年末挨拶 訪問。 【恥かく前に】取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つを纏めてみた

年末挨拶の正しい時期や言葉選び 【ビジネス(取引先)編】

年末挨拶 訪問

社会人になると、会社員独自のさまざまな常識や慣習、はたまた都市伝説的な言い伝えに皆様遭遇しているのではないでしょうか?弊社ではそんな社会人の常識について独自調査を行い「実際はどうなの?」を検証する新コーナーを立ち上げました。 記念すべき第1回のテーマはこの時期特有の「年末年始の挨拶」です。 皆様年末からビジネス街で、会社の紙袋を持ってせわしなく歩き回るビジネスパーソンをよく見かけますよね。 きっと取引先へのご挨拶回りに奔走しているのでしょう。 ではビジネス場面における年末年始の挨拶の実態って? みんなホンネはどう思っているの?など、早速調査結果を見ていきましょう。 挨拶の方法のバリエーションは? まずはいつ、どのような方法で挨拶するのかを調査しました。 時期としては、年始よりも年末に挨拶をする人が多い結果となりました(「年賀状」を除く)。 現代はデジタルの波が押し寄せているにもかかわらず、最も選択率が高いのは対面での挨拶でした。 会社員は古典的な風習を重んじるようですね。 年賀状は約半数の人が選択しており、まだまだ人気の挨拶手法のようです。 挨拶の回数は?年賀状は何枚書く? では、各手法それぞれどれくらい行われているのでしょうか。 前章同様、年賀状が最も回数が多く、なんと21回以上年賀状を書いた人も6. 2%いました。 その他の手法は、年末と年始で特に回数に変化はないようです。 挨拶する/しないの基準は? では、挨拶する際は、挨拶先をどのような基準で選んでいるのでしょうか? 対面や電話など、1件ごとの対応が必要な挨拶は「担当している顧客すべて」の選択率が下がるのに対し、メールや年賀状など、時間が短く、かつある程度汎用性がある手法の場合は「担当している顧客すべて」の選択率が上がりました。 また、全体を通じて「取引額」よりも「担当者との関係性」の選択率が高くなりました。 金額のようなドライな基準ではなく、関係性を重視するのが挨拶の礼儀のようですね。 挨拶はじっくり? さっくり? では対面で挨拶する場合、実際どれくらいの時間話しているのでしょうか。 最も多かったのが「5〜10分未満」、次いで「10〜15分未満」という結果でした。 挨拶する側もされる側も忙しい時期なので、話す内容そのものよりも、顔を見せることに挨拶の意義があるのかもしれません。 挨拶は手ぶら? お土産持参? では対面で挨拶するために、何を持っていっているのでしょうか。 何も持っていかない人も一定数いましたが、全体を通じて何かを持参する人が多い結果となりました。 最も多かったのが「ノベルティグッズ」でした。 会社によっては挨拶回りをする社員向けにお土産グッズを用意しているのかもしれませんね。 さらにグッズの中身は? では、ノベルティグッズとは具体的に何を持っていくのでしょうか。 圧倒的に「カレンダー」が多いのは皆様も納得できる結果ではないでしょうか。 次いで「手帳」という紙類が多いのも、古典的な挨拶という場面にフィット感がある結果といえそうです。 この先、オフィスのフリーアドレス化、デジタル化などの環境変化が進むと、ノベルティグッズも変わってくるかもしれませんね。 いよいよ挨拶にまつわるホンネを検証! では、年末年始の挨拶に関する正直なところを聞いてみました。 挨拶する側は半数以上が挨拶にポジティブなのに対し、挨拶される側は逆に半数以上がネガティブであるという、なかなか切ない結果となってしまいました。 フリーコメントで理由を見てみると、ポジティブ側は、挨拶する側もされる側も共通して、「面談の絶好の機会であるから」「話すきっかけになるから」「営業上欠かせないので」など、本来の取引のためのいい機会として活用している意見が多かったです。 また、「メールなどのやり取りが多いなか、この機会に対面でいろいろと重要なことを話せることもある」「そのくらいしか訪問機会がない顧客が多いから」「改めて対面して話すことも大切だから」という、あえて対面でのコミュニケーションを大切にしたいという意見もありました。 さらには、「日本のいい習慣だから大事にしたい」「日本らしくていいと思うので」という、国民性をうかがわせるコメントも見受けられました。 挨拶される側のポジティブな理由としては、「何かもらえることが多いので」「ノベルティが楽しみなので」という、挨拶でのお土産を期待するようなちゃっかりとしたコメントもありました。 ネガティブ側の意見は、挨拶する側・される側共通して圧倒的に多かったのが、「仕事が中断されるから」「時間拘束されるから」「バタバタしている時期のため」など、年末年始の忙しい時期特有のものでした。 また、「仕事に関係ない」「お互いに儀礼的になっている」「形式的なことは不要だと思うから」「挨拶くらいで仕事が増えるわけでもない」という、業務に無関係な風習自体に疑問を抱くコメントや、「気を使うから」「何を話していいのか困るから」「当たり障りのない話をしないといけないから」などの、挨拶場面の話す内容に窮しているといったコメントもありました。 なお挨拶される側の意見のなかでは、「品物は受け取れない決まりになっているのに、無理やり渡されるから」「贈答品は受け取れないため」という、昨今のコンプライアンスの厳しさをうかがわせるコメントもありました。 今後、渡す側も受け取る側も注意が必要になるポイントかもしれません。 印象的なエピソードは? 最後に、印象に残っているエピソードを聞いてみました。 「普段仕事の話しかしないお客様の意外な一面を知ることができた」「挨拶がきっかけでそのまま飲みに行って盛り上がった」というような、親密性が増すコメントもありましたが、なかには「お酒を飲まされて、ふらふらになっていました」「日本酒などを用意して応対される会社が多く、酔っぱらって道端で転んだ」などと、ハプニングに見舞われたコメントもありました。 「大型の発注をもらった」「そこでの話次第で翌年の取引の密度が変わる」「契約をとりたい企業に対して、3年連続で年末年始の挨拶をしていたら、『君の熱意には負けた』と契約をとることができた」というような、本業である仕事につながったケースもいくつか見受けられました。 一方で、「水をかけられた」「単なる挨拶のつもりで訪問したときに次々とクレームなどがあり焦った」というような、挨拶場面が残念な呼び水になってしまったケースもありました。 また、「一日中来客があった」「忙しい師走の時期に、取引先の方が次々と挨拶に見え、仕事が捗らずに困った」という困惑の声は多く、なかには「挨拶を受けるため、休暇がとれない」という人までいました。 「支店の全員で挨拶に回っているメーカーがいて事務所の中に入りきらなかった」「来社されたお客様の数が予定を大幅に上回り混乱した」などというエピソードもあったため、挨拶の人数調整や事前連絡はマナーといえるかもしれません 珍回答としては、「仮装して挨拶に来た人がいた」というものや、「いただいたお菓子が賞味期限切れだった」というものもありました。 儀礼的な挨拶場面での微笑ましいエピソードといえます。 年末年始の挨拶は、日本ならではのビジネス場面での風習です。 デジタル化が進む昨今でも、挨拶をきちんと行うという人は意外と多く、大事にしたい習慣といえそうです。 ただ、多忙な時期に行うイベントでもあり、受け止め方は人それぞれでした。 ぜひ相手の立場を慮った行動を取り、年の締めくくりのいい機会として、また、新しい年に向けてお互い気持ちよいスタートを切れる機会として、挨拶を有効活用していただければと思います。 関連するテーマ・課題.

次の

「アポイントメール」の書き方!挨拶訪問や初めての相手の例文も

年末挨拶 訪問

取引先にすべき年末年始の挨拶とは?年末年始は忙しいですが、取引先へ挨拶をできるようにしましょう。 年末年始には、取引先に限らず色んな人へ挨拶する必要があります。 文面でする場合やメールでする場合など、年末年始ならではのルールをまとめます。 アポイントをとって訪問するのが望ましいですが、難しい場合には会社の受付まで訪問し、担当者と言葉を交わすなどして挨拶をする場合もあります。 取引先のスケジュールを考慮して、どのような形式で挨拶するか判断しておきましょう。 取引先に訪問する時はスケジュールをチェック 取引先の年内営業終了日と自分が出向くスケジュールを正確に把握して、いつが年内最終の顔合わせになるか判断する必要があります。 年内最後の日の別れ際に、適切な挨拶をしましょう。 挨拶としては、 「お目にかかれるのは本日が年内最後になります。 一年間大変お世話になりました。 ありがとうございました。 来年も何卒よろしくお願いいたします。 どうぞ良いお年をお迎えください。 」という挨拶が良いでしょう。 訪問挨拶では手土産を持参するケースも 取引先との関係や挨拶する人の役職によっては、手土産を持参する場合もありますが、自社が準備したカレンダーや手帳、ノートなどの文房具品を渡す事が多いです。 挨拶の内容は、 「今年一年お仕事をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします」といった、挨拶を仕事の内容を含めながら出来ればいいでしょう。 『番外編』上司へも年末年始の挨拶をしよう お世話になったのは、取引先ばかりではありません。 上司にもお世話になりました。 きちんと挨拶を致しましょう。 企業によっては社内でも年末年始の挨拶が大切 取引先への挨拶同様に忘れていけないのが、年末年始の上司や同僚への挨拶です。 上司への挨拶は会社規模にもよりますが、直属の上司のほか、部長や社長など、可能な限り挨拶しましょう。 最終勤務日は忙しい人も多いので、状況を踏まえて挨拶の有無を判断するようにしましょう。 特に、年功序列の強い企業や歴史の古い企業などは、上司への挨拶が非常に重要になります。 帰り際の挨拶は、「今年一年お世話になりました。 良いお年をお迎えください。 」という一言でいいでしょう。 年末挨拶の挨拶はメールで行う場合もある 取引先に直接会って挨拶とお礼を述べられる事が、ベストです。 しかしながら、やむを得ない場合にメールなどで挨拶を致します。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 貴社におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も少しでもサービスの向上を図るよう、 誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、 従業員一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 〔年末年始休業期間〕 12月xx日( )~1月x日( ) 新年は1月x日( )00:00より営業開始となります。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、 歳末のご挨拶とさせて頂きます。 今年は不景気など、いろんなことがありましたが、 この職場で無事一年を過ごせましたのも、 みなさんの多大なご支援のおかげでございます。 大変感謝しております。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い致します。 新年には、また元気な姿でみなさまとお会いできますことを楽しみにしております。 よいお年をお過ごしください。 本年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 師走の時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもご自愛の上、晴れやかな新年を お迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。 また、来年もなにとぞ変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 取引先への年末年始の挨拶マナーはしっかりとおさえておきましょう 取引先にすべき年末年始の挨拶を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 取引先にも上司にも失礼の無い様に、これらの言葉を参考にきちんとした年末年始の挨拶を述べて下さい。 また、年末年始の挨拶を受け入れてくれない場合は、あなたと相手方の関係が構築されていないという事になります。

次の

年末のご挨拶に使えるビジネスメール文例集|ferret

年末挨拶 訪問

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の