ジム 靴下。 スポーツソックス

【男性向け】ジムの持ち物で「本当に必要なもの」徹底解説!

ジム 靴下

せっかく通い始めたのに、「なんとなく面倒」「明日でいいか」なんてズルズルサボりがちになり、そのまま足が遠のいてしまう……。 なんていうのはよくある話です! ジム通いが続かない大きな原因の一つは、荷物の準備が面倒なこと。 逆に言えば、ジム通い継続のための一番身近で簡単なコツは「荷物を減らすこと」なんです。 準備が簡単であればあるほど、出かけるハードルは下がります。 荷物が小さくなれば、会社帰りにも気軽に通えますから、三日坊主の確率もだいぶ下がるでしょう! (2)ウエアや靴、最初は安いものでOK ジムに行くぞ、と決めたとたんに張り切って高価なウエアやシューズを揃えてしまう人、多いですよね。 でも、本当は ウエアやシューズは安いものでも充分なんです。 たとえば「タオルは3枚くらいあると快適」と感じる人もいれば、「いや1枚で充分だ」と感じる人もいます。 自分に何が絶対必要で、何が要らないのか。 これは、通っていくうちに自然と分かってくるものです。 最初から「完璧なパッケージにしよう!」と思わず、通いながらカスタマイズしていくつもりで気軽に準備を始めましょう! 【2】必ず必要なもの:まずはここから揃えよう では、まずは比較的「誰でも使うもの」、必ず持っていきたいものから見ていきましょう。 (1)トレーニング・ウエア まず準備すべきは、快適に運動するためのトレーニング・ウエアです。 このセットがあれば完璧、充分です。 上に着るシャツは、「速乾性」「ドライ素材」などの表記があるものがベスト。 ジムでは自分で思っている以上に汗をかきます。 滴るほどの汗をかくため、コットン素材のシャツなどを着ているとびっくりするほどビショビショのベタベタに。 張り付くシャツに「イヤだな」と感じる気持ちが「運動=不快」というイメージに結びついてはもったいないですよね。 下に履くのはジャージの長ズボンでも良いのですが、ランニング中やマシンで筋トレ中に「裾がひらひらして邪魔だな」と感じる人も多いです。 ちなみに、 ジャージの上着は不要です。 ジムの中は適温に保たれており、とくに運動中は寒さを感じることはほんとどないでしょう。 持っていっても邪魔になるだけです。 まずは手持ちの服で様子を見て、不都合を感じたら随時買い替えていくという形でも大丈夫です。 (2)シューズ(ジム用の靴) ほとんどのジムにおいて、トレーニングエリアは下足厳禁です。 外で履いている靴の他に、ジム専用の運動靴を用意する必要があります。 初心者におすすめなのは、ランニングシューズ。 ランニングマシンはもちろん、筋トレやフィットネス、ヨガなど幅広い用途に使えます。 靴底が動きに合わせてしなやかに曲がるもの、また充分なクッション性があるものを選びましょう。 シューズは2000円程度から手に入ります。 安くても充分動けますので、初心者は気軽に買えるお値段のものから試してみるのが良いでしょう。 ただし「かっこいいものを履くと気分が上がる!ジムに行くのが楽しくなる!」という人は、モチベーションアップのために奮発するのもいいですね。 (3)替えの下着 プールに入る場合はもちろん、 ランニングだけ、筋トレだけの場合にも、替えの下着は必要です。 汗でびっしょりの下着は、お腹をはじめ身体を冷やしてしまいます。 夏でも冬でも替えの下着を忘れずに! トレーニング後はシャワーを浴びて、まっさらな下着で気持ちよく帰宅しましょう。 (4)靴下 ついうっかり忘れてしまいがちなのが、靴下。 女性が会社帰りにジムに寄るときなど、 スーツのスカートにストッキング、ふと気づくと靴下がない……なんて最悪です。 帰る以外にどうしようもなくなってしまいますよね。 ジムで使う靴下は、 普段履くものより丈夫なもの、厚手のものを選ぶのがポイントですよ。 なぜなら、動いているうちにどうしても摩擦で生地が傷み、女性でも親指部分などに穴があきやすいからです。 オシャレな靴下、お気に入りの靴下は、ジムでは避けた方が無難。 スポーツ用品店やユニクロなどで、厚手のものをゲットしましょう。 靴下の丈は、お好みで選んで大丈夫です。 足首までの靴下ならば脱ぎ着しやすくて便利ですが、靴擦れが気になる人は長めの丈を選ぶと良いですね。 (5)タオル タオルもジムの必需品。 身体を拭くだけでなく、 床やマシンに落ちた汗も自分で拭くのがマナーです。 持参するタオルの枚数は、その日のトレーニング内容や個人の感覚によって変わります。 たとえば、• 筋トレやランニングだけなら1枚• 帰宅前にシャワーを浴びるなら+1枚追加• プールに入るなら+もう1枚追加 or 1枚をバスタオルに変更 など、用途によって必要な枚数が変わりますよね。 プールやシャワーを利用する人は、 身体に巻いてボタンで固定できるタイプや、 ワンピースタイプの大判タオルを使うのもよいでしょう。 全身を気兼ねなく拭けるだけでなく、着替えの際にも役立ちます。 荷物をできるだけ減らしたいときは、 「セームタオル」が便利です。 セームタオルとは、吸水性に非常に優れた薄手のタオル。 普通のタオルは一度水分を拭き取ってしまうとしばらくはビチョビチョで水を吸い取りませんが、セームタオルは軽く絞るだけで吸水性が復活します。 このため、競泳などの現場でも使われているんですよ。 大量の水分を拭き取るのに便利な上、荷物も少なくてすむという優れもの。 気になる人はお試しあれ! (6)ミニバッグ トレーニング中、大きな荷物はロッカールームに置いておけますが、持ち歩きたい細々したものが意外とたくさん出てきます。 具体的には、• ドリンク• タオル• ロッカーのカギ• イヤホン• スマホ• 小銭 など。 こうした 小物をまとめて持ち歩くために、小さなバッグが必要です。 おすすめなのは、床置きできて、フックにかけることもできるもの。 マチのある手提げ、ミニトートなどが便利ですよ。 またエコバッグなど折り畳めるものならば、荷物に入れてもかさばらないので、そちらもおすすめです。 (7)ビニール袋 ジムに通い始めたばかりの人が「ああ、持ってくれば良かった」と後悔するもの第1位が「ビニール袋」かもしれません。 汗びっしょりになったウエア、身体を拭いた後のタオルなど、 トレーニングを終えた後は濡れた荷物がいっぱいです。 そのままバッグに入れるのはちょっと気が引けますよね。 バッグも汚れてしまうかも。 そんなときのために、ジム用の荷物には必ずビニール袋をいくつか忍ばせておきましょう。 スーパーの買い物袋で充分ですよ。 (8)ドリンク(またはドリンクボトル) 運動中の水分補給は必須です。 最近はジムの中にウォーターサーバーやフリードリンクがあるケースも多いですが、トレーニング中にドリンクは常に手元に置いておきたいですよね。 ドリンクそのものはジムで調達できるとしても、 空のボトルや水筒といった容器だけでも持参しましょう。 スポーツドリンクの粉末を空のボトルに入れていき、ウォーターサーバーの水を入れるという手もあります。 これなら荷物も軽くて便利ですね。 (9)ヘアゴム 髪の長い人は、まとめるゴムを持参しましょう。 ヘアクリップなどの金属製の髪留めなどは、床に寝転んでストレッチするときに邪魔になりますし、危険です。 また、オシャレ用のシュシュやヘアアクセサリーは、汗で汚したくありませんよね。 トレーニング中に髪を縛るとき専用に、 シンプルなヘアゴムをジム用バッグに入れておきましょう。 帰宅時にも汗をかいたゴムのまま帰らなくて済むので、快適です! (10)小銭入れ 基本的に、ジムのトレーニング中にはお金は必要ありません。 でも、ちょっとジュースを買ったりするのに「手元に小銭を置いておきたいなぁ」という人もいるでしょう。 そんなときには小銭入れに最低限の小銭や千円札などを入れておくのがおすすめです。 会員カードが入る小銭入れならば、さらに便利ですね。 ちなみに、ジムには、 必要のないお金は持っていかないのが基本です。 これは、不特定多数が出入りでき、かつ誰もいなくなるタイミングの多いロッカールームを狙った泥棒、車上狙いが発生することがあるためです。 万が一を考えて、できるかぎり貴重品はジムに持ち込まないようにしましょう。 会社帰りに行く場合などやむを得ない場合は、受付付近に設置してある貴重品用ロッカーを利用するのがおすすめですよ。 【3】プール、スパゾーンを利用するなら? 室内プールやスパゾーンが併設されているジムも多いですね。 プールや男女共用のスパゾーンを利用する人は、その際に必要になるものも押さえておきましょう。 (1)水着 当たり前ですが、まずは水着が必要です。 バカンス用のビキニやフリルの水着ではなく、 競泳用の水着がおすすめ。 動きやすく人目も気にならないので、トレーニングに集中できます。 セパレートタイプ、ワンピースタイプなど、競泳用にもさまざまな形があります。 ジムのプールでは、着脱しやすいセパレートタイプ、膝丈くらいのものを着用する女性が多いです。 (2)スイムキャップ スイムキャップ(水泳帽)は、ほとんどのジムで着用が義務づけられています。 なぜかと言うと、髪の毛は普通にしていても数本ずつ抜けるのが自然だからです。 プールを利用する人全員から数本ずつ髪の毛が抜けてプールに散らばったら……。 考えるだけでぞっとしてしまいますよね! 衛生面でも気になりますし、抜けた髪の毛が排水溝に詰まってしまう懸念もあります。 また排水溝に髪の毛を引っ張られ、自分が溺れる可能性だってあるんです。 髪が長い人も短い人も、ルールを守って必ず着用しましょう。 スイムキャップは安価です。 有名なスポーツメーカーの製品でも、数百円〜購入できます。 ネット通販でも気軽に買えるので、探してみてくださいね。 (3)ゴーグル 競泳選手がかっこよくはめている、ゴーグル。 ジムのプールで泳ぐ際には、ぜひこちらも持っていきましょう。 ゴーグルは、• 水中での視界を確保する• 眼病予防• アレルギー症状(目の痒み、充血など)予防 といった役割を果たしてくれます。 とくに眼病予防は大切です。 プールの水に含まれる塩素は目の角膜を傷つけ、そこに雑菌やウイルスが侵入してしまうケースがあるのです。 軽いもの、締め付けを感じにくいものなどもありますので、ぜひ自分に合うゴーグルを見つけて着用してください。 (4)大きめのタオル 陸上でのトレーニングならばスポーツタオルやフェイスタオルで充分ですが、プールに入るときには 大きめのバスタオルがあると便利です。 最近は、ボタンやゴムで身体に巻いて固定できるタイプ、ワンピースタイプなど、大人用にもさまざまなプール用タオルが販売されています。 気分が上がるだけでなく、実際使いやすくて便利なことも多いので、ぜひ試してみてください。 (5)コンタクトレンズ 意外と忘れがちなのが、コンタクトレンズです。 プールの中では眼鏡はかけられませんから、視力が弱い人は忘れないよう気をつけましょう。 眼鏡のように度が入っている「度付きゴーグル」を買ってしまうのも一手ですね。 【4】あると便利なもの:お好みで加えていこう 基本の荷物はひととおり揃いましたか? では、ここからは「必須ではないけれど、あるととっても便利なもの」をご紹介していきます。 自分がとくに必要だと思うものを、お好みに合わせてチョイスしましょう。 (1)スポーツバッグ ジムで使う道具をある程度まとめておけるバッグがあると、出かけるときの面倒くささが緩和され、重い腰が上がりやすくなります。 ジム専用のスポーツバッグを用意しておくとよいでしょう。 選ぶときのポイントは、• シューズも入る大きめサイズ• 水に強い こうしたバッグを選ぶことです。 (2)イヤホン ジムでランニングやウォーキングをしていると、単調な動作と変わらない景色に、どうしても飽きてしまいます。 「飽き」は、運動を続ける上で一番の天敵です。 音楽を聞いたり語学の勉強をできるように、イヤホン(+スマホなどのプレイヤー)を持参しましょう。 ジムにはランニングマシンの前にテレビを設置してあるケースもありますが、多くの場合、音は各自のマシンにイヤホンを繋いで聞く仕様になっています。 音楽だけでなく、テレビの視聴にもイヤホンがあるとよいのです。 ワイヤレスのイヤホンなら、運動の邪魔にならないのでベストですよ! (3)スポーツブラ 普段身につけているワイヤー式のブラジャーは、運動の際には邪魔に感じます。 締め付け感を不快に感じたり、筋肉の動きや血流が妨げられてしまうためです。 また、お気に入りの大切なブラジャーが 汗で汚れて傷みやすくなるのも、悲しいですね。 そこで、スポーツブラを用意しましょう。 スポーツブラは、運動のために作られた製品です。 筋肉や血流を妨げられることなく、心地よくトレーニングに集中できます。 (4)腕時計 ジムにも時計はありますが、見える場所は限られています。 また、トレーニング中は時間を計れるものが手元にあった方が便利です。 おすすめなのは、 スマホよりも腕時計。 電源ボタンを押す手間もなくパッと時間を確認できて、ストレスがありません。 ただ、ジムではたくさん汗をかくので、オシャレ用の腕時計ではちょっと心配ですね。 防水仕様のスポーツウォッチなら安心です。 ジム通いに慣れてきたら、検討してみてもよいでしょう。 (5)制汗スプレー、汗拭きシート 運動の後は、自分が汗臭くないか気になりますよね。 制汗スプレーや汗拭きシートで、汗のニオイを予防しましょう。 とくにシャワーを浴びずに帰りたい人は、 大きめの汗拭きシートが必須です。 汗をしっかり拭いてサッパリして、風邪を引かないよう注意しましょうね。 (6)シャンプー、トリートメント、ボディソープ これらのアメニティは、ジムのシャワーに備え付けてある場合も多いです。 ですが、• 品質が気になる人• 他人との使い回しが気になる人• 肌の弱い人 などは自分で持っていった方がよいでしょう。 とくに プールは、塩素で髪が傷みやすくなります。 帰宅後あらためて入浴するならシャンプーは不要かもしれませんが、 トリートメントは持参してシャワールームでケアしておくのがおすすめです。 (7)シャワー用バッグ シャワールームのブースはさほど広くないため、細々したものをひとまとめにしておけるミニバッグがあると便利です。 トレーニングゾーンに持ち込むミニバッグとは別に、撥水仕様やメッシュ素材など水に濡れても平気なバッグを用意しましょう。 100均でも充分可愛いものが買えますよ! (8)ブラシ、くし 意外と忘れがちなのが、髪をとかすためのブラシやくしです。 トレーニングで乱れた髪を整えたり、プールやシャワーの後で髪を乾かすのに使います。 軽くてかさばらないものを、ジム用バッグに忍ばせておきましょう。 (9)スキンケアグッズ、メイク用品 帰り道の人目が気になる人は、スキンケアグッズやメイク用品を持参するとよいでしょう。 化粧水や乳液は、 100均で買える小さなボトルに詰め替えておくと、かさばらずに持ち運べます。 ジムの後で人と会う予定がとくにないならば、メイク用品も最低限でOK。 みんなで使う鏡の前に陣取って、マスカラやつけまつげまで長々とフルメイクしている女性は、あまり歓迎されませんのでご注意を! (10)除菌ティッシュ トレーニングマシンを利用した後は、落ちた汗を自分でしっかり拭き取ってから移動するのがマナーですが、中には汗ベタベタのまま放置してしまう利用者もいます。 気になる人は、マシンを使う前に 除菌タイプのウェットティッシュで手や身体が触れる部分を拭くとよいでしょう。 (11)アクセサリーポーチ 会社帰りに利用するときなど、アクセサリーを身につけたままジムに行く人は、要注意。 スポーツジムでは、結婚指輪以外のアクセサリーは禁止されていることが多いです。 はずしたアクセサリーがロッカールームで行方不明になってしまうのを防ぐため、小さなアクセサリーポーチを持っていると安心ですね。 【まとめ】専用ロッカー、レンタルアイテムも検討を では、ジムの持ち物をあらためてリストにしてみましょう。 <必ず必要なもの>• トレーニング・ウエア• シューズ(ジム用の靴)• 替えの下着• タオル• ミニバッグ(細々したものを持ち運ぶ)• ビニール袋• ドリンク(またはドリンクボトル)• ヘアゴム• 小銭入れ <プール、スパゾーンに必要なもの>• スイムキャップ• ゴーグル• 大きめのタオル• コンタクトレンズ <あると便利なもの>• スポーツバッグ• イヤホン• スポーツブラ• 腕時計• 制汗スプレー、汗拭きシート• シャンプー、トリートメント、ボディソープ• シャワー用バッグ• ブラシ、くし• スキンケアグッズ、メイク用品• 除菌ティッシュ• アクセサリーポーチ こうしてリストアップしてみると、最低限の荷物といっても意外と種類が多いですね。 ジムによっては 月額制の個人用ロッカーを貸し出しているところや、 水着やウエアなど使うもの一式をレンタルできるところもあります。

次の

ジムでの必需品、あると便利なグッズ12選

ジム 靴下

よし!スポーツジムに通うぞ! …ところで、スポーツジムってどんな服装で通えばいいんだろう? 初めてジムに通う時は気になりますよね。 私もそうでした。 スポーツジムは運動する場所ですので、基本的には 運動しやすい格好であればどんなウェアでも問題ありません。 しかし「周りから浮いて見えないかな…?」とか「ハリキリ過ぎていると思われないかな…?」などファッションの要素もあるため、気になりますよね。 そこで今回は、気になるスポーツジムでのファッションについてご紹介します。 私は 水泳を1年間続けたことで10kg減量することができました。 その時に意識したこと、やっていたことをまとめましたので是非こちらもお役立てください。 スポーツジムで着るウェアは? ジム内では 運動しやすいウェアであれば基本的に自由です。 持っているTシャツやジャージなどでOKです。 高価なスポーツウェアをわざわざ購入する必要はありません。 ジムで 水泳をされる方は、どのような水着が多いのか「」にまとめましたので、ご覧いただければと思います。 スポーツジム内でよく見かける服装は、 Tシャツ、タンクトップ、ハーフパンツ、ジャージのの組み合わせです。 ヨガやダンスの個人ジムの場合は、専用のウェアを着ている人が多いですが、 一般的な大型ジムでは露出の多い服装をしている人は少なめです。 周囲からの視線が気になる方は、普段でも着れるような服装にしておくとよいでしょう。 ジムで何をするかによって最適な服装が異なる ジムでは基本的に 自由な服装でOKですが、トレーニング/エクササイズの内容に応じて、服装にこだわってみるのもよいでしょう。 マシントレーニング/エアロビ/ダンスをする場合 マシントレーニングやエアロビクス、ダンスなど 汗をたくさんかく運動をする場合は、 汗を吸収しやすい素材が向いています。 伸縮性や通気性がよい スポーツウェアがおすすめです。 普段着ているようなTシャツでも運動することには問題ありませんが、かなりの汗をかきますし、 ジムで着用すると洗濯する回数も増えます。 お気に入りの服がヨレヨレになってしまう可能性がありますので ジムで着る服とは分けたほうがよいでしょう。 スポーツクラブで水泳をされる場合は「」も参考にしてみてください。 ジムへ通うときの服装は? スポーツジムに通うときの服装も気になる方も多いと思います。 スポーツジムの立地やどのような生活リズムで通われているかによって異なりますので、パターンで見ていきましょう。 学校や勤務先からスポーツジムへ寄る場合 外出した帰りにそのまま寄る人はそのまま 外出着です。 繁華街や駅前にあるジムの場合は会社帰りや学校帰りに寄る人も多いので服装は街中を歩いている人と特に変わりません。 自宅から直接スポーツジムへ向かう場合 自宅から直接スポーツジムに通う場合はオシャレな服装で向かう必要はないので、 ラフな格好、ジャージやスウェットなどで来られている人も多いです。 スポーツジムに入ればロッカールームに直行して着替えますので、どんな服装をしているかは誰も気にしません。 出掛けやすい服装でいいでしょう。 もし電車に乗ってジムに通っている場合は、電車に乗るのにジャージ姿が恥ずかしいと思うのであればいつものように外出着を着ればOKです。 普段通りで大丈夫ということですね。 関連記事: 男性と女性でのファッションの違いは? ジムのチラシやホームページを見ると、モデルの人が タンクトップやキャミソールを着て運動している場合が多いので、ジムではそういう服装をするものと思ってしまいますよね。 男性はこういう服装が多い、女性はこういう服装が多いというものは特にありません。 ですので、どんなファッションが一般的だろう?と悩まなくて大丈夫です。 男性でも女性でもタンクトップを着ている人もいれば、上下ともジャージの人もいます。 読み込み中... 他のスポーツジムに関するアンケート結果は「」で公開していますので、ぜひご覧ください。 これから始める方にアドバイス ここまでの内容で、ジムの服装は自由だということがお分かり頂けたと思います。 しかしそうなると「 結局は何を着ればいいの?」と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。 選択肢が多すぎると返って決めにくいですよね。 「とりあえず家にある服装で」とか「目立ちたくないから地味な格好で」と思われるかもしれませんが、できれば ジム専用のウェアで運動することをおすすめします。 運動する習慣の無かった人にとってのジム通いは精神的にも体力的にも疲れるでしょう。 そんな時の モチベーション維持に効果があるのが、カラフルなウェアを着ることです。 明るい色を着ることで、運動するモチベーションが上がります。 一見、派手に思えるスポーツウェアでも、 ジム内には原色やカラフルなウェアを着ている人がたくさんいますので、周りの目は全然気になりません。 せっかくですのでジム用のおしゃれなスポーツウェアを着てみましょう。 関連記事: 替えの下着を持参しておく スポーツジムで運動した後はたくさんの汗をかきます。 「シャツが汗だくになるのは分かるけど、替えの下着まではいらないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、あなどれません。 30分~1時間ほど真剣にトレーニングすると下着まで汗でビショビショになります。 エアロバイクやルームランナーをしている人が床に汗をポタポタ落としながら運動している光景をよく見かけます。 スタジオエクササイズはそれ以上に汗をかきます。 自宅から通う際は荷物が多くなることも気にならないと思いますので、ぜひ持っていきましょう。 会社や学校帰りにジムへ寄る場合、できるだけ荷物を少なくしたいと思われるかもしれませんが、 替えの下着は持参することをおすすめします。 運動後、お風呂やサウナに入ってサッパリしたところで汗だくの下着を着るのも気持ちのいいものではありません。 せっかくですので、乾いた下着を着て体も気持ちもスッキリしたいですよね。 シューズを準備する スポーツジムに通う場合、ウェアと同じように必要なのがシューズです。 ジムでの運動を想定して作られた フィットネスシューズや トレーニングシューズと呼ばれるシューズがあります。 ジムフロアは裸足や靴下での移動は原則禁止 ジム内の移動にはシューズが必要です。 裸足や靴下での移動は原則として禁止されています。 エアロビクスやダンスなどのスタジオエクササイズ、フロアでマシンエクササイズともにシューズを履いて運動します。 例外としてフロア内にマットが引いてあるストレッチエリアは裸足で行いますが、そこに向かうまではシューズを履いておく必要がありますので注意しましょう。 ただしプールだけを利用する場合、フロアを通らない設計になっているジムがほとんどですのでシューズ不要な場合が多いです。 私がこれまで通ったジムはいずれも水泳のみの場合はシューズは不要でした。 フィットネスシューズの選び方 ジム内で履くシューズとしてはフィットネスシューズが最適です。 普段、外では履かないような 明るい色のシューズを選ぶとモチベーションも上がると思います。 目的がランニングマシンでのトレーニングであればランニングシューズがおすすめです。 関連記事: シューズが荷物としてかさばるときは ジムに通う場合はシューズを持参する必要がありますので、荷物はかさばります。 自宅から直接ジムに行く場合は少しかさばっても気にならないかもしれませんが、仕事や学校の帰りに寄る場合は、それまでずっと持ち歩かないといけませんね。 電車に乗る場合もできるだけ荷物はコンパクトなほうがいいでしょう。 そんな時は ジムの契約ロッカーを借りることで解決できます。 大抵のジムは衣類を入れるロッカーとは別で用意されています。 値段はジムによってさまざまで、1ヶ月ごとに千円ぐらいという場合や半年契約で数千円という場合もあります。 具体的な金額は通う予定のジムにお問い合わせされるとよいでしょう。 とにかく軽装で通いたい!という方にはおすすめな手段ですよ。 なお、シューズにも汗は染みこんでいきますので、契約ロッカーに入れる場合は 数ヶ月に1回は持ち帰って風通しのよい場所でしっかり乾燥させることをおすすめします。 関連記事: シューズをロッカーに入れる前に市販の除菌スプレーなどを活用すると衛生的ですね。 ジム用のシューズバッグは必要? ジム内で使用するシューズは、屋外スポーツと違って土や泥が付くことはありませんので、数年履き続けてほとんど汚れません。 荷物を入れるカバンに入れても汚れる心配はほとんどありません。 しかし、荷物として ウェアやタオルと一緒にシューズを入れるのは嫌だという方もいらっしゃると思います。 そもそもバッグにシューズが入らないということもありますね。 ですので、シューズ用のバッグはあったほうがよいと思います。 見栄えを気にされない方は、コンビニの袋を利用されているケースもありますよ。 あったら便利!ジムの持ち物 ここまでの服装は、ジムで運動するときに必要なものですが、それ以外にもジムにもって行くと便利なものがありますので、合わせてご紹介します。 ビニール袋(汗をかいた服やタオルを入れるのに便利です)• フェイスタオル(汗を拭くのに必要です)• シャンプー&リンス(ジム備え付けのものが苦手な方はぜひ)• 綿棒(プールを利用される方は便利です)• ウェットティッシュ(ジムから出るときに手を拭いておくと安心です)• 絆創膏(万が一のケガのときに役立ちます) まとめ 初めてジムに通う際はどんな服装をすればいいのか迷うこともあるかと思います。 基本的には運動しやすい服装であれば何でもOKです。 さらに普段とは少し違う空間なので、モチベーションを上げたいと思っている場合は、少し背伸びをしてでも明るいウェアを選ばれると楽しい時間になりますよ。 やる気が上がって運動が楽しくなります。 お気に入りのウェアを着るために「また早くジムに行きたいなぁ」と思えれば最高です。

次の

スポーツジムの服装ってどうすればいいの?

ジム 靴下

初めてのジムや体験・見学、入会して初回時などに持ち物をどこまでそろえればいいか迷いますよね。 辻本さんによると、初心者のうちは最初からスポーツブランドのものをそろえない方がおすすめだそうです。 ウェア/靴下は動きやすければOK ウェアや靴下については最初に一式揃えてもジムにあまり行けなかったり、筋肉がついてサイズが変わる可能性があります。 今では週6日通う辻本さんも、最初のうちは普通のTシャツとハーフパンツで通っていたそうです。 最初のうちは運動しやすい格好か、ユニクロやGUのように安いウェアをそろえるのがおすすめです。 シューズはトレーニング内容に合わせて購入を シューズは、ランニングや筋トレなど、トレーニングによって必要な機能が異なります。 初心者のうちはレンタルを利用して、トレーニングに応じて購入するのがおすすめです。 タオルはスポーツタオルを持参しよう ジムで運動すれば冬でも汗をかくので、いつでも首にかけられる長めのタオルを持参しましょう。 またマシーンを使った場合、マシーンについた自分の汗はふき取るのがルールです。 備え付けのタオルがない場合にはタオルで拭くようにしてください。 飲み物はミネラルウォーターでOK スポーツドリンクは水分や塩分の補給に役立ちますが、カロリーや糖分が含まれています。 特にダイエット目的の場合には注意が必要です。 かなり汗をかく場面を除き、ジムではミネラルウォーターで十分です。 初心者向け!ジムに必要な持ち物のおすすめ商品 手元にちょどいいウェアや靴下などがない方は、リーズナブルに買えるアイテムがおすすめ!取材した辻本さんにおすすめのアイテムを伺いました。 そのため携帯サイズのシャンプー等を持参しておくのがおすすめです。 買い物をしたときにもらえるビニール袋で問題ないので、ジムに行くカバンに数枚入れておくと便利です。 トレーニング別持ち物:筋トレ 次にトレーニング別に必要な持ち物を紹介します。 数々のマシーンを使う筋トレでは、必要なグッズが意外と多くあります。 筋トレをメインで取り組む辻本さんから、本当に必要なグッズをお聞きしました。 EasyJoy• レザー ウエイト リフティングベルト• 税込み2,980円• ウェイトトレーニングで腹圧を高めて怪我防止に• ウェイトトレーニングで負荷がかかりやすい腰部の負担を減らすため、おなかの筋肉を収縮状態にする腹圧を働かせる効果があります。 腹圧が高い状態だと体幹が安定し、安全に筋トレを行えます。 ベルトは腰の負担を軽減させるため、腹の筋肉を収縮させる「腹圧」をかけて体幹をつくる効果があります。 筋トレに慣れない初心者のうちから、ベルトを付けておくと安心です。 辻本さんによると、ベルトはサイズを確かめるために試着してから購入した方が無難のようです。

次の