ネット 速度 計測。 pingでネットワークの速度を調査する:Tech TIPS

知ってると便利!おすすめスピードテスト/回線速度測定サイト8選

ネット 速度 計測

このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールしないままでのバージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールできていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 正しく測定できない、または、測定後に測定結果が表示されない場合 次の環境にて動作を確認しております。 iOS、Androidなど、下記以外の環境では動作いたしません。 なお、いずれの環境もJavaの最新版が必要です。 また、Javaアプレットを有効に設定する必要があります。 Internet Explorer7、8、9、10、11• FireFox 最新版 Mac OS X 10. 4以降 日本語版• Safari 最新版• Firefox 最新版 NURO 光回線の通信速度について 最大2Gbps」という通信速度はネットワークからお客さま内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度です。 機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。 有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は通信規格IEEE802. 11acにおける通信で1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 なお、記載の最大通信速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により低下する場合があります。 接続数について 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、1セッション 論理回線 で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。 測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。

次の

Wild Speed インターネット回線 スピード測定

ネット 速度 計測

自分のインターネット回線に快適なスピードが出ているか分かりますね! これから、それぞれの測定サイトを具体的に紹介します。 測定の簡単さを「お手軽度」 測定結果の精度を「正確度」 見た目のカッコ良さを「Cool度」として表しています。 1.Googleスピードテスト お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 1. 0 Googleに備わっている、初心者でも簡単にできるスピード測定ツールです。 すると、「インターネット速度テスト」と出てきます。 右下の「速度テストを実行」をクリックすると回線速度の測定が始まり、30秒くらいで結果が表示されます。 ダウンロード・アップロード速度だけでなく、その速度を評価してくれるためネット初心者でも分かりやすいのが特長です。 たとえば「この速度では1つのデバイスで動画再生はできるけど、複数のデバイスを接続すると遅くなるよ」などと教えてくれます。 ネット回線速度を気軽に知りたいなら、まずはGoogleスピードテストを試すといいでしょう。 2.Fast. com お手軽度 5. 0 正確度 3. 0 Cool度 4. 0 (ファストドットコム)は、Netflixが提供する速度チェックサイトです。 ページを開くとすぐに測定がスタートするという手軽さが特長。 ダウンロード速度の結果のみ表示されますが、「詳細を表示」をクリックすることでアップロード速度とレイテンシが表示されます。 広告など一切表示されないシンプルな画面で見やすいのもGOOD。 とりあえずパッと速度を知りたい時には一番おすすめのサイトです。 ブラウザのブックマークに登録しておけば、ワンクリックで回線速度を計測できて便利ですよ。 このFast. 0 正確度 5. 0 Cool度 3. 0 は、1998年に回線速度の測定サービスを開始した王道サイトです。 郵便番号や回線種類、プロバイダなどを選択する手間がいる代わりに、より正確な結果を得ることができます。 なるべく正確な速度を計測したいならイチオシのサイトといえるでしょう。 さらにRBB SPEED TESTでは、光やスマホ(LTE)など回線別の平均速度やランキングといったデータも公開しています。 自分のインターネット回線のスピードが平均に比べて速いのか遅いのかチェックするのもいいですね。 なお、無料のアプリをダウンロードすればスマホからでも速度を計測できます。 4.速度. jp お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 2. 0 は、ワンクリックでスピード測定できるだけでなく、自分が住んでいる地域の平均速度も知ることができる便利な速度測定サイトです。 ただしブラウザページは広告が多く表示されるため、見づらいと感じるかもしれません。 jpには、自分のウェブサイトやブログに貼り付けて使えるタコメーター風スピードチェッカーを入手できる無料サービスもあります。 いちいちページにアクセスするのが面倒くさいという人におすすめですよ。 5.SPPEDTEST お手軽度 4. 0 正確度 4. 0 Cool度 5. 0 手軽さと測定精度、カッコ良さのバランスが一番優れている速度測定サイトが、このです。 英語表示でクールな感じにまず目が行きますが、通信速度が最も速くなるサーバーを自動選択してくれる特徴にも注目。 この機能のおかげで、より正確な速度を知ることができるんです。 SPPEDTESTはインターネット上級者や通信のプロでも使っている速度測定サイトなので、信用度も高いといえます。 なお、スマホ用の無料アプリをダウンロードすればLTE回線の速度も計測できて便利ですよ。 私はいつもこのSPPEDTESTを愛用しているよ。 何事もバランスが大事だからね。 インターネット回線速度に関するQ&A ここから、インターネット回線速度についての様々な疑問に答えていきます。 分からないことはスッキリ解決しましょう! 回線速度の上り下りって何のこと? 下り データのダウンロード 上り データのアップロード インターネット回線でデータをダウンロードする通信のことを「下り」、データをアップロードする通信のことを「上り」といいます。 たとえば、ウェブサイトを開いたりyoutubeで動画を再生したりするのは下り通信、メールを送信したり写真や動画をSNSに投稿したりするのは上り通信になります。 基本的には下り通信のほうがよく使われるため、主に下り速度が大事といえるでしょう。 快適な回線スピードの目安は? インターネットで高画質の動画を観たり、大容量のデータをダウンロードしたりするのを快適にこなせる下り速度は20Mbps。 これは、超高精細の4K動画も詰まらず再生できるだけのスピードです。 もっと言うと、下り5MbpsもあればyoutubeでHD動画(1080p)の再生に支障がないレベルといえます。 また上り速度は10Mbpsもあれば、写真や動画をアップロードする際に不満を感じることはないでしょう。 ping(レイテンシ)って何? pingまたはレイテンシとは、データを送信して応答が返ってくる速度を表しています。 主にオンラインゲームをする際に大事になってくる数値です。 pingの単位はms(ミリセカンドという)で表し、数値が小さければ小さいほど応答速度が速いということになります。 オンラインゲームを快適に遊べる目安は、50ms以下です。 速度測定サイトごとに数値が異なるのはなぜ? 速度測定サイトごとに、測定方法やつながるサーバーが異なるからです。 サーバーというのはインターネット時の接続先コンピューターのことで、サーバーへの距離やサーバーの混雑具合によって通信速度が上下します。 より正確な速度を知りたいなら、最適なサーバーを自動選択してくれるSPEEDTESTなどがおすすめですよ。 回線スピードが最大速度とかけ離れているんだけど? インターネットサービスの広告に表記されている最大速度はベストエフォートといって、理論上の最大値です。 これは、スピードが落ちる色んな要因を無視した数値なので、実際にそのスピードが出ることはあり得ません。 たとえば、最大速度1Gbpsの光回線やWiMAX回線なら実効速度は10~100Mbpsの範囲となります。 実際に出る速度がどれくらいなのか調べたほうがいいんですね。 回線速度が夜に遅くなる理由は? インターネット回線の使用率が上がれば上がるほど、回線の混雑によって速度は遅くなります。 そして、インターネットの使用が一番多いのは夜の時間帯です。 日中は仕事をしている沢山の人が、夜のリラックスタイムにインターネットを使うのも当然ですよね。 そのため、日中に比べて夜は速度がガクッと落ちるのはよくあることなんです。 特に、ユーザーが一番多いNTTフレッツ光や光コラボは夜の速度低下が著しく、マンションなど集合住宅では10Mbpsを下回ることも。 それに対して、どんなときもWiFiなどのWiFiサービス系は最大速度こそ光回線に及ばないものの、夜でもあまり速度が落ちず快適に使えると評判です。 光回線なのに遅いのはなんで? 光回線だからイコール速い、というわけではありません。 上でも説明した通りユーザーが多ければ多いほど遅くなりますし、プロバイダによってもスピードは変わります。 スピードを追求するのであれば、NURO光やauひかりなどがおすすめですよ。 また光コラボの中でもIPv6接続に対応しているところは速度があまり落ちません。 これらについては後ほど解説します。 やっぱりユーザーが多過ぎるとスピードに影響するんですね・・・ WiMAXルーターを置く場所によって速度が変わるのはなぜ? WiMAXを使っている方なら、WiMAXルーターを置く場所によって速度がかなり変わることにお気づきでしょう。 これは、WiMAXの電波が敏感で干渉されやすいためです。 できれば窓側や高い位置にルーターを置くことで電波が入りやすくなり、速度も上昇します。 また、家の近くに大きな山があったり、鉄筋コンクリートのマンションが周りを取り囲んでいたりすると、WiMAXの電波が改善されないこともあります。 ちなみにモバイルWiFiはWiMAX回線ではなくスマホと同じLTE回線を使用しています。 そのため電波が強くて干渉されにくく、使用する場所を選びません。 速度が速いおすすめの光インターネット回線 「実際にスピード測定サイトで計測したら速度が遅かった・・・」という方のために、速度が速くておすすめの光インターネット回線を紹介します。 ここに挙げるもの以外でも、たとえば地域限定の光回線などは速いですが、この記事で全て取り上げることはできません。 そこで、全国的に申し込める光回線を紹介しています。 最大速度は下り2Gbpsと、他の光回線の2倍になっています。 「でも実効速度はどうせ落ちるからあまり変わらないんでしょ」と思われるかもしれませんね。 ところが、NURO光はNTTフレッツ光ではなく独自の光回線を使用しているため回線混雑がほとんどなく、速度があまり低下しないんです。 NURO光の平均速度は250Mbps以上で、600~700Mbps出ることもざらにあります。 これだけの爆速であれば、どんなに重いオンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードも軽々ですね。 ただし、NURO光に対応していない県やエリアもあります。 NURO光の公式ホームページにて、お住まいの場所が対応しているかどうかまず確認することをおすすめします。 auひかりもフレッツ光とは異なる独自回線を使用しており、スピードがとても速いことで知られています。 最大速度は1Gbpsなら全国で申し込めますが、関東エリアの一部では5Gbpsまたは10Gbpsという超速も選ぶことが可能。 また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているのも魅力的です。 auスマホと併用することでさらに割引もあるので、auユーザーなら見逃せない光インターネットサービスといえるでしょう。 以前はIPv4とPPPoE接続方式が一般的でしたが、IPv6とIPoE接続方式は新しい通信技術として登場しました。 早い話が、「IPv6」「IPoE」「v6プラス」などと付いていれば速度低下が少なく、より快適なインターネットができるわけです。 以下はIPv6・IPoEに無料対応している主な光コラボです。 光コラボ名 サービス特徴 ドコモ光(GMOとくとくBB) ・ドコモのスマホユーザーは月額料金が割引になる ・キャッシュバックやdポイントプレゼント特典あり ・WiFiルーターのレンタル無料 Softbank光 ・Softbankのスマホユーザーなら毎月1,000円割引 ・Softbankの多彩なサービスが付いてくる @nifty光 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・セキュリティソフト1年間無料 ビッグローブ光 ・auスマホまたはBIGLOBEモバイルと併用で割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・WiFiルーターのレンタル1年間無料 So-net光 ・3年間は基本料金が大幅割引 ・WiFiルーターのレンタル永年無料 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・セキュリティソフトが無料 ・訪問設定サポートが端末1台分無料 速度が速いおすすめのモバイルWiFi回線 ルーターをどこにでも持ち歩いて高速インターネットが使えるモバイルWiFi(ポケットWi-Fi)。 光回線のように固定回線ではなく無線なので、通信スピードが気になりますよね。 しかも最近は、新たなモバイルWiFiが次々に登場しているので、どれを選んだらいいのか分からない人もいることでしょう。 そこで、実効速度が速いことで知られている2つのモバイルWiFiを紹介します。 ネット回線 ドコモ/Softbank/au いずれかのLTE回線 WiMAX回線 通信速度制限の条件 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合、概ね384Kbpsに制限 直近3日間で10GBを超過すると翌日18時~翌2時まで概ね1Mbpsに制限 最大速度(下り) 150Mbps 440Mbps~1. 45Mbps 53. 2Mbps(HOME L02) 32. ドコモ・au・Softbankという3キャリアの中で、最適な回線に自動的につながるという特徴があります。 そのため屋外・室内ともに電波が強く、どこにいても快適な通信ができるのが強みといえるでしょう。 どんなときもWiFiの平均速度も、快適な通信速度の目安といえる20Mbpsをクリアしています。 また通信速度制限が事実上なく、1日10GBほどの大容量通信したとしても速度制限がかからないレベルです。 それでいて、月々の料金は税込みでも4,000円かからないのはすごいですね。 ただし最大速度が低い分、大人数で同時にネットにつなぐと遅さが気になってしまうかもしれません。 ですので、どんなときもWiFiは1~2人で使うのに適したモバイルWiFiといえるでしょう。 新卒くんが海外出張する日はまだまだ来ないと思うけどね。 ルーターもポケットサイズのモバイルルーターと、室内で安定して速いホームルーターの2種類あります。 主に外出先で高速インターネットを使いたい人はモバイルルーター、室内で固定回線の代わりに使いたいならホームルーターを選ぶといいでしょう。 平均の実効速度はホームルーターが50Mbps超、モバイルルーターでも30Mbps超と、十分なスピードが出ます。 ただし、3日10GBという速度制限の壁があります。 ということは、1日平均3. 3GBまでは快適に使えるものの、それを超えると速度が遅くなってしまうわけです。 つまりUQ WiMAXは、通信スピードはスポーツカー並みですが、通信量が多すぎると自動ブレーキがかかって遅くなるリスクがあるといえますね。 ですので、インターネット使用はヘビーユーザーまでいかず、そこそこ使うレベルの方におすすめです。

次の

【Windows10】通信速度の目安は?確認するには?

ネット 速度 計測

インターネットが快適に利用できる回線速度の目安は? 快適に感じる速さの目安は下り10〜30Mbps 普通にインターネットでWEBサイトの閲覧を中心に利用されるのであれば、下り10Mbpsほどあればサクサクと快適にインターネットに接続できます。 高画質動画を見られる方でも実は100Mbps以上の速度は必要ありません。 インターネット動画の視聴やオンラインゲームをされる場合まで考慮に入れても、 30Mbps程度の回線速度が1つの目安となります。 『上り』よりも『下り』の回線速度が重要 インターネット回線速度は『上り』と『下り』の2種類があります。 上り(アップロード)・・・メールを送信したり、写真を送信• 下り(ダウンロード)・・・ホームページ閲覧や動画視聴 ネットサーフィンをしたり、動画視聴する時に重要になるのは下りの回線速度です。 大きなファイルをネット上にアップロードするのでなければ、 上りの回線速度は1Mbpsでも快適に利用可能です。 最大通信速度はベストエフォート型!実測速度は違うので注意 インターネットを契約する時に『最大通信速度100Mbps』、『最大通信速度1Gbps』などの速度が記載されていたかと思います。 しかし、これらはベストエフォート型となっており、『最大限の努力をする』という意味での 理論値です。 実際に出る速度ではありません。 インターネット回線速度は、利用しているプロバイダ、場所、混み具合などで大きく異なります。 光回線の場合、実測速度は契約速度の3割〜6割ぐらいが目安となってきます。 最高通信速度1Gbpsの光回線になると実測速度はかなり落ちてくるので、3割の 300Mbpsほど出ていれば十分な速度が出ていると言えます。 実測速度• 100Mbpsの回線なら・・・30〜60Mbps• 1Gbpsの回線なら・・・〜300Mps ベストエフォートの通信速度と実効速度の乖離が起きないように、実行速度計測手法や情報提供などに関するガイドラインもできています。 参考: ネット回線速度の目安を用途別に紹介 インターネットの回線速度の目安は、インターネットを利用して何をするのかでも変わってきます。 PCを利用するのか?スマホに接続するのか?テレビを視聴するのか?用途別の回線速度の目安を紹介していきます。 用途 回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 LINE・メールの送受信の目安 LINE・メールの送受信に必要な回線速度は128Kbps〜1Mbps程度です。 LINEでのやり取りや、メールの送受信はほとんどデータ容量を利用しません。 ですので、もし速度制限にかかっていて128kbpsの速度しか出なかったとしても普通に通信することは可能です。 PCでのホームページ閲覧・ファイルのダウンロードの目安 ホームページ閲覧やネットサーフィンでは 1Mbps〜10Mbpsほどの回線速度が目安となります。 画像が多いサイトでも3Mbps〜10Mbps程度でスムーズにアクセスすることができます。 文字テキストが中心のページならば1Mbpsでも問題はありません。 YouTube動画の視聴の目安 画質 推奨回線速度 4K 20Mbps HD 1080p 5Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps YouTube動画は、動画の解像度によって推奨される回線速度が異なります。 1Mbps〜20Mbps程度の回線速度が必要となります。 スマホで標準画像の動画を視聴するならば1Mbps。 最も高画質となる4K画質の動画の場合は20Mbpsの速度が必要となりますが、HD動画でも5Mbpsで十分ですので、 4K画質の動画を見ない場合は5〜10Mbpsもあれば十分と言えます。 参考: PS4やPCでオンラインゲーム(ネトゲ)をする場合 オンラインゲームもゲームの種類によっては回線速度が8Mbpsぐらいでも問題ないものはあります。 私も以前PS4でFF14を10Mbpsの速度で接続したことがありますが、簡単なプレイならば問題なく接続できました。 ただ、激しい戦闘などは少しでも止まってしまうと問題がありますので、速ければ速いほどよいですね。 FPSなどをされる場合は実測値で50Mbpsほどの回線速度は欲しいです。 インターネット回線の応答速度(PING)も重要 特にFPSなどのオンラインゲームをされる場合は回線速度だけではなく応答速度(PING値)も重要となってきます。 スプラトゥーンなどのFPSゲームや格闘ゲームを遊ばれる方は Ping値10m以下がおすすめです。 1〜15m・・・かなり速い• 15〜35m・・・速い• 35〜50m・・・普通• 50m〜・・・遅い Ping値は25mほどで快適に利用可能です。 50mを超えていたら遅いと認識しておくと良いです。 Ping値の目安は、有線LANならば〜20mbps、無線LANならば20m〜50mぐらいとなりますので、 有線接続にするだけでも応答速度を改善することが可能です。 ネット回線速度とPING値の実測を測定してみよう 自分のインターネット回線速度がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。 スピードテストで有名な『』で回線速度の測定をしてみましょう。 『Speedtest. net』は回線速度と応答速度(PING)の両方を測定することができます。 スマホからでも簡単にアクセスすることができます。 環境・・・Broad WiMAX『W05』• 場所・・・都内のスタバ• 回線速度・・・37. 4Mbps• 応答速度・・・72m 回線速度はポケットWiFiでも問題ない速度がでます。 仕事や動画視聴であれば十分です。 応答速度は遅めになりますので、オンラインゲームには向かないと言えます。 Googleで『スピードテスト』と入力してもチェックできる 簡単にスピードテストをしたい場合はGoogleの検索窓に『スピードテスト』と入力してみましょう。 以下のような画面になり、直接スピードテストを行うことができます。 実際にポケットWiFiでスピードテストを利用してみましたが、18Mbpsでも高速と診断されます。 インターネット回線速度の平均は?どれくらいが普通なの? ブロードバンド通信速度測定サイト『』のランキングデータ集計では、回線速度の平均値を確認することができます。 スマホの回線速度の平均値• 固定回線速度の平均値• 都道府県別の平均値 などの月間80万件ほどのデータを集計しているので信頼できますね。 光回線の回線速度の平均 NURO光とauひかりの回線速度の平均は900Mbps以上とかなりの高速です。 1位・・・NURO光• 2位・・・auひかり(au one net)• 3位・・・auひかり( nifty) プロバイダはSo-net、au one net、 nifty、BIGLOBEの平均値が速いですが、そこまで変わらないので誤差ですね。 ケーブルテレビは一部の地域でしか利用できませんがもTOP10入りしているものがあります。 光コラボの回線速度の平均 光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しています。 ビッグローブ光、 nifty光、AsahiNet光の回線速度の平均値が高いですが、対象の計測数はドコモ光やソフトバンク光が圧倒的に多いです。 特にドコモ光はプロバイダによってかなり速度が変わりますので、どのプロバイダを利用しているのかもチェックする必要があります。 それでも改善しないようであればインターネット回線自体を乗り換えてしまうのが確実です。 NTTのフレッツ光や光コラボを利用している場合、NTT以外の回線に乗り換えをすることで速度が改善することはよくあります。 NURO光(最大通信速度2Gbps) NURO光は 最大通信速度2Gbpsの光回線です。 他社の光回線は最大1Gbpsですので、 2倍の回線速度となります。 一番速度が速い光回線として有名で、施設したけれど使われていない『ダークファイバー』という光ファイバーを利用しています。 しかし、NURO光は関東と関西の一部の地域のエリア限定の光回線となりますので、エリア外の方は残念ながら利用することができません。 月額料金は戸建て4,743円、マンション1,900円〜2,500円と他社の光回線と比べて料金が安いので『速度が遅い』とお悩みの方は乗り換えの考慮に入れてみることをおすすめします。 キャッシュバック額は35,000円と高額キャッシュバック特典も付きます。 nuro光(2Gbps)導入までの顛末。 結果として得られた速度は最高でした — Engadget 日本版 engadgetjp auひかり(auユーザーにおすすめ) auひかりもNURO光と同じぐらいの実測速度が出る光回線です。 NURO光が対象外のエリアにお住まいの方におすすめです。 ネットのみの申込みでも43,000円のキャッシュバック特典があります。 月額料金は戸建て5100円、マンション3,800円とNURO光よりは高くなりますが、auのスマホをお使いの方はスマホ料金も割引となりますので、特にauユーザーにおすすめできます。 インターネット契約を変更する際の違約金負担もしてくれるのが魅力ですね。 ちなみにauひかりの仙台サーバとの通信速度はこうだった — 喘息肺炎治らないマン NTRoLIKoNs ドコモ光(v6プラス対応プロバイダがおすすめ) ドコモ光も回線速度が速いと評判の光回線で、フレッツ光を利用中の方は簡単に転用できますし、光電話や光テレビも継続して利用することができます。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度がかなり異なります。 現在ドコモ光を利用されている方であればプロバイダを変更するだけでも速度は改善する可能性があります。 高速通信をしたい場合はv6プラス対応のプロバイダを選択することが重要です。 月額料金も戸建て5,200円、マンション4,000円と低価格です。 『GMOとくとくBB』のドコモ光では公式サイトで実測速度を公開していますし、対応の無線LANルーターも無料でレンタルできますので、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方にはとてもおすすめの光回線です。 900Kbps. もし、『自宅であまり高画質動画を見ない』『オンラインゲーム』をやらないのであれば最大1Gbpsの光回線は必要ありません。 WiMAXの最新機種『W05』の最大通信速度は758Mbpsで、高速通信ができるモバイルルーターです。 自宅のみで利用されるのであればホームルーター『L01s』で安定通信が可能です。 マンションタイプのフレッツ光ネクストを利用している場合、集合住宅で共有となりますので、モバイル通信に切り替えてしまった方が通信速度が改善する場合があります。 ギガ放題プランに加入することで月間のデータ通信量は無制限、通信制限無しで利用可能となります。 月額料金2,726円〜利用可能なので、光回線を利用されている方ならば毎月2,000円近く節約できる可能性が高いです。 関連記事: まとめ ネット回線速度の 目安は下り30Mbps、応答速度25msほどあれば十分快適にインターネット利用することができるでしょう。 光回線は確かに高速通信ができるのですが、そこまでの速度を必要としていない方は多いはずです。 高画質動画やオンラインゲームを利用されない方でしたら、通信速度は10Mbpsでも十分ですので、WiMAXなどの料金の安いプランに変更をしてしまった方がお得にインターネットが利用できるかと思います。 逆に、ネット回線速度が速ければ速いほどいい方はNURO光やauひかりがおすすめです。

次の