学校 給食 における 食物 アレルギー 対応 指針。 学校給食の【食物アレルギー対応について】わかりやすく、まとめてみた

学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン(令和元年度改訂)|令和元年度|学校保健会発行物|学校保健ポータルサイト

学校 給食 における 食物 アレルギー 対応 指針

食物アレルギー等対応代替食の配送・受渡し・配食 1.防災食育センターから学校までの配送 (1)個人用保温容器と食物アレルギー等対応食用食器を専用の個人専用バッグに入れて配送します。 個人用保温容器 個人専用バッグ 個人用保温容器・食器を個人専用バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前のシールと 誤配送を避けるため、学校名・クラス・名前の 防災食育センターで、学校名・クラス・名前・ アレルゲン別に色分けしたシールが シールが貼ってある札が付けてあります。 献立等、十分なチェックを行い、個人用保温 貼り付けてあります。 容器と代替食用食器を個人 専用バッグに 入れて配送します。 (2)飲用豆乳は、学校の代替食対応者分を保冷剤と一緒に、豆乳専用の保冷バッグに入れて配送します。 飲用豆乳 飲用豆乳専用保冷バッグ 学校ごとに飲用豆乳専用保冷バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前が分かるよう 学校名と「豆乳」と記載された札が付けて 防災食育センターで、学校名・クラス・名前等の にシールを貼り付けています。 あります。 十分なチェックを行い、学校ごとに飲用豆乳専用 保冷バッグに入れて配送します。 多段階対応は行いません。 2)代替食提供児童生徒は配膳室まで行き、代替食を配膳員から受け取り、個人用バッグに入れたまま教室へ持っていきます。 3)配膳員は、代替食を児童生徒本人に渡したら、アレルギー代替食受配児童生徒一覧【様式8】に確認済の記録をします。 ( 2)代替食以外の給食を配食します。 (3)学級担任等は代替食と食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】を照らし合わせ、 代替食用食器(緑)に移しかえます。 (4)十分に確認し、学級担任等は食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】の 担任確認欄 配食時 に記録をします。 (通常の給食の食器かごに戻さないで下さい。 ) 《資料》.

次の

アレルギー対応

学校 給食 における 食物 アレルギー 対応 指針

食物アレルギー等対応代替食の配送・受渡し・配食 1.防災食育センターから学校までの配送 (1)個人用保温容器と食物アレルギー等対応食用食器を専用の個人専用バッグに入れて配送します。 個人用保温容器 個人専用バッグ 個人用保温容器・食器を個人専用バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前のシールと 誤配送を避けるため、学校名・クラス・名前の 防災食育センターで、学校名・クラス・名前・ アレルゲン別に色分けしたシールが シールが貼ってある札が付けてあります。 献立等、十分なチェックを行い、個人用保温 貼り付けてあります。 容器と代替食用食器を個人 専用バッグに 入れて配送します。 (2)飲用豆乳は、学校の代替食対応者分を保冷剤と一緒に、豆乳専用の保冷バッグに入れて配送します。 飲用豆乳 飲用豆乳専用保冷バッグ 学校ごとに飲用豆乳専用保冷バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前が分かるよう 学校名と「豆乳」と記載された札が付けて 防災食育センターで、学校名・クラス・名前等の にシールを貼り付けています。 あります。 十分なチェックを行い、学校ごとに飲用豆乳専用 保冷バッグに入れて配送します。 多段階対応は行いません。 2)代替食提供児童生徒は配膳室まで行き、代替食を配膳員から受け取り、個人用バッグに入れたまま教室へ持っていきます。 3)配膳員は、代替食を児童生徒本人に渡したら、アレルギー代替食受配児童生徒一覧【様式8】に確認済の記録をします。 ( 2)代替食以外の給食を配食します。 (3)学級担任等は代替食と食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】を照らし合わせ、 代替食用食器(緑)に移しかえます。 (4)十分に確認し、学級担任等は食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】の 担任確認欄 配食時 に記録をします。 (通常の給食の食器かごに戻さないで下さい。 ) 《資料》.

次の

学校におけるアレルギー疾患対策|東京都教育委員会ホームページ

学校 給食 における 食物 アレルギー 対応 指針

食物アレルギー等対応代替食の配送・受渡し・配食 1.防災食育センターから学校までの配送 (1)個人用保温容器と食物アレルギー等対応食用食器を専用の個人専用バッグに入れて配送します。 個人用保温容器 個人専用バッグ 個人用保温容器・食器を個人専用バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前のシールと 誤配送を避けるため、学校名・クラス・名前の 防災食育センターで、学校名・クラス・名前・ アレルゲン別に色分けしたシールが シールが貼ってある札が付けてあります。 献立等、十分なチェックを行い、個人用保温 貼り付けてあります。 容器と代替食用食器を個人 専用バッグに 入れて配送します。 (2)飲用豆乳は、学校の代替食対応者分を保冷剤と一緒に、豆乳専用の保冷バッグに入れて配送します。 飲用豆乳 飲用豆乳専用保冷バッグ 学校ごとに飲用豆乳専用保冷バッグへ 学校名 ・ クラス ・ 名前が分かるよう 学校名と「豆乳」と記載された札が付けて 防災食育センターで、学校名・クラス・名前等の にシールを貼り付けています。 あります。 十分なチェックを行い、学校ごとに飲用豆乳専用 保冷バッグに入れて配送します。 多段階対応は行いません。 2)代替食提供児童生徒は配膳室まで行き、代替食を配膳員から受け取り、個人用バッグに入れたまま教室へ持っていきます。 3)配膳員は、代替食を児童生徒本人に渡したら、アレルギー代替食受配児童生徒一覧【様式8】に確認済の記録をします。 ( 2)代替食以外の給食を配食します。 (3)学級担任等は代替食と食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】を照らし合わせ、 代替食用食器(緑)に移しかえます。 (4)十分に確認し、学級担任等は食物アレルギー対応給食連絡票【様式5】の 担任確認欄 配食時 に記録をします。 (通常の給食の食器かごに戻さないで下さい。 ) 《資料》.

次の