ドバイ 原油 終値 一覧。 WTI原油先物チャート|チャート広場

WTI原油先物 (NYMEX)

ドバイ 原油 終値 一覧

価格一覧 週間 期近 期先 金 標準取引 1kg 4本値 約定日付 始値 4,296 2016年06月20日 高値 4,324 2016年06月20日 安値 4,295 2016年06月21日 終値 4,296 2016年06月21日 帳入値 4,296 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 4,291 2016年06月20日 高値 4,328 2016年06月20日 安値 4,281 2016年06月21日 終値 4,295 2016年06月21日 帳入値 4,293 2016年06月21日 金 ミニ取引 100g 4本値 約定日付 始値 4,305 2016年06月20日 高値 4,307 2016年06月21日 安値 4,275 2016年06月21日 終値 4,300 2016年06月21日 帳入値 4,296 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 4,290 2016年06月20日 高値 4,329 2016年06月20日 安値 4,281 2016年06月21日 終値 4,295 2016年06月21日 帳入値 4,293 2016年06月21日 東京ゴールドスポット100 4本値 約定日付 始値 4,318 2016年06月20日 高値 4,355 2016年06月20日 安値 4,308 2016年06月21日 終値 4,321 2016年06月21日 帳入値 4,296 2016年06月21日 銀 4本値 約定日付 始値 - - 帳入値 59. 4 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 57. 9 2016年06月20日 高値 59. 0 2016年06月21日 安値 57. 5 2016年06月20日 終値 58. 3 2016年06月21日 帳入値 58. 0 2016年06月20日 高値 160. 0 2016年06月21日 安値 155. 5 2016年06月21日 終値 160. 0 2016年06月21日 帳入値 160. 0 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 153. 4 2016年06月20日 高値 157. 1 2016年06月20日 安値 151. 8 2016年06月21日 終値 153. 9 2016年06月21日 帳入値 153. 8 2016年06月21日 とうもろこし 4本値 約定日付 始値 21,450 2016年06月20日 高値 21,550 2016年06月20日 安値 20,990 2016年06月21日 終値 20,990 2016年06月21日 帳入値 21,000 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 22,780 2016年06月20日 高値 23,200 2016年06月20日 安値 22,680 2016年06月21日 終値 22,730 2016年06月21日 帳入値 22,740 2016年06月21日 一般大豆 4本値 約定日付 始値 43,700 2016年06月20日 高値 43,700 2016年06月20日 安値 43,700 2016年06月20日 終値 43,700 2016年06月20日 帳入値 43,700 2016年06月21日 4本値 約定日付 始値 47,660 2016年06月20日 高値 48,400 2016年06月20日 安値 47,660 2016年06月20日 終値 48,100 2016年06月21日 帳入値 48,110 2016年06月21日 小豆 4本値 約定日付 始値.

次の

ドバイ原油・オマーン原油&世界の原油相場リアルタイム価格チャート

ドバイ 原油 終値 一覧

一番上のMAY20 2020年5月限先物 のところを見ると、OPEN 始値 が17. 73、LOW 安値 が-40. 32、LAST 最終価格 が-17. 39、Change 前日比 が-55. 90、Settle 清算価格 が-37. 63となっています。 42ドルだったわけですが、その記録を一気に更新してしまいました。 現物受渡決済が可能な先物取引の場合、取引期限ギリギリになる前に投機筋やETFの建玉は次の限月にロールオーバーされます。 取引期限ギリギリまで参加するのは、現物を扱える参加者と、無鉄砲な投機筋であると考えられます。 平時の原油マーケットであれば、5月の原油先物と、6月の原油先物の値鞘が10ドルを超える順鞘 コンタンゴ になることは考えられません。 なぜならば5月の原油先物契約を「現物受け取り決済」を行い、タンクに貯蔵し、翌月6月の原油先物契約で「現物渡し決済」すれば、「5月と6月の価格差からタンク保管コストその他経費を引いたもの」が利益として残るからです。 このように、現物の原油を用いた裁定 キャッシュ・アンド・キャリー取引 が働くであろうという根拠により、5月限を買い建てつつ、6月限を売り建てしていた投機的な市場参加者が一部残っていたのだろうと考えられます。 そしてその参加者は自らは現物を引き取る気はなく「俺以外の誰かが、現物を使った裁定取引を実施するだろうから値鞘は縮まるだろう」という楽観的なシナリオで仕掛けていたものと考えられます。 クッシング在庫とはWTI原油先物の受け渡し地であるオクラホマ州クッシングにおける原油在庫なのですが、内陸の不便な場所にあるため、過剰在庫になると容易には解消されないという問題があります。 本来、主たる在庫基地はVLCC Very Large Crude Oil Carrier、原油用の超大型タンカー が着岸できる沿岸部に作るべきでしょうが、そもそもアメリカは長年に亘って原油輸出を禁止していた国ですから、WTI原油の受け渡し場所が、辺鄙な場所になったままであるという問題を抱えているわけです。 クッシングのタンクがもうすぐ一杯となって原油の置き場がない。 でも油井を止めたほうが損害が大きい、だったら赤字でも先物のヘッジ用の売り建て玉を「現物渡し決済してしまえ」という原油生産者が多く存在したのだろうと考えられます。 平時では、先物市場で現物渡し決済される量は、先物市場の取引量全体に占める割合は僅かです。 先物市場で売り建てていた生産者の多くは、平時では、ヘッジで行っていた売り建て玉をそのまま買い戻すことで差金決済します。 ところがこの「買い戻し」が非常に少なかったため、暴落したのではないかと筆者は考えております。 買い戻しが非常に少なかったため、ジワジワと価格が下がっていき最後は投げ売りになったのでしょう。 現物受け渡しを伴う商品先物の最終決済日付近では、暴騰・暴落は、時々ある出来事です。 さすがに今回の原油の事例は歴史に残る異常事態ではありますが。。。 ところで原油ETF 1699,1671,米国市場のUSO の場合は、既に2020年6月限にロールオーバーが完了しているので、2020年5月限のマイナス価格は直接の関係はありません。 GMOクリック等でCFDで投資している方も、既に2020年6月限にロールオーバーが完了しているので関係ありません 先週15日頃に巨大な価格調整額が発生して驚いてるかもしれませんが。 原油ETNの2038の場合は、TOCOMのドバイ原油の期先なので、WTIの値動きは直接は関係ありません。 -, , ,.

次の

上場商品一覧

ドバイ 原油 終値 一覧

一番上のMAY20 2020年5月限先物 のところを見ると、OPEN 始値 が17. 73、LOW 安値 が-40. 32、LAST 最終価格 が-17. 39、Change 前日比 が-55. 90、Settle 清算価格 が-37. 63となっています。 42ドルだったわけですが、その記録を一気に更新してしまいました。 現物受渡決済が可能な先物取引の場合、取引期限ギリギリになる前に投機筋やETFの建玉は次の限月にロールオーバーされます。 取引期限ギリギリまで参加するのは、現物を扱える参加者と、無鉄砲な投機筋であると考えられます。 平時の原油マーケットであれば、5月の原油先物と、6月の原油先物の値鞘が10ドルを超える順鞘 コンタンゴ になることは考えられません。 なぜならば5月の原油先物契約を「現物受け取り決済」を行い、タンクに貯蔵し、翌月6月の原油先物契約で「現物渡し決済」すれば、「5月と6月の価格差からタンク保管コストその他経費を引いたもの」が利益として残るからです。 このように、現物の原油を用いた裁定 キャッシュ・アンド・キャリー取引 が働くであろうという根拠により、5月限を買い建てつつ、6月限を売り建てしていた投機的な市場参加者が一部残っていたのだろうと考えられます。 そしてその参加者は自らは現物を引き取る気はなく「俺以外の誰かが、現物を使った裁定取引を実施するだろうから値鞘は縮まるだろう」という楽観的なシナリオで仕掛けていたものと考えられます。 クッシング在庫とはWTI原油先物の受け渡し地であるオクラホマ州クッシングにおける原油在庫なのですが、内陸の不便な場所にあるため、過剰在庫になると容易には解消されないという問題があります。 本来、主たる在庫基地はVLCC Very Large Crude Oil Carrier、原油用の超大型タンカー が着岸できる沿岸部に作るべきでしょうが、そもそもアメリカは長年に亘って原油輸出を禁止していた国ですから、WTI原油の受け渡し場所が、辺鄙な場所になったままであるという問題を抱えているわけです。 クッシングのタンクがもうすぐ一杯となって原油の置き場がない。 でも油井を止めたほうが損害が大きい、だったら赤字でも先物のヘッジ用の売り建て玉を「現物渡し決済してしまえ」という原油生産者が多く存在したのだろうと考えられます。 平時では、先物市場で現物渡し決済される量は、先物市場の取引量全体に占める割合は僅かです。 先物市場で売り建てていた生産者の多くは、平時では、ヘッジで行っていた売り建て玉をそのまま買い戻すことで差金決済します。 ところがこの「買い戻し」が非常に少なかったため、暴落したのではないかと筆者は考えております。 買い戻しが非常に少なかったため、ジワジワと価格が下がっていき最後は投げ売りになったのでしょう。 現物受け渡しを伴う商品先物の最終決済日付近では、暴騰・暴落は、時々ある出来事です。 さすがに今回の原油の事例は歴史に残る異常事態ではありますが。。。 ところで原油ETF 1699,1671,米国市場のUSO の場合は、既に2020年6月限にロールオーバーが完了しているので、2020年5月限のマイナス価格は直接の関係はありません。 GMOクリック等でCFDで投資している方も、既に2020年6月限にロールオーバーが完了しているので関係ありません 先週15日頃に巨大な価格調整額が発生して驚いてるかもしれませんが。 原油ETNの2038の場合は、TOCOMのドバイ原油の期先なので、WTIの値動きは直接は関係ありません。 -, , ,.

次の