ショート 長め。 前髪あり・なしで選ぶショートカット|長め・短め、クール・上品も! 大人のショートカット集

【2020年夏】マニッシュショートのヘアスタイル・髪型:面長・丸顔・パーマを紹介|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

ショート 長め

表参道原宿で美容院MAXを一人で経営させて頂いております、顧客40代女性が70%の美容師戸来です。 この記事では襟足が長めのショートヘアについて、外ハネの髪型をご紹介させて頂きます。 女性で襟足の長めのショートヘア3つのおすすめポイント ・丸顔や面長を緩和する事ができる ・頭、顔が大きい人へ小顔効果 ・くせ毛を生かすことができる 襟足が浮いたりうねってしまう人の場合は特に長めに残すことで、その生え癖を生かすことができます。 頭や顔が大きい場合は顔正面を見た際に長めだとひし形のシルエットが強調されるから顔が小さく見える。 しかし、襟足が長めなショートは難しいです。 なぜ難しいのか? それはどこをどうハネさせてどんな顔型の女子にするのか?が重要だからです。 「果たして私に似合っているのか?」と思う方が多い。 似合うなら他との差別化を図ることができますのでとてもおすすめです。 襟足を跳ねさせるのも不自然に、ではなくできるだけ自然にして頂きたいです。 先日ちょうどおまかせ頂きましたので外ハネのショートが似合うと思い作らせて頂きました。 跳ねさせていますが自然に跳ねている無造作を意識しました。 芸能人で言えば も参考にどうぞ 襟足が浮きやすい・くせ毛の方にもおすすめです。 スタイリング『コテやブローなど』のセットをできる限り時短できるカットを目指しています。 このように無造作にします。 自宅に帰ってもできる髪型をつくっています。 女性で襟足が長い髪型は少数なので似合うなら、長めの方が大人っぽくなりますし、女性によっては普通の女子のショートヘアより男性ウケがいいと私は思います。 後姿をおばさんっぽく見せないようにために外ハネの髪型をオーダー頂きます。 くせ毛で跳ねてしまう方はそれを生かしましょう 軟毛でパサパサするのを このように 跳ねさせます。 首がきれいに見えます。 後ろ姿は重要です 長さを変えなくても雰囲気が変わります こちらのお客様は首が長い方の女性で襟足はわりと自由に作れるタイプの方です。 ある程度の髪型を選ぶことができるのですがもちろん何が似合うのか?はどんな髪型をつくるのかによって変わってきます。 私は自然な髪型が得意なのですが、外ハネを好意的にしているような感じだと大人向けではないと思うのです。 そして襟足のバランス重さ大事だと思いますし洋服の系統も髪色も髪の量など細かく言えば毛先の質感などなど多くのテクニックが必要とします。 では違うタイプの外ハネの髪型をご紹介いたします。 同じ襟足が長い髪型でもデザインは変わってきます。 ポイントは髪が重い状態で跳ねるのか、軽くて跳ねているのか?では大きく変わります。 もしは外ハネのショートにしたいのでしたら申すこし軽くすべきです。 ですがくせ毛だから梳いてもらえないこともあるかと思います。 そしてくせ毛だと「どうスタイルリング」をしたらわからない方へ動画を、よろしければご覧ください。 人はそれぞれ似合う似合わない髪型があるかと私は思います。 特に女性のショートについては数センチですが変わっただけで男の子っぽくなったりしますのでどこから見ても綺麗なシルエットや女性らしい自然な丸みがある髪型を意識してカットをしていきます。 襟足が短いから跳ねにくいというメリットもあります。 襟足が長めだと首元が暑いから嫌な方もいらっしゃるかと思いますが、おしゃれは我慢も大事ですよ 笑 ショートのバリエーションも豊富にありますので雰囲気をすぐに変えたい場合襟足を長めに残すこともいい場合もございます。 襟足が長めのショートは自然にしましょう。 このように自然に跳ねている髪型がおすすめです。 あまりしっかりとアピールをしすぎてしまうのはなんか違和感があります。 外ハネのショートという高度な髪型のデザインはもちろんセット力も重要ですが美容師として考えることは『お客様でも簡単にセットができるようにカットをする』ということ。 そしてセットの仕方を簡単にわかりやすくお教えすることです。 私が今回の髪型をつくる際に使ったセット方法は『ストレートアイロンです』無造作な質感をすぐに作ることができるのです あえて前髪は軽くして透けるようにカットをしています。 後ろから見てみるとこんな感じです。 すべてはバランスです。 跳ねすぎていてはいけません。 もちろん外ハネ以外にも襟足を首に少し添わせる形でつくる髪型もおすすめです。 多少ボーイッシュになった方が似合う顔型の方もいらっしゃいます。 襟足が重いと絶壁に見えてしまうので注意です。 辺見えみりさんは外ハネの髪型が良くお似合いです。 芸能人はショートカットにしたら人気が出た。 その中で30代からの女性に支持を集めているようです。 ポイントとしては上品なことです。 ドレッシーな洋服な場合 跳ねる髪型は世間一般ではだらしがない?寝癖のようなイメージがあるかと思いますがセットの仕方によっては唯一無二の髪型になりうるのです。 ショートは冠婚葬祭などには向いていないようなイメージもあるみたいですがそんなことは私はないと思います。 顔が丸いという問題でショートにできない方でもどんな髪型にするのかによって似合う似合わないというのがあるのです。 私のお客様の8割がショートヘアなのですが、それぞれ違う顔型なので同じ髪型を例えば切ったとしても髪質も違いますので、同じデザインでも形は変わってきます。 どんな顔型や系統の方が外ハネのショートが似合うのか? 外ハネのショートは小顔に見えやすい髪型ともいえますのでどんなショートにしてもしっくりこなかった女性にはおすすめです。

次の

【前髪長め×メンズ髪型】伸びた前髪もお洒落に!メンズ前髪ヘアカタ

ショート 長め

表参道原宿で美容院MAXを一人で経営させて頂いております、顧客40代女性が70%の美容師戸来です。 この記事では襟足が長めのショートヘアについて、外ハネの髪型をご紹介させて頂きます。 女性で襟足の長めのショートヘア3つのおすすめポイント ・丸顔や面長を緩和する事ができる ・頭、顔が大きい人へ小顔効果 ・くせ毛を生かすことができる 襟足が浮いたりうねってしまう人の場合は特に長めに残すことで、その生え癖を生かすことができます。 頭や顔が大きい場合は顔正面を見た際に長めだとひし形のシルエットが強調されるから顔が小さく見える。 しかし、襟足が長めなショートは難しいです。 なぜ難しいのか? それはどこをどうハネさせてどんな顔型の女子にするのか?が重要だからです。 「果たして私に似合っているのか?」と思う方が多い。 似合うなら他との差別化を図ることができますのでとてもおすすめです。 襟足を跳ねさせるのも不自然に、ではなくできるだけ自然にして頂きたいです。 先日ちょうどおまかせ頂きましたので外ハネのショートが似合うと思い作らせて頂きました。 跳ねさせていますが自然に跳ねている無造作を意識しました。 芸能人で言えば も参考にどうぞ 襟足が浮きやすい・くせ毛の方にもおすすめです。 スタイリング『コテやブローなど』のセットをできる限り時短できるカットを目指しています。 このように無造作にします。 自宅に帰ってもできる髪型をつくっています。 女性で襟足が長い髪型は少数なので似合うなら、長めの方が大人っぽくなりますし、女性によっては普通の女子のショートヘアより男性ウケがいいと私は思います。 後姿をおばさんっぽく見せないようにために外ハネの髪型をオーダー頂きます。 くせ毛で跳ねてしまう方はそれを生かしましょう 軟毛でパサパサするのを このように 跳ねさせます。 首がきれいに見えます。 後ろ姿は重要です 長さを変えなくても雰囲気が変わります こちらのお客様は首が長い方の女性で襟足はわりと自由に作れるタイプの方です。 ある程度の髪型を選ぶことができるのですがもちろん何が似合うのか?はどんな髪型をつくるのかによって変わってきます。 私は自然な髪型が得意なのですが、外ハネを好意的にしているような感じだと大人向けではないと思うのです。 そして襟足のバランス重さ大事だと思いますし洋服の系統も髪色も髪の量など細かく言えば毛先の質感などなど多くのテクニックが必要とします。 では違うタイプの外ハネの髪型をご紹介いたします。 同じ襟足が長い髪型でもデザインは変わってきます。 ポイントは髪が重い状態で跳ねるのか、軽くて跳ねているのか?では大きく変わります。 もしは外ハネのショートにしたいのでしたら申すこし軽くすべきです。 ですがくせ毛だから梳いてもらえないこともあるかと思います。 そしてくせ毛だと「どうスタイルリング」をしたらわからない方へ動画を、よろしければご覧ください。 人はそれぞれ似合う似合わない髪型があるかと私は思います。 特に女性のショートについては数センチですが変わっただけで男の子っぽくなったりしますのでどこから見ても綺麗なシルエットや女性らしい自然な丸みがある髪型を意識してカットをしていきます。 襟足が短いから跳ねにくいというメリットもあります。 襟足が長めだと首元が暑いから嫌な方もいらっしゃるかと思いますが、おしゃれは我慢も大事ですよ 笑 ショートのバリエーションも豊富にありますので雰囲気をすぐに変えたい場合襟足を長めに残すこともいい場合もございます。 襟足が長めのショートは自然にしましょう。 このように自然に跳ねている髪型がおすすめです。 あまりしっかりとアピールをしすぎてしまうのはなんか違和感があります。 外ハネのショートという高度な髪型のデザインはもちろんセット力も重要ですが美容師として考えることは『お客様でも簡単にセットができるようにカットをする』ということ。 そしてセットの仕方を簡単にわかりやすくお教えすることです。 私が今回の髪型をつくる際に使ったセット方法は『ストレートアイロンです』無造作な質感をすぐに作ることができるのです あえて前髪は軽くして透けるようにカットをしています。 後ろから見てみるとこんな感じです。 すべてはバランスです。 跳ねすぎていてはいけません。 もちろん外ハネ以外にも襟足を首に少し添わせる形でつくる髪型もおすすめです。 多少ボーイッシュになった方が似合う顔型の方もいらっしゃいます。 襟足が重いと絶壁に見えてしまうので注意です。 辺見えみりさんは外ハネの髪型が良くお似合いです。 芸能人はショートカットにしたら人気が出た。 その中で30代からの女性に支持を集めているようです。 ポイントとしては上品なことです。 ドレッシーな洋服な場合 跳ねる髪型は世間一般ではだらしがない?寝癖のようなイメージがあるかと思いますがセットの仕方によっては唯一無二の髪型になりうるのです。 ショートは冠婚葬祭などには向いていないようなイメージもあるみたいですがそんなことは私はないと思います。 顔が丸いという問題でショートにできない方でもどんな髪型にするのかによって似合う似合わないというのがあるのです。 私のお客様の8割がショートヘアなのですが、それぞれ違う顔型なので同じ髪型を例えば切ったとしても髪質も違いますので、同じデザインでも形は変わってきます。 どんな顔型や系統の方が外ハネのショートが似合うのか? 外ハネのショートは小顔に見えやすい髪型ともいえますのでどんなショートにしてもしっくりこなかった女性にはおすすめです。

次の

ヘアカタログ【ショート】|大人ショート・ショートボブ、丸顔に◎、40・50代におすすめ、パーマスタイル、ベリーショートのアレンジ

ショート 長め

ショートのヘアカタログ。 大人こなれショート&ショートボブから丸顔さんにおすすめの小顔効果抜群ショート、40・50代にハマるショート、パーマスタイル、ベリーショートのヘアアレンジなどたっぷりとご紹介します。 ・サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。 ・上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。 ・前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。 ・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。 ・ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色。 ・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。 ・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。 ・さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ・ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出する。 ・動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぐ。 ・前髪は、眉下くらいでカット。 ・8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 ・トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ・ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイル。 ・ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 ・カラーは、9レベルのシアーベージュ。 ・グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラー。 ・耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイント。 ・襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てる。 ・前髪は目にかからない長さでカット。 ・フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカット。 ・全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残す。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。 ・トップと正面にレイヤーを入れ、丸さとふんわりした立体感を出しやすく。 ・襟足は長めに残さずすっきりさせ、丸いシルエットを強調。 ・また襟足はくびれさせるとクールに見えがちなので、丸みを出すグラデーションカットに。 ・前髪はかなり深めからフルバングで取り目の上ギリギリでカット。 ・サイド表面の毛流れと自然と繋げる。 ・カラーは8トーンのアッシュグレージュ。 ・落ち着いたカラーですが透明感があるので重たくなり過ぎず、ふんわりした質感を演出しやすい。 ・バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させる。 ・輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 ・カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 ・サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げる。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出す。 ・襟足はすっきりまとまるようにカット。 ・カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 ・退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラス。 ・輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできする。 ・トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 ・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。 ・カラーは、9トーンのフォギーベージュ。 ・ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。 首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。 ・後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。 ・耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。 ・トップには動きが出るようレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。 ・カラーは10トーンのベージュブラウン。 ・赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。 ・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていく。 ・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。 ・カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 ・くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。 ・前髪はリップラインからサイドに繋げてカット。 ・長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 ・トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなる。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 ・にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見える。 ・また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えない。 ・サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカット。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイント。 ・カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 ・程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出す。 ・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 ・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットする。 ・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 ・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 ・バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。 ・顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 ・全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 ・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。 ・前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 ・カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ・表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。 ・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 ・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。 ・正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 ・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。 ・短くても軽く見えず上品な印象に。 ・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットする。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 ・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできる。 ・襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。 ・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残す。 ・カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 ・赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 ・後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 ・襟足は首に沿うようにカット。 ・前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 ・顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 ・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 ・落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 ・サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 ・前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 ・カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 ・耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 ・前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げる。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 ・トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。 ・カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ・ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。 ・そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカット。 ・トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットを。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 ・赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ・ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えない。 ・あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすい。 ・また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。 ・ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れる。 ・前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 ・カラーは11トーンのシナモンベージュ。 ・退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラスする。 ・目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 ・フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。 ・後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。 ・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。 ・カラーは8トーンのオリーブアッシュ。 ・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 ・ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流してスタイリング。 ・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。 ・顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 ・後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。 ・カラーは7トーンのカシスブラウン。 ピンク系のカラーは最近のトレンドです。 ・ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。 ・24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかける。 ・顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。 ・スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かす。 ・パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成。 ・耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 ・低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 ・レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 ・表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ・ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなる。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 ・落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 ・パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まるスタイルが完成。 ベリーショートヘアでも簡単!アレンジテク 大人っぽ前髪アレンジ 【使用アイテム】 ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980 【How to】 <STEP1> ・大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから、前髪を持ち上げるようにしっかり揉み込む。 <STEP2> ・前髪をざっくりと7:3分けにして、7側の髪を上向きにねじる。 ・その際、生え際の髪を少し残しておくと、こなれた印象に。 <STEP3> ・ねじった前髪の毛先近くをアメピンで固定。 ・コーディネートに合わせて、カジュアルな日はカラータイプを、フェミニンな日は黒いアメピンを選ぶのがおすすめ。 <STEP4> ・逆サイドの髪は、こめかみ上で内側にねじってアメピンで固定。 ・同様に生え際の髪を少し残しておく。 <STEP5> ・仕上げにトップ部分を少し引き出してねじり目をゆるませる。 ・高さとルーズ感を出すことで、こなれた感がアップ。 完成! ピンを使っておしゃれにアレンジ 【使用アイテム】 ミルボン|ニゼル ジェリー M 90g ¥1,800(サロン専売品) 【How to】 <STEP1> ・ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。 <STEP2> ・9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。 完成! スタイリッシュに!アシメシルエットアレンジ 【How to】 <STEP1> ・トップの根元に、コームで逆毛を作る。 ・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。 <STEP2> ・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。 ・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。 完成! *価格はすべて税抜きです。

次の