おりがみ 七夕飾り。 七夕飾りにピッタリ。「花くす玉」はおりがみで簡単に作れる!

七夕飾り折り紙で簡単!おしゃれで可愛い作り方【16選】

おりがみ 七夕飾り

もうすぐやってくる 七夕。 ぜひ 親子で七夕を楽しんでみてはいかがでしょうか。 もともと中国の織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の伝説によるともいわれています。 願いを書いた短冊を笹に飾ったらせっかくの織姫と彦星のデートの日ですから、親子で夜空を見上げてみるのもいいですね。 この時期に普段から食べているそうめん。 子どもにもお手伝いしてもらって、ハムや卵を星型に抜いて飾ったり、オクラの輪切りを星に見立てて盛り付けたりと、少しおめかしして、七夕バージョンにしてみてはいかがでしょうか。 七夕飾りには、願いや意味があるものもあります。 代表的なものをいくつかご紹介します。 ・網飾り 魚を獲る網を表しています。 豊漁を願う飾りです。 ・ちょうちん 神様や、ご先祖さまへのお供え物と言われています。 ・吹き流し 織姫のように織物が上手になるように、 という願いがこめられています。 ママノートでは、 七夕飾りの作り方がわかるシートを、 ふろくでご用意しました。 おりがみで作ることができる 七夕飾りです。 ・ 網飾り ・ ちょうちん ・ ひしがたかいだん ・ ほしかざり の4種類です。 ぜひ、親子で手作りの七夕飾りを作ってみてください。

次の

七夕飾りにピッタリ。「花くす玉」はおりがみで簡単に作れる!

おりがみ 七夕飾り

Contents• 七夕飾りはおりがみで簡単おしゃれに! 小さい頃から七夕飾りを手作りされている方も多いかと思いますが、七夕飾りを作るならやっぱり 『折り紙』が作りやすくておすすめです。 七夕で飾られている飾りの多くは折り紙で作れるものがほとんどです。 折り紙なら、簡単な折り方なら小さいお子さんも作ることができますし、難しい複雑な折り方のものなら大人だって作ることを楽しむことができます。 spoonhome. 身近な100均にもいろんな種類があり、選ぶのが楽しくなると思いますよ! 七夕は日本古来からの季節の行事なので、 千代紙などの和柄の折り紙を使うのもおすすめです。 5月5日の子どもの日や、3月3日の雛祭りなどでも使うことができるので一つあると良いかもしれません。 原色の折り紙を使うよりは、 パステルカラーのものだったり、 可愛い模様が印刷されている折り紙をつかうとグッとおしゃれな印象の飾りが作れると思いますよ。 インテリアの邪魔をしない小ぶりな飾り 画像引用:Instagram 笹の置き場所に困っている家庭も少なくないと思います。 バスケットなどにいれると可愛らしくインテリアにも馴染みますね。 画像引用:Instagram 小瓶に飾れるくらいの大きさなら飾る場所にも困らないでしょう。 小さい分飾れる飾りは少なくなりそうですが、マンション住まいの方などにおすすめです。 画像引用:Instagram 飾り自体を小さく作るのも可愛いですよ。 さりげない感じがおしゃれです! まとめ いかがでしたか? 使う色や飾り方でシンプルでも可愛くおしゃれな印象の七夕飾りにすることができます。 お子さんがいらっしゃる場合はきっとカラフルな飾りが多くなると思いますが、飾る時に工夫すればインテリアに合う素敵な七夕飾りになるはずですよ。 関連記事.

次の

おりがみ・七夕の飾り

おりがみ 七夕飾り

Contents• 七夕飾りは折り紙で簡単にできる 七夕飾りって、自力で作るのは難しそうに感じますよね。 七夕飾りには、これで作らなければという決まりはありません。 最近では七夕の飾りがセットになって売っていたりもしますが、頻繁に使うものでもないので何だか勿体無いですし、七夕本来のやり方では飾る期間が短いせいか安くすむなら済ませたいものです。 それを叶えてくれる方法は、 折り紙とハサミとノリがあれば七夕飾りは簡単に作ることができます。 折り紙はメリットだらけ 折り紙は安いので気軽に購入できますし、どこでも買えます。 そして子どもにとっても身近であり、指先と目と頭をよく使うので脳を刺激して想像力を育てると言われ、教育現場でもよく用いられています。 更には、七夕が終わった後に処分するときもかさばりませんし、処分もしやすいと いいことづくめですよ。 折り紙を使って、願い事を書く短冊の他に織姫と彦星や星飾り、吹流しや天の川、提灯 ちょうちん なんかも作るとかなり七夕の雰囲気が出ますので、是非チャレンジしてみましょう。 七夕飾りの作り方 七夕飾りには様々な種類がありますが、ここでは折り紙で作る七夕飾りの中でも ハサミとノリで簡単に作ることができるものをご紹介していきます。 を見てみる 子供でも簡単に作れるものを中心に紹介しましたので、是非作ってみてくださいね。 子供も喜びますし、子供と一緒に作っている様子を録画して動画を残したり、写真を撮って願い事を書いた短冊と一緒にアルバムに入れておけば、良い思い出にもなりますよ。 折り紙とハサミとノリがあれば手作りできるので、 ハサミを使う時だけはしっかりと手を添えたり見守れば、楽しく気軽にできますね。 七夕飾りを片付ける時 七夕が終わって、後片付けや七夕飾りを処分をする時は 地域で決められた方法でゴミに出すのが一般的です。 その時に、もし子供が処分することを嫌がったりするようなら、手作りした七夕飾りを子どもと一緒に安全な場所で燃やすと、天の神様 または織姫と彦星 に捧げたと子どもに説明できます。 または、神社に持っていて 「お焚き上げ」をしてもらっても理由づけしやすいですよね。 子供に、ただ単に悲しい思いをさせるのではなく、何かの学びになったらいいと私個人としては考えます。

次の