トラッポラ 意味。 トラッポラとは

【必見!】トランプのマークの謎に迫る!~おもしろい豆知識~|ヤンボゥ|note

トラッポラ 意味

歴史 [ ] 文献上トレッセッテの最古の記録は18世紀はじめのものであるが、切り札がないことから見て、さらに古くからあるゲームであることが示唆される。 ゲームの名前は文字通りには「3つ tre の7 sette 」を意味するが、名前の由来は不明である。 イタリアでは、地域によって多くの異なった変種がある。 ルール [ ] トレッセッテは、イタリアで普通のを使って競技する。 イタリアのトランプは貨幣・カップ・剣・棍棒の4つのがあり、各スートはA、2から7までの数札、および歩兵 fante ・騎士 cavallo ・王 re の3種類の絵札からなっている。 トレッセッテのランク順は独自であり、2と3がAよりも強い。 同様のランクを持つゲームにはがある。 ここでは、もっとも普通の、4人が2つのチームになって競技する場合を説明する。 ディーラーはプレイごとに反時計回りに交代する。 プレイも反時計回りに進行する。 ゲームの目的は何回かのプレイを繰り返して、21点以上を取ることである。 21点に達したら、プレイ途中でも中断して、21点になった側の勝ちになる。 各競技者に10枚の手札が配られる。 最初のトリックはディーラーの右隣がリードする。 ほかの競技者は、リードと同じスートのカードを持っていればそれを出さなければならない。 なければ何を出しても構わない。 トリックは、リードと同じスートで最強のカードを出した競技者が勝利する。 勝利した競技者はそのトリックで出たカードを獲得し、自分の前に裏向けに置く。 それから次のトリックをリードする。 以上を手札が尽きるまで繰り返す。 Aは1枚で1点である。 各競技者はカードの点数の合計の整数部分だけを得点にできる。 最後のトリックを合わせて、1回のプレイで最大11点が獲得できる。 プレイはだれかが21点以上になるまで繰り返される。 特殊ルール [ ] 手札の点数が1点未満の競技者は、配りなおしを要求することができる。 ローカルルールによっては他の条件でも配りなおしを要求できることがある。 Parlett 1992,2004 によると、1つのチームが全部のトリックを取ったときは カッポット( cappotto)といって、ゲームの勝利によって得られるチップの2倍を得る。 全部のトリックを取らずに11点全部を取ったら ストラマッツォ( stramazzo)といって、チップの3倍を得る。 チームでなくひとりで同じことをした場合は、それぞれ カッポットーネ( cappottone)・ ストラマッツォーネ( stramazzone)といい、それぞれ6倍・8倍になる。 2人で競技する場合 [ ] トレッセッテは2人で競技することもできる。 この場合も手札は10枚であるが、余った20枚のカードは裏返して場に積んでおく。 1トリックが終わるごとに、山札がまだ残っているならば、勝者から先に1枚ずつ山札から取って手札に加える。 取ったカードは表を向けて相手に見せなければならない。 それ以外のルールは4人で競技する場合と同じである。 戦略 [ ] 基本的な戦略 [ ] トレッセッテの基本的な戦略は、なるべく多くのAを集めることにある。 Aがほかの絵札よりも3倍の価値があるためである。 したがって、自分でAを持っている競技者は、通常は相手のもつ同じスートの3や2を「剥がす」ことを試みる。 3や2が出てしまえば、Aは安全に出すことが可能になり、1点を獲得できるからである。 よって、Aおよびそれと同じスートの低位のカードを持っている場合、まず低位のカードを出して、相手が3や2を出さざるを得なくなり、それによってAが安全に出せるようになることを期待する。 もちろん、同じスートのA・2・3を一手に持っていれば(これはナポレターナ・ナポリなどと呼ばれる)、Aは安全に出すことができるので極めて強力な手札であるが、他のスートのリードによって捨て札として出すことを強制されることがないように注意しなければならない。 最後のトリックを取ることで点数が得られるので、各競技者は終盤にはいると最終トリックに備えてカードの出し方を調整しようとする。 パートナーとの情報交換 [ ] チームを組んで競技する場合、ゲームに関するパートナーとのいかなる会話も禁じられている。 これはの場合と対照的である(「トレッセッテは4人のが発明し、ブリスコラは4人のが発明した」という言い伝えがある)。 しかし、パートナーと交換することのできる3種類のサインがある。 ブッソ( Busso、ノック) - テーブルをノックする。 これはトリックをリードする者だけが使用し、パートナーに同じスートの最大のカードを出してトリックを取るように伝える。 また、パートナーが勝った場合、パートナーは同じスートのカードをリードすることが期待される。 この戦略によって、強力なカード(2や3)を持っている競技者は、実際にそのカードを出さずに、パートナーが残りの強力なカードを持っているかどうか確認でき、それによって強いカードどうしを相討ちにしなくてすむ。 またゲームを自分のコントロール下に置きつづけることができる。 ヴォーロ( Volo、飛行)- カードをテーブルの数センチ上からカードを落下させる。 このサインは、競技者の手札中にあるそのスートの最後の1枚を出したことを意味する。 ストリッショ( Striscio、こする)または リッショ( Liscio、すべらせる)- カードを出す前にテーブル上をすべらせる。 このサインはそのスートのカードをたくさん持っていることを意味する。 地方によってはこのサインは廃れており、口で会話するのと同様ルール違反であると考えられている。 変種 [ ] ナポレターナ [ ] ナポレターナ( Napoletana)は、 トレッセッテ・コン・ラックーゾ( Tressette con l'accuso)とも言い、ゲーム中に手役( accuso)を宣言するとボーナス点がつく変種である。 31点まで競技される。 A・2・3のいずれかの3枚組、または ナポレターナ(同じスートのA・2・3)が手札にある競技者は、そのうちの1枚を出すときにそのことを宣言すると、3点が得られる。 A・2・3のいずれかの4枚組を持っている場合も3点 が得られる。 2人で競技する場合、ある組み合わせを構成するカードのうち1枚を出したあと、山札を引くことによって組み合わせができたら、それについてもボーナス点が得られる。 この目的のために、伝統的にはと同様に獲得したカードのうちの1枚を表にしておく。 「集めるな」、文字通りには「取るな」という意味)または トラヴェルソーネ( Traversone、中央イタリアでは一般的にこう呼ばれる)は、もっとも少ない得点を得ることをゲームの目的とする。 ある競技者が21点以上を得るまでゲームを続け、もっとも少ない点を取った競技者が勝つ。 カッポット( cappotto)、すなわち11点すべてを集めた場合、その競技者は0点となり、ほかのすべての競技者が11点になる。 チャパノは2人以上で競技する。 4・5人の場合は競技者は各自単独で戦う。 手札は4人なら10枚、5人なら8枚になる。 競技者が2人の場合は通常と同じである。 競技者が3人の場合、ディーラーの右隣の競技者が14枚、それ以外が13枚の手札を得る。 14枚のカードを持った競技者は、手札の中から1枚を選んで自分の右隣に渡す。 受けとった競技者は、同様に1枚を右隣に渡す。 最後のひとりは1枚を自分の横に置く。 このカードは最後のトリックの勝者のものになる。 チャパノのローカルルールのひとつでは、ある特定のカード(ふつうは棍棒のA)を取ると11点が得られる。 これは他のすべてのカードの点数の合計より大きい。 このルールでは誰かが101点に達したときに終了する。 それ以外のルールの違いはない。 のアドリア海沿岸部、とくにでも競技される。 イタリアタイプの40枚のカードを使用する。 各競技者が単独で競技することも可能だが、向かいあって座っている2人がパートナーとなってチーム戦を行うのがもっとも普通である。 イタリア版との主な違いは、トレッセッテが通常21点を目標とするのと異なり、競技者またはチームが41点になるまでゲームを続けるところにある。 以上を除くとカードの点数はイタリアのものと同じである。 アクージャが役になるのは4人で競技している時のみである。 アクージャを得た競技者は、即座に3点を得る。 ただし最初のカードをプレイする前にアクージャは宣言しなければならない。 トレシェタは時計回りにプレーされる。 関連項目 [ ]• 訳 [ ]• イタリア語版記事によると、トラヴェルソーネでは以上と異なり、全員の手札の数が等しくなるようにあらかじめ4や5を抜いておく。 3人なら4を1枚、6人なら全部の4、7人なら5を1枚と全部の4を抜く。 何を抜いたかは全員にわかるようにする 脚注 [ ]• Parlett, David 1992. A Dictionary of Card Games. Oxford University Press. 311-312. ちなみにイタリア語版記事には、古い時代には7にも点数があったため、点数のあるカードのうち最強の3と最弱の7を取ってゲームの名前にしたという説が載っている• イタリア語版記事では、貨幣の4をもつ競技者がリードする• イタリア語版記事では、手札に7が3枚ある場合も配りなおしを要求できるとしている• イタリア語版記事ではカッポットは点数が17点になる。 それ以外の場合の記述はない• Parlett 1992,2004 によると4点 参考文献 [ ]• Parlett, David 1992,2004. The A-Z of Card Games. Oxford University Press. 395-398. 外部リンク [ ]• pagat. com• - オンライン版トレッセッテ、イタリア語.

次の

【ツイステッドワンダーランド】エース・トラッポラのホームボイス等セリフ集!

トラッポラ 意味

どこからが友達なんだろ。 親がよく「同じクラスの友達でしょ!?なんで覚えてないの!!」って言ったんだけど、同じクラスごときでみんな友達なの? posted at 推しメンくんもそうなんだけど、友達と思ってるの私だけかもしれないって思っちゃうんだよね……………… いや絶対そうだろ……………………… posted at 会いに行っていいのかな、東京まで そんな仲?って思われないかな 泊まりとか許される?泊めてくれる?? posted at ほんとに波長が合うんだよな〜〜 友達なのかな。 量産型メイク上手い人尊敬する。 毎日してる人はもっと尊敬する。 posted at 【7. 株主だけの先行入場を期待した。 株主優待チケットで入れるのはいつからか。 Retweeted by retweeted at 納得いかない posted at A1 繋がりにくくお詫び申し上げる。 検討を重ねた結果、先着順の方が運用上の負荷 個人情報の管理、当選者への連絡 を勘案した。 メリットデメリットを承知の上で選択した。 容量の増加などはしていきたい。 前のページ•

次の

すぐ沼に嵌るみく(@miku_arasick)

トラッポラ 意味

ヴェネツィアでは早く忘れられたが、おそらく20世紀なかばまで、中央ヨーロッパ各地に普及し、さまざまな形式と、「トラプルカ(Trapulka)・ブルカ(Bulka)・フンデルトシュピール(Hundertspiel)」などのさまざまの名称によって知られていた。 ヴェネツィアのパターンに由来するイタリア式のスートをもつ専用のカードを使っていたが、トラッポラ専用のカードが製造されたという記録は、1944年ののものが最後である。 を除くとポイントトリックゲームとしては最古のゲームであり、トラッポラ専用のカードがあること、カード構成が独特であること、2でトリックを取るとボーナスがつくことなどに特徴がある。 歴史 [編集 ] トラッポラとは、英語の「trap(わな)」に対応するの単語で、「ねずみ捕り・裏切り・詐欺」などの意味があるが、ペニョーによると派生義として「巧妙さ」、すなわち裏切るものという意味があるという。 19世紀のシンガーは、トラッポラについて、おそらくの知った最初のゲームであっただろうとしており 、同時代の著述者の多くも同様にトラッポラがイタリアで競技されたトリックテイキングゲームとしては最古のものだと考えていた。 しかし、トラッポラが最初に文献にあらわれるのは1524年であって 、これより古いトリックテイキングゲームの存在が現在では知られている。 トラッポラとタロットの関係については議論がある。 ガルゾーニはヴォルテラノを権威として引用して、トラッポラを一般的なゲームと呼んでおり、を新しい発明としている。 しかし、ウィリアム・ヒューズ・ウィルシャーによると、トラッポラのカードはに起源を持ち、カードを改造して切り札と数札4種類を抜いたものだという。 パーレットは両者が独立して発達したと推測している。 トラッポラはの『さいころあそびについて』(Liber de ludo aleae、1564の著作)に16世紀ヴェネツィアで普及していたゲームとして記述されている。 16世紀初頭にはで大変流行していたゲームだったが、どういうわけか16世紀の終わりには魅力を失ってしまったようであり、流行はおそらく軍隊の移動にともなって北方に移動した。 17世紀から19世紀にかけて、トラッポラは・から・に至る広大な地域で流行していたことが明らかである。 トリックを取らないようにする コテッチョ(Coteccio)という名前は、イタリアではマイナスの点数のあるさまざまなポイントトリックゲームに使われているが、おそらく今も行われているトラッポラにもっとも近い親戚であり、で競技されていることが報告されている。 これはプラハで Augustin Z- によって描かれ、H. のイニシャルが記されている。 トラッポラのカードはイタリアタイプと同様に剣・杖・カップ・貨幣のと、王 R ・騎士 C ・歩兵 F の絵札を持っているが、デザインはトラッポラ専用にアレンジされている。 数札はAのほかに2・7・8・9・10しかなく、カードの総数は36枚である。 スートのシンボルはイタリアのトランプよりも洗練された優美なものになっており、トラッポラが上流社会でも遊ばれていたことを示唆している。 主な特徴のひとつとして、カップのシンボルが長く、蓋つきであることがあげられる。 カードのデザインは、北東イタリアの トレヴィジャーネ(Trevigiane)パターンに似ている。 カードの構成 [編集 ] トラッポラのカードの構成はかなり風変わりであり、各スートは A R C F 10 9 8 7 2 からなる。 プレイ [編集 ] トラッポラは2人用のゲームであり、各競技者に9枚の手札が4枚・5枚ずつまとめて配られる。 ディーラーでない側は、自分の手札に不満であれば、手札をテーブルに表向きに捨てて、かわりの手札を山札の一番上から取ることができる。 それにもやはり不満であれば、もう一度手札を山札の最後の9枚と取りかえることができるが、そこで得られた手札はプレイに使わなければならない。 ディーラーは、山札がもし残っているならば、残っている山札の枚数に応じて1回または2回手札を交換することができる。 表向きに捨てた手札は、プレイが終わるまでそのままにしておく。 A・絵札(R・C・F)・2のいずれかを3枚組または4枚組で持っている競技者は、そのいずれかをトリックに使用する前にいつでもそのことを宣言できる。 ただし、3枚組を宣言する場合は、残りの1枚をトリックで取っていてはならない。 宣言するときは、通常は枚数を「3枚」または「4枚」と言うだけでよい。 ただし、Aの場合は「3枚のA」のように宣言する必要がある。 宣言による得点は、プレイが終わってから加算される。 第1トリックはディーラーでない側がリードする。 トリックの勝者が次回のトリックをリードする。 相手はリードと同じスートのカードが出せるなら出さなければならないが、なければ何を出してもよい。 トリックは、リードと同じスートで強いほうのカードを出した者が勝つ。 このゲームには切り札は存在しない。 トリックを2で勝った者は即座に10点を得る。 最後のトリックの勝者は6点を得る。 ただし、最後の連続する1・2・3・4トリックを2で勝った場合は、それぞれ26・52・78・104点を得る。 プレイの終了後、各競技者はトリックで獲得したカードの点数を加え、それから宣言してあった3枚組・4枚組の点数を最後に加える。 宣言による点数は以下のとおりである: ランク 3枚組 4枚組 A 12 24 絵札 6 12 2 10 20 各競技者の点数を計算したあと、どちらも300点に達していない場合は、ゲームは継続され、前回ディーラーでなかった側が次のディーラーになる。 脚注 [編集 ]• Parlett 1991 によると、トラプルカ・ブルカは17世紀チェコ、フンデルトシュピール(100点ゲーム)は18世紀オーストリア・バイエルン南部での名称。 Parlett, David. Oxford Dictionary of Card Games. 308. 0-19-869173-4. Peignot, Gabriel 1826. Paris: Dijon. 259. " とある• 1869. London. Hugo Kastner, Gerald Kador Folkvord 2005. Humboldt. 170. 3-89994-058-X. (ドイツ語)• Garzoni, Tommaso 1589. Venet.. 564. - Alcuni altri sono giuochi da Taverne come la Mora, le Piastrelle, le Chiave; e le Carti, o communi, o Tarocchi di nuova inventione, secondo il Volterranno. Willshire, William Hughes 2001. Adamant Media Corporation. 1-4021-7242-7. Parlett 1991 p. 249• pagat. com の説明によると、シュミツェはチェコ系の住民が住む人口500人の小さな村。 ストフカフラとはチェコ語で「100点ゲーム」という意味である。 専用のカードではなく、ドイツタイプの32枚のカードを使っている• Parlett 1991 によると、シュパーディは剣(スート名)、シェスタドヴァツェトは26という意味。 ただし、古いトラッポラとは異なり、シュパーディは(フンデルトシュピールも)4人用で切り札のあるゲームに変化している 参考文献 [編集 ]• Parlett, David 1991. A History of Card Games. Oxford University Press. 250-253. 関連項目 [編集 ]• - イタリア・スペイン以外でラテンタイプのスートを持つ独自のカードを使用している別の例 外部リンク [編集 ]• pagat. com.

次の