アンブラ ベート。 プライベートレーベル/PRIVATE LABELの通販|ベルメゾンネット

皮膚科での保湿剤の処方量について伺いたいです。食品を扱う仕事を...

アンブラ ベート

アンフラベート(一般名:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)は、1993年から発売されている「アンテベート」というステロイド外用剤のジェネリック医薬品になります。 「アンフラベート軟膏」「アンフラベートクリーム」「アンフラベートローション」の3つの剤型があります。 ステロイド外用剤とは、皮膚に塗るタイプのステロイド剤の事であり、主に皮膚の炎症を抑えるために用いられます。 塗り薬は、炎症を抑えたい部位にのみ作用させることができ、飲み薬のように全身に作用するわけではないため安全性に優れます。 塗り薬にはたくさんの種類があるため、それぞれがどのような特徴を持つのかは分かりにくいものです。 アンフラベートはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。 ここではアンフラベートの効能や強さ・特徴などについてみていきましょう。 1.アンフラベートの特徴 まずはアンフラベートの全体的な特徴を紹介します。 アンフラベートは皮膚に塗る外用ステロイド薬であり、強力に皮膚の炎症を抑えてくれます。 ステロイド外用剤のでも強い部類に属し、強力な作用が期待できる一方で副作用にも注意しながら使っていく必要があります。 ステロイド外用剤(の主なはたらきとしては次の3つが挙げられます。 免疫反応を抑える• 炎症反応を抑える• 皮膚細胞の増殖を抑える ステロイドは免疫反応(身体がばい菌などの異物と闘う反応)を抑える事で、塗った部位の炎症反応を抑える作用があります。 これにより湿疹や皮膚炎を改善させたり、アレルギー症状を和らげたりします。 また皮膚細胞の増殖を抑えるはたらきがあり、これによって皮膚を薄くする作用も期待できます。 外用ステロイド剤は強さによって5段階に分かれています。 ステロイドはしっかりとした抗炎症作用(炎症を抑える作用)が得られる一方で、長期使用による副作用の問題などもあるため、皮膚症状に応じて適切に使い分ける事が大切です。 強いステロイドは強力な抗炎症作用がありますが、一方で副作用も生じやすいというリスクもあります。 反対に弱いステロイドは抗炎症作用は穏やかですが、副作用も生じにくいのがメリットです。 アンフラベートはステロイド外用剤の中でも強さが高い部類に入るため、しっかりとした効果が期待できる一方で、使い方には注意をしなくてはいけません。 全てのステロイドに言えることですが、ステロイドは漫然と長期間使用していると皮膚の細胞増殖を抑制しすぎて皮膚を過度に薄くしてしまったり、皮膚の免疫力を低下させてばい菌が感染しやすくなってしまう事があります。 強い作用を持つアンフラベートではこのような副作用が生じないように特に注意が必要です。 必要な期間のみ使用し、漫然と塗り続けないようにしましょう。 またアンフラベートはジェネリック医薬品であるため、先発品のアンテベートよりも安い薬価で処方してもらえるというメリットもあります。 以上からアンフラベートの特徴として次のような事が挙げられます。 添付文書には、次のように記載されています。 【効能又は効果】 湿疹・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)、紅皮症、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、慢性円板状エリテマトーデス、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)、円形脱毛症、肥厚性瘢痕・ケロイド、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、水疱症(天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡) 難しい専門用語がたくさん並んでおり、これを見ただけではどのような皮膚疾患に使えばいいのかイメージしずらいですね。 先ほども説明したように、• 皮膚の免疫反応を抑える• 皮膚の炎症反応を抑える• 皮膚細胞の増殖を抑える のがステロイド外用剤になりますので、このような状態の時にアンフラベートは幅広く効果が期待できます。 進行性指掌角皮症とはいわゆる「手荒れ」の事で、水仕事などで手を酷使する事により手の皮膚が傷つき、炎症を起こしてしまう状態です。 脂漏性皮膚炎とは、皮膚の脂や皮膚を好む真菌(マラセチア)の影響によって、毛穴が詰まってしまい炎症が生じる疾患です。 扁平紅色苔癬はかゆみを伴うたくさんの丘疹(小さな発疹)が融合し、盛り上がってうろこ状になる皮膚疾患です。 これらの疾患はアンフラベートの炎症を抑えるはたらきが効果を発揮します。 ストロフルスはアレルギー反応の1つで、主に虫に刺された後に生じる皮膚の腫れです。 じんま疹もアレルギーの一種です。 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は自己免疫疾患です。 自己免疫疾患とは免疫(ばい菌と闘う力)が何らかの原因によって暴走してしまい、自分自身を攻撃してしまうようになる疾患です。 掌蹠膿疱症では、免疫の異常によって手足に膿胞(膿が溜まった皮疹)が出来てしまいます。 サルコイドーシスも自己免疫疾患であり、全身の臓器に肉芽種や血管炎が生じてしまう疾患です。 天疱瘡や類天疱瘡も自己免疫疾患であり、皮膚表面に水疱が出来てしまう疾患です。 アレルギー疾患や自己免疫疾患は、免疫が過剰にはたらいてしまっている結果生じているため、アンフラベートの免疫力を低下させる作用が効果を発揮します。 乾癬(かんせん)とは皮膚の一部の細胞増殖が亢進していしまい、赤く盛り上がってしまう状態です。 乾癬にはアンフラベートの皮膚細胞増殖を抑制するはたらきが効果を発揮します。 注意点としてステロイドは免疫(身体が異物と闘う力)を抑制するため、ばい菌の感染に弱くなってしまいます。 そのため、細菌やウイルスが皮膚に感染しているようなケースでは、そこにステロイドを塗る事は推奨されていません。 アンフラベートはジェネリック医薬品であるため有効性の詳しい調査は行われていません。 しかし先発品のアンテベートの有効率は、• 湿疹・皮膚炎群への有効率は軟膏で91. 乾癬への有効率は軟膏で86. 虫さされへの有効率は軟膏で96. 4%、クリームで100%• 薬疹・中毒疹への有効率は軟膏で96. 8%、クリームで100%• 痒疹群への有効率は軟膏で93. 5%、クリームで83. 紅皮症への有効率は軟膏で93. 3%、クリームで81. ジベル薔薇色粃糠疹への有効率は軟膏で100%、クリームで92. 掌蹠膿疱症への有効率は軟膏で74. 2%、クリームで69. 扁平紅色苔癬への有効率は軟膏で93. 8%、クリームで92. 慢性円板状エリテマトーデスへの有効率は軟膏で85. 7%、クリームで71. 肉芽腫症への有効率は軟膏で78. 6%、クリームで72. 特発性色素性紫斑への有効率は軟膏で88. 5%、クリームで90. 円形脱毛症への有効率は軟膏で44. 4%、クリームで44. 肥厚性瘢痕・ケロイドへの有効率は軟膏で35. 7%、クリームで64. 悪性リンパ腫への有効率は軟膏で60. 0%、クリームで70. アミロイド苔癬への有効率は軟膏で85. 7%、クリームで78. 水疱症への有効率は軟膏で86. 4%、クリームで100% と報告されており、アンフラベートも同程度だと思われます。 カテゴリー• 247•

次の

バレル・パシベート

アンブラ ベート

効果・効能・作用 アンフラベートはステロイド外用薬で、炎症や免疫を抑えたり、アレルギーを抑える働きがあります。 皮膚疾患に用いる場合は、全身的な副作用が少なくなります。 ステロイド薬の効きの強さはStrongest、VeryStrong、Strong、Medium、Weakの5段階に分けられ、アンフラベート0. アンフラベート0. 湿疹・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)、紅皮症、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、慢性円板状エリテマトーデス、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、特発性色素性紫斑、(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)、円形脱毛症、肥厚性瘢痕・ケロイド、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、水疱症(天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡) 副作用 アンフラベート0. しかし、長期的に服用していると様々な副作用が生じる可能性が出てきます。 アンフラベート0. 局所的副作用 免疫低下 ステロイドには、免疫(細菌から体を守ろうとする働き)を低下させる働きがあるので、以下のような症状が見られることがあります。 ・にきびなどの吹き出物ができる ・カビによる水虫や爪の白癬 ・カンジダ症(女性に多い) この中でも特にニキビや肌荒れはよく見られると言われています。 これらの症状は、ステロイドの使用を中止すれば症状が治まることがほとんどです。 皮膚萎縮 ステロイドを長期間にわたり使用していると、皮膚を作るために必要な繊維を作れなくなってしまうため、以下のような副作用の症状が見られることがあります。 ・皮膚の表面に赤く、細いしわがよる ・皮膚の下の血管が透けて見える ・皮膚をつまむと薄い感じがする このような症状は皮膚萎縮と呼ばれ、痛みやかゆみが無いため、副作用が出ていることに気づきにくい傾向にあります。 これらの症状は、ステロイドの使用を中止すれば症状が治まることがほとんどです。 皮膚線条(皮膚割れ) ステロイドを長期間にわたり使用していると、皮膚の組織が分離、断裂することで、赤紫色のひび割れのようなすじができる(皮膚線条)ことがあります。 皮膚線条は、胸、お腹、太ももなどの比較的皮膚が伸び縮みしやすい箇所に見られることが多いです。 皮膚線条は皮膚萎縮とは違い、皮膚のより深い真皮と呼ばれる部分が断裂して起こるため、治療するのが非常に難しいとされています。 毛細血管拡張 ステロイドを長期間にわたり使用していると、ステロイドの効果によって萎縮されていた毛細血管が弱くなり、拡張することで血管が透けて見えるようになることがあります。 そのため、毛細血管が拡張している場所は、赤く晴れ上がったように見えます。 一般的には顔(頬)によく見られます。 多毛症 ステロイドを長期にわたり使用していると、ホルモンバランスが崩れるため、産毛が増えたり濃くなったりすることがあります。 この症状は、女性や、小さい子供などによく見られます。 酒さ様皮膚炎 ステロイドを長期間にわたり使用していると、はじめは顔に赤みや熱を伴う潮紅がみられ、後にニキビのような膿疱ができることがあります。 これを酒さ様皮膚炎と言います。 酒さ皮膚炎の治療を行うにはステロイドの使用を中止する必要があります。 ステロイドの使用をいきなり中止すると症状が悪化してしまうことが考えられるので、医師にすぐに相談しましょう。 全身性副作用 ステロイドを使用することで考えられる全身性副作用としては、易感染症、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、満月様顔貌、白内障、緑内障、眼圧亢進、大量又は長期にわたる広範囲の使用や、密封法(ODT)による緑内障、後嚢下白内障等が挙げられますが、いずれの症状も、軟膏剤の使用によって引き起こされることはほとんどないと言ってよいでしょう。 確かに、ステロイド外用薬を使用して上記のような病気になる方はいらっしゃいますが、ステロイドとの因果関係はないと言われています。 使用上の注意点 もし、過去にアンフラベート0. 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)のある方は、感染症や動物性皮膚疾患症状を悪化させることがありますので使用を控えてください。 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎のある方は、穿孔部位の治癒が遅れるおそれや、感染のおそれがあるので使用を控えてください。 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷がある方は、皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれや、感染のおそれがあるので使用を控えてください。 アンフラベート0. 残ったアンフラベート0. アンフラベート0. 他の薬を使用する前に、その薬が副腎皮質ホルモンを含んでいるかよく確かめてください。 もし含んでいる場合は使用しないでください。 この薬を使用している間にワクチンの接種を行う場合は、必ず医師に相談してください。 一般的に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密閉法(ODT)等の使用に際しては特に注意してください。 その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊婦または妊娠している可能性のある妊婦は大量又は長期にわたる使用はさけてください。 医師の指示がある場合を除き、12歳以下の子供に対しては使わないでください。 安全性と効果が明らかになっていない部分があります。 医師の指示がある場合を除き、この薬を子供のおむつにあたる部分に使用しないでください。 まれに、副腎皮質ホルモンは子供の成長に何らかの悪影響を与えることがあります。 薬を使用している間は、定期的に診断を行ってください。 飲み合わせ・食べ合わせの注意 医師の指導が無い限り、基本的に他のステロイド剤との併用はさけてください。 薬効・薬理 アンフラベート0. 薬効を裏付ける試験成績としては、以下の作用が挙げられます。 血管収縮作用、カラゲニン足浮腫抑制作用、クロトン油耳浮腫抑制作用、PCA反応抑制、クロトン油誘発肉芽腫形成抑作用、濾紙肉芽腫形成抑制作用。

次の

アンフラベートに市販薬はある?にきび・虫刺されに使える?

アンブラ ベート

アンフラベート0. や、などを治療するお薬です。 ステロイド剤の働きにより、皮膚の 炎症をおさえ、はれ、痛み、かゆみなどをやわらげる働きがあります。 アンフラベート0. 肉芽腫症• 水疱症• 結節性• 紅斑症• 紅皮症• 進行性指掌角皮症• 様苔癬• ダリエ遠心性環状 紅斑• 中毒疹• デューリング疱疹状• 虫さされ• 特発性色素性 紫斑• マヨッキー紫斑• アミロイド苔癬• 環状肉芽腫• シャンバーク病• アンフラベート0. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 皮膚感染症、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚細菌感染症、伝染性膿痂疹、毛嚢炎、せつ、皮膚ウイルス感染症、ざ瘡、ざ瘡様発疹 起こる可能性のある重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、白内障、後嚢下白内障 上記以外の副作用 発疹、ステロイドざ瘡、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイド潮紅、ステロイド酒さ、口囲皮膚炎、口囲紅斑、紅斑、顔面全体紅斑、丘疹、痂皮、鱗屑、紫斑、多毛、皮膚色素脱失、皮膚色素沈着、魚鱗癬様皮膚変化、皮膚刺激感、湿疹、発赤、苔癬化、皮膚腫脹、皮膚糜爛、接触皮膚炎、皮膚乾燥、皮膚そう痒、過敏症状、下垂体・副腎皮質系機能抑制 アンフラベート0. 1日1~数回、適量を患部に塗布する アンフラベート0. 以下の病気・症状がみられる方は、• ウイルス皮膚感染症• 過敏症• けじらみ• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎• 第2度深在性以上の熱傷• 動物性皮膚疾患• スピロヘータ皮膚感染症• 細菌皮膚感染症• 真菌皮膚感染症• 第2度深在性以上の凍傷• 潰瘍<ベーチェット病は除く>• 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜.

次の