コロナ いつ 終息。 新型コロナ“第2波”はいつ来る? 歴史家・磯田道史が見通す「終息までのロードマップ」

歴史が示唆する新型コロナの意外な「終わり方」

コロナ いつ 終息

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

コロナがいつ終息するのか知りたくて色々計算していたら絶望した⤵【コロナを終息させる2つの方法とは】

コロナ いつ 終息

3ヶ月後なので 7月の頭ということですね。 「(コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わる。 そして) 2023年に新しい社会が形作られて安定してくる。 」 と予測されているようです。 コロナが収束したら元通りの生活になる、ということではなくコロナをきっかけに社会の仕組みや構造が大きく変わると考えている方はスピリチュアルかどうかを問わず多くいますね。 コロナウイルスによって私たちは、破壊と再生の「破壊」を経験しているのかもしれません。 2023年に落ち着くと思うと長いような短いような…。 収束見込みはまだ先…?4月末から5月頃に節目か【ゲッターズ飯田】 2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析したという Obatea占いのサイトでは「 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 」と書かれています。 5月半ばに収束見込み?【 カメリア・マキ】 また、現代占術の最高峰である占い師だという カメリア・マキさんが書かれたサイトでは 実はこの木星と土星が「合」という配置は、2019年12月4日から始まっており、 何かと災害の多かった2019年に続いて、何かが起こる不穏な配置でした。 (中略) これは1月4日から始まり、星座を移動しながら2月17日以降、ピークを迎えます。 3月23日にいったん抜けるのですが、再び4月1日から現れ、4月10日の満月前後が猛威をふるう頂点となるでしょう。 この配置が終了するのは、5月14日です。 と書かれています。 みんなが仕事を休んだら収束していく【そうた】 ここからは少しぶっ飛んで(笑)収束見込みの 明確な時期ではなくなります。 こちらの動画では4:25あたりからコロナウイルスのことを話しています。 具体的にいつコロナが終息するのかという話ではありませんが、コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わるという考えは、一番はじめに紹介したシンガー兼ホロスコープ鑑定士のCOMA-CHIさんと共通していますね。 コロナの収束見込み・予測(非スピリチュアル) コロナがいつまで続くかという予測についてスピリチュアルでは無い、 一般的な新聞などに見られる収束見込みを見てみましょう。 コロナの収束見込み— 約4週間か 3月26日のによると 中国の感染爆発は 約4週間で収束し、韓国は 約3週間で収まっている。 イタリアも感染爆発が始まってから約3週間が経過し、新規感染者はピークを過ぎたように見える。 各国の対策はほぼ同じなので、早期に対策をとれば感染爆発は4週間程度で収まることが予測される。 ということは、 ヨーロッパと米国での感染爆発は4月中に終わる可能性がある。 と書かれています。 しかし、『それで問題が終わるわけではない。 』と続きます。 多数の感染者が出た武漢において多めに見積もったとしても 感染者は人口の1%です。 人口の7割前後が感染すれば獲得できる 集団免疫には程遠く、有効なワクチンが開発されない限り一度収束したとしても、 新たに感染者が入ってきたら再度感染が広がる可能性がある、と述べられています。 日本も緊急事態宣言が出されたので、諸外国のように感染を封じ込めることができれば 4週間後の5月頭を目処に収束する可能性が有りそうですね。 コロナの収束見込み— 夏前までか 他のコロナ収束見込みをみてみましょう。 ここにあげるの記事では遺伝子的に類似している 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域の夏に「終息宣言」が出されたことから 夏前を目処に一定程度減る方向に向くと予測されています。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は) 4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は 「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 しかし、 SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処することができたのに対し、 新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、 ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多いようです。 『人との接触を極力減らす』というような 個人個人の行動によって、コロナウイルスがいつまで続くか、というのは変わってきそうですね。。 コロナがいつまで続くか、予測・予言は難しいのか コロナウイルスがいつ収束見込みは人々の行動やワクチンの開発、政府の対応によっても変わってくるため、正確に予測・予言は困難だと言えるでしょう。 誰が感染しているか分からないウイルスなので一人一人の行動によって感染の拡大が左右されてしまいます。 新型コロナウイルスのワクチンの開発状況についてはこちらの記事にまとめました。 せっかくゴールデンウィークがあるので4月末に収束見込みがあるという説を信じたいところですが、実際はどうなるかわかりませんね。。 今後の政府の方針もどうなるかわかりませんし、商業施設も自粛が続く可能性もあります。 ゴールデンウィークは 様子を見ながら計画を立てるか、 野外でのキャンプなどウイルス対策のできる方法で楽しむのが良いさそうです。 まとめ コロナウイルスの収束見込みがいつになるかは様々な説がありますが、一度収束してもまた感染が広がるという可能性も考えられます。 日々ニュースを見ていると不安を感じ、外にもでられない…そんな生活では 誰でも気が滅入ってしまいますよね。 笑っている方が免疫は高まるようですし、なるべく安心して楽しく日々を過ごしたいものですね! ニュースは気になることもありますが、ニュースなどコロナウイルスの情報ばかりを追って 不安や心配してばかりの時間を過ごしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか? 自宅待機の期間にも自宅でできることは色々有ります。

次の

新型コロナショックで激減!インバウンド客いつ戻る?データ・過去の災害感染症事例・中国の最新情報から考察

コロナ いつ 終息

ソウル市内のコールセンターで集団感染が発生。 同じ建物の勤務者にウイルス検査を実施している様子。 日本の7都府県に7日に出された緊急事態宣言や各国で行われている移動制限が北半球では夏前には解除されるでしょう。 気温が28度を上回るとコロナウイルスの感染力が弱まるとされるためです。 しかし、「制限の解除=感染者数の増加ゼロ」を意味するものにはなりません。 ワクチンや治療法が確立し、6割程度の人が集団免疫を獲得し、感染による重症化や死亡などのリスクがほぼなくなるのには1~2年はかかると医療界ではみています。 日本人が各国へ渡航できるような状況になるのは、日本での感染がある程度収まってから各国が判断しますから、夏頃になります。 しかし、秋には気温の低下で感染が再び世界的に拡大するとみられますから、日本とアジアなど各国との往来が制限が少なく移動できるのは今年は夏の一時だけとなるかもしれません。 ただ、これらは「医学的見地からみた場合」という現段階での判断です。 緊急事態宣言や入国制限を解除したり再導入したりというのは、政治的判断によるものも大きく、医療界からの意見は「数ある意見の中の一つ」の扱いです。 われわれが「早く入国・外出制限を」と訴えても、経済優先ということもあります。 したがって、感染が収まらなくても、移動制限は少なくなる事態も考えられます。 東南アジアのように温暖湿潤であれば大丈夫なのですか。 現段階での研究では、感染爆発が起きるのは気温が28度以下で、北緯30~50度の地域。 したがって現在の日本は、感染爆発が起きてもおかしくない状況です。 世界保健機関(WHO)が現在、アジアで最も警戒している国の一つが、毎日感染者が500人ずつ増えている日本です。 ただ、日本でも暖かくなっていきますので、(感染者が数十万人単位となった)欧米のような感染爆発が起きるかどうかは分かりません。 また、日ごろからマスク着用や手洗いを励行する衛生観念、欧米のように密接に人と接しない生活習慣の違いがあります。 欧米では暖房をしている密閉空間での感染リスク、糖尿病や高血圧症など基礎疾患を持つ人や肥満が多いため重症化リスクは高かったといえるでしょう。 一方、「幼少期にBCGワクチン接種をしているアジア地域では感染拡大が抑制されている」という仮説を立証するためのデータ収集が進められています。 アジアでは、政府機関や人の話をよく聞くという従順な文化も、拡大を抑制する効果があるかもしれません。 こうした背景をベースに、外出制限によって感染拡大を最小限に食い止めることは可能です。 日本と同じスタンダードで対応してほしいです。 手製でも良いので、工場や事業所ではマスクを着用し、従業員の手洗いを徹底させ、ドアノブやトイレの消毒も入念に行う。 可能な限り在宅勤務を行い、感染させない環境づくりが大事。 注意してほしいのは、休憩室や更衣室。 また、アジアで工場を持つ企業にとって、感染しやすい最も危険な場所は従業員寮です。 日本本社は、(パソコンを通した会話など)時にはリラックスしながらコミュニケーションを密に取り、駐在員の不安要素や不満を取り除いてほしい。 また、日本人駐在員はストレスからアルコール依存に走りやすいので、日本本社でも注意して観察する必要があります。 (聞き手=遠藤堂太) <プロフィル> 関西福祉大学・勝田吉彰(かつだ・よしあき)教授.

次の