もしもし の 由来。 「もしもし」 の由来と語源

もしもし とは

もしもし の 由来

「もしもし」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 最近はこの言葉を最初に言う人も減っている気がします。 それは携帯電話の普及の影響が大きいことでしょう。 一人一人が個人的な電話を持つことで相手を確かめなくても「親しい仲」の挨拶から始まれるからであります。 しかし顔の見えない受話器越しであり、間違いがないとは言い切れません。 私はいつまでも、「もしもし」は大切にしたいと考えております。 今日はこの「もしもし」について調べてみましょう。 「もし」だけであれば、英語の「if」もし~であれば、などが想像できます。 相手が不確かなので「もしも~さんなら」それを柔らかくするために「もしもし」と二回続けてみるなんてどうでしょうか。 童謡と同義であるならその歴史も深そうです。 そんな予想から今日は入ります。 「もしもし」の由来 もしもしは、「申し もうし 」を連ねて短縮された言葉なのだそうです。 そんなわけで「申し」を調べてみると、 1 申すこと。 お願い。 2 人に呼びかけるときにいう語。 ややていねいな言い方で、多く目上の人に対して用いる。 という二つの意味があるのだそうです。 電話の「もしもし」は人に呼びかけるという意味が適切なので2の色が強そうですね。 「ややていねいな言い方、目上の人に対して用いる」といった意味も興味深いです。 私が最初に書いた不確定の相手に対する礼儀という指摘もあながち間違いはなさそうです。 日本で初めて電話交換業務が行われたのは、明治23年(1890年)12月16日、東京と横浜間だったそう。 電話が開通された当初は、高級官僚や実業家などの「お偉いさん」しか電話を持っていなかったため、「もしもし」ではなく「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答されていたとか。 ずいぶん馴れ馴れしいけど、お互いに選ばれし「お偉いさん」だろうから納得。 電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手の存在があったそうです。 今でこそ「直通」ですが、昔はそんな職業があったとたまに聞かされます。 電話も人力が必要だった懐かしい頃のお話ですね。 この「繋ぐ相手」つまりは他人に、失礼とならぬよう「申し上げます」と言っていたことから、「もしもし」が生まれたそうです。 英語ではおそらく「Hello」に間違いないですが、それが「こんにちは」ではなく丁寧に「申し上げます」なのは、いかにも日本らしいですね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

電話でもしもしと言う由来とは?なぜ2回繰り返すの?

もしもし の 由来

日本において電話サービスが開始されたのは、1890年(明治23年)のことであり、東京と横浜の間が電話でつながった。 当時の電話には「交換手」または「電話交換手」という電話の回線をつなぐ業務を行う人がいた。 電話局内にある交換台において、一組の電話プラグを適切なジャックに差し込むことで、電話の回線を接続し、電話で話すことができた。 電話をかける時には最初に電話局の交換手を呼び出し、相手の電話に接続してもらっていた。 電話が開通した当初は高級官僚や実業家など地位のある人しか電話を持っていなかった。 また、当初の電話交換手には男性がいたこともあり、「もしもし」ではなく「おいおい」や「こらこら」と呼びかけていたという。 その後に電話交換手が男性から女性に変わり、丁寧な言葉として「申し申し」(もうしもうし)が使われるようになった。 女性の電話交換手は電話の相手に失礼のないように、これから話します(申し上げます)という意味で「申し申し」という言葉を使った。 「申し申し」と二回繰り返すのは、当時の電話は雑音も多くなかなか聞き取れなかったことから、相手が聞き取りやすいように二回繰り返したとされる。 「おいおい」などの言葉が使われなくなった理由としては、「おいおい」では感じが悪いということがあったと思われる。 そして、「申し申し」が一般に広まる中で、「申し」が短縮されて「もし」となり、現在のように「もしもし」と言うようになった。

次の

どうして電話でもしもしというの

もしもし の 由来

昔は「おいおい」だった?「もしもし」の由来 日本で電話が開通したのは明治23年。 当時は電話交換手に相手の番号を伝えて、電話をつないでもらう方式となっていました。 まず電話をかける時には電話交換手に番号を伝えるわけですが、この時の一言目が「 おいおい」だったそうです。 最初は「もしもし」ではなく「おいおい」だったんですねw さてこの「おいおい」からどうやって「もしもし」になったかというと、諸説あるんですが 当時の電話交換手が主に女性だったことに由来するそうなんです。 まさか女性の話し言葉が語源だったとは意外ですよね。 さて、日本の「もしもし」が分かった所で、世界の国々では「もしもし」をどんな風に言うのかも調べてみました。 意外と共通している海外の「もしもし」 それでは早速見て行きましょう。 最初は「アメリカ」。 これは聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、「 ハロー」です。 呼びかけとしてそのままってかんじですね。 続いてはお隣「韓国」では「 ヨボセヨ」と言います。 お次は「中国」。 意味は「誰?」になるそうで、電話に出ていきなり誰?って唐突のような気もwww それ以外の国はというと、面白い共通点が…• タイ・・・ ハ ン ロー• フィリピン・・・ ハロー• インドネシア・・・ ハロ• ロシア・・・ アロー、アリョー• トルコ・・・ アロー• アラビア・・・ アロー• ポーランド・・・ ハロー• フランス・・・ アロ• ドイツ・・・ ハロ -• イタリア・・・ プロント 準備ができたの意• スペイン・・・ オラ、オイガ 挨拶に使う言葉と一緒• ブラジル・・・ アロー 実はかなりの割合で英語の「 ハロー」に近い言葉が「もしもし」として使われる結果となっているんです。 やはりアメリカで発明されて広まっていった電話だけに、一緒に英語のもしもしにあたる「ハロー」も一般的に使われるようになっていったのかもしれませんね。 それにしてもこれだけスマホが普及し、番号通知で名前も表示されるようになっても「もしもし」というのが変わらないのは面白いですね。 もっと電話の歴史を知りたくなったら「」で分かりやすく解説されているので、ぜひ読んでみてください。

次の