ダイハツ 新型 タフト。 独走ハスラーに仇敵出現 SUV界の超新星 新型タフトの長所と短所

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売

ダイハツ 新型 タフト

新型タフト(TAFT)は2020年6月10日発売 期待の軽クロスオーバーモデルの内外装・スペックを解説 新型タフトはダイハツが開発したタフトコンセプトの市販モデルです。 2020年1月に行われた東京オートサロンで発表したタフトコンセプトは四角いボディにガラスルーフを採用した個性的なスタイルで発表され「新型ハスラーと新型ジムニーの中間に位置する新しいモデル」になっています。 市販される新型タフトはどこまでタフトコンセプトに近づけるのか注目されていますが、モデルコンセプト通りの「タフ」で「オールマイティなファンツール」になりデビューすることを期待します。 新型タフトやタフトコンセプトのエクステリア、インテリア、ボディサイズや燃費などのスペックなどを解説します。 新型タフトは個性的なスクエアボディが特徴 樹脂製パーツを多用したタフギアな雰囲気も魅力的 存在感のある四角いボディが特徴の新型タフト 新型タフトのエクステリアの特徴は何と言っても四角いスクエアボディ。 四角いボディと言えばスズキの軽自動車ジムニーなどが浮かびますが、タフトも角が際立つ個性的な「スクエアボディ」を採用しています。 2020年1月の東京オートサロンで公開したコンセプトモデルをほぼそのままにした個性的なスタイルが特徴です。 「タフギア」のイメージを強める樹脂製のオーバーフェンダーを採用 新型タフトを横から見ると、ボディから張り出した樹脂製のオーバーフェンダーが目に入ります。 新型タフトは日常使いもレジャー使いもこなせるオールラウンダーの軽自動車 タフトはスクエアボディのため実際のサイズよりも大きく見え、リヤから見てもどっしりとした存在感があります。 タフトの全高はN-BOXやスペーシアのような背の高い、ハイト系軽自動車とは違うため、安定感のある走りも楽しめます。 新型タフトのグレードと販売価格一覧 グレード 駆動方式 価格一覧 X 2WD(FF) 1,353,000円~ 4WD 1,479,500円~ G 2WD(FF) 1,485,000円~ 4WD 1,611,500円~ G ターボ 2WD(FF) 1,606,000円~ 4WD 1,732,500円~ 新型タフトは「スカイフィールトップ」が標準装備で開放的な室内空間に 新型タフトの注目装備スカイフィールトップは解放感抜群 新型タフトの魅力はオフロードスタイルのエクステリアに目が行きがちですが、装備面も充実していて、他車では殆どがオプション設定されている、スカイフィールトップ(パノラマルーフやガラストップなどとも呼ぶ)が全車標準装備します。 また、電動パーキングブレーキやブレーキホールドも標準装備するので長時間ドライブする方は特に嬉しいのではないでしょうか。 2段式のグローブボックスやカップホルダーなど収納面も充実しています。 スーツケースを2つ詰んでも余裕があるため、旅行などのおでかけも苦労しません。 インパネやエアコン吹き出し口に配置するビタミンカラーのオレンジがドライバーを元気にしてくれる素敵な内装です。 新型タフトのボディカラーはレイクブルーメタリックなど全9色設定 新型タフトのボディカラーはテーマにもなっている、フォレストカーキメタリックやアウトドアのイメージにピッタリなレイクブルーメタリックなど、全部で9色を用意。 人気の定番カラー、シャイニングホワイトパールやブライトシルバーメタリックなども設定しているため幅広いユーザーの欲しいボディカラーが揃っています。 新型タフトのボディカラー一覧• シャイニングホワイトパール(22,000円高)• コンパーノレッド(22,000円高、Gターボ、Gのみ選択可能)• レイクブルーメタリック• フォレストカーキメタリック• サンドベージュメタリック• レモンスカッシュクリスタルメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• スプラッシュブルーメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• ブラックマイカメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• ブライトシルバーメタリック 新型タフトはアウトドドアのイメージが強いため、フォレストカーキやレイクブルーが人気色になると予想しますが、オプションカラーのコンパーノレッドやスズキのジムニーシエラに設定されているような、サンドベージュもタフトの雰囲気にぴったりなので、人気のボディカラーになるかもしれません。 新型タフトは次世代スマートアシストを採用 新型タフトに次世代スマートアシストの他、新型タントなど採用する運転支援機能のスマートアシストプラスを採用すると考えます。 次世代スマートアシストには車線逸脱警報や衝突警報機能を搭載していますが、スマートアシストプラスは全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールや車線中央を走行するようハンドルをアシストするレーンキープコントロールなど15種類の予防安全機能を搭載します。 スマートアシストプラスの機能• 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)• LKC(レーンキープコントロール)• スマートパノラマパーキングアシスト• パノラマモニター• サイドビューランプ• BSM(ブラインドスポットモニター)• RCTA(リヤクロストラフィックアラート) 三菱ekクロスやekクロススペースで採用する自動運転支援技術のマイパイロット、日産デイズやルークスで採用するプロパイロットのような、自動運転支援技術を新型タフトにいち早く採用する可能性もあるでしょう。 また、2019年7月に発売した新型タントにも搭載される「アダプティブドライビングビーム付きフルLEDヘッドランプシステム」を設定するとの情報も。 アダプティブドライビングビームではタフトに乗るドライバーだけでなく、対向車側の幻惑を防ぐことができるため、夜間走行時の安全性能が大きく向上するでしょう。 ダイハツ・タフトの先行サイトがオープン! DAIHATSUは2020年4月1日、2020年6月10日に発売の新型タフトの先行サイトを発表しました。 先行サイトでは、爽やかな「レイクブルーメタリック」と、ディーラーオプション(メッキパック)装着車の「フォレストカーキメタリック」の2台が紹介されています。 予約期間は5月31日まで、成約期間は6月21日まで。 なお、新型タフトを6月21日までに成約した場合、タフトオリジナルギフトカード、ワイヤレスBluetoothスピーカー、電気カフェケトル、ハンディコーヒーメーカーのいずれかがプレゼントとなります。 新型タフトのエクステリアはタフトコンセプトを踏襲か 2020年1月の東京オートサロンで公開したタフトコンセプト 2019年10月の東京モーターショーで公開したwakuwakuはタフトコンセプトの基になったモデル 新型タフトには2019年10月開催の東京モーターショーで発表した「wakuwaku(わくわく)」と2020年1月開催の東京オートサロンで発表した「タフトコンセプト」の2つがあり、wakuwakuの発展型がタフトコンセプトです。 タフトコンセプトのヘッドライトには縦に並んだ3つのポジションランプを確認 樹脂製のオーバーフェンダーでコンセプト通りの「タフ」なイメージを表現 市販する新型タフトはタフトコンセプトを基に開発されるため、エクステリアはスクエアボディのアクティブなスタイルになると考えます。 軽クロスオーバーらしく駆動方式はFFだけでなくフルタイム4WDを設定することが考えられ、ダイハツの次世代プラットフォーム「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)」により剛性の高いカッチリした走行性能になるでしょう。 ダイハツの開発陣のコメントでは「本格的な市販モデルは更にデザインが変更される」とのことから、車両重量が増えるガラスルーフの採用などは見送られるカオプション装備になる可能性が高いでしょう。 フロントグリルやフェンダー周りも変更される可能性がある箇所なので、注目してみましょう。 新型タフトコンセプトの内装は「新型タフト」としてそのまま市販できる完成度 タフトコンセプトのシートはハニカムメッシュデザインを迷彩模様に見えるよう、幾重にも重ねています。 迷彩に見えるハニカムデザインのシートでアクティブな印象に 前席のインパネデザインはフォレスターX-BREAKのようなオレンジのアクセントカラー インストルメントパネルではエアコン吹き出し口やシフト周り、センターパネルなどにオレンジのアクセントカラーを採用。 タフでアクティブなイメージを表現した個性的なデザインが特徴です。 タフトコンセプトのステアリングには、設定した速度で航行するレーダークルーズコントロールや、障害物をセンサーでお知らせするクリアランスソナーなどを備えています。 今や標準装備が当たり前になった電動パーキングブレーキも採用しているため、そのまま新型タフトとして市販化できそうと思わせる、完成度の高い内装です。 新型タフトもタフトコンセプトのボディサイズと同様か、軽自動車の規格に収まる僅かな変更に留まるでしょう。 タイヤサイズやパワートレインはタフトコンセプトをそのまま継承する可能性も高いかもしれません。 また、ダイハツで販売する軽トールワゴンのウェイクや、タントなどの駆動方式にFFとフルタム4WDの2種類をラインナップしていることから、新型タフトもFFとフルタイム4WDを設定すると考えます。 初代「タフト」はダイハツが1974年から1984年まで製造 初代タフトはラダーフレーム構造と4輪リーフリジッドアクスルのサスペンションを採用した本格クロカンモデル タフトと言う車名は、かつてダイハツが製造していた本格クロスカントリーの車種と同じで、2020年に発売する新型タフトは初代タフトの名前を受け継いだ車種になります。 初代タフトはボディとフレームが独立したラダーフレーム構造で、トヨタのランドクルーザーやスズキのジムニーと同じ構造を採用していました。 初代タフトは1984年のフルモデルチェンジでラガーに名前を替えているため、2020年の新型タフトは全く新しい「タフト」として再スタートを切る車種になります。 新型タフトのライバルは軽クロカンのスズキジムニーと同じジャンルのハスラー 新型タフトのライバルになるのはスズキが販売する軽クロスカントリーのジムニーと、軽クロスオーバーのハスラーです。 ジムニーはラダーフレーム構造を持つ本格的なクロカンモデルのため、走破性ではタフトと競合しませんが、ボディスタイルはどちらもスクエアな形状のため、街乗り用でジムニーを選択していたユーザーと競合するかもしれません。 そしてタフトの最大のライバルと言えるのがハスラーです。 ハスラーは2020年1月20日にフルモデルチェンジした新型を発売。 全グレードでマイルドハイブリッドを採用し、走破性だけでなく燃費性能も優れた軽クロスオーバーです。 丸みがあるエクステリアが新型タフトとの明確な違いです。 ダイハツが2019年10月の東京モーターショーで発表した「wakuwaku」、そして2020年1月の東京オートサロンで発表した「タフトコンセプト」の系譜を持つ新型タフトはアウトドアが得意な最高に楽しいファンツールになるでしょう。 ライバルのスズキハスラーは軽クロスオーバーのジャンルで独り勝ち状態ですが、2020年6月10日にダイハツが投入した新型タフトにより競争が激化する可能性が高いです。 スクエアボディで走破性の高い軽自動車を求めている方にはピッタリの新型タフトに期待しましょう。

次の

デザイン考:ダイハツ新型タフトはガンガン使い倒せる道具箱「 語りかけるスズキ・ハスラー、道具箱に徹したタフト」|MotorFan[モーターファン]

ダイハツ 新型 タフト

新型タフト(TAFT)は2020年6月10日発売 期待の軽クロスオーバーモデルの内外装・スペックを解説 新型タフトはダイハツが開発したタフトコンセプトの市販モデルです。 2020年1月に行われた東京オートサロンで発表したタフトコンセプトは四角いボディにガラスルーフを採用した個性的なスタイルで発表され「新型ハスラーと新型ジムニーの中間に位置する新しいモデル」になっています。 市販される新型タフトはどこまでタフトコンセプトに近づけるのか注目されていますが、モデルコンセプト通りの「タフ」で「オールマイティなファンツール」になりデビューすることを期待します。 新型タフトやタフトコンセプトのエクステリア、インテリア、ボディサイズや燃費などのスペックなどを解説します。 新型タフトは個性的なスクエアボディが特徴 樹脂製パーツを多用したタフギアな雰囲気も魅力的 存在感のある四角いボディが特徴の新型タフト 新型タフトのエクステリアの特徴は何と言っても四角いスクエアボディ。 四角いボディと言えばスズキの軽自動車ジムニーなどが浮かびますが、タフトも角が際立つ個性的な「スクエアボディ」を採用しています。 2020年1月の東京オートサロンで公開したコンセプトモデルをほぼそのままにした個性的なスタイルが特徴です。 「タフギア」のイメージを強める樹脂製のオーバーフェンダーを採用 新型タフトを横から見ると、ボディから張り出した樹脂製のオーバーフェンダーが目に入ります。 新型タフトは日常使いもレジャー使いもこなせるオールラウンダーの軽自動車 タフトはスクエアボディのため実際のサイズよりも大きく見え、リヤから見てもどっしりとした存在感があります。 タフトの全高はN-BOXやスペーシアのような背の高い、ハイト系軽自動車とは違うため、安定感のある走りも楽しめます。 新型タフトのグレードと販売価格一覧 グレード 駆動方式 価格一覧 X 2WD(FF) 1,353,000円~ 4WD 1,479,500円~ G 2WD(FF) 1,485,000円~ 4WD 1,611,500円~ G ターボ 2WD(FF) 1,606,000円~ 4WD 1,732,500円~ 新型タフトは「スカイフィールトップ」が標準装備で開放的な室内空間に 新型タフトの注目装備スカイフィールトップは解放感抜群 新型タフトの魅力はオフロードスタイルのエクステリアに目が行きがちですが、装備面も充実していて、他車では殆どがオプション設定されている、スカイフィールトップ(パノラマルーフやガラストップなどとも呼ぶ)が全車標準装備します。 また、電動パーキングブレーキやブレーキホールドも標準装備するので長時間ドライブする方は特に嬉しいのではないでしょうか。 2段式のグローブボックスやカップホルダーなど収納面も充実しています。 スーツケースを2つ詰んでも余裕があるため、旅行などのおでかけも苦労しません。 インパネやエアコン吹き出し口に配置するビタミンカラーのオレンジがドライバーを元気にしてくれる素敵な内装です。 新型タフトのボディカラーはレイクブルーメタリックなど全9色設定 新型タフトのボディカラーはテーマにもなっている、フォレストカーキメタリックやアウトドアのイメージにピッタリなレイクブルーメタリックなど、全部で9色を用意。 人気の定番カラー、シャイニングホワイトパールやブライトシルバーメタリックなども設定しているため幅広いユーザーの欲しいボディカラーが揃っています。 新型タフトのボディカラー一覧• シャイニングホワイトパール(22,000円高)• コンパーノレッド(22,000円高、Gターボ、Gのみ選択可能)• レイクブルーメタリック• フォレストカーキメタリック• サンドベージュメタリック• レモンスカッシュクリスタルメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• スプラッシュブルーメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• ブラックマイカメタリック(Gターボ、Gのみ選択可能)• ブライトシルバーメタリック 新型タフトはアウトドドアのイメージが強いため、フォレストカーキやレイクブルーが人気色になると予想しますが、オプションカラーのコンパーノレッドやスズキのジムニーシエラに設定されているような、サンドベージュもタフトの雰囲気にぴったりなので、人気のボディカラーになるかもしれません。 新型タフトは次世代スマートアシストを採用 新型タフトに次世代スマートアシストの他、新型タントなど採用する運転支援機能のスマートアシストプラスを採用すると考えます。 次世代スマートアシストには車線逸脱警報や衝突警報機能を搭載していますが、スマートアシストプラスは全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールや車線中央を走行するようハンドルをアシストするレーンキープコントロールなど15種類の予防安全機能を搭載します。 スマートアシストプラスの機能• 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)• LKC(レーンキープコントロール)• スマートパノラマパーキングアシスト• パノラマモニター• サイドビューランプ• BSM(ブラインドスポットモニター)• RCTA(リヤクロストラフィックアラート) 三菱ekクロスやekクロススペースで採用する自動運転支援技術のマイパイロット、日産デイズやルークスで採用するプロパイロットのような、自動運転支援技術を新型タフトにいち早く採用する可能性もあるでしょう。 また、2019年7月に発売した新型タントにも搭載される「アダプティブドライビングビーム付きフルLEDヘッドランプシステム」を設定するとの情報も。 アダプティブドライビングビームではタフトに乗るドライバーだけでなく、対向車側の幻惑を防ぐことができるため、夜間走行時の安全性能が大きく向上するでしょう。 ダイハツ・タフトの先行サイトがオープン! DAIHATSUは2020年4月1日、2020年6月10日に発売の新型タフトの先行サイトを発表しました。 先行サイトでは、爽やかな「レイクブルーメタリック」と、ディーラーオプション(メッキパック)装着車の「フォレストカーキメタリック」の2台が紹介されています。 予約期間は5月31日まで、成約期間は6月21日まで。 なお、新型タフトを6月21日までに成約した場合、タフトオリジナルギフトカード、ワイヤレスBluetoothスピーカー、電気カフェケトル、ハンディコーヒーメーカーのいずれかがプレゼントとなります。 新型タフトのエクステリアはタフトコンセプトを踏襲か 2020年1月の東京オートサロンで公開したタフトコンセプト 2019年10月の東京モーターショーで公開したwakuwakuはタフトコンセプトの基になったモデル 新型タフトには2019年10月開催の東京モーターショーで発表した「wakuwaku(わくわく)」と2020年1月開催の東京オートサロンで発表した「タフトコンセプト」の2つがあり、wakuwakuの発展型がタフトコンセプトです。 タフトコンセプトのヘッドライトには縦に並んだ3つのポジションランプを確認 樹脂製のオーバーフェンダーでコンセプト通りの「タフ」なイメージを表現 市販する新型タフトはタフトコンセプトを基に開発されるため、エクステリアはスクエアボディのアクティブなスタイルになると考えます。 軽クロスオーバーらしく駆動方式はFFだけでなくフルタイム4WDを設定することが考えられ、ダイハツの次世代プラットフォーム「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)」により剛性の高いカッチリした走行性能になるでしょう。 ダイハツの開発陣のコメントでは「本格的な市販モデルは更にデザインが変更される」とのことから、車両重量が増えるガラスルーフの採用などは見送られるカオプション装備になる可能性が高いでしょう。 フロントグリルやフェンダー周りも変更される可能性がある箇所なので、注目してみましょう。 新型タフトコンセプトの内装は「新型タフト」としてそのまま市販できる完成度 タフトコンセプトのシートはハニカムメッシュデザインを迷彩模様に見えるよう、幾重にも重ねています。 迷彩に見えるハニカムデザインのシートでアクティブな印象に 前席のインパネデザインはフォレスターX-BREAKのようなオレンジのアクセントカラー インストルメントパネルではエアコン吹き出し口やシフト周り、センターパネルなどにオレンジのアクセントカラーを採用。 タフでアクティブなイメージを表現した個性的なデザインが特徴です。 タフトコンセプトのステアリングには、設定した速度で航行するレーダークルーズコントロールや、障害物をセンサーでお知らせするクリアランスソナーなどを備えています。 今や標準装備が当たり前になった電動パーキングブレーキも採用しているため、そのまま新型タフトとして市販化できそうと思わせる、完成度の高い内装です。 新型タフトもタフトコンセプトのボディサイズと同様か、軽自動車の規格に収まる僅かな変更に留まるでしょう。 タイヤサイズやパワートレインはタフトコンセプトをそのまま継承する可能性も高いかもしれません。 また、ダイハツで販売する軽トールワゴンのウェイクや、タントなどの駆動方式にFFとフルタム4WDの2種類をラインナップしていることから、新型タフトもFFとフルタイム4WDを設定すると考えます。 初代「タフト」はダイハツが1974年から1984年まで製造 初代タフトはラダーフレーム構造と4輪リーフリジッドアクスルのサスペンションを採用した本格クロカンモデル タフトと言う車名は、かつてダイハツが製造していた本格クロスカントリーの車種と同じで、2020年に発売する新型タフトは初代タフトの名前を受け継いだ車種になります。 初代タフトはボディとフレームが独立したラダーフレーム構造で、トヨタのランドクルーザーやスズキのジムニーと同じ構造を採用していました。 初代タフトは1984年のフルモデルチェンジでラガーに名前を替えているため、2020年の新型タフトは全く新しい「タフト」として再スタートを切る車種になります。 新型タフトのライバルは軽クロカンのスズキジムニーと同じジャンルのハスラー 新型タフトのライバルになるのはスズキが販売する軽クロスカントリーのジムニーと、軽クロスオーバーのハスラーです。 ジムニーはラダーフレーム構造を持つ本格的なクロカンモデルのため、走破性ではタフトと競合しませんが、ボディスタイルはどちらもスクエアな形状のため、街乗り用でジムニーを選択していたユーザーと競合するかもしれません。 そしてタフトの最大のライバルと言えるのがハスラーです。 ハスラーは2020年1月20日にフルモデルチェンジした新型を発売。 全グレードでマイルドハイブリッドを採用し、走破性だけでなく燃費性能も優れた軽クロスオーバーです。 丸みがあるエクステリアが新型タフトとの明確な違いです。 ダイハツが2019年10月の東京モーターショーで発表した「wakuwaku」、そして2020年1月の東京オートサロンで発表した「タフトコンセプト」の系譜を持つ新型タフトはアウトドアが得意な最高に楽しいファンツールになるでしょう。 ライバルのスズキハスラーは軽クロスオーバーのジャンルで独り勝ち状態ですが、2020年6月10日にダイハツが投入した新型タフトにより競争が激化する可能性が高いです。 スクエアボディで走破性の高い軽自動車を求めている方にはピッタリの新型タフトに期待しましょう。

次の

【公式】ジブン、オープン。青空SUV「TAFT」登場|ダイハツ

ダイハツ 新型 タフト

インテリアも遊び心あるインテリアデザインとしながらも機能に優れたレイアウト、収納装備を充実。 ラゲッジの高さを2段階に変えられる「 フレキシブルボード」を採用。 リアシートバックを倒せばフラットで広いスペースができる、更に汚れにくい樹脂製「 シートバック加工」を施している。 汚れた荷物を載せても気になりません。 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 軽自動車では現在ない「サンルーフ」をタフトに採用となる。 「 9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。 SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。 カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「」を採用している。 新型「」「」に続く「 DNGA」第3弾。 サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「 DNGA-Aプラットフォーム」である。 「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。 トランスミッションには 世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「 DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「」を採用する。 約3年半振りにステレオカメラを一新し知性能向上や夜間歩行者へ対応。 更に「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。 ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。 「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 車体前後各二つのコーナーセンサー装備 さらに進化した「次世代スマートアシスト」が、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。 衝突を回避したり、被害を軽減します。 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。 更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。 先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。 更にブレーキ制御を付加した。 オートハイビーム ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。 これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。 [Xに標準装備] アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。 [Gターボ、Gに標準装備][Xにメーカーオプション] 新型タフト 先進技術「スマートアシストプラス」 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 [全グレードにメーカーオプション] サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。 パノラマモニター 車両の前後左右に搭載した4つのカメラにより、クルマを真上から見ているような映像を表示。 運転席から確認しにくい車両周囲の状況を把握できます。 障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。 縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポート。 新型タフト ガラスルーフ「スカイフィールトップ」標準装備 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 広大 な視界による開放感と非日常感を実現。 ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。 9kW(2. 3kW(3. ダイハツニュースリリース タフト.

次の