本社の回答を支配人に話して再度話し合いをしようとしても本社に確認すると言い、いっこうに解決しない。 たらい回しにされ、そうこうしている間にティップネス側のいいように話を持っていかれた。 しまいにはクレーマー扱い。 謝罪はあったが、その後の対応が納得いかず。 ここに苦情の投稿をしている人達 自分を含む はクレーマーじゃない。 みんな泣き寝入りしたくないから、素直な意見、事実をありのままに投稿しているだけだと思う。 スポーツクラブでリフレッシュするつもりで通っていたのにそのスポーツクラブで屈辱的・不快な思いをするとは思いもしなかった。 2度と通いたくないスポーツクラブ。 ティップネス という字を見るだけで気分が悪い。 自分の通っていたところのお客さんはみなさんマナーよくその点は良かったが、肝心のスタッフの態度・スタッフ教育・設備・トラブルがあった際の対応はまるでダメ。 やたらといるスタッフは何をしているのかな?正しく器具を使えてない人に教えるでもなく、ただ突っ立っているだけ。 それを見かねて親切なおじさま会員の方が教えてくれる始末。 はじめからティップネス の評判の悪さを知っていたらティップネスなんて入会してなかったし、酷いトラブルに巻き込まれることもなかったのではないかと悔やまれる。 口コミを参考にして次は慎重に選びたい。 手続きのミスが多すぎます。 毎回ミスをされて、毎回直して貰ってもまたミスをされます。 受付とか事務手続きは事務専門の人を雇うべきです。 ミスをしてクレーム対応する暇があるなら、事務のエキスパートを雇い、責任感のないアルバイトには簡単な仕事をさせるべきです。 アルバイトにやらせてるのか個人情報を変更の度にミスをされます。 個人情報保護法が守られていません。 あと、アルバイトみたいな若い人に、他の子供の親と間違えられて注意されました。 唖然としてしまって何も言わなかったですが、なんで受付のアルバイトは偉そうなんですかね。 社風ですかね。 少しいる社員みたいな人はしっかりクレーム対応されてます。 アルバイトのミスでクレーム対応に追われて可哀想です。 もうちょっと責任感のある社員をもう少し雇うべきです。 ただ、良いところは外部のコーチはしっかりしてます。 外部だから当然ですが、ティプネスじゃない外部からきてる人はとてもいいです。 会社として立て直しするなら、まず手続きなど事務作業は事務専属の社員を入れる。 アルバイトは簡単な連絡、販売等、お客様のご案内で個人情報に一切触らない、挨拶、話し方等教育必須。 コーチ、適正人数を入れて事故を防止。 とりあえず社員というか責任感のある人を上の人にいれて、アルバイトを教育するべきです。 教育されおらず、野放しにされてるからクレームの嵐で大変でしょうし、根本解決して下さい。

次の