アイシャ ベルカ。 ≪楽しい≫中古 バッジ・ピンズ(キャラクター) アイシャ・ベルカ 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII がぶりっこトレーディンの通販

【ダンまち】アイシャ・ベルカの声優とキャラ情報まとめ※原作ネタバレあり

アイシャ ベルカ

祖父に育てられた• 両親は亡くなっている。 詳細不明• 英雄譚が好き(祖父が書いたものが多い?)• 祖父はほぼ神ゼウス確定• 祖父は亡くなったことになっている• ヘルメスにベルの様子を見てくるよう依頼する 先に結論から言うとベルの正体はアルゴノゥトの生まれ変わりだと個人的には考えています。 なので生まれ変わりという体で話を進めていきますので予めご了承下さい。 ダンまちでは人、モンスター、神も命を落とせば「輪廻転生」する世界観になっています。 例えば、ベルが初めて冒険した「ミノタウロス」も後に漆黒の雄牛「アステリオス」として生まれ変わり再びベルの前に現れます。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より そして「ミノタウロス」は好敵手としてアルゴノゥトの話でも登場します。 当時のアルゴノゥトは「雷の精霊」の加護を受けていましたが、強さはミノタウロスのほうが上で勝てる見込みはありませんでした。 最終的にはアリアドネの介入により撃破しますが、この時のセリフや行動はベルたちの時代にリンクする部分が多いです。 以下、アルゴノゥト英雄譚のセリフより 「そこにいるか、我が敵よ」 「私と決着を望むか、強き敵よ!」 「ならば私とお前はこれより『好敵手』!ともに戦い合う宿命の相手だ!」 「さぁ、冒険をしよう!この譲れない想いのために!」 「『僕達』は今日、初めて『冒険』をする!」 アルゴノゥトの問いに雄叫びで答えるミノタウロス。 二人の戦いは過熱しアルゴノゥトは失明し力付きかけますが、 アリアドネ ・・・・・が精霊の化身「雷霆の剣」を使って戦いの間に入ってきます。 アリアドネに助けられた形になってしまったアルゴノゥトは、ミノタウロスに一対一の勝負が出来ないことを謝り、ある約束をしました。 「・・・すまない、ミノタウロス。 やはり私は私らしい。 こんな『喜劇』にしかならかった」 「ここでお前を討つ!私一人ではなく、姫と二人で!本当に申し訳なく思う。 だから」 「また会おう、我が敵よ!」 「生まれ変わり、次にまた巡り合った時、今度は一対一で!私達の決着を」 「約束だ、『好敵手』よ!」 上のやり取りをベル達の時代で見ると以下のようになります。 一度目はアイズに救われ、二度目はアイズの救いを拒否し自分より格上のミノタウロスを一対一で撃破するため冒険する、そのミノタウロスが生まれ変わり「アステリオス」として再びベルに好敵手として再戦を申し込む。 一連の流れアルゴノゥトの時とほぼ一緒だと思いませんか?ちなみに古代のミノタウロスと現代のアステリオスは好敵手との戦いのときに笑みを見せています。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」より MEMO「アステリオスについて」• ポテンシャルはレベル7(ギルド認定)• ベルとの再戦は圧勝(一勝一敗)• ベルとの再戦の為だけに深層で一人鍛錬している• アイズやベートなどのレベル6たちも苦戦している• 穢れた精霊を圧倒する強さ(この時点でオッタルと同等かそれ以上の強さ) 【ダンまち】ベルとアルゴノゥトの二つ名 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 雪のような白髪に赤い瞳から「兎」のイメージを持たれることが多く「兎」のようにすばしっこいことからレベル4にランクアップした時に 白兎の脚 ラビット・フットという二つ名が与えられました。 もともとベルは敏捷に特化した部分もあるので速いのは当たり前ですが、そのスピードはロキ・ファミリアの団員達が「アイズのよう」と例えるほどで、ポテンシャルは既にレベル4上位と判断されています。 「敏捷とアルゴノゥトに何の関係があるのか?」と思うかも知れませんが、ちゃんと共通している部分があります。 アルゴノゥトは歴代最弱の英雄として語られてきました。 そんな彼が最も特化していたのが「敏捷」です。 アルゴノゥト本人曰く 「裏山の野良兎」という異名があると明かしています。 戦闘に置いては素人同然でほとんど妹のフィーナに助けて貰っていました。 それでも、その逃げるという行為はちゃんと計算された行動で常に状況判断をして行われていました。 「頭はすこぶる回る男」 ベルも最初は逃げ回っていました。 これがすべての要因ではないでしょうけど、敏捷についてはかなりの成長速度を見せています。 アルゴノゥトとベルの性格は違いますが、ミノタウロスや敏捷の件といい辿ってる道はほぼ一緒なのは間違いありません。 【ダンまち】英雄の船に乗る冒険者たち 出典:「Wikipediaアルゴー船」より ダンまちのアルゴノゥトの名前の意味は「英雄の船」として語られています。 これは今更ですが、ギリシャ神話の「アルゴー船」を指しています。 アルゴー船の乗組員には神話で活躍した多くの英雄たちが乗り込んだたと伝えられており、アルゴノゥトの物語でもこれは一致しています。 彼に感化された力ある英雄たちが続々とアルゴノゥトに続き力を振るいます。 そしてベルのときも同じ現象が起こります。 最初にベルに感化されたのはロキ・ファミリアの団長「フィン・ディムナ」です。 それが表面化したのは穢れた精霊たちとの戦い。 このときオラリオではアイズの精霊の血や神の悪巧みで色々なことが起きていました。 その騒動は多くのファミリアを巻き込み「全ファミリア vs 穢れた精霊&神」の戦いに発展します。 MEMO フィン、アイズ、精霊については長くなるので省きます。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 戦況はあまり芳しくなく徐々に最悪のシナリオに向かい多くの団員たちが傷付き倒れ絶望しました。 しかし、そんな彼等彼女等を率いて状況を引っくり返したのがベル・クラネルです。 ベルは「 英雄願望 アルゴノゥト」をチャージし「ゴォン、ゴォォン」と大鐘楼を鳴らして皆の前に現れ「自分を守るよう」に言います。 不条理に逆らい勝利に導く鐘の音は傷だらけの冒険者達を奮い立たせ最後の戦いに挑むため、ベルの盾になり囮になり防衛戦を築きながらベルと共に進みます。 大鐘楼の音は各地に散った英雄候補たちにも聞こえ倒れた者に再起を促しました。 フィンはその姿を見て、 「この勝利の鐘の音に続けぇぇぇぇぇ!!」と叫び冒険者たちは決戦に挑み精霊を撃破します。 他にも18階層のイレギュラー、階層主漆黒のゴライアスのときも似たようなことはありましたよね? 状況はかなり違うけど 英雄に憧れるベルは英雄アルゴノゥトのように船の船頭のよう役割をいつの間にかしていました。 そしてこれを見たオッタルはベルの英雄としての資質を認めフレイヤが何故あそこまでベルに拘るのかにも納得します。 【ダンまち】大精霊の正体はゼウス? 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より アルゴノゥトに精霊の力を貸したのゼウスだと個人的には考えています。 本題に行く前に少しだけゼウスについて、 ダンまち原作の1巻から15巻(最新刊)でもベルの両親のことはもちろんゼウスに関しても殆ど情報が出ていません。 現状分かっているゼウスのことは以下の内容。 アルゴノゥトのことを天界から見ていて知っていた• 英雄譚を書いてベルに見せていた• ベルの前から姿を消した• ベルに何かを期待していた• 今でもヘルメスと繋がりがある• 神威を消して姿を変えることが出来る• ヘスティアとは天界での馴染み• アイズのことを知っている ベルを表現するとき「雷」という言葉がよく使われます。 偶然にも神話のゼウスも雷を操る神として有名です。 ベルが魔導書を呼んだ時アイズのことを思い浮かべ「雷のように速い」と表現し、それからというものベルの技を表す時は「炎雷」や「雷」というワードが多くなります。 これに関しては詠唱も含めその人の「憧憬」が深く関わるので、特別なにかがあるとは思えませんが、アルゴノゥト同様「雷」というのは少し気になります。 対アポロン・ファミリアのウォーゲームのときもカサンドラは「雷が昇る」とやたら雷押しです。 そしてアルゴノゥトが受けた精霊の加護は「雷の大精霊」で精霊の名は「ジュピター」。 とりあえず少年二人に雷が共通しているのは一旦置いといて、ここで注目したいのは「ジュピター」です。 MEMO「ジュピターとは」 ジュピター ユピテル は古代ローマの最高神で、ギリシャ神話のゼウスと同一視されている神。 ゼウス同様「雷」を武器にし世界の秩序と正義を維持してきた。 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より ダンまちに登場する妖精関連は未だ謎も多いので確信はありませんが、、、、 アルゴノゥトに加護を授けたジュピターの性格はゼウスとほぼ一緒で声も同じでした。 そもそもアルゴノゥトが精霊を探していた理由は「アリアドネ」を救うためで、王都に伝わる「精霊の祠の噂」が発端。 王都でも精霊の祠の真意を確かめようと何度も兵が派遣されましたが、一向に見つからず王都では信憑性の低い「ただの伝説」として扱われてきました。 精霊の祠の発祥の起源は「旅人が空から落ちてくる光を見つけて行った先に祠があった」という何とも安直な話で、その当時は魔物の支配が一時的に弱まったことから精霊が降臨したのではないかと囁かれていたそうです。 そんな真意が定かではない話を一気に進めたのが「クロッゾ」でした。 精霊の血を引くクロッゾの体は「他の精霊」に反応しアルゴノゥトたちは難なくと精霊の祠を見つけ契約を結びます。 雷の精霊の特徴をまとめると、• 声と性格はゼウスと同じ。 クロッゾたちも声を「爺」と表現する• 筋肉モリモリでガタイがいい「爺」が見える• 美人が好き• 神と一緒で聞き慣れない言葉を使う• 本来精霊は自我が薄く無口• 大神に類する「大精霊」• 「雷霆の剣」として姿を変え「神の恩恵」を授かったような力が手に入る ジュピターの特徴を見るとゼウスそのものです。 ゼウスが天界からアルゴノゥトたちを見ていたことを考えると「神の娯楽」「気まぐれ」だとしても自分の力をアルゴノゥトに貸したことは十分ありえます。 ジュピターは「類する」という表現を使いますが「類する」とは「似ている」「肩を並べる」「相当する」という意味なので本人じゃない可能性も当然ありますが、 古代の精霊は神の意思を受け英雄に協力していた存在。 「神の分身」「神そのもの」とも言われているのでジュピターの特徴からみても「ゼウス」でほぼ間違いないかなと思います。 ゼウスがベルと一緒にいた理由が分からない 出典:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より なぜゼウスは自分の正体を隠してまでベルと一緒に居たのでしょう?ベルの両親が亡くなったとしても自分の存在を隠す意味が分かりません。 タケミカヅチ・ファミリアのように孤児として預かればいいだけのことなのに、わざわざ「祖父」としてベルの側にいた理由は何だったのでしょうか? MEMO 精霊と神は子供を産めない。 フレイヤとシルの親子関係的なのは特別な何かがあると個人的には思っている。 そしてゼウスはヘルメスにこんなことを言い残しています。 「意気地はある。 根気もある。 だが、素質が圧倒的にない」 「およそ大成する器ではない」 両親を失って身寄りがないから引き取ったしてもこんな考えにはならないし、ベルの前から姿を消す必要もありません。 ちゃんとした目的があっての発言と行動だと思います。 まず「素質」「器」から浮かぶキーワードは「英雄」です。 ゼウス・ヘラ・ファミリアは「三代冒険者依頼」のクエストに失敗し全滅。 その後、ロキ、フレイヤ・ファミリアによって都市から追い出されました。 人類にとって三代冒険者依頼は悲願です。 仮にその悲願をベルに託し英雄として育ててきたとしても、この世代には沢山の英雄候補がいます。 例えば「オッタル」「フィン」を含めたロキ、フレイヤ・ファミリアの幹部たちがそれに当てはまります。 ヘルメスもこれを理解した上でベルを「ゼウスの置き土産」と表現し「最後の英雄」として担ぎ上げてます。 ぶっちゃけアルゴノゥトの生まれ変わりだとしてもベルに拘る必要はありません。 それでもゼウスはベルに「何かを」期待していた?• ベルはゼウス・ファミリアが残した最後の英雄• 英雄候補が一同に揃いながら何も起こらない筈がない• 遠い未来か近い未来か時代が動こうとしている ダンまちが出た当初は「ベルの両親がゼウス・ファミリアにいて」とか考えていましたが、それならもっと子供がいてもおかしくないし本当に謎だらけです。 さいごに ダンまちのあとがきって結構ネタバレするんですけど、ベルとゼウスに関しては本当にネタバレする気配がしませんw 両親の存在も気になるし、ベルのことを「ゼウス・ファミリアが残した」というファミリア単位で表現していたのも気になります。 何にせよベルに関しては当分分からないくさいですね。 代わりにアイズの件は「精霊編」が始まるので徐々に判明してきそうです。 作者曰く、この辺は本編で明かすそうなので今後も楽しみです! まとめ.

次の

#2 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか? 二次創作 「最後の英雄~ベル・クラネルの成長

アイシャ ベルカ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか? 二次創作 「最後の英雄~ベル・クラネルの成長記」エピソード1-2 アイシャ・ベルカの独り言 今回 ヘスティアファミリアの遠征に 応援メンバーとして加わっていたアイシャは 地上に戻った後、 これまでの出来事を 一人 振り返っていた。 「全く、ちょっと見ない間に とんでもない位 成長するね、あの坊やは…」 ベルの事を讃えるアイシャ。 彼女にとって、まず 思い出されるのは モスヒュージの強化種との戦闘場面だった。 「あんなふざけたモンスター、 あたしゃ 今までに出会った事が無いよ。 知識を有するとか、特異な性質を持つとか、 そんな可愛いレベルじゃない。 人間を小バカにするにも程がある! 単なるイレギュラーじゃ済まされない。 二度と会いたくないよ、あんな奴とは…」 25階層にて出会った 体調2M以上もある モスヒュージの強化種の事を思い出す。 「次から次へと、あたし達の予想を 裏切る様な行動ばっかりしやがって! 挙句の果てに、あんな訳が分からない位 強くなって あたし達の前に現れやがった。 正直、ベル・クラネルが戻ってこなかったら、 マジで やばかった…」 あの当時の状況を 思い出しながら 身震いをするアイシャ。 アイシャでさえ こんな風に感じていたのだから、 リリやヴェルフ、命達にとっては たまったものでは無い。 「それに、いくら あの坊やでも、流石に あそこまで強くなったあの化け物を倒すのは 無理かもしれない…と思っていたんだけど、 見事に予想を裏切ってくれたね…」 このモスヒュージの強化種は、 数えきれない程の魔石を摂取して 体内に取り込んだ事により そのポテンシャル(潜在能力)、 特に攻撃力は Lv. 7に相当する領域に到達していた。 普通に考えたら、 Lv. 4であるアイシャでは 簡単には勝てない相手だ。 いや、それどころか 普通に戦ったら負けてしまう、 その位 力量差が有った。 「最初に坊やが、 あの化け物と出会って対峙した時の様子を見る限り、 簡単な相手じゃないという事は分かっていた。 実際、坊やは 川の中に引きずり込まれちまったからねえ…」 ベルがモスヒュージの強化種と共に 水流の中に転落した場面を思い出すアイシャ。 「だけど、戻ってきてからの坊やの動きは、 前とは別人だった。 あれはもはや、Lv. 4の冒険者の動きじゃ無かった。 一体 何がどうなったのか、てんで訳が分からなかった…」 アイシャ達の元へ戻ってきたベルは、 遠征直前にLv. 4になっており、 レベルが上がった事によって生じる「器の変化の違和感」 を抱えていたが それを克服していた。 身体の動きが数段速く そしてスムーズになり、 それに伴って攻撃に無駄が無くなっていた。 その一連の動きが アイシャ達にとって 別人の様に見えたのだった。 「それに加えて、最後に放った あの技…。 それを見たアイシャは 感嘆するばかりだった。 「もう 坊やは、 私と一戦交えた あの頃の強さじゃない。 悔しいが、私よりも強くなった…」 感慨深そうに振り返るアイシャは 喉を鳴らしながら、 そして 頷きながら言葉を続けた。 一番 脂が乗っている時だ!! 早くしないと、熟し過ぎちまうよ…。 他の奴らに奪われないうちに、 手を出しておかなきゃね…」 ベルが聞いたら 卒倒しそうなセリフをのたまいながら、 静かに微笑むアイシャなのであった。 [newpage] 今回は 短い内容でしたが、いかがだったでしょうか? 本業が落ち着いたら できる限り早いうちに 次の投稿をしたいと思っております。 ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

次の

【ダンまち】アイシャ・ベルカがかわいい!ステイタスや能力・ベルや春姫との関係は?

アイシャ ベルカ

Sponsored Link 【ダンまち】アイシャ・ベルカとはどんなキャラクター? アイシャ・ベルカは、オラリオで歓楽街を運営する、イシュタル・ファミリアの幹部。 女性でありながら剛胆で、そのうえで色欲にも忠実な冒険者。 冒険者でありながら娼婦も兼ねる、 戦闘娼婦(バーベラ)です。 歓楽街に迷い込んだベルを一目見て、「そそる顔」だと気に入ります。 彼が戦争遊戯で活躍したリトル・ルーキーであることに気付くと、彼を本気で狙うように。 アマゾネスは強い雄を好み、子を残そうとするからです。 彼を抱き寄せ、彼を狙う他のアマゾネスたちに 「こいつは私が最初に目をつけた獲物さ。 誰にも渡さないよ」と宣言するほどの入れ込みよう。 そのときはベルを逃してしまいますが、ほどなくして彼と再び対面します。 春姫をイシュタル・ファミリアから救おうとするベルに対し、アイシャは何度も立ちはだかります。 【ダンまち】アイシャ・ベルカのステイタス・能力 アイシャはレベル3の冒険者で、二つ名は 【麗傑】(アンティネイラ)。 詳しいステイタスは明らかになっていませんが、レベル3の冒険者であることが分かっています。 発展アビリティは狩人、対異常、拳打。 戦闘スタイルは大朴刀ザーガを使った近接戦。 その上で、攻撃や防御、回避を続けながら魔法を詠唱する、並行詠唱の使い手です。 麗傑の名にふさわしく、歌いながら、踊りながら戦います。 実際に対峙したベルは、 ヒュアキントス(同じくレベル3)よりも強い、と実感しています。 Sponsored Link 【ダンまち】アイシャ・ベルカの活躍・かわいいシーン!ベルや春姫との関係は? それでは、アイシャの具体的な活躍や、かわいいシーン、ベルや春姫との関係についてご紹介します。 春姫のために、ベルを試す より。 イシュタル・ファミリアが春姫を生贄にしようとしていることを知ったベルと命。 彼らがイシュタル・ファミリアの本拠地で彼女を助けようとしたところで、アイシャは現れます。 イシュタルがフレイヤを倒すために、春姫を見殺しにする。 そんなことが許されるのか、というベルの叫びに、彼女は冷徹に答える。 「……お前達は何もわかっていない。 女神の嫉妬ほど、面倒で厄介なものはない」 説得など無駄。 そう言い切るアイシャ。 いつも落ち込んでばかりで、それを諦めて受け入れているかのような春姫のことが、彼女は気に食わなかった。 アイシャは、かつて一度イシュタル・ファミリアが手に入れた殺生石を破壊していたのです。 自分のファミリアや主神に逆らってまで。 当然、彼女がやったことはすぐにバレてしまう。 それから、彼女はもうイシュタルに逆らえない。 だからこそ、彼女は待ち望んでいたのです。 本当に春姫のことを想い、彼女を救い出してくれる存在を。 しかし、 それには生半可な覚悟では許せない。 春姫を託すことができない。 口だけで、春姫のことを奪い取ろうとしないベルたちに彼女は言う。 「あんたには覚悟が足りない」 「お前は、雄の顔をしていない」と。 ベルが、春姫のために全てを投げ出す覚悟がないことを見抜いていた。 一度撤退し、覚悟を決めたベルの前に、再びアイシャは現れます。 「春姫さんを、連れていきます」 「……いい顔になったじゃないか」と彼を認めながらも、まだ春姫のことは渡さない。 春姫の力は、ここを逃れても狙われる。 お前に、春姫を守れるのか。 それを試すため、ベルへと襲いかかります。 全力を尽くし、捨て身の攻撃を仕掛けたベルに敗北。 イシュタル・ファミリアが壊滅すると、アイシャは春姫をヘスティア・ファミリアに預けることを認めました。 敵キャラとしてベルに立ちはだかり続けますが、それは全て春姫のため。 主神に背いて春姫を守ろうとしていたこともある姉御肌です。 彼女の春姫への思いや、最後の戦いでベルを認めるところはすごく魅力的なので、ぜひ原作をどうぞ。 喋るモンスターの情報を探るため、19階層へと向かおうとするベルたち。 しかし、ベルとヴェルフ、リリの3人で中層へ行くのは心もとない。 リューに護衛を頼もうとしますが、断られてしまう……。 そこで通りかかったのがアイシャでした。 報酬さえあれば引き受ける。 アイシャはそう言ってから、もう1つ付け加えます。 「それに、一度アンタとはダンジョンに潜ってみたかったからね」と、艶っぽく話しかける。 舌なめずりします。 それを見かねたリューは「触るな」とアイシャを威嚇。 一度依頼を断ったリューでしたが、ベルの操を守るために護衛をすることに。 2人がベルを取り合うところは必見。 ぜひ原作で。 【公式アプリ】マンガUP! でダンまちとソード・オラトリアの原作&漫画を無料で読む まず、マンガUP! 無料なのでとりあえずダウンロードがおすすめです。 U-NEXTへアクセス まずはこちらから、U-NEXTへアクセスします。 まずは31日間無料お試し をタップ 目立つ所にある、 「まずは31日間無料体験」 というボタンをタップします。 個人情報・アカウント情報を入力 「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「都道府県」 などを入力します。 プラン確認・決済方法を入力 お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 クレカ払いか、ケータイ払いかを選びます。 登録完了! これで登録完了となります。 ダンまちの原作を揃える ダンまちの原作を揃えて、いろんなキャラとのやり取りを楽しみたいなら、ebookjapanというサイトがオススメ。 会員登録で半額クーポンがもらえるので、好きな巻を1冊50%オフで買うことが出来ます。 いつまでキャンペーンやってるかわからないので、お早めに。 リゼロコラボ開催中!エミリアやレム、ラムが3Dで可憐に動きます! Falloutシリーズ最新作! のんびりしたイラストからは想像もつかない ガチゲーです。 シェルターを運営しながら、荒廃した世界を探索するゲーム。 資源をどこに使うのか?というやりくりや、 細かすぎる特技を持つキャラを、戦わせるのか?それとも働かせるのか?という采配など、 どこまでも思考できるので、じっくりゲームをやりこみたい方はぜひ。 「薄桜鬼」や 「ディアラバ」、 「アムネシア」 などのオトメイトの乙女ゲーキャラが登場。

次の