センシティブ な 内容 を 含む 可能 性 の ある 画像 動画 を 表示 する。 Twitterでセンシティブな内容を見る方法[iPhone/Android] | experience-ccra-in.ctb.com

Twitterで表示される「センシティブな内容」の意味とは?iPhoneでも簡単に解除できる方法を解説

センシティブ な 内容 を 含む 可能 性 の ある 画像 動画 を 表示 する

こんにちは。 山ばりゅです。 今回はTwitterでしばしばみられる、「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」というメッセージで閲覧できないようになっているコンテンツを、そもそもセンシティブな内容って何?っていうところも踏まえつつ、サクサクサクッと見れるようにする方法をご紹介したいと思います。 では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。 Twitterの「センシティブな内容な内容が含まれている可能性があるため表示できません」をサクッと解除する方法 Twitterは自分の日常や発信したいことなどをサクッとツイートできるので、私も重宝させていただいており、他の発信者の方々のツイートを見るのも楽しみの一つとなっているのですが、たまに 「センシティブな内容が含まれているため表示できません」 っていうメッセージのもと、画像が表示されていないことがありますよね。 こんな感じのやつ。 画像はにお借りしましたw なんか、感覚からすると画像にあまりよくない印象のものが含まれているといった解釈をしがちなこのメッセージですが・・・ そもそもセンシティブな内容の「センシティブ」ってどんな意味合いがあるんでしょうか。 そもそもセンシティブとはどんなコンテンツのことなの? センシティブ、英語のスペルは「sensitive」で元々の意味合いは「敏感な」や「神経質な」といった意味合いの他、「感覚が鋭い」、「繊細」といった意味合いもあり、この言葉が持つ意味合いとしては、必ずしも負の要素ではないんですね。 ただ、日常会話におけるセンシティブはどちらかというと、「傷つきやすい」などの負の言葉として用いられております。 Twitterでも、この画像は見る人によっては少し不快に感じたり不適切に思うコンテンツが含まれている可能性がありますよ。 といった感じのものとして、視聴に制限をかけていたりするんです。 ただ、 普通の投稿をしているのに、このメッセージが表示されて動画や画像が非表示にされてしまうこともしばしば。 ですので、実際に画像や動画を見てみると全然普通の内容だった。 なんてことはけっこうTwitterではよくある話。 ですので、これを解除してしまうっていうのもTwitterを楽しむうえではアリなのかなと思います。 では早速センシティブな内容の解除方法についてご紹介したいと思います。 「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」を解除する方法 方法はいたって簡単。 ただ、これって結構見落としてしまって、別のページに移動してしまったりすることもよくある事。 ですので、普通に正規というか、通常ルートで解除する方法もご紹介しておきましょう。 まずTwitterのホームにログインします。 次に左側サイドバーにある候補の中から、 ベルのマーク 「通知」をクリックします。 通知画面が表示されたら、画面中央上部にある 歯車のアイコン 「設定」をクリックします。 次に表示された設定の各候補の中から、 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 するとこのように「プライバシーとセキュリティ」に関する各設定候補が表示されますので、画面を少し下にスクロールしていただくと、 「セキュリティ」という項目が表示されるかと思います。 これで、バッチリ設定は完了です。 では、確認してみましょう。 このように「センシティブな内容が含まれている可能性がある画像」が表示されました。 ・・・ ・・・ ・・・ ね??普通でしょ。 いたって何の変哲もない可愛い猫と水玉模様があしらわれた傘の画像。 もちろん、中には本当に不快に感じる画像や動画が含まれているツイートもあったりするんで、 手放しに「表示する」を推奨できるものではありませんが、Twitterのプログラマーが奇跡的にこのブログをご覧いただいてるとすれば、しがない一利用者の意見として、もうちょっとアルゴリズムに変更を加えていただけると助かるな~。 なんて思ったりする今日この頃。 もし、友人のツイートなどでこのメッセージが出てたりするのなら、表示させてみるのもいいかもしれませんね。 良ければお試しください。 最後に いかがだったでしょう。 今回はTwitterの 「センシティブな内容が含まれている可能性がある内容の為表示できません」の解除方法などをご紹介させていただきました。 先ほども申し上げた通り、ごく普通の内容が多いとはいえ、発信者、閲覧者の感覚はそれぞれ。 中には本当にセンシティブに感じてしまうコンテンツも含まれている可能性は十分にあるため、一応表示させるときは注意をして下さいね。 こちらの記事があなたのネットライフのお役に立てれば幸いです。 では、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

次の

Twitterの投稿が見れない!センシティブな内容を含む可能性があるツイートを表示する設定手順

センシティブ な 内容 を 含む 可能 性 の ある 画像 動画 を 表示 する

Twitterセンシティブとは センシティブ=敏感、神経質などの意味があります。 Twitterでは不適切、不謹慎なツイートと判断された場合に「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。 」というエラー表示が出ることがあります。 はっきりとした基準はわかりませんが、恐らくアダルト系やグロテスクな内容など、他人が目にしたときに不快と感じる内容のものが、センシティブな内容と判断されるのでしょう。 もしこういった内容のツイートは見たくない…。 という方は、今回ご紹介するセンシティブ設定を行わないことをおすすめします センシティブ設定を解除する方法 センシティブ設定を解除するには、まず対象のツイート画面を開きます。 エラーメッセージの左下に[設定を変更]とありますので、こちらをタップして下さい。 Safari版のTwitterが開きますので、IDとパスワードを入力しログインをして下さい。 すると[プライバシーとセキュリティ]の画面が表示されます。 以上で設定は完了です。 Twitterアプリを再起動してツイートが表示されるか確認して下さい。 英語表記になってしまう場合の設定方法 Safari版Twitterを開くと、英語表示になってしまうケースがあるようです。 同じくSafari版から言語設定が行えますので、まずは設定を日本語に戻しましょう。 プロフィールアイコンをタップし、[Settings and privacy]を開きます。 次に[Account]を開いて下さい。 下にスクロールし[Language]をタップ、次の画面で言語の中から[Japanese-日本語]を選び[Sava]をタップしましょう。 以上で言語が日本語になっているはずです。 日本語になったら、上記で説明した通りプライバシーとセキュリティの項目からセンシティブの解除設定を行って下さい。 センシティブ設定しても見れない場合 設定したにも関わらずツイートが見れない!という方の原因として考えられるのが、アプリ内から間違った設定をしてしまっているケースです。 これは自身がツイートした内容がセンシティブな内容と判断された場合に、エラーを表示するという設定です。 つまりここにチェックをいれても他人のツイートはセンシティブな内容が~というエラー表示のままです。 自分以外のツイートを表示したい場合は、上記で紹介したSafariからの設定が必要です。 アプリ版からは分かりづらいため、こちらの設定を誤ってしてしまっている方も多いと思います。 最後に Twitterのセンシティブ設定解除方法と、設定してもツイートが見れない場合の対処法についてご紹介しました。 自由に好きな内容をつぶやくことが出来るTwitterですが、なかには不適切な内容も。 ユーザーを守るための機能ですが、表示されないツイートは内容が気になってしまいますよね。 ぜひ今回ご紹介した方法を参考に設定を行ってください!.

次の

Twitter「センシティブな内容」とは? 設定を解除して見る(表示)/非表示にする方法

センシティブ な 内容 を 含む 可能 性 の ある 画像 動画 を 表示 する

まず大前提で iPhoneのみアプリから設定ができない仕様になっています。 なので、 iPhoneの方はsafariからブラウザ版のTwitterにログインして設定する形になります。 これでセンシティブな内容で見れなかったツイートが見られるようになります• 「設定とプライバシー」を開く• 「プライバシーとセキュリティー」を開く• これで今後はセンシティブな内容のツイートも閲覧できるようになります。 設定が英語になってしまう場合の対処法 まれにウェブ版のTwitterを開くと英語になってします人がいるようです。 その場合は言語設定を日本語に変更しましょう。 この章では設定しても表示されない原因と対処法を解説します。 センシティブな内容を表示する設定にしても、反映されるまでに時間がかかります。 明確に何時間後に反映されるみたいな情報は公式で確認できませんでしたが、大抵遅くても翌日には反映される場合がほとんどなので気長に待ちましょう。 見たいツイートがセンシティブだから設定したんだ!って人はいいねやブックマークで反映後に見られ流ようにしておくのがおすすめです。 年齢を設定していないから。 未成年だから。 🍬🍯さんがツイートしたようになっています。 年齢を上手くしてもセンシティブどうのこうの と、でてきます。 年齢の設定方法は以下の記事を参照してください。 iPhoneの方はアプリからセンシティブなツイートの表示設定はできないのでウェブ版のTwitterから設定してください。 ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。 引用: ツイートに対してユーザーから「 報告」があると、Twitter社がツイート内容を確認します。 その結果センシティブな内容だと判断した場合、 Twitter社が勝手に「センシティブな内容タグ」をツイートに設定します。 設定は問題ないのにセンシティブな内容としてツイートされてしまう方の多くはこのパターンです。 この場合、ユーザー側で設定変更して普通のツイートに戻すみたいなことはできません。 またTwitter社に問い合わせて、センシティブタグを外してもらうこともできません。 設定した覚えがないのに設定が変わっている!って方はこのパターンです。 過去のツイートで問題のあるものがないか確認しましょう。 引用: 暴力的、アダルトな内容にも関わらず、普通のツイートとしてツイートして、前の章のように「 Twitter社によりセンシティブな内容タグをつけられる」という行為を繰り返していると、Twitter社により「 センシティブな内容としてツイートという設定に固定される」ことがあります。 固定された場合、いかなる訴えをTwitter社にしても解除されることはありません。 一度センシティブな内容としてツイートされたものは、仮に設定を解除しても変更できません。

次の